ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年02月03日

年齢が若く時間があるニートや大学生こそアフィリエイトだ

ネットビジネスはインターネットが使えるようになってから始まったビジネスモデルだから相当新しい。10年ぐらいしかたっていないんじゃないか。そんな中でネットビジネスは今急激に進化をしている最中だ。それも若い世代の人たちがとってもがんばって成果を上げているみたい。これって実際の社会で何が起こっているのだろうか。大学生やニートってそんな力を持っているの?君にもできるんだってことを確かめて欲しい。
アフィリエイトで成功している年代

リアルビジネスだと会社を立ち上げるのは30過ぎてからとかお金が貯まってからの場合が多いし、重役クラスになるのは50歳を超えてからが多いのではないだろうか。しかし、ネットビジネスの場合にはそういう垣根は存在しない。

20歳でも自分をアピールして成功している人は多いし、30代でもいろいろな人に教えながらビジネス基盤をきっちりと築いている人も多い。インターネットというのがここ10年ぐらいで急速に発展してきたこともあり、ネットビジネスというのはまだまだ黎明期であり、これからどんどん伸びる市場である。

成功要因はなにがある

20代とかのほうが成功している人が多いように感じられるが、これはいったい何を意味するのか。つまり、今までの考え方とは少し違った発想を持ってインターネットビジネスというものを取り組んだかどうかということだ。40代50代とかになると今での会社で培ってきた人生経験いわゆる固執した考え方や社会的なルールというのが逆に障壁になって新しいインターネットで稼ぐというやりかたについて行けないのかも知れない。

逆に若い世代の場合には大学で学びながら暇な時間が多く、そのときにネット副業を真剣に取り組み稼げてしまうということが多い。また年々インターネットに触れる若者は多くなってきている傾向があるため、30代からの成功者よりも20代の成功者が多いのは大学生活という暇な時間をうまく使ったことと、環境に適応する柔軟性が成功の元とも言えるかも知れない。

記事を書くのに時間が必要

具体的に言うと、社会人であれば8時間労働して帰ってきてからあとはご飯を食べてねるだけみたいな人が多いし、仕事で疲れていたらそれほど集中してアフィリエイトができるとは思えない。

よほど意思の強い人でなければ、この段階で寝るか作業をするか、ふるいにかけられてしまうだろう。しかし、大学生の場合は授業も適当でよし、部活や暇な時間というのはいくらでもあるものだ。

たとえば、暇な時間5時間を毎日記事を書くことや動画の作成に当てたとしたらどうだろうか。かなり、アフィリエイトで稼げる確率が高いと考えられる。

社会常識にとらわれないことが大事

先ほども申し上げたが、社会常識というのは大学を出てから社会人になってより強固なものになる。会社で働くとなると上司の言うことは絶対であり、命令が嫌だと思っても、はいそうです。と答えなくてはならない。

また決まった時間に出社しなければならないし、定時まで働かなければならない。また会社内の規律やルールは守らなければならないことも多い。

これができなかったら社会人として生き残っていくことは困難であり、いつのまにか社会常識というものに洗脳されることになる。大学生の場合はこういう固定観念がないのが大きい。それでネットでの稼ぎ方があるよという情報を受ければ素直に取り組めるというものだ。


ニートは別に働きたくないわけじゃない

時間がある若者として大学生を例にあげたが、これって別にニートも同じなんじゃないかと思うわけ。ニートの場合、たいてい家にいてゲームしたり漫画を読んだり、テレビを見たり。結局は仕事らしいことをせずに好き勝手しているわけじゃない。

でも、本当はニートって働きたいんだよね。自分は働きたいのにコミュニケーション能力が低かったり、体が弱かったりしてうまく働けない。そういう人は今の世の中非常に多くなってきた。もちろんお金もないから、こういう自宅で一人でも行なえるネットビジネスをしたいって思うわけ。

