家電・AV機器 ブログランキングへ FC2 Blog Ranking にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
にほんブログ村
検索
月別アーカイブ
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2017年12月10日

デザインは好き嫌いが分かれそうですが音質はさすがヤマハ♪ サウンドバーとしてなかなか侮れない実力を持ったヤマハ製サウンドバー「YAS-107」

テレビの音質に不満をもっているならホームシアターがおススメですがホームシアター環境にしたい場合、正面だけでなく後ろにもスピーカーを設置しなければいけないのでお部屋の環境によってなかなかホームシアター環境ができないと思われている方多いと思います そこでおススメするのがヤマハから発売されているサウンドバー「YAS-107」 ヤマハのサウンドバーは他のメーカーのサウンドバーとは違い棒状タイプの一体型横置きスピーカー1つだけでバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応している優れもの ただ、やはり気になるの棒状タイプの一体型横置きスピーカー1つだけでどれ程の音質をカバーしているのかだと思いますので今日は実際に家電量販店でヤマハのサウンドバー「YAS-107」を視聴して音質はどれほどなのか少し語りたいと思います まず、低音ですが7.5cmのサブウーファーが左右に内臓されているのでテレビのスピーカーで聞くより明らかに迫力があります ただ、やはりホームシアターのサブウーハーよりは明らかに低音に迫力がありませんでしたので低音にこだわり方は別にサブウーハーを用意したほうがいいなと思いました ただ、それ以外 中高音は視聴してみた限り非常に綺麗な音質でテレビのナレーションなどもしっかり聴き取りやすいと思いましたので初期の音質が悪かった時代のサウンドバーとは違い本当に今のサウンドバーはサイズ以上に凄い存在だと思ってしまいました(^O^)

【送料無料】 ヤマハ ホームシアターパッケージ YAS-107B

価格:25,333円
(2017/10/11 06:21時点)





2017年12月05日

これでさらに「SS-B1000」の音質アップに期待? ケーブルの次は新たにオーテクのインシュレーター「AT6089CK」を購入 使用してみました♪

以前、「SS-B1000」の為にオーディオテクニカのスピーカーケーブル「AT-ES1400」を使ったことをご報告しましたが音質アップに期待できる肝心なインシュレーターを取り付けるのを忘れていたので急遽ショップでオーテクのインシュレーター「AT6089CK」を購入し「SS-B1000」に取り付けてみましたので今日は「SS-B1000」にインシュレーターを取り付けた際の感想 音質はアップしたのかお話したいと思います まず、取り付けたオーテクのインシュレーター「AT6089CK」の特徴は真鍮とコルクの2層ハイブリッド構造となっていて見た目は高級感は抜群 実際に「SS-B1000」の下に取りつけるとスピーカーの高級感が大幅アップした感じでオーバーな表現かもしれませんがスピーカーの見た目が数千円のスピーカーが数万円のスピーカーに変身 それくらいオーテクのインシュレーター「AT6089CK」の高級感 取り付けたときの存在がヤバいです では、肝心の音質はどうなのか メーカーの説明通りコルクの効果で明るい音色とはっきりとした音像になるのか インシュレーターありとなしで実際に比較してみると...(;^_^A 違いがよく分からなかったです ただ、直接テーブルに置くより振動を吸収する効果は凄く スピーカーが震えてしまう限界 音量MAXに近い状態にした場合でもスピーカーは震えは低減 ちゃんとインシュレーターが振動を吸収してくれましたので音質はともかくオーテクのインシュレーター「AT6089CK」は本当に凄い存在だなぁと実感しました(^O^)

AT-6089CK オーディオテクニカ ハイブリッドインシュレーター(8個1組) audio-technica [AT6089CK]【返品種別A】

価格:1,610円
(2017/9/30 12:20時点)





2017年11月30日

ポータブルCDプレーヤーにもとうとうBluetoothの波が! 「AIR CD」というポータブルCDプレーヤーには何とBluetooth送信機能が搭載されています

ポータブルCDプレーヤーといえばイヤホンやスピーカーをイヤホンジャックに繋いで使わないといけなのが普通なので今ではポータブルCDプレーヤーは過去の存在 今更ポータブルCDプレーヤーを使うのも何だかなぁと思ってしまう事もありますが何と、これまでのイヤホンジャックに繋いで使うという常識を覆す超画期的なポータブルCDプレーヤーがION Audioブランドから発売 そのポータブルCDプレーヤーというのがBluetooth送信機能を搭載した「AIR CD」こちら「AIR CD」は一般的なイヤホンジャックの他にワイヤレス再生が可能なBluetooth送信機能を搭載したポータブルCDプレーヤーとなっていますのでわざわざイヤホンジャックに繋がなくてもBluetooth対応イヤホンやスピーカーだったらポータブルCDプレーヤーで手軽にワイヤレス化できてしまう超画期手なポータブルCDプレーヤー「AIR CD」 後、「AIR CD」は単三電池2本で動作可能なポータブルCDプレーヤーですが付属にはUSBケーブルも付いてきますのでUSBケーブルを使えば給電して電池残量を気にせず使うことも可能 サブではなくメインのオーディオシステムにも変身するBluetooth送信機能を搭載したポータブルCDプレーヤー「AIR CD」 今はデジタルオーディオプレーヤーの時代ですがまだまだポータブルCDプレーヤーも負けていません(^O^)

