家電・AV機器 ブログランキングへ FC2 Blog Ranking にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
にほんブログ村
検索
日別アーカイブ
月別アーカイブ
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年02月24日

上海問屋から1万円未満でHiFiサウンドが楽しめる手の平サイズのオーディオプレーヤー(914259)が発売されました(^O^)

上海問屋といえば価格に反し驚くようなスペックを持ったイヤホンなどが発売されていましたが上海問屋は新たに手の平サイズのオーディオプレーヤー(914259)を発売 このオーディオプレーヤー(914259)は税込7999円で買える低価格オーディオプレーヤーなのにちゃんとHiFiサウンドを楽しめるオーディオプレーヤーになっていますので音質にこだわる方も納得の上海問屋のHi-Fiオーディオプレーヤー(914259) ただ、この機種はハイレゾ音源には対応していないのでハイレゾを楽しみたい方は上位モデルで税込19999円の上海問屋のHi-Fiオーディオプレーヤー H6(DN-914258)を選ばなければいけませんがハイレゾにこだわらいのであれば充分税込7999円で買えるオーディオプレーヤー(914259)でも楽しめると思うし音量設定は何と50段階の中から選べるようなっていますので低価格ですがなかなか侮れないオーディオプレーヤー 中華オーディオプレーヤーといえば当たり外れが激しいので買われる際非常に不安になりますがこの機種はちゃんとお買い上げ後 1ヵ月間の製品保証が付いてきますのでさすが上海問屋から発売しているオーディオプレーヤーだと思います♪ 後、画面サイズは小さいですがちゃんと曲名など表示してくれる1.3インチの有機ELディスプレーが搭載 本体容量は16GBですがmicroSDにも対応していますので思う存分曲を入れて楽しむ事も可能です ただ、取扱い説明書は見にくい英語表記みたいですが本体の言語設定で日本語を選べるようなっていますし初回起動時に対応言語が表示され日本語をすぐ選べるようなっているようなので英語が読めない方でも安心して使用する事ができますよ(^O^)

microSD対応高音質Hi-Fiオーディオプレーヤー (914259)

価格:7,999円
(2017/1/17 13:06時点)






 

2017年02月19日

送信だけでなく受信も可能な驚異のBluetooth送受信機「TaoTronics TT-BA07」有線のイヤホンやヘッドホンが手軽にワイヤレスになります(^O^)

前回Bluetooth送信機「TaoTronics TT-BA01」をご紹介しましたがこのモデルの上位機種である「TaoTronics TT-BA07」はさらに凄い機器に仕上がっています 前回紹介しました「TaoTronics TT-BA01」は送信専用の機器だったのに対しこちらの「TaoTronics TT-BA07」の場合、送信だけでなく受信もできてしまう機器に仕上がっていますので「TaoTronics TT-BA07」をレシーバーとして使用可能 使い方は非常に簡単で「TaoTronics TT-BA07」有線のイヤホンやヘッドホンの3.5mm ステレオミニプラグを直接「TaoTronics TT-BA07」本体に接続できるようなっていますので後はスマホなどでBluetooth機器を検索 ペアリングすれば簡単に「TaoTronics TT-BA07」が受信機になってくれますので一般的な3.5mm ステレオミニプラグのイヤホンやヘッドホンも気軽にワイヤレス化できるのは非常に大きな存在だと思います(^O^) ただ、ワイヤレス化した有線のイヤホンやヘッドホンはやはり直接機器に繋げて使用するより音質が少々劣ってしまうようなので音質に敏感な方、音質にこだわっている有線の高級イヤホンや高級ヘッドホンをワイヤレス化しようと思っている方は注意が必要かも(^_^;)

Bluetooth 4.1 トランスミッター レシーバー 2-イン-1 アダプター 受信機+送信機 3.5mm オーディオデバイスに対応 2台をシームレスに接続 ハイレスポンス 充電しながらでも再生 aptX採用のCDクオリティ 連続転送時間10時間 TaoTronics TT-BA07

新品価格
¥3,299から
(2017/2/14 13:42時点)





2017年02月14日

Bluetooth機能が付いていない機器でもBluetoothに対応にしてくれる凄いBluetooth送信機「TaoTronics TT-BA01」が二千円代で売られている(゜o゜)

