ファン
検索
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
車を買いました! by ソラーレ (02/08)
車を買いました! by (02/07)
設計と施工で予算削減 by ソラーレ (01/28)
設計と施工で予算削減 by 坂下元気 (01/26)
設計と施工で予算削減 by ソラーレおやじ (12/21)
日別アーカイブ
プロフィール
リンク集


モッピー!お金がたまるポイントサイト

2017年03月08日

嬉しい悲鳴!


お陰様で少しづつですが、当店に足を運んでくださるお客様が増えて来ています。

・ 味 

・ 値段 

・ サービス 

・ 場所 

・ 美人?スタッフ 

・ 私の薄っぺらい接客(汗) 

何がお客様のツボにはまったのかは不明ですが、リピートのお客様も少なく有りません。


当店は今だに先が見えない新店ですので、スタッフ数は最小限です。

従いまして、多くのお客様を接客するのは私自身が老体に鞭打つ必要がございます。


それでも店内が賑やかだと心が軽くなり、疲労など吹き飛んでしまいます。(笑)

逆にお客様が少ないと時間が経つのが長く、精神的に疲れます。


疲労感というのは肉体のみならず精神的な要素も少なからず影響するものですね。


お客様が増えれば利益も増える(損失が減る)という実利がありますが、店に立つ者としては楽しく時間を過ごせる事が何よりです。


ですから、お一人でお越しの際などはお気軽に声をお掛け下さい。

物理的に可能な限り、喜んでお相手させて頂きます。


お一人のお客様には私から声を掛けさせて頂く事も少なく無いと思います。

お相手をさせて頂く事で、楽しく時間をお過ごし頂ければ幸いです。



時として私自身が時間を持て余す事の有る当店ですが、先週の日曜に「驚くべき事」が起きました。


開店前に予約で満席になったのです!


言い換えると

「予約が無いと入れない店」

になったのです。


もちろん 「たまたま」 ですけど・・・(笑)


でも、たとえ「たまたま」でも嬉しいものです。


しかも、お客様の賑わいは更なるお客様を呼びます。


ドア越しに賑わっている店内をご覧になったお客様が

「予約してないんだけど入れますか?」

と言いながらお越しになりました。


ダメ元で

「カウンター席で宜しければ準備させて頂きます。」


すると


「カウンターでも良いよ」


予想外の回答にビックリです。


お客様よりも私の方が驚いてしまいました。

このような状況に慣れていないものですから・・・(汗)


その後もお客様のご来店は続き、テーブル席のみならずカウンター席までが満席。

気が付くとクリスマスやバレンタインデーのお客様数を上回る結果となりました。



お陰様で肉体的にヘトヘトです。

お客様との会話も殆ど無いままに、あっと言う間に営業時間が終わりました。


ところが、嬉しい悲鳴とは裏腹に


この日ご来店頂いたお客様にはご満足頂けたのか?

「たまたまの賑わい」に遭遇したお客様に、当店はどのように映ったのであろうか?


不安がよぎります。


コミュニケーションが取れていれば、良くも悪くもお客様の反応は分かります。


ところがこの日は・・・



ビジネスとしては一人でも多くのお客様にご来店頂いた方がプラスです。

店内がにぎわった方が時間経過の速度も速く感じ、精神的疲労は軽減されます。


然しながら、お客様とのコミュニケーションが不足すると不安は増大します。


先ずはスタッフを増やす

経費をケチっている場合では有りません。


当店は開店三カ月弱の新店。

私がお客様とのコミュニケーションを疎かにしては本末転倒です。


嬉しい悲鳴を期待しつつ、

老体に鞭打つ日々はまだまだ続きそうです。


皆様のお越しを心よりお待ち致しております


上海ブログランキングに参加しております。
ポチッと上位に押し上げて頂けると嬉しいです!
   ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ



当店のご予約、お問い合わせは下記のフォームからお願い致します。






2017年02月17日

バレンタインデーに花束が届きました!