2017年11月25日

Bluetoothイヤホンに24ヶ月の安心サポートも付いて千円代! 驚異の激安価格で発売されているAUKEYのBluetoothイヤホンって何者?

一般的なBluetoothイヤホンといえば通常のイヤホンと比べ価格がお高いので価格重視で選ぶなら通常のイヤホンとなってしまいますが何と、AUKEYから千円代で買えちゃうBluetoothイヤホン「EP-B61」「EP-B62」を今年の8月に発売 「EP-B62」の場合だとアマゾンで1,699円で買えてしまうというコスパ抜群のBluetoothイヤホンとなっているのですが気になるのが千円代で買えちゃうAUKEYのBluetoothイヤホンは実際の所、満足して使えるのかという事だと思いますので今日は1,699円で買えてしまうAUKEYのBluetoothイヤホン「EP-B62」についてご紹介したいと思います まず、「EP-B62」の駆動時間についてですが何と一般的なBluetoothイヤホンとほぼ変わらないスタミナを持っており駆動時間は5時間を持つという何とも素晴らしいBluetoothイヤホンになっていますし電池残量表示機能も搭載されている「EP-B62」なのでスマホでイヤホン自体のバッテリー残量が確認できてしまうのも素晴らしい所 これだけを見るともうパーフェクトなBluetoothイヤホンと言えますがやはり、肝心の音質は千円代で買えちゃうBluetoothイヤホンだなぁと思ってしまうくらい音質がこもっているみたいです ただ、「EP-B62」のドライバーユニットは10mmと小柄な割に低音に厚みがあるらしいので外で利用したい場合でも充分聴きやすく使いやすいイヤホンだと思いますしランニングやジョギングでも充分に対応してくれると思うので興味がある方はこれは充分買ってみる価値はあると思います 後、24ヶ月の安心サポートも付いてくるので本当に千円代?と思えるくらいの豪華仕様なのでBluetoothイヤホンを初めて手を出してみたい方にもおススメですよ(^O^)

AUKEY bluetoothイヤホン ワイヤレスイヤホン マグネット式 iPhone、sony、Xperia、Nexusなどに対応 EP-B62

新品価格
¥1,699から
(2017/9/14 12:09時点)



AUKEY bluetoothイヤホン ワイヤレスイヤホン ネックバンド型 マグネット搭載 iPhone、sony、Xperia、Nexusなどに対応 EP-B61

新品価格
¥1,899から
(2017/9/14 12:09時点)





2017年11月20日

世界最小のミニカー型レコードプレーヤー「レコードランナー」は何と単4電池2本で駆動 外出先でもバッテリーを気にせず使えちゃいます♪

前回、世界最小のミニカー型レコードプレーヤー「レコードランナー」についてご紹介しましたが電源は一体どうなっているの もしかしてバッテリーによる充電方式? 実は、「レコードランナー」は何と単4電池2本で駆動するレコードプレーヤーになっていまして電池だけで約1.5時間再生できてしまう超お手軽のミニカー型レコードプレーヤー「レコードランナー」 ただ、やはりこれだけ手軽なレコードプレーヤーなのでデメリットもあるのも事実 多少の反りや傷のあるレコードの場合、上手に「レコードランナー」が再生できない場合もあるみたいなのでやはり、様々なレコードを楽しみたい場合は本格的なレコードプレーヤーがおススメですが状態の良いレコードの場合は充分「レコードランナー」でも楽しめちゃうので見た目はおもちゃのようにかわいいミニカー型ですが中身はとっても侮れない世界最小のミニカー型レコードプレーヤー「レコードランナー」 レコードブーム再燃となっている今 是非とも1台欲しくなっちゃうレコードプレーヤーです(^O^)

RECORD RUNNER (PINK GOLD CHROME) ポータブルレコードプレーヤー レコードランナー

新品価格
¥8,879から
(2017/9/11 06:09時点)






2017年11月15日

これは車のミニカー? スピーカー内臓でインテリアだけでなくレコードプレーヤーとしても使えてしまう世界最小のミニカー型レコードプレーヤー「レコードランナー」が超可愛く便利♪

