広告

posted by fanblog
プロフィール

th0915
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

起業・独立 ブログランキングへ ブログ王ランキングに参加中! にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
リンク集
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
最新記事
最新トラックバック

広告

posted by fanblog
2014年04月29日
外国の方からよく受ける質問
みなさん。こんにちは。

最近多いのが外国人の在留資格をよくさせていただいてますので、ちょっと思い浮かんだネタを書いていきます。

よく「両親を呼び寄せてこちらで一緒に生活をしたい」と日本に住んでいる外国の方にご相談を受けることがあります。

理由の多くは、本国の親を面倒見る人がいない。日本で両親の世話をしたいという質問が多いです。

はっきりいいますと、両親を呼び寄せる在留資格はありません。

ですので、期待を持たせる回答をしないようにしましょう。

よく、「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「特別永住者の配偶者等」「家族滞在」という資格があるのですが・・・と言われます。

この資格で滞在できるのは、配偶者「等」の等は、「日本人・永住者・特別永住者の子供のみ」が対象です。

孫もいけません。

当然両親を呼び寄せることができないということです。

家族滞在の家族も、就労系(人文知識・国際業務、技術、技能など)の家族(配偶者と子供)のみの資格なのです。

ここを勘違いすると、トラブルの原因になりますので慎重にしてくださいね。

それでも、どうしても両親を呼び寄せるためには、短期になりますが、最長90日(更新できる場合あり)「親族・知人訪問」で訪れる方法があります。

この資格は、管轄が法務省ではなく(在留資格は法務省)外務省になります。

ですので外務省のホームページをご覧ください。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
絶対節税の裏技77お勧めですよ。^^

ぜひご自身の節税や、経営者との話のネタに使えますよ!




【このカテゴリーの最新記事】
この記事のURL
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://fanblogs.jp/tb/2385850

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。