今日はBluetooth機能が付いていない機器でもBluetoothに対応にしてくれるBluetooth送信機「TaoTronics TT-BA01」がアマゾンで何と二千円代で手に入るみたいなので「TaoTronics TT-BA01」は一体どんな風に使えるのかご紹介したいと思います まず、BluetoothといえばワイヤレスでBluetooth対応ヘッドホン、Bluetooth対応イヤホンと繋げる事ができるので非常に便利なのですが肝心の機器がBluetooth機能が付いていないと全く無意味でしたが今日ご紹介しますBluetooth送信機「TaoTronics TT-BA01」を使うとBluetooth機能が付いていない機器 ウォークマンやiPod  テレビなんかも3.5mmプラグを繋げるだけでBluetooth対応機器に大変身してしまう画期的な商品 オーディオプラグがある機器だったら全てBluetoothが使えるようなりますので対応機種で悩む心配がないのも魅了な部分です♪ Bluetooth送信機本体にはバッテリーが搭載されていますのでコンセントに繋がなくてもそのまま使えるのもBluetooth送信機「TaoTronics TT-BA01」の凄い所 ただ、連続再生時間は約6時間と少々短めなのでそのまま頻繁に使う方だったら物足りないかもしれませんがモバイルバッテリーを使えば気軽に充電できますしテレビ、PCなどのUSBコネクタに繋げて使用すれば給電しながら使用できるようなりますので使用状況を工夫すればずっとワイヤレスで使用する事も可能ですのでBluetooth送信機を使って愛用のBluetooth対応ヘッドホン、Bluetooth対応イヤホンをもっと活用しちゃいましょう(^O^)

TaoTronics 改良版 Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター Bluetooth送信機(受信機ではない)3.5mmオーディオデバイスに対応(iPod, MP3/MP4, TV, メディア・プレイヤー...)【1年間の安心保証】改良版TT-BA01

新品価格
¥2,399から
(2017/1/10 12:39時点)






2017年02月09日

えっ! 上海問屋が1,999円でバーチャル5.2chを奏でてくれるイヤホン「バーチャル5.2ch 3Dイヤホン DN- 914310」が発売されたみたいです(゜o゜)

上海問屋がまたとんでもないイヤホンを発売しました それが「バーチャル5.2ch 3Dイヤホン DN- 914310」 このイヤホンはバーチャル5.2ch 3Dイヤホンという商品名の通り360度様々な方向から イヤホンで映画館にいるような音色を奏でてくれる凄いイヤホンに仕上がっているみたいなんですが何と、このイヤホンに搭載されているドライバーユニットが半端なく15.4mmの大口径ドライバーユニットが搭載 大口径と言われてるソニーのカナル型イヤホン「MDR-XB90EX」でも16mmの大口径ドライバーユニットが搭載されていますので音質はともかく1,999円で15.4mmの大口径ドライバーユニットが手に入る「バーチャル5.2ch 3Dイヤホン DN- 914310」のコスパの高さは本当尋常じゃないと思います(゜o゜) 上海問屋は毎回驚かされるようなイヤホン 失敗したようなイヤホンもありますがくじけずどんどん驚くようなイヤホンを低価格で登場させる上海問屋のチャレンジ心にあっぱれですね (*ノ´∀`)ノ 

バーチャル5.2ch 3Dイヤホン (914310)

価格:1,999円
(2017/1/7 14:04時点)









2017年02月04日

テーブル全てがスピーカー代わり? 海外のベンチャーが開発した特殊なテーブル「SOUND TABLE」に驚きです(゜o゜)

シンガポールに本社を置くベンチャー企業「KAMARQ HOLDINGS」が凄すぎるテーブルを開発しました それが「SOUND TABLE」 このテーブルは名前の通り音を出すテーブルなのですがテーブルを見回してもスピーカーの開口部が見当たらない 実は、このテーブル「SOUND TABLE」天板の内部には薄型スピーカー2つ内蔵されているのですが薄型スピーカーで鳴らした振動は天板全体に広がり 天板そのものがスピーカ代わりになる仕組みのようなので薄型スピーカー2つで鳴らした音とは思えない重厚な音色を「SOUND TABLE」だけで奏でてくれるみたいです 後、このテーブルはUSB端子だけでなくBluetoothにも対応しているテーブルみたいで気軽にBluetoothスピーカーみたいな使い方ができるのも魅力な所 価格はMサイズで約9万円くらいになるみたいですが高級感あるテーブルとBluetooth対応スピーカーを融合さてこの価格帯なので案外リーズナブルなのかも(^O^)