レコードプレーヤーというと本体が大きいのでレコードに興味がある方もなかなかレコードに手が出ない方いるのではないでしょうか そこで、今日ご紹介するのが世界最小のレコードプレーヤー「レコードランナー」 このレコードプレーヤーの見た目は車のミニカーなのでこれ本当にレコードプレーヤー 何か信用できないと思ってしまう方が大半だと思いますが「レコードランナー」は本当にミニカー型のレコードプレーヤーとなっていまして「レコードランナー」と再生するレコードさえ用意すればOKという超お手軽レコードプレーヤー スピーカーは「レコードランナー」に内蔵されていますのでスピーカーも用意しなくてもOKという驚異の世界最小レコードプレーヤーとなっています では、「レコードランナー」の使い方ですがただレコードの上に置いて「レコードランナー」を走らせるだけでOK それだけでレコードの音楽が流れるようなっていますしスピー ドコントロールを微調節できるノブも搭載されていますので手軽にレコードを楽しみたい方に是非おススメできるミニカー型の世界最小レコードプレーヤー「レコードランナー」 後、「レコードランナー」とレコードさえあればどこでも再生できてしまうので様々な場所に持ち運んでレコードを楽しめちゃうのも魅力的なポイントですね(^O^)

RECORD RUNNER (PINK GOLD CHROME) ポータブルレコードプレーヤー レコードランナー

新品価格
¥8,879から
(2017/9/11 06:09時点)





2017年11月10日

HDMI接続だけでなく光デジタルにも対応♪ JBLから発売された2万円以下で買えちゃうテレビ用サウンドバー「BAR STUDIO」のコスパがヤバすぎます(^O^)

JBLブランドというと高価なイメージですが今日発売されるJBLのテレビ用サウンドバー「BAR STUDIO」の価格が何と税別17,880円 2万円以下でJBLのサウンドバーが手に入れることができるんです こちら2万円以下で買える「BAR STUDIO」はエントリー向けテレビ用サウンドバーとなっていますがHDMI接続だけでなく光デジタルにも対応したサウンドバーなのでテレビとの相性を気にせず接続することができます さらには2万円以下のJBLサウンドバーなのにBluetoothやUSB接続にも対応 さらには付録の3.5mmステレオミニプラグを使えば様々なオーディオ機器でも使えるようなるので接続関係ではもう充分すぎるくらい素晴らしいJBLのテレビ用サウンドバー「BAR STUDIO」 後、音質も38mm径ツイーターと50mm径ウーハーを各2基搭載 さらには低音を増強するデュアルバスポートも搭載されていますのでコンパクトなサウンドバーですが迫力あるJBLらしい音質を奏でてくれるみたいですしモードもムービーやミュージックなど5種類のモードが用意されていますので難しい操作を必要とせず手軽にリモコンで様々なモードを楽しめちゃうのもJBLのテレビ用サウンドバー「BAR STUDIO」の素晴らしいポイント 視聴はまだできていませんので実際のところの音質は分かりませんがテレビの標準スピーカーより音質がいいのは明らかですし何より税別17,880円で買えちゃうJBLブランドのテレビ用サウンドバーなのでBOSEのサウンドバー「Solo 5 TV sound system」に続き大注目される凄いサウンドバーかもしれません(^O^)

【ご予約受付中】JBL Bar Studio 【JBLBARSBLKJN】【送料無料】【11月10日発売予定】TV用サウンドバー

価格:19,310円
(2017/10/29 12:00時点)





2017年11月05日

独自開発12mmドライバーユニットにより16mmドライバーユニットと同じサイズのドーム面積を実現している「MDR-EX650」は「MDR-XB90EX」の代わりに使えるのか?

大口径16mmドライバーユニットを搭載し豊かな低音や音の広がりが本当に素晴らしい「MDR-XB90EX」 この機種は生産終了してしまったため自分を含め「MDR-XB90EX」を愛用している方にとって「MDR-XB90EX」が壊れたら次はどの機種が「MDR-XB90EX」の代わりに務まるのか悩んでいる方結構多くいると思いますので今日は独自開発12mmドライバーユニットにより16mmドライバーユニットと同じサイズのドーム面積を実現した「MDR-EX650」は「MDR-XB90EX」の代わりに努まるのかお話したいと思います まず、「MDR-EX650」のシリーズは「MDR-XB90EX」みたいな低音向けのXBシリーズではないので低音だけでいうと苦手な分野 「MDR-XB90EX」と比べ明らかに低音が弱いのは明らかなのですがそれ以外は あれ 「MDR-EX650」意外とやるなと思わせてくれるなかなか優秀なイヤホンとなっています まず、「MDR-EX650」に採用されている独自開発12mmドライバーユニットは最小のエッジ幅で16mmドライバーユニットと同じサイズのドーム面積を実現したものなので「MDR-XB90EX」には及ばないものの結構音の広がりが感じられるイヤホンとなっていますので音の広がりのあるイヤホンをお探しの方はもちろん、「MDR-XB90EX」の代わりにも充分果たしてくれると思いますし音導管なども真鍮製である「MDR-EX650」は独特の艶のある明るい音色の高音も鳴らしてくれますので BA型が広がってきている今、ダイナミック型を採用しこの価格帯でバランスの良い音質を実現している「MDR-EX650」は本当に貴重な存在だと改めて思ってしまいました(^O^)

