2019年05月10日

人生のスピードとタイミング

pet0008-005.jpg


恋愛弱者の私

私はもともと男性恐怖症を持っており、結婚や婚活に興味を持ったのは20代の頃です。
婚活の開始時期は世間より早いほうなのでしょう。

しかし、初めての彼氏を見つけたのは30代に入ってからでした。
恋愛弱者と、世間では言われるのでしょう。


婚活を経て夢を叶える

「外見と男性への気遣い」婚活ではこの2点の改善が重視されます。
私もその2点を重視しながら、婚活をしてきました。
結婚相談所にも入りました。サイトもたくさん試しました。アプリも経験しました。

多くの人と会いました。
ただ、どんな行動をするにしても、心に思い浮かぶのは以下のうっすらとした願望でした。
・昔から少し思っていた、西洋人のパートナーが欲しいという願望
・昔から少し持っていた、留学したいという願望

そういった心に残る願望を脇に置いて、必死に婚活したものの、結果はついてきませんでした。
自分の行動や表情のどこかで、それが出ていたのかもしれません。
そして、時間をかけながら2つ目の願望・留学を叶えることができました。

幸運か不運か、留学後には日本に戻ってきてしまったのですが、数年後、婚活をこなしまくったら西洋人のパートナーを見つけることができました。

2つの願望に長時間をかけてしまったのは、生き方が不器用だからかなと思います。
ただもし、自分が20代前半だったら、今のような考え方や行動には至らなかったので、きっと今が最適なタイミングなのだろうと思います。


恋人は不安解消のツールでは無い

婚活当時、得体の知れない不安に常に襲われていました。
その当時は、パートナーが見つかったらその不安は解消されるのだろうと思っていました。

しかし、自分も相手も、想像してるような完璧な姿には程遠いものです。
相手に対する理想はもともと高くなかったけど、一緒にいる今でもお互いの違いで試行錯誤する毎日。
お互いに日々成長です。


マイペースに生きましょう

自分のペースで、時には走ったり転んだりもあるけれど、一歩一歩進む
心の底に眠っている願望を見つけ出し、それを叶えていく

人生のスピードや、タイミングは人それぞれです。
だからこそ、得体の知れない世間や周りに殺されないよう、不安を持ちながら婚活する人をサポートできたらと思っています。

posted by Hana at 19:00| コラム
プロフィール
30代女性による婚活体験談

このサイトでは、筆者が過去に使った、または見聞きした婚活アプリやサイトをご紹介していきます。また日記やコラムも書いていきます。

筆者はこれらの婚活ツールを使って、過去100人以上の方とお会いしていきました。

日本ではあまり使われていないものも含まれるので、海外在住の方や外国人と出会いたい方にもお勧めします。


検索
最新記事
日本人・日本語がわかる外国人との出会い にはこちらがオススメ  ↓
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド