広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年09月28日

薄毛対策の再生医療への期待感は爆発寸前

 現在、再生医療の研究が盛んに行われていて毎日のように研究の計画や成果の進展状況などの報告があります。


再生医療とは?


 再生医療を簡単に言うと、人の体の臓器や組織が何らかのトラブル(事故やケガ、病気などで)で損傷や失われた時に、他の細胞や組織を使って復活させる医療のことです。

現在行われている臓器移植や人口臓器などによる治療では、提供者の不足や移植しても体が受け付けない(拒絶反応)を起こす等の問題があります。

しかし、再生医療は、患者の体の細胞等を使って欠損した臓器などを作りだすことから、副作用の心配はなくなります。

自分の体の古いパーツが、新しいものに代えられる時代になったら、生き方も変わってしまうと思います。

まだ、再生医療は始まったばかりで、そんなことを夢見る段階ではないのかもしれませんが、日々着々と進展しているのは間違いないと思います。

先日の新聞記事には、“薄毛の悩みを、再生医療が解決する時代がもうすぐ来るかもしれない。”という内容が紹介されていました。


薄毛の悩みを解決する研究


この研究は、理化学研究所の辻孝チームリーダのグループが行っているもので、2012年には毛を作る「毛包(もうほう)」を再生する技術の開発をしています。

この技術を使ったマウスの実験では、


@ マウスのひげの毛包にある細胞を培養することで、毛包の元を作り出し
A 作った毛包の元を、別のマウスの背中に移植して毛を増やすことに成功




そして、現在、辻孝チームリーダのグループでは、この技術を使って、次のような研究を進めています。


@ 自分の後頭部の毛包から細胞を取って培養する等の加工をする
A 頭髪の薄い個所に移植することで、頭髪を増やす


  
この研究は、2020年の実用化を目指していて、細胞の培養を理化学研究所が行い、加工機械の開発は京セラが行うことが決まっています。

上記以外でも、毛髪再生の研究は盛んに行われていて、もう直ぐに実用化されるという期待は高まっています。


現在行われている主な再生医療の研究


 再生医療の実現に重要な役目を担っているのは、iPS細胞です。
iPS細胞は、皮膚などの体細胞に少しの因子を加えて培養することで、様々な組織や臓器に増殖する能力を持った細胞のことです。

そのため、iPS細胞を使った再生医療の研究は盛んに行われています。

主な研究には次のようなものがあります。
  


   目の角膜の再生・・・この研究は視力の回復や、網膜の再生による目の治療
   血液の血小板の再生・・・現在、実験室レベルでは血小板を作ることに成功していて、赤血球や白血球を作る研究に進んでいます。
  



 再生医療は新分野のため、検証しながら進めることになります。

そのため、このような分野で実用化の実績を積んだ上で、臓器の再生などを対応することを考えているのだと思います。

薄毛対策は、再生医療の実用化の実績を積むには丁度良い分野のように思われますので、研究の進展にはものすごく期待しています。

私の髪がなくならない内に、
早く、
少しでも早く
実用化を待っています。

2017年09月07日

販売店のサービスについて考えた事

 私は、常備薬を購入する時には、家電品の販売店を利用しています。その理由は、薬剤師が常駐していたからです。(しかも大きなポイントが付加されました)

ところが、この3ヶ月間は、いつもの家電品の販売店では購入していません(出来ませんでした)。別の薬局で購入したい訳ではありませんが、どういう訳か、いつものお店に行くと、薬剤師がいないのです。(時間帯を変えて行っても同じでした)

レジの前には、現在は薬剤師がいない時間帯のため薬品類は購入できないというような趣旨の注意書きが掲示されていました。

いつも感じることですが、私が知りたいのは、今は、薬剤師がいない時間帯ですということではありません。(そんなことはレジの前で掲示されても何の意味もありません)

知りたい情報は、薬剤師が居る時間帯です。

私の想像ですが、薬剤師がお店に居る明確な時間はわからないのかもしれません。(ひょっとしたら薬剤師不足で、お店の管理者が薬剤師に強く言えないのかもしれません。或いは、薬剤師にしてみれば、待遇が悪くて、言われたとおりには出来ないと感じているのかもしれません。)...なんてことも想像してしまいます。