当店ではバレンタインデーに「258」=「私を愛して」というディナーコースを準備させて頂きました。

「258」がなぜ「私を愛して」になるのかは前回の記事をご覧下さい。

そのディナーコースですが、お客様にはご好評を頂き完売致しました。


当店には13のテーブル席がございますので、お迎えできるカップルは13組様です。

そんな事情もあり、用意したディナーコースは26名様分でした。

「満席になれば万々歳」

「満席になれば良いなあ」

知名度の無い新店ですから過度な期待はできません。


しかも前日までのご予約は7組様。

正直に申しますと、残り6テーブルが埋まってくれるかどうかを心配する有り様でした。(汗)



ところが店を開けてみると19時前後からご予約を頂いていないお客様が入り始め、20時過ぎには満席。

21時頃から2回転目に入り、コース料理が完売したあとは単品オーダーを受けさせて頂きました。

想定外の事態に厨房の準備が追いつかず、21時頃からは料理をお出しするタイミングが極端に遅れ、お客様に不愉快な思いをさせてしまいました。


不愉快な思いをされたお客様には深くお詫び申し上げます。

「誠に申し訳ございませんでした。」



さて、混乱を招いた原因ですが。

なぜ予約7組様に対し、19組ものお客様にお越し頂いたのでしょう?

恐らく


「たいした店じゃないから空いてるだろう」

「予約しなくてもソラーレなら大丈夫だろう」


みたいな感じだったのではないでしょうか?(苦笑)


バレンタインジプシーになられたお客様が当店に避難された?

そんなところではないかと思います。



そんなドサクサの中で驚くべき事に「花束」が届いたのです?


IMG_3695.JPG
画像クリックで拡大


「まさか!」

「オレ?」

「60手前のオヤジに花束?」

「いったい誰から?」


少しばかり喜んだのですが、そんなわけ有りません!(笑)


どうやら当店の従業員にお客様から届いたようです。


贈り主は中国人男性のようです。

中国人客がレストランのウェイトレスに花束を贈る。


私が初めて中国を訪れた35年前には考えられなかった事です。


35年前には、女性に花束を贈る中国人など聞いた事も有りませんでした。

そもそも鮮花の花束など売っていませんでしたし、

当時の中国では花屋すら見た事も有りませんでした。


中国も変わったものです。


さて、明日(2月17日)からのジャピオン特典ですが、お一人のお客様にもご利用頂きやすい「パスタセット」を用意致しました。

170217.gif
画像クリックで拡大


・ メニューからお好きなパスタ 1品

・ 前菜の三点盛り 1皿

・ グラスワイン(又は生ビール) 1杯

上記を100元にて提供させて頂きます。


是非とも当店の味を一度お試し下さい。


皆様のご来店をお待ち致しております。



上海ブログランキングに参加しております。
ポチッと上位に押し上げて頂けると嬉しいです!
   ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ



当店のご予約、お問い合わせは下記のフォームからお願い致します。






2017年02月07日

車を買いました!


イタリア料理店を初めて早いもので一ヵ月半が過ぎました。

ハッキリ言って、立ちっぱなしというのは重労働です。

しかも営業時間を 「17:30 〜 深夜」 としているので、立ちっぱなしは深夜まで続きます。

老体には堪えます。


ヘトヘトになって帰宅する際に 「はずれタクシー」 を引いてしまうと最悪です。

車内がタバコ臭いばかりか、運転が荒く、遠回りしたりします。

私は 「泣き寝入りしない日本人」 なので、運転手に遠慮なく文句を言います。

露骨に遠回りをされた時などは一悶着有りますが「本来の金額」しか払いません。

ですから金銭的な損失は有りませんが、気分が悪いです。

ただでさへ疲れているのに、疲労倍増です。


そこで車を買う事にしたのです。


「レストラン経営ってそんなに儲かるのか?」

「一ヵ月半でどんだけ稼いだの?」

と思われるでしょうが、知名度の低い新店はハッキリ言って赤字です。

車を買う余裕など有りません。


車は車ですが「四輪」ではなく「二輪」です。

しかも「バイク」ではなく「電動車」。

更に「普通の電動車」ではなく「超小型車」です。


いうなればキックボードにモーターとイスを付けたような代物です!(爆)


それがコレ!

