広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ヤマハルータークライアント側PPTPパススルー

ヤマハルーターが設置されているLANから別の場所へPPTP接続できない場合、ヤマハルーターのファイアウォール設定が必要になる場合があります。その場合はPPTPパススルー設定が必要になります。

私もRT58iが設置されているLANから、外部のPPTPのVPN接続を実施すると接続できませんでした。
以下の設定を実施することによりPPTPのVPN接続ができるようになりました。

(以下のPPTPパススルー設定方法はRT58iで実施しました)
【STEP1】
設定画面を開く

【STEP2】
[詳細設定と情報]→[ファイヤーウォール設定]
プロバイダ接続を行っているインターフェースのIPv4フィルタの[設定]をクリック

【STEP3】
IPv4静的IPフィルタの一覧の[追加]をクリック

【STEP4】
フィルタ番号:任意(使用していない番号)
フィルタ・タイプ:pass(ログなし)
プロトコル:gre
送信元IPアドレス:*
送信元ポート番号:*
受信先IPアドレス:*
受信先ポート番号:*

以上のフィルタ情報を入力後、[設定の確定]をクリック

【STEP5】
IPv4静的IPフィルタの一覧に【STEP4】で設定したフィルタ情報が登録されています
登録したフィルタ情報の適用「入」にチェックを入れ、[設定の確定]をクリック


もし、ヤマハルーターのLAN内から、PPTPのVPN接続できない場合は確認してみるといいかもしれません。

ヤマハルーターのネットボランチDNSの設定

ヤマハルーターのコマンドによるネットボランチDNSの設定方法です。

pp1の接続でネットボランチDNSを設定する場合

【STEP1】ルーターにネットボランチのドメインを設定する
pp select 1
netvolante-dns hostname host pp xxxx
※xxxxは取得したいネットボランチのドメイン名

【STEP2】設定したドメインをヤマハのネットボランチDNSサービスに登録する
pp select 1
netvolante-dns go pp 1

しばらくすると
[xxxxx.aax.netvolante.jp] を登録しました
新しい設定を保存しますか? (Y/N)
というようなメッセージが表示されるので、「Y」を押すと登録完了です。

【STEP3】設定・登録したドメインを確認する
show status netvolante-dns pp 1
※ホストアドレス欄に「xxxxx.aax.netvolante.jp」と表示されていることで確認できます。
「aax.netvolante.jp」の部分は固定ですので、変更できません。

【STEP4】必要であればパソコンからnslookupでドメインの正引きを行う
インターネットに接続されているパソコンから、コマンドプロンプトでnslookupを実行してください。
もしくは、nslookupを実行してくれるホームページで実行してください。
取得したネットボランチDNSのドメインからグローバルIPアドレスを解決できます。
ルーターのWAN側のグローバルIPアドレスと同じであれば正常に設定されています。
※これは面倒であれば実行しなくてもいいです。

当然ですが、希望するドメインが他の人によって使用されている場合は登録できません。

ヤマハルーターのセミナー・トレーニング

ヤマハのルーターは中小企業の多くで導入されているそうです。

バッファローも導入されるケースがありますが、どちらかというとバッファローは一般消費者・コンシューマ向けです。
小さい事務所ではバッファローのルーターが導入されるということもたびたびあります。
  BUFFALO Direct


ヤマハのルーターはVPNで定評があります。
簡単に設定ができ、スループットが速いです。

ただし、ヤマハルーターのコマンド設定は慣れていないと難しいかもしれません。
そこで、ヤマハのルーター設定を勉強するにはヤマハルーターのセミナーに参加するといいです。

私も参加したことがあり、とても勉強になりました。
住商情報システムが開催しています。
住商情報システムのホームページにはオンライントレーニングもあるので、このトレーニングを閲覧するだけでも基本的なことはわかります。