ネットビジネスで稼ぐと言うことは全然悪くないからきちんとネットビジネスをやって稼いで欲しい。

ニートが輝ける場所は自宅

コミュニケーション能力が低かったらバイトをしてもうまくいかない、就職をしても会社になじめず、結果ニートになってしまうわけだが、自宅で誰にも干渉されなかったら結構うまく働けるんじゃないのって?だって本人は働く意欲はあるわけだから。

企業や社会からしたらコミュニケーションができないやつはいらないっていうわけだけど、仕事を遂行する能力は劣ってない場合が多い。だから、自宅で一生懸命がんばって成果を出してみたらどうだろう。


大学生だったら、社会に出てからどうなるかというのはまだわからないが、時間があるのは大学生のうちだけ。だから、将来会社に勤めて辛い毎日を送るよりかはアフィリエイトなどのネットビジネスを行って自分の力で稼げるようにしたほうがいいわけ。

とは言ってもアルバイトをして稼いだり、就職をして稼ぐのは個人の自由だし、会社で万が一リストラされてしまったらと考えると今のうちからリスクヘッジとして別の収入源も作っておいた方が賢明ではないかと思う。

私が以前接客業で会社員として勤めていときに、お店によく来られていたお客さんで、建設業に従事している人が居た、そのひとから最近肩を壊してしまい会社を休むことになってまいっているという話をされたのだが、会社の場合身体を壊して長く休んでしまうと、もう来なくていいよと言われてしまうことあるかもしれない。

ある程度年齢を重ねている状態であれば、ハローワークに行って新しく職が簡単に見つかると言うとそうでもない。

どうしても会社に所属するとなると、面接の時に今までの職歴や経歴、人柄、職業によっては資格の取得の有無などが合格の対象となるのは間違いない。

たまに私はニートで働きたくない、何年か経って親がなくなったら仕事を始めると言っているのをTVで見たことがあるが、そんな簡単なものではないし、何も経験がないと会社の組織に属して働くということはかなり難しいと思う。

ネットビジネスである程度収入が入るようになったら、好きなだけゲームをしたらいいし、寝たい時に寝て、おきたい時に起きたらいいし、自分の時間や人生を楽しめばいい。自分の時間の使い方や人生は、他人に縛られる物でもなければ、他人にどうこういわれることでもない。

ネットビジネスで資産を作ると言うことは時間があるときにしかできないから今すぐ始めよう。

ネットビジネスで自分の力を発揮しろ

長い人生の中で社畜として生きていくのは幸せなのだろうか。朝起きて会社行って、上司の言うこと聞いてというのを何十年も続けるのは充実した人生と言えるだろうか。結局仕事をしなくちゃいけないんだったら、ネットビジネスで稼ぐのも悪くない。その方が自分の力を試せるし、やっただけお金になるわけだから。

暇な時間にやったことだったら別に損にはならないし、もし稼げなかったとしても社会に出てからもきっと役に立つ。アフィリエイトがいいの?オークションがいいの?なにかブログ書いたらいい?そんなわからないこともあると思うが、平川が書いているメルマガを読んで頂けたらと思うし、気軽にスカイプなどで相談してきてもらっても良い。

段階を踏んでやっていけば必ず成功できるから。


posted by inforiders at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業

アフィリエイト広告が嫌われる理由

ネットビジネスとかアフィリエイト、オークションもそうだが、ネットの世界だけで行うビジネスというのは人の姿が見えない分、割と怪しいことをやっているのではないか、と思われがちである。

さらにアフィリエイトのことを批判する人もいるだろうし、自分の価値観を変えない人も多い。アフィリエイトをやっていく上でこのような人たちとどう関わって行ったら良いのだろうか?
アフィリエイトというビジネスモデル

アフィリエイトは仲介業なので、リアルで販売している商品を宣伝したり、あるいは情報やセミナーを紹介したりする仕事だ。これをネットでどのように行うかというとaspから提供されたバナーにリンクを張って紹介したり、テキストリンクでこれがおすすめです。というように紹介する。