170207-1.gif
画像クリックで拡大

タオバオで1600元程度でした。(笑)

そこそこ快適に走ります。

1元/30分 のレンタル自転車に比べると遥かに楽です。


構造はと言えば
170207-2.gif
画像クリックで拡大


超シンプル!

安全性や耐久性は不明です。

なにせ中国製ですから・・・(汗)


でもスピードメータや距離計は装備されています。
170207-3.gif
画像クリックで拡大


スピード(時速)は「低速=10キロ前後」「中速=20キロ前後」「高速=30キロ前後」と三段階。

ちなみに私は中速で利用しています。

車輪が小さいので安定性が悪く、高速だと少し怖いです。


この超小型電動車の最大の利点はエレベーターに乗れる事です。

もちろん公共施設の中に入ってはダメだと思いますが、自宅アパートなら部屋まで押して入れます。

20キロ弱なので、少々の階段なら持って上がれます。

その気になれば、アパートロビーのスロープを上がり、乗ったままエレベータに乗り、そのまま廊下を走って自室のドア前まで降りずに行く事だって可能です。(笑)

勿論、私は節度ある常識的な日本人なので、そんな事はしませんけど・・・


大きな欠点は二つです。

・ 小さく軽いので盗まれやすい。

 ワイヤー鍵が付いていますが気休めにしかなりません。

 私の場合は店内、自室内に置いています。

・ 安定性が悪く、スピードが出ると少々危険?

 20キロ程度での走行なら大丈夫です。

 但し、横断歩道や路側帯の白線に乗るとかなり滑るので要注意です。


「タクシーと比べて快適か?」

と言われると「絶対に快適」とは言いきれませんが、Door to Door で使えるので便利な事は間違いありません。


手っ取り早く「マイカー」を持ちたい方には「おススメ」だと思います。(笑)

中国アマゾン でも販売しているようなので興味の有る方はチェックしてみて下さい。


さて、当店のお得情報ですが、春節前に引き続き「ジャピオン特典」がございます。

170207-4.gif
画像クリックで拡大

ワインをボトルでご注文頂いたお客様に「前菜の盛り合わせ(80元)」を一皿サービスさせて頂きます。

尚、ジャピオンではボトル(180元〜)となっていますが、実際には150元から用意致しております。

当店にお越しの際は、「ジャピオン見たよ」 の一言を添えてボトルワインをご注文下さい。


皆様のご来店をお待ち致しております。


上海ブログランキングに参加しております。
ポチッと上位に押し上げて頂けると嬉しいです!
   ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ



当店のご予約、お問い合わせは下記のフォームからお願い致します。






2017年01月08日

居酒屋の苦労の一端を垣間見ました


1月5日に上海に戻り、空港から店に直行。

不在にしていた10日間の状況(出来事)を報告してもらうためです。


「ふ〜ん、そんな事があったのか・・」

事件とは言え、大部分は居酒屋での普通の出来事です。


ところが、見過ごせない出来事が一つ

日本人的感覚では有り得ない出来事です。


何と

白酒を持ちこんだ中国人客がいたというのです。


当店では赤ワインを「紅酒」、白ワインを「白酒」と呼んでします。

ですから

「白ワインの持ちこみかあ、で持ちこみのチャージは頂いたの?」

「どんな白ワインを持ちこんだの?」


ちなみに当店では「食べ物や飲み物の持ち込みは禁止」とさせて頂いております。

ですが、中には「それなりのワイン」を持参したいというお客様もいらっしゃいます。

・ 何かの記念で購入されたワイン

・ 当店には無い高級ワイン

などです。


お客様にとっては特別なワインです。

その特別なワインをご家庭で普通に飲むのは少し残念というお気持ちは良くわかります。


ですから、そのような場合は、事前にご相談頂く事を前提にご要望にお応えしております。

(但し、チャージとして 100元/本を頂戴します。)


ところが、その白酒はワインでは無いというのです。


「それが、白酒は白酒でも本物の白酒だったんです!」


「え、まさか、あの白酒?」

「そう、あの白酒です!」


あの白酒がコレ
170108-1.gif
画像クリックで拡大


アルコール度数が52度の本格的白酒!