  住商情報システムのヤマハルーターページ

セミナーは無料でビギナーコースからアドバンストコースまであります。

知っている人からすれば今さらという情報ですが、これから勉強したい、設定を習得したいという人は是非一度参加されてはいかがでしょうか。

ヤマハRTX1200のVLAN設定

ヤマハRTX1200のVLANの設定です。

RTX1200は3LAN構成で、LAN1は8ポートあります。

RTX1200の場合、LANを分割する方法は大きく分けて2つあります。
 1. LAN1内を分割する、LAN2をWAN側とする
 2. LAN1・LAN3をLAN側として分割する、LAN2をWAN側とする
  例としてLANを3分割する場合は、LAN1を2分割、LAN3を独立させ3分割する

まず、1 の場合
・LAN3が空いているため、今後の拡張性がある。
次に、2 の場合
・LAN1とLAN3は物理的にポートが分かれているので、セキュリティに優れている
という、利点があります。

では、実際の設定コマンドです。

LAN1を2分割する設定です。
・VLAN1・・・LAN1.1 LAN1.2 LAN1.5 LAN1.6
        192.168.1.1/24
・VLAN2・・・LAN1.3 LAN1.4 LAN1.7 LAN1.8
        192.168.2.1/24


【STEP1】LAN1に対してLAN分割機能を有効にする
lan type lan1 port-based-option=divide-network

【STEP2】LAN1内のポートに対して所属するVLANインタフェースを指定する
vlan port mapping lan1.1 vlan1
vlan port mapping lan1.2 vlan1
vlan port mapping lan1.3 vlan2
vlan port mapping lan1.4 vlan2
vlan port mapping lan1.5 vlan1
vlan port mapping lan1.6 vlan1
vlan port mapping lan1.7 vlan2
vlan port mapping lan1.8 vlan2


【STEP3】それぞれのVLANにローカルIPアドレスを設定する
ip vlan1 address 192.168.1.1/24
ip vlan2 address 192.168.2.1/24


【STEP4】必要に応じてDHCPを設定する
dhcp scope 1 192.168.1.2-192.168.1.254/24
dhcp scope 2 192.168.2.2-192.168.2.254/24


ちなみにヤマハRTX1100は上記のコマンドは使えません。
少し違うコマンドになります。それはまた違う機会に紹介します。

3分割以上も設定可能です。上記の設定コマンドを参考にしてください。
ヤマハRTX1200のVLAN設定でした。
  ヤマハのホームページ




【コンピューターのおっと】ヤマハRTX1200

ヤマハNVR500設定

先日、ヤマハルーターNVR500の設定をしました。
ネットボランチシリーズでRT58iと同系統の機種だそうです。

 ヤマハホームページはこちら

このNVR500で2拠点のLAN間VPNの設定をしたのですが、初めIPsecで行うのかと思いました。
しかし、GUIでの設定画面を見るとPPTPしか設定できません。
よく考えてみれば、RT58iのVPNもIPsecはなく、PPTPの設定しかありませんでした。

NVR500の設定自体は特に問題もなく終了しました。

片方の拠点をPPTPサーバーとし、もう片方の拠点をPPTPクライアントに設定。
ユーザー名、パスワードを決めて接続したら、VPN接続完了でした。


今回の設定ではありませんでしたが、このNVR500で簡易的なNAS機能もついているそうです。

USBポートが2つあり、片方のポートに外付けのHDDを挿すことができるそうです。
ただし、いくつか制限があるとのこと。

 ・バスパワーでは動作しない
 ・NTドメイン・アクティブディレクトリでは動作しない
 ・FAT32のみ
 ・アクセス制限機能はなし


以上のような制限はあるそうですが、活用できそうです。
機会があれば、設定したいものです。

ちなみに、NVRとは NetVolanteRouter の略です。





【コンピューターのおっと】YAMAHA ブロードバンドVoIPルーター NVR500
   
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
PC関連ショップ
ビックカメラ.com

ドスパラは最短当日出荷!
パソコン・パソコンパーツのTWOTOP
フェイスインターネットショップ
【送料・代引手数料無料】PCダイレクト!
【バッファロー】直販オンライン・ショップ
格安BTOノート!『BTO STORE』
ストームウェブショップ
QNAP社製品ラックNAS
おすすめ商品

3DCGでよくわかる パソコン解体全書

新品価格
¥3,150から
(2011/1/28 17:39時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。