ファン
検索
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
適正価格とコストパフォーマンス by 料理人 (03/01)
車を買いました! by ソラーレ (02/08)
車を買いました! by (02/07)
設計と施工で予算削減 by ソラーレ (01/28)
設計と施工で予算削減 by 坂下元気 (01/26)
日別アーカイブ
プロフィール
リンク集


モッピー!お金がたまるポイントサイト

広告

posted by fanblog

2016年04月14日

お酒のお供に鮭のハラスをオススメします!


当店の人気メニューの一つに「焼きシャケ定食」がございます。

皆様ご推察の通り、特に中国のお客様に人気です。

毎日確実に一定数のオーダーを頂ける安定した優等生です。

オーダーが安定しているので仕入れも安定しており、定期的に入荷します。


厨房では月に2度くらいの割合で鮭を下ろしています。
160413-1.gif
画像クリックで拡大


塩を振って二日ほど寝かせると定食用の切り身になります。


夕方以降に単品メニューとして用意している「辛塩鮭」には、更に手間を加えています。

塩を振り水分を出し、更に塩を振りという手順は同じですが、最近は水分が出たところで日本酒に浸けています。

その後に再び塩を振り、日本酒から吸収した水分を出します。

塩辛いだけでなく、味と香りの有る鮭になると思うのですが、お客様がそれにお気づきになっているかどうかは分かりません。

素人オヤジの「こだわり」、と言うか「自己満足」ですね!(笑)


さて、定食用の切り身ですが、

こんな感じで二日ほど寝かせます。
160413-2.gif
画像クリックで拡大


トレーの両端の白っぽい半端な切り身にお気づきでしょうか?

これが「ハラス」です。

内臓を囲むお腹の部分で、マグロの「トロ」に相当する部分です。


脂が乗っていて、濃い目の塩味にするとたいへん美味しいです。


「脂が多くて濃い塩味」=「高カロリー高塩分」それだけで体に悪そうです。

大抵の場合「美味しいものは体に悪い」のですが、ハラスはそうでも有りません。


鮭のハラスは100gで130キロカロリーと意外に低カロリー。

しかもハラスを含め鮭の身は糖質がほぼゼロです。


それだけでは有りません。

ハラスの脂には不飽和脂肪酸のDHAやEPAが豊富に含まれており、中性脂肪やコレステロールを分解する作用が有ります。

鮭の身を紅くしているアスタキサンチンという色素成分には、ビタミンEの1,000倍の抗酸化作用があるそうです。

抗酸化作用は痛んだ血管の内壁を修復し柔軟性を持たせ、血管年齢を若返らせてくれます。


ハラスは体に悪いように思われがちですが、

実は


・ 低カロリー

・ 糖質ゼロ

・ 強い抗酸化作用


によりダイエットの強い味方であり、体を若返らせてくれる優良食材だったのです。


お酒のお供に是非とも召し上がって頂きたい食材です。

もちろん当店の「ハラス」は塩分控えめの甘塩です!


皆様のご来店をお待ち致しております。


上海ブログランキングに参加しております。
ポチッと上位に押し上げて頂けると嬉しいです!
   ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4956519
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。