あの超強烈な臭いが店内をプンプン漂い、他のお客様から大ヒンシュクだったとか・・・


「ヒンシュクとか言う前に何でそんな酒を開けさせたの?」

「有り得ないでしょ!」


私の知り合いの予約で受けたのだが、その方と一緒に来られた中国人の友人が持ちこんだらしいのです。

気付いた時は「時すでに遅し」だったとか


その場に居合わせたお客様が当ブログをご覧になっていましたら、深くお詫び申し上げます。


今後は私の知り合い、習近平、安倍晋三であろうとも白酒は一切禁止!

事前にご連絡を頂いていない持ち込みも厳禁とするよう徹底致します。


何れにせよ当ブログをご覧になっている日本のお客様が 「本チャンの白酒」 を持ち込まれるとは思えませんが・・・



それにしてもイタリアンで白酒とは、一体どのような味覚なのでしょうか?


中国人のお客様には不思議な味覚の方が時々いらっしゃいます。


・ マルゲリータ(ピザ)を召し上がる際に トマトケチャップ

・ クリームソースのパスタに酢(ワインビネガー)

・ ミートソースパスタにチリオイルをドボドボ(ほとんど担々麺状態?)


「なるほど、これはイケるかも」

と私が感心するようなアレンジをするお客様はいらっしゃいません。



さて、本チャンの白酒ですが、当店でも今週からメニューに加えます。

但し、白酒とは言ってもイタリア産の白酒(グラッパ)です。


葡萄酒の搾りかすから作った蒸留酒で由緒正しいイタリアのお酒です!


グラッパ
170108-2.gif

画像クリックで拡大


アルコール度数は40度です。


ちなみにイタリアでは食後のデザートと一緒に召しあがる方が多いです。

ほのかな葡萄の香りと強いアルコールがティラミスやチョコレートケーキ等のスイーツに良く合います。


イメージとしては、ブランデーとチョコレートの組み合わせに似ているかもしれません。

ブランデーもグラッパも共に葡萄から作られる蒸留酒ですから。


スイーツを御召し上がりになる際には是非ともお試し下さい。

但し、アルコール度数が40度のスピリッツである事をお忘れなく!


上海ブログランキングに参加しております。
ポチッと上位に押し上げて頂けると嬉しいです!
   ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ



当店のご予約、お問い合わせは下記のフォームからお願い致します。







2016年12月29日

お陰様でクリスマスは満席で大忙し!


店をオープンして10日間が過ぎました。

その間に最大級のイベント「クリスマス」という高いハードル!(汗)


オープンから一週間で「クリスマス」を迎える事に、実は二つの不安がありました。


1) たくさんのお客様で満席になった時に、店内が混乱しないか?

2) お客様が集まらず、閑古鳥の鳴くクリスマスになるのでは?


全く逆の心配ですが、開店一週間でクリスマスを迎える知名度ゼロ・固定客ゼロの店ですから、何が起きても不思議ではありません。


そんな不安だらけで迎えたクリスマスイヴ

事前予約は6組様でした。

当店にはテーブル席が13ございます。

2組はご家族3名様でしたので、13テーブルに対して予約で埋まっていたのは8席です。

取り敢えず「まばら状態」にならずに済みそうだったので一安心です。


ところが開店時間(17:30)から一時間半を過ぎ18:30頃になると9テーブルが埋まっていました。

残り4テーブルです。

喜ばしい事では有りますが、一つ大問題です。


9テーブルの内で「ご予約のお客様」が何組だか分からないのです。

本来ならお客様のご来店時に「ご予約はございますか?」と聞くべきですが、それが出来ていませんでした。

リストの消し込みが出来ておらず、予約のお客様がお見えになっているのかが分かりません。

この状態だと「予約されたお客様の来店時に席が無い」という事になりかねません。


スタッフ一人一人に「1番テーブルのお客様は予約?」という具合に確認すると

「分かりません?」という回答。

「予約を受けたのはあなたでしょ?!」と言うと

「友人からの紹介予約で私自身は面識が無いから分かりません・・・」



「これはマズイ!」(汗)