理由はともかく、薬局に行って薬が買えないで不満に思っている人は私だけではないと思います。

それにしても、お店のレジの前に掲示されている“現在薬剤師がいない時間帯です”という文言は止めて頂きたいと思っています。(この文言は、お店の都合を客にぶつけているだけです)

例え、一日1時間しか薬剤師がいないのであれば、それでもいいです。或いは、特定の曜日の特定の時間帯だけ薬剤師が居るというのであれば、それを明示して欲しいと思います。

お見せの経営者は、薬剤師が居る時間帯と不在の時間帯を曖昧にした方が良いと考えているのかもしれませんが、私のように薬局に行くたびに薬剤師がいないといわれると、もうこのお店には来たくないと考えるようになります。

しかし、薬剤師不在の時間帯が増えたことの本当の理由は、私がかんがえている事よりも深刻で、業界全体の問題なのかもしれません。

もしそういう事なら、お店側は、もっとお客に情報を伝える努力をして欲しいと思います。
今回の事例で、お店側から見ると、お客が望んでいることを知るのは難しいということが良く判りました。

こちらが望んでいるのは、薬剤師が在勤している時間帯を、しっかりと明示して頂きたいということです。

お店と、お客の関係には様々なものがありますが、

今回の例は

お店からの情報は大切なサービスの一つ
ということを実感させてくれました。

2017年09月01日

マダニ感染症が動物から人に感染してしまう怖いお話し





 マダニに噛まれた人が死んでしまうこともあるということで、TV報道などで、かなり問題になっていましたが、実はもっと怖い話があります。

去年の夏(2016年)には、野良猫に噛まれた女性(50代)が、「SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」というウィルスに感染して亡くなったと考えられています。(本来、SFTSはマダニに噛まれた人が発症していました)

『SFTSに感染した時の症状』
  症状・・・発熱、吐き気、食欲低下、下痢等
  潜伏期間・・・猫に噛まれた女性は2日で発症(通常は1〜2週間の潜伏期間)
  治療法・・・現在は、的確な治療法はありません



従来、この病気は、マダニから人や哺乳類が感染する病気でした。
そして、ウィルスを保持しているマダニは数%以下程度ですが、西日本を中心にして毎年60人ほどが発症しています。その中でおよそ2割(12名)の人が死に至る怖い病気です。

野良猫に噛まれて亡くなった女性は、マダニに噛まれてはいませんでした。そして女性の細胞を調べた結果、SFTSを発症していることが確認されたのです。

この時、猫は既に死んでいて調べられませんでしたが、猫にはSFTSの症状が見られたため、厚生労働省は猫から女性に感染した可能性が高いと考えています。

ウィルスにはどんどん進化していく性質があります。

つまり、犬、鹿、猪などの哺乳動物がマダニに噛まれてウィルスに感染した場合、従来はそこでとどまっていましたが、上記事例を考慮すると、ウィルスが進化して、感染した哺乳動物を介して人に感染するルートができてしまった可能性があるのです。

海外では、既に人から人に感染したと思われる事例も現れています。

今までは、野原や山に出かけた時にお風呂に入るなどのことをしっかりやっていれば良かったのですが、上記事例のように哺乳動物からの感染ルートができてしまったため、ペットを飼っている人は特別な注意が必要になりました。

ペットが外から戻った時やペットとのすごし方の注意点など
 ■ペットの体の表面を観察して、マダニが付着しているかどうかを確認する
 ■ペットと一緒に寝るような過度のふれあいは避ける
 ■ペットが不調の時は、獣医師に受診する

尚、マダニをペットのからだに発見した場合は、自分で取ることはしないで動物病院でとってもらうようにしましょう。(マダニは簡単には除去できません)

ママのためのシュシュッと簡単ダニスプレー

ファン
検索
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

私は定年退職して自由な時間を過ごしています。妻からは、細かいことを言い過ぎと言われます。このためできるだけ趣味を増やして、これからの人生を夫婦仲良く過ごせるように努力している最中です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。