広告

posted by fanblog

2018年05月23日

巻き爪を直した方法

最近まで、足の親指の巻き爪に悩まされてきましたが、ある方法で完治しました。

2016年の8月に、本ブログに記載したように、ランニングなどをした後は、足の親指の爪端が曲がって、爪が食い込んだ指が傷むようになりました。

ところが、2018年3月頃に、運動靴の敷きシートを敷いたところ、それ以降は全く不具合の症状は出なくなりました。


敷きシートを入れた経緯


919399643a8126777b68e8290db4da2e_s.jpg

普段履いている靴底を見ると、かなりすり減ってきていました。ところが、普段履きの靴は、お気に入りの靴で、底以外は傷んでいないため、足の負担を軽減する敷きシートを入れることにしました。

ホームセンターに行きましたが、所望の敷きシートがなくて、殆どが運動靴用のものでした。そのため、仕方なく、運動靴の底に入れることにしました。

運動靴の底も減っていましたが、ランニングはスポーツクラブのベルトコンベアの上で行っていたため、運動靴のケアは、必要ないと考えていました。

ところが、この敷きシートを入れてからは、運動後も足の親指の巻き爪による痛みは無くなりました。


運動靴に敷きシートを入れた感触


靴底に、敷きシートはすんなり収まりましたが、足を入れてみるととても窮屈(きゅうくつ)でした。ただし、最近では窮屈という感触はなくなって、しっかり足がホールドされているというイメージです。


運動の頻度とその後の経緯など


スポーツクラブには、週に3〜4日程度行って、30分歩行、30分ランニングをします。普段履いている靴は、別の靴にしました。4月初め頃から履いていますが、足の指はすかすかという感じで、ぴったり合っていませんが仕方なく履いています。

しかし、足の親指の巻き爪は、すっかり無くなりました。運動靴に入れた、敷きシートが良かったのだと考えています。

以前、巻き爪の原因は、歩行時間が少ないからと聞いたことがあります。多分、これは正しいのでしょう。私の場合は、運動に出かける以外は、殆ど家の中にいるため実感します。

しかし、現在人の場合は、履いている靴からの影響も多いのでしょう。私のように、すり減った靴をいつまでも履いているとか、足に合っていない靴などが足の指に与える影響です。


敷きシート


DSCN0709_edited.jpg

今回のケースでは、敷きシートが運動靴にしっくりフィットしてくれたのでしょう。上写真は、使っている現物です。特別なものではなく、メーカーなども不明です。


巻き爪対策は簡単


以上のように、長年悩まされた足の親指の巻き爪は、経時変化をして劣化した靴に原因があったようです。靴はとても大事だということを実感しました。

足に合わなくなった靴を履き続けたため、爪に正しい負荷がかからなくなって爪が暴走したのでしょう。

尚、今は、特別なことはしていませんが、足指のケアについては、2016年8月25日の記事を参考になるでしょう。私は特別なことはしていませんが、
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7689397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

私は定年退職して自由な時間を過ごしています。妻からは、細かいことを言い過ぎと言われます。このためできるだけ趣味を増やして、これからの人生を夫婦仲良く過ごせるように努力している最中です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。