残っている全てのテーブルにワインのボトルを置き、

「ワインが置いてある席は全て予約席」

「予約の無いお客様は確認が取れるまで待って頂くか、お断りしろ」

と指示しました。


そして、恥を忍んで、予約の有無が分からない席のお客様に

「ご予約は頂いておりましたでしょうか?」

確認させていただきました。


幸いな事にお見えになっていないお客様は3組だったので、事なきを得ました。


予約リストを作成し、お客様のご来店時に消し込みをするのは難しい事ではありませんが、それが出来ないのが素人です。


内装工事や設備の設置など物理的に店を作る事は難しく有りません。

経験のあるシェフを雇えば厨房は取り敢えず機能します。

仕入れ先やコストの管理は難しくても自分自身でやるべき事なので全てが想定範囲内です。


問題はホールスタッフの管理・教育と接客です。

飲食店経験の豊富な店長(又はホールスタッフ)を雇用していなかった事が最大の失敗です。


「オーダーを取り、厨房に伝え、料理を出し、代金を頂く」

「たかだか13席の店」

「笑顔を絶やさず、真面目に接客すれば大丈夫」


私の素人考えが甘かったようです。


予約システムのみならず、

「お客様のお食事状況を確認しながら、厨房に調理するタイミングを指示する」

「お客様の視線を追い、何を求めているかを察知する」

「ワインやデザート、コーヒーをお勧めするタイミング」


こういった事に気を遣うだけで、お客様の満足度は大きく変わると思われます。


実際に店を運営してみると、客の立場では考えの及ばない事がたくさんあります。

いままで客として「当たり前」「普通」だと思っていた事が、店の立場では全てが「運営マニュアルで管理すべき事」なのです。


やるべき事をちゃんとやる。

普通の事を普通にやる。


意外に難しいです。(汗)


そんなこんなで少々バタバタしました。


・ コース料理を出す順番(プリモとセカンド)が逆になった

・ ホール情報が厨房に伝わらず、料理と料理の間が開いてしまった

・ グラスが空になっている事に気付かず、お客様から催促された

・ お客様がお帰りになった席の片付けが即座に行われなかった


中華の大衆店では良く有る事ですが、当店が目指しているのは「ナンチャッテ」では有りません。

ちゃんとした中級のトラットリア、それなりのお客様にも満足頂ける「中の中」以上の店です。

課題はまだまだ多そうです。


そんな中で嬉しい事も幾つかございました。

料理に対するクレームが一つも無かった事です。

食べ残されるお客様が非常に少なく、大部分のお客様に完食頂きました!


他の店には無い料理としてコースに組み込んだ「マグロとトマトのパスタ」が好評でした。

お世辞かもしれませんが

「名物料理として通常のメニューに入れた方が良いよ」

と言って下さった方もいらっしゃいました。


ともかく24日、25日は連日の満席となりホッと一息です。


これから旧正月までは日系企業にお勤めの方達の忘年会、新年会。

その後は中国系企業の方達の忘年会と怒涛の日々が続きます。

と言うより、当店も怒涛が押し寄せるかのように忙しくなる事を願っております。


皆様にご愛顧頂けますよう、クリスマスの反省箇所を修正し皆様をお迎えしたいと思っております。

今後とも宜しくお願い致します。


尚、私は個人的な事情により1月5日までお休みを頂きます。

ご不便をお掛けする事も有ると思いますが、ご容赦頂けますようお願い申し上げます。


ご予約、お問合せ、お叱り 等々ございましたら、恐れ入りますが以下のフォームよりお願い致します。

私からスタッフに伝えさせて頂きます。





皆様のご来店を心よりお待ち致しております。


追記:

当店は旧正月期間中も通常通り営業する予定です。

老舗同様に無名の開店間も無い新店が休んでは話になりません。

春節期間にお食事でお困りになりましたら、是非とも当店に足をお運びください。


上海ブログランキングに参加しております。
ポチッと上位に押し上げて頂けると嬉しいです!
   ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