2017年01月31日

ソニーのカナル型イヤホン「MDR-XB90EX」が到着♪ 音質はもちろん、独特な平べったいケーブルも凄く良いですね(^O^)

アマゾンで注文していたソニーのカナル型イヤホン「MDR-XB90EX」が到着したので早速レビューをしようと思います まず、新品状態 エージングなしで「MDR-XB90EX」を聴いてみた感想ですがエージングをしていない状態でも16mm大口径ドライバーユニット独特の深い低音から高音の伸びまで試聴して聴いた音色通りに鳴らしてくれましたのでエージングなしでもすぐに本領発揮してくれるのは嬉しいですね♪ 後、「MDR-XB90EX」に使用されている独特な平べったいケーブル(セレーションコード)も素晴らしく タッチノイズは他のケーブルと比べ大きいのは確かなのですがスライダーコードを効果的に使用すればタッチノイズは全く気にならなくなりますし平べったいケーブルのおかげで絡まないケーブルとなっていますので使えば使う程平べったいケーブル(セレーションコード)の有難みが分かってくるケーブルとなっています 後、平べったいケーブルのおかげで引っ掛けても断線しにくいと思いますし延長コードを使用しなくても1.2m長さがあるケーブルなので外出先でも快適に使用できそう(^O^) ソニーのカナル型イヤホン「MDR-XB90EX」は生産終了になってしまいましたがまだ在庫があるショップは多数ありますので興味ある方は是非早めにゲットしちゃいましょうo(^-^ o )

SONY EXTRA BASS カナル型イヤホン ブラック MDR-XB90EX/B




2017年01月26日

去年一番欲しかったソニーのカナル型イヤホン「MDR-XB90EX」をアマゾンで注文しちゃいました(^O^)

去年一番欲しいと思ったイヤホンはソニーのカナル型イヤホン「MDR-XB90EX」とご紹介しましたがやっと昨日アマゾンで注文して「MDR-XB90EX」を購入する事ができました♪ まだ、商品が届いていないのでレビューはできませんが試聴をした限りまさにパーフェクトといえるバランスの良い音色 それでいて音の広さも16mm大口径ドライバーユニットによりヘッドホンに近い コンサートホールで聴いているような音を聴かせてくれましたのでもう届くのが楽しみで仕方ありません♪ ただ、「MDR-XB90EX」は生産終了となってしまったイヤホンなのでいつ在庫が切れてもおかしくない状態 アマゾンで注文する際でも在庫数が数点しかなかったのでソニーのカナル型イヤホン「MDR-XB90EX」を買おうと思っている方は早めに手に入れちゃいましょう(^O^)

SONY EXTRA BASS カナル型イヤホン ブラック MDR-XB90EX/B






2017年01月22日

最初は笑ってしまう仕様でしたが(゜o゜) 千円代で売られているアンプ「BASS、TRABLE、BALANCEの調節が出来る! 高性能2チャンネル12Vステレオアンプ」結構良いかも♪

友人が千円代で売られているアンプ「BASS、TRABLE、BALANCEの調節が出来る! 高性能2チャンネル12Vステレオアンプ」をアマゾンで手に入れたみたいなので早速使わせて頂きました♪ まず、基本のデザインはアルミで覆われていて素晴らしいのですが千円代で売られている格安中華のアンプなので細かい作りは非常に雑 見ただけでツマミがわずかに曲がっているのが分かります(^_^;) ただ、わずかに曲がっているといってもツマミはちゃんと回リ機能もしているようなのでそこはご愛嬌といった所でしょうか さらに、スピーカー接続端子の出力が反対 L−R表示通りにしてしまうと左右反対になってしまいますが出力を左右逆に配線すれば使えますのでさすが中華アンプといった仕様です では、このようなアンプで本当にスピーカーを鳴らす事ができるアンプなのか疑問に思ってしまいますが電源を入れればちゃんと音を鳴らしてくれます ホワイトノイズは結構拾いますが左右の音バランスは全然問題無かったですしBASS、TREBLE、BALANCEもちゃんと調節できましたのでアンプとして結構使えてしまう「BASS、TRABLE、BALANCEの調節が出来る! 高性能2チャンネル12Vステレオアンプ」 耐久性は謎ですが千円代でこれだけ使えるのだったら文句無しの素晴らしいアンプだと思いますが格安中華のアンプはハズレも多く出回っているのが現状なので買われる際は注意が必要ですね(-_-;)

