広告

posted by fanblog

2018年01月18日

脳の萎縮・血管劣化・骨粗しょう症を予防する葉酸の効果

 テレビ番組で知ったのですが、

活性酸素を発生させて脳を含めた体中に病気を作りだす「ホモシステイン」と呼ばれる悪い物質(アミノ酸が変化したもの)を、葉酸(ようさん)を摂ることで落ち着かせて静めさせることがわかったそうです。

アミノ酸が「ホモシステイン」に変化してしまうと、ポリフェノール等でも対応できなくなりますが、葉酸だけは、「ホモシステイン」に効果を発揮することができます。

「ホモシステイン」が作る活性酸素は、脳の萎縮や、血管壁を堅くして脆くしたり、骨粗しょう症を発生させたりしますが、葉酸を摂取することで、それらを防ぎ、認知症になりにくくすることが判ってきました。

葉酸とは


dc80ba3cf2455d7812916befa95ca405_s_edited.jpg

 葉酸は、細胞分裂を助ける働きをすることが判っていて、赤ちゃんの成長を促すことや先天性の病気を予防できることから、近年では妊婦さんへの葉酸の摂取が推奨されていました。

葉酸が最初に発見されたのは、サルの貧血の研究で見つかったため、その頭文字(monkey)からビタミンMと呼ばれていましたが、その後、研究が進んで、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれていることが発見されたため「葉っぱの酸」と名付けられました。


葉酸の研究と効果


 葉酸の著名な研究者は、栄養学を専門にしている、ペンシルベニア州立大学のキャサリン・ロス教授です。(葉酸は栄養学の研究が中心になっています)

ノルウェーとイギリスの共同研究で、高齢者(156名)の研究を行い、葉酸を毎日摂取したグループでは、脳の萎縮が抑制されたことが判ってきました。

そして日本では、オタマジャクシをカエルに育てるために、苦心した小学生が、ホウレンソウを餌にして効果をあげました。

その小学生は、ホウレンソウに含まれる葉酸が影響したのではないかと考え、もっと多くの葉酸をオタマジャクシに与えるため、鳥のレバーを餌にして育てたところ、本来、オタマジャクシからカエルになる日数を5日間も短縮することに成功しました。

このように、葉酸の栄養が体に良い効果を与えることが確認されています。


葉酸摂取の基準


 現在、葉酸の摂取基準は、240μg/日(日本)ですが、米国では400μg/日の基準です。
実験では、葉酸の摂取量が多ければ多いほど、ホモシステイン量が減少して、脳梗塞・認知症・骨粗しょう症になる患者は減少することが判っています。

日本の葉酸摂取の基準値が、240μg/日、という理由は、貧血の研究で規定されたものから変わっていないからです。(葉酸を240μg/日、摂取すると貧血にはならないため)

尚、埼玉県坂戸市では、葉酸の摂取を推奨していて、目標値は400μg/日としています。

 ↓  スポンサーリンク  ↓

mitete 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

価格:1,944円
(2018/1/18 00:33時点)
感想(12162件)



posted by iyasaretaihito at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7210709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

私は定年退職して自由な時間を過ごしています。妻からは、細かいことを言い過ぎと言われます。このためできるだけ趣味を増やして、これからの人生を夫婦仲良く過ごせるように努力している最中です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。