MDR-EX650-B【税込】 ソニー ダイナミック密閉型カナルイヤホン (ブラスブラック) SONY [MDREX650B]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:6,340円
(2017/9/7 12:14時点)



MDR-EX650-T【税込】 ソニー ダイナミック密閉型カナルイヤホン (ブラスブラウン) SONY [MDREX650T]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:6,340円
(2017/9/7 12:15時点)





2017年10月31日

PC用だけでなくテレビ用としても使える能力が備わっていると言われているヤマハのパワードスピーカー「 NX-50」は実際どれ程の音質なのか視聴してみると・・・

パワードスピーカーというとスピーカーにアンプが内蔵されているスピーカーですがやはり、低価格で買えるパワードスピーカーはパワーだけでなく音質もいまいちなスピーカーがほとんどなので低価格で買えるパワードスピーカーを選ぶ際は本当に頭を悩ましてしまうのが現状 そこで今日はネットで高評価であるヤマハのパワードスピーカー「 NX-50」をじっくりと視聴してきましたのでネットの評価通りに本当に音質が優れているのか少々お話したいと思います まず、ヤマハのパワードスピーカー「 NX-50」はACアダプターを使用して使うものなのでUSBからの電力供給はできない仕様となっています ただ、実用最大出力はさすがACアダプター仕様 7W+7Wの実用最大出力を持ったパワードスピーカーとなっていますのでPC用だけでなくテレビ用としても充分使えるパワーを持ったヤマハのパワードスピーカー「 NX-50」 では、肝心の音質ですがさすがヤマハのスピーカーと言えるくらい素晴らしい仕上がりになっていましてスピーカーユニットは7cmのフルレンジなのに低音は結構強めに前に出てくれますので見た目は小さいですが本当に侮れない「 NX-50」 低音の個性は違いますがBOSEに迫っているのではという低音の量を出してくるので本当にヤマハのパワードスピーカー「 NX-50」いい意味でヤバいです! では、低音は強い代わりに高音は犠牲になっているの? 確かに低音はかなり強すぎて高音は若干控えめなのも事実ですがそれでも綺麗にヤマハらしい音のチューニングされているのも事実なので1万円以内でパワードスピーカーをお探しなら間違いなくおすすめできるヤマハのパワードスピーカー「 NX-50」 自分もPC用として欲しくなっちゃいました(^O^)

【送料無料】 ヤマハ アクティブスピーカー (ホワイト) NX-50[NX50]

価格:8,229円
(2017/8/31 12:17時点)



【送料無料】 ヤマハ アクティブスピーカー(2台/ブラック)NX-50 B[NX50]

価格:8,229円
(2017/8/31 12:18時点)
感想(6件)






2017年10月26日

本体内蔵スピーカーがこれまでのXperiaと比べ約50%音量がアップ! 11月中旬発売予定の「Xperia XZ1」はカメラやディスプレイだけでなく本体内蔵スピーカーもとんでもない仕上がりです♪

11月中旬 auからカメラやディスプレイなど強化した新型Xperia「Xperia XZ1 SOV36」が発売されますが実は、この「Xperia XZ1」はカメラやディスプレイが強化されただけでなく本体内蔵スピーカーも大幅にパワーアップしているんです 実際にこれまでのXperiaシリーズで不満だったのが音量の小ささ 特に音量が大きいiPhoneと比べると桁違いに音量が小さいので静かなお部屋で使用する以外、本体内蔵スピーカーで音楽などは到底楽しめなかったのですがとうとう11月中旬の新型Xperia「Xperia XZ1」ではその悩みが解決 メーカー説明によるとXperia XZsと比べ約50%音量がアップしているようなので気軽に音楽や動画を楽しむならポータブルスピーカーは不要 そのまま本体内蔵スピーカーだけで楽しめそうなので今回の新型Xperia カメラやディスプレイだけでなく大幅にパワーアップされた本体内蔵スピーカーにも注目ですね(^O^)