広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年10月23日

部屋のほこりの撲滅は静電気による帯電量を減らすことだった!

 先日のTV放送で、部屋の埃(ほこり)はどこから出てくるのかを調べた内容を放送していました。

私も経験があるのですが、しっかり床掃除をしたあとで、まるで埃が湧いて出てきたようになってしまうことがあります。
9736c49c3afcf205c042c057f6b560b6_s_edited.jpg


掃除をした後で、ドアを斜めから見て下さい。多分、埃がドアに吸い付くように付着していると思います。

この原因は、部屋の静電気が埃を吸い寄せてドアや壁などに付着させているためでした。掃除が終わった時には、壁に付いていた埃が、暫くすると床に落ちてきていたのです。

埃アレルギーの人が、部屋を普通に掃除をしても改善しないのは、
このためだったのかもしれません。

対策は、化学モップや化学雑巾で壁やドア、天井を拭くことです。(帯電しにくくなります)

アレルギーのある人は、この方法で部屋を掃除すると、埃アレルギーの症状は改善すると思います。



部屋の静電気


 部屋のドアや壁などの表面は樹脂製が多く、部屋に風が吹く程度でも摩擦で静電気が発生して帯電してしまいます。実際にハンディタイプの測定器で、静電気帯電量を測定すると人が住んでいる部屋は、ほとんどの場所が、±100Vぐらいは帯電しています。

壁などが、±100V程帯電していると、空気中に舞い上がっている小さくて軽い埃は吸い付くように壁に付着してしまいます。


部屋の掃除のポイント


 このように、かなり入念に掃除をしても、部屋にある埃は舞い上がって、部屋の壁や天井などに静電気で付着しています。その後、時間の経過とともに帯電量が少なくなると、埃は床に落ちてくることが判りました。

つまり、部屋の埃をしっかり取り去るには、床だけではなく、ドア、壁や天井の埃もとることが必要でした。

しかし、壁や天井の埃は静電気で付着していることから、化学モップ等を使って静電気の影響をなくすことが重要です。

尚、実験的に静電気を考慮した方法で壁や天井の埃までしっかり掃除したグループと、通常の掃除のグループに分けて、1ヶ月間観察をした結果、静電気を考慮して掃除したグループは、埃アレルギーが20%程改善したそうです。


化学雑巾の作り方


 静電気の帯電を速やかに逃がすためには、化学雑巾が必要ですが、この化学雑巾は、柔軟剤で簡単に作ることができます。

バケツと市販されている衣類用柔軟剤、それに雑巾やタオルなどがあれば作れます。


 バケツに3リットル程の水道水と、柔軟剤を5〜10滴入れた溶液を作ります。そこにタオルや雑巾を浸して乾燥すると出来上がります。(タオルや雑巾は半乾燥でも可)



この雑巾は、表面に薄い油の膜ができて、摩擦抵抗が減り、やさしく掃除できます。また、静電気を逃がす効果(帯電量の低減)があります。
これで壁をやさしくこすると、埃を取るだけでなく、埃が再度吸着することを防ぐようになります。


この方法で暫く掃除をすると、部屋全体にしつこく残っていた埃を大幅に低減することが出来ます。是非、試してください。

スポンサーリンク
レンタルモップ

posted by iyasaretaihito at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 掃除

2017年10月03日

血糖値が急激に上がると体に悪い理由

  テレビの健康番組では決まって血糖値の急上昇は身体に悪いので、緩やかに上がるようにしましょうと言っています。

何となく、刷り込まれて常識のようになっていますが、

私は血糖値の急激な上昇は、何故体に悪いのと言われる理由を知りませんでした。

そこで、自分で理解するために調べた結果を紹介しようと思います。


血糖値とは?


 血糖値とは、体内を流れる血液中のブドウ糖の濃度のことです。

人は食事をすると、でん粉が体内に取り込まれます。このでん粉は消化されてブドウ糖(グルコース)になり、小腸で吸収されて血液の中に入ります。

そして、血液の中に含まれるブドウ糖の濃度のことを血糖値と呼んでいます。

この血糖値には、体にとって丁度良い濃度があるため、健康な体は自動的にコントロールしています。

血糖値は健康的な成人の空腹時の場合には、80〜100mg/dL程度で食後は少し高くなります。この血糖値が正常に保たれていないと、体は様々な不具合を生じます。

血糖値をコントロールする仕組み


 食事をすると、ブドウ糖(グルコース)が血液中に入るために、血糖値は上昇します。
そして血糖値が上昇しすぎると、
 


 すい臓から「インスリン」が分泌されて血糖値は下がります。(インスリンは、肝臓や筋肉に対して“血液中にあるブドウ糖(グルコース)を取り込め”と指示を出すからです)
 この時、肝臓は取り込んだブドウ糖(グルコース)をグリコーゲンとして貯蔵します。
 



逆に、血糖値が下がり過ぎた時には
 


 すい臓と副腎からそれぞれ、「グルカゴン」と「アドレナリン」というホルモンが分泌されて肝臓に、“グリコーゲンをグルコース(ブドウ糖)にもどしなさい”と指示を出します。
 この時、さらに副腎からは、“タンパク質を糖にしなさい”という指示もでます。
その結果、血液中にぶどう糖が放出されて血糖値は上昇します。



このようなフィードバック機構で血糖値は狭い範囲にコントロールされているのです。

 補足ですが、血糖値は下がり過ぎると「脳の機能低下」、「全身の震え」等を起して、さらに酷くなると、意識が戻らなくなることもあるようです。又、血糖値の高い状態が続くと糖尿病になってしまいます。

スポンサーリンク
本気の糖サポート【ハイサラシア】


血糖値が急激に高くなると体に良くない理由


 血糖値が急激に上昇すると、すい臓から大量のインスリンに分泌されることから、その反作用で血糖値は急に下がります。

血糖値が下がると、糖を補充するためお腹がすいて甘いものを食べたくなります。
つまり、急激な血糖値の上昇は、体を太らせます。


血糖値の上昇を穏やかにする方法


 食事で血糖値は高くなりますが、それを緩やかにするには「ゆっくりかむ」、「野菜やキノコ、海藻などから食べる」ことで、効果があると言われています。

そして、もう一つは「脂質」です。脂質は高カロリーですが、消化吸収に時間がかかるために血糖値の急激な上昇を抑えてくれるのです。(これは以外でした)

私は、脂質の効果は知りませんでした。

脂質は血糖値の急上昇を押さえるため、
パンを食べる時には、オイル類(バター、オリーブオイル等)を付ける
麺類と天ぷらを食べる時には、天ぷらから先に食べる
等をすると効果があるようです。いままで、勘違いしていました。

まとめ
■血糖値が急激に上がると、太ることが判りました。
■血糖値を緩やかに上昇させるには「油」にも効果があるため、
 パンにはバターを付けた方が良いことが判りました。
posted by iyasaretaihito at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
ファン
検索
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

私は定年退職して自由な時間を過ごしています。妻からは、細かいことを言い過ぎと言われます。このためできるだけ趣味を増やして、これからの人生を夫婦仲良く過ごせるように努力している最中です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。