このようにものを売りたい企業にとっては紹介してくれるブログは好都合だ。自分のところで集客せずとも誰かが紹介してくれて自分のところの商品を売ってくれるのだから。そして、アフィリエイターもまた紹介料ということで数%を頂くことができ、アフィリエイターもハッピーである。

アフィリエイト広告が嫌われる理由

アフィリエイターはブログを作ってお金を稼ごうとする人なわけだが、アフィリエイト初心者の場合、たくさん広告を貼り付けてクリックさせればものが売れて稼げるぞと勘違いしている人が多い。

2000年とかにアフィリエイトを始めたのであれば、アフィリエイト広告とかそういう知識もまだみんななかったのでそれでも稼げただろうが、一般人もだんだん知識をつけてきたので、アフィリエイト広告が貼ってあるとうざいと感じるようになってきた。あなたも広告がべたべた貼ってあるブログに好印象を抱くことはないだろう。それと一緒だ。

学校教育で教えられたもの

さらに人々がアフィリエイトをやっているというと嫌がるのは学校教育で教えられたことにもよるだろう。学校では先生にこつこつまじめに勉強しなさい。良い大学に入ってよい企業に入ってまじめに働きなさい。

と教わったはずだ。親にも宿題はやったの?こんな点数じゃしょうがないじゃないと言われたはずだ。つまるところ、アフィリエイトというのがこつこつやらないで一攫千金でお金を稼ぐイメージがある。

人をだまして商品を買わせるイメージがあるから嫌われてしまうのだ。実際はアフィリエイトというのはとってもまともな仕事なのだが、世間一般のイメージはまだまだグレーなイメージである。

お金を稼ぐことは悪なのか


さらに言えば、会社員として働いた場合、毎月20万とか30万といった定額の給料が支払われる。対照的にアフィリエイトやオークションは稼ぎが0の時もあれば、月収50万などというのも比較的よく聞く金額である。

そんなに稼いだことがない人々はネットだけでそんなに稼ぐなんておかしい、ずるをしているんじゃないかと言うわけである。これも学校教育でお金を稼ぐことは悪、お金の話はなるべくしないようにしましょう。といった教育が行われたからだ。

ある程度昔まではそれでみな幸せに生活できたからよかったのだが、近年は働く場所もすくなくなり、給料もすくなくなってきており、今までの常識にしがみついているといつ生活ができなくなるかわからない。お金を稼ぐことは悪いことと教わってきたが、そろそろ本質を見極めるときが来ているようだ。



いままで見てきたように、アフィリエイト広告がブログに沢山貼ってあるからうっとおしい。試しに登録してみたら変なメルマガがたくさん届いて迷惑だ。色々な話を聞いていると詐欺のような手法でだまされてお金を毟り取られるんじゃないかと思っている。学校教育でまじめにこつこつ働くのが良いと教わった、そしてお金を稼ぐのは悪いこと。そういうことを無意識のうちに思っている人々が多いのである。

特にお金を稼ぐのは悪いと言思っている場合は自分の行動に無意識のうちに制限をかけていることが多く、お金が入ってくることが難しくなってしまう。

経済の基本原則だとお金を有効に使うことによって多くの人が富を得られるという考え方がありますよね。

例えば私平川と伊藤さんが居たとします。平川は手元に2万円だけありました。伊藤さんはその2万円が欲しかったので、平川さんの為に家を建てました。平川は伊藤さんの建てた家が欲しかったので2万円を支払った。この時点で二人には平川さんには2万円の価値のある家が残り、伊藤さんには2万円が残りました。二人の間にある富の価値の合計は4万円ということになります。

今度は平川が伊藤さんの持っている2万円が欲しくなり、伊藤さんの為に家を建てました。伊藤さんは2万円で平川の建てた家を買いました。

これで二人の間にある富の価値の合計は平川さんの持っている2万円相当の家と2万円、伊藤さんの持っている2万円相当の家、合計6万円になりました。

こうして二人の間には価値のある資産やお金などが沢山増えていった。

これは現実には中々難しいことでよほど信頼していないとできないことですが、人の為にお金を有効に使うことによって、自分の資産というものが増えていきます。

ただこういった資産の考え方や自分で考えるということを拒否している人々からみたら周りの意見やネット上の噂などから、アフィリエイト自体に嫌悪感を抱いているのは仕方が無いことだと言える。そして、このような考えを持つ人は意外と多いものだ。

ネットビジネスやアフィリエイトに対して考え方を少し変えるだけでも、自分にお金の入るネット上の資産を構築できたり、そのお金でさらに資産を作ったりできるようになります。

批判的な人とどう向き合うか

さて、まだまだ多くの人がアフィリエイトやネットビジネスに嫌悪感を抱いているわけだが、このような人たちの話はどうやって聞くべきだろうか。人には自由があるという言葉があるが、まさにその通り、人の考え方は変わらないし、批判的なことをいう人の考えを変えようとすることは全く持って無意味である。

ですので、アフィリエイトに対して批判的な人に対しては、社会でまじめに働くことを認めてあげる。その上で、なぜアフィリエイトが必要なのか聞きたがっていたら話すようにすればよいのだ。

基本的に関わっている人と同じような思考になるのが人間なので、批判的なひととつきあっていたらいつまでたってもアフィリエイトで成功することはありえない。

もし、自分がネットビジネスでなにかしら成功を収めたいと思うならば、批判的な人とは手を切るべきである。Green melodyではひとりで独学でネットビジネスを行うことの危険性を十分に理解している。

ひとりでわけのわからないままビジネスをしては貰いたくないのだ。一番いい方法は、メルマガを購読していただき、基本の知識を身につけ、そしてGreen melodyが運営するアフィリエイトチームがあるのでそこで切磋琢磨するのがよいかと思う。ここではみなネットビジネスで稼ぐために努力しているし、稼ごうとする人を応援する人ばかりだからだ。

アフィリエイトで稼いだあとは

このような自分が成長できる環境に身を置くことは非常に重要なことである。するとおのずと結果が出て稼げるようになるものだ。資本主義の世界ではお金が大切だが、お金を稼いだ後に何をしたいのかもとても重要だ。

ビジネスというのは基本お金を稼げなくては成り立たないので利益が出るかを意識するべきだが、ある程度利益がでたら、いかに感謝されるか、よいサービスを提供できるかを考えて欲しい。お金があっても生きる意味がないと嘆く人も多いが社会貢献をしていくことで自分自身が心地よく生きていくことができるようになるからだ。

きちんと価値提供し感謝されながら稼ぐ

結局のところ、お金を稼ぐにはいかに価値を提供できるかを心の底から考えていかなくてはならない。アフィリエイトはうっとおしい、と批判しているような人であっても良いサービスを受ければだんだんと心が変わってくるものだ。

心の余裕とお金の余裕、その両方があると相手に対して何をしてあげたらよいのかが自然と考えられるようになる。感謝されるのが目的ではないけれど、相手にいかに喜んでもらえるかを考えるのがネットビジネスで成功する一番の近道である。

posted by inforiders at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業

アフィリエイトでは稼げない?

会社の上司に怒られてばっかりで会社を辞めたいです。人間関係が悪いです。いつもミスばかりして仕事が合わないかも知れません。みたいな相談を受けるのですが、近年は会社つとめにいわゆるコミュニケーション能力と呼ばれるものが多く必要になったと感じる。仕事の内容ができているできてないにかかわらず上司や同僚とうまくやっているかが問われる時代になったのだと思う。

そのなかでアフィリエイトをやってみたいです、というお問い合わせをよく頂くわけですが、アフィリエイトは稼げるのか、はたまた稼げないのか?どのぐらい大変なのか、楽して稼げる副業なのかを検証していきたい。

アフィリエイトの実態、95%は稼げない

アフィリエイトを実践するひとはうなぎ登りに増えているが、実際に稼いでいる人はどうかというとこれまた微妙な結果になっている。

「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人にアンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たないケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。

なお、2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が二極化しているともいえる状況である。

さて、会社勤めに嫌気がさしたか、あるいはすぐ解雇されてはたらく場所がない若者が近年増えているのは実感している。このような社会情勢により短絡的に在宅でのネット副業を目指す人が多い。

ただ少し考えが甘い方が多いのではという印象を受ける。これがとても残念でならない。

ネット人口はますます増えていくだろうし、ネットを使う時間もますます増えていくだろう。その上で良質な記事というのは重宝されるし、たくさんのアクセスがあれば稼げるというのは言うまでもない。

ただ、その本質部分を理解している人が少なく、これからますます本質がわかる人とわからないひとで報酬の差が開いていく、いわゆる二極化が進んでいく模様だ。



稼げない理由は?

・お遊び程度の実践量である
・ノウハウを知らず自己流でやっている
・自己流なので成果が上がらず挫折
・いろいろな手法に手を出しすぎどれも中途半端
・お小遣い程度の稼ぎまでしかいかない
・商材は買うが行動しない

簡単に稼げると思っている

副業だからということでそもそものマインドがおかしい方もいるようです。アフィリエイトは簡単に稼げる、副業で楽して稼ぎたい。楽をしたいと言うのは人間にある本能なので批判はできないが、中には教材を購入したは良いものの作業自体をやろうとしない人が居るがこれは論外と言えるだろう。

時間をかけていない

考えただけでもこのような人がいると思いますが、基本的に稼げない原因として作業量がたりない継続できないということがあげられる。

きびしい言い方をするようですが、もしあなたが会社員だったとして毎日何時間程度労働するでしょうか。毎日8時間は労働しているはずです。

それで毎日5千円〜1万円ぐらい貰っている。ネットで稼ぐとなると1日に作業に当てる時間は10分〜1時間ぐらいしか時間を使わない人が多いようだ。作業さえすれば、どんどん記事の書き方や、サイト作成、画像の加工やビジネスに対するマインド、様々なテクニックもあがっていくし品質もあがっていく。それまでは苦労や努力をして欲しいと思う。

正しい手法で行っていない

作業量自体こなしているのにあまり稼ぎがあがらないという場合にはGreen melodyのコンサルティングを利用するとよいだろう。多くの人は作業不足がほとんどなのだが、全くでたらめなことをやっていて稼げないという場合も驚くぐらい多い。

そもそもコンサルを依頼してくる本人はでたらめなことをしているという実感がないのが恐ろしいところだが、きちんとしたやり方、まっとうな稼ぎ方を素直に実行していただければ、かなり早い段階で成果が上がることをお約束する。

実際にコンサルを依頼してきたクライアントでも量をこなしてきた人というのは成果が出るのが早い。正しい手法で実践するというのはある意味無駄な時間をかけない、時間の節約にもなっているのだ。

稼ぐ必要がない、せっぱ詰まってない

お笑い話のような話ではありますが、アフィリエイトでどうしても稼ぎたいんですと言ってくるひとの中には本気で稼ぐつもりなどもうとうないのではないかと思われるような人も数多く存在する。その理由としてアルバイトがうまくいっていて稼ぐ必要がない、あるいは実家暮らしで働かなくてもなんとかなっている。または本業である程度稼いでいるから副業として稼ぎたいと思っている、という場合。

これらに当てはまる人はある程度の収入があるのでまあいいやと思っている人が多い。借金があってもそのことに真剣に向き合っていなかったり、仕事について真剣に考えていなかったりすれば、そもそもお金に対して真剣さが足りないと言わざるをえない。

そのような考えのままでは決して成功することはありえないのでこのお話を聞いたことを境に少しお金について考えてみてはいかがだろうか。




さて、色々とおどおどしいことを書いてしまったが、こんなに大変ならばアフィリエイトはやめようかと考えただろうか?それも無理はない。仕事だって辞めたいと考える人は多いし、仕事にいくのが楽しい!仕事が全てだ!という人は今の世の中少数派ではないかと思う。会社勤めの場合はしらずしらずのうちに大変なことをやりとげているのだから。

アフィリエイトも難しい、稼げないと言うけれど、会社員と比べたらそれほどまで大変じゃないのでは?と感じる。会社勤めできているのであればそれよりかはかなり楽だし、ニートみたいな生活をしているんだったら社会の役に立つと思ってやってみるといい。思ったより大変ではなく意外に楽だということに実践していて気づくと思う。

会社勤めの場合は決められた時間に出社し、定時まで頑張って働き、時には夜遅くまで残業をし、上司に気を使い、同僚と競い合い成績を気にしたり、新入社員の後輩の教育や面倒も時にはしなければならないだろう。

それを何年・何十年定年になるまで続けると考えてみるととこれは大変なことである。

アフィリエイトの場合ある程度収入が入るようになり落ち着いてくれば作業時間は早くて1日に1〜2時間程度で済むし、休みも曜日関係なく自分の体調に合わせて取る事ができる、アフィリエイトやインターネットビジネスでの収入が大きければ時間や場所を気にせず自由に生きるライフスタイルを行なっている人も何人かいる。

ただそこに行き着くまでは個人で行い、やり方が自己流だとかなり茨の道だし遠回りすることになる。
posted by inforiders at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業

アフィリエイトは個人事業主であり自己責任

現代社会は資本主義であり、お金がすべてだ。そして、お金を得て生活するためにいろいろ苦労している方も多いかと思う。私のまわりにもうまくコミュニケーションがとれずに会社で働くのをあきらめたりとか、団体生活社会生活になじみにくいと感じるひとは多い。

そういう人たちはこの社会でうまく生活していけないのか?というとそうではなく、個人で働く機会というのが増えているように感じる。

会社に属さずに個人で稼ぐ時代

ネットインフラが整い、だれでもネットで様々な情報にアクセスしどんなことでもすぐに知れる、わかるようになった。さらに言えば、情報を発信していくことの難易度が急激に下がってきている。ツイッターやブログ、SNSなどなにかを発言する媒体というのが多くなっているし、簡単に登録を行なうことができるからだ。

アフィリエイトは個人事業主だ

ブログなどをやって稼いでいこうという人は多いが、アフィリエイトというのが一番わかりやすい。これは商品を作成して販売するのではなく、他の人が作成した商品を紹介することで数%の報酬を貰う仲介業である。

アフィリエイトはブログにアフィリエイト広告を貼っておけば勝手に稼げるみたいなイメージがあるが、本質的には商品を紹介するという仲介ビジネスである。それに商品を購入してくれる見込み客を増やす為にもサイトに多くのアクセスも必要である。

しかも、歩合により報酬を受け取る働き方なので完全に個人事業主として働いていると言えるだろう。

専業でやる場合には自己責任

アフィリエイトというと副業でお小遣い稼ぎになればいいかなという人が多いと思う。平川もそのように考えて行っていたわけだが、最初の半年ぐらいは報酬が上がらないのを覚悟しながらやらなくてはならない。

ネットビジネスとかアフィリエイトというと楽して大きく稼いでいるイメージがあるが、そんなことはない、普通のリアルビジネスと同様自分が努力した分だけ結果としてお金をいただけるということである。

これはまさしく、自己責任という言葉がぴったりであり、そもそも副業として軽い気持ちでやったり、本気でアフィリエイトに取り組む気がない場合には普通のアルバイトをした方が良いかも知れない。



作業が大変

なぜ、こんなに本気でやらないならやめてしまえと申し上げているのかというと、人に言われずに自分だけで作業を続けるのはとても辛抱強くないとできないからだ。

アフィリエイトというのが