BASS、TRABLE、BALANCEの調節が出来る! 高性能2チャンネル12Vステレオアンプ

新品価格
¥1,144から
(2016/12/24 13:19時点)






2017年01月17日

ええっ! 本当に二千円代で買えるイヤホン? 音場の広がりにビックリしてしまうパナソニック製カナル型イヤホン「RP-HJX5」

今日は12mmドライバーが搭載されたパナソニックのカナル型イヤホン「RP-HJX5」を視聴してきましたのでレビューをしようと思います 確か、過去一回「RP-HJX5」をしたと思うのですがどんな音質だったのか忘れてしまったので今日は初めて試聴した気持ちで「RP-HJX5」を語りたいと思います まず、デザインはオーテクなどのシンプルな感じではなく金属感を感じられる近未来風デザイン 特に自分が視聴した「RP-HJX5」のカラーが目立つレッドだったので余計デザインの個性が強く好き嫌いが分かれるような感じでしたが「RP-HJX5」のカラーにはシルバーやブラックなど無難なカラーも揃っていますのでシンプルなデザインが好きな方でも納得して使えるイヤホンになっていますし この価格帯のイヤホンでよくある安っぽさも感じられない丁寧な仕上がりなのでさすがパナソニックのイヤホン♪ フィット感 装着性は...(^_^;) 実際の所そこまで良くなく遮音性もあまり良くなかったのでここら辺りは低価格イヤホンといえる感じでした では、肝心の音質に入りますがこれがかなりビックリ 本当に二千円代で買えるイヤホンって思えるほどの迫力あるサウンドを奏でてくれます 低音は12mmドライバーが搭載されているおかげでズンズンと結構パワフルな低音を奏でてくれ、中音もそこそこ出てくれるのでボーカルも聴きやすい仕上がりでした ただ、高音は逆に控え目で高音が好きな方は不満に感じてしまう感じですが重低音イヤホンでよくある潰れてしまった高音ではなく控え目ですがバランス良く鳴らしてくれますので全然悪くないと思いますし音場の広がりもこの価格帯のイヤホンにしては相当音の広がりを見せてくれるイヤホンなので低価格で音場が広いイヤホンをお探しならこれは買いですよ(^O^)

パナソニック カナル型イヤホン DTS対応 ブラック RP-HJX5-K

新品価格
¥2,497から
(2016/12/10 13:59時点)




2017年01月12日

生産終了になってしまった14mmドライバーの大口径ドライバーを持つ「ATH-CKR7」を視聴して思わず感動♪ 何でこんな素晴らしいものを生産終了してしまったのだろう(-_-;)

オーディオテクニカ最後の14mmドライバーを搭載した「ATH-CKR7」が生産終了(-_-;) これからオーディオテクニカはダイナミック型の大口径ドライバーは出さないみたいなので数年ぶりに是非もう一度「ATH-CKR7」の音色が聴きたいと思い、「ATH-CKR7」が置いてあるお店で思う存分視聴してきましたので語りたいと思います まず、デザインはやっぱり素晴らしいですね♪ 他のメーカーのイヤホンと比べスッキリしているのですがこれまでのオーディオテクニカ CKMシリーズらしい高級感のある仕上がりになっていますので本当にたまらなくカッコイイと改めて思ってしまいました では、数年ぶりに視聴した「ATH-CKR7」の感想ですが本当に14mmドライバーは素晴らしい音色を奏でてくれます 低音は重低音モデルじゃないのにズッシリとした重低音を鳴らしてくれ音像もはっきり 中高音も名機ATHーCKM77を受け継ぎ 伸びのあるキラキラ音を鳴らしてくれ 音も立体的に広がってくれますので改めてオーディオテクニカの14mmドライバーは凄いなって実感しました(^O^) 「ATH-CKR7」は生産終了になり 少しずつ店頭から姿を消しているイヤホンなので新品の「ATH-CKR7」を手に入れるなら今がチャンスという事ですね(゜o゜)

【あす楽対象】【送料無料】 オーディオテクニカ カナル型イヤホン ATH-CKR7 1.2mコード[ATHCKR7]

価格:8,488円
(2016/12/7 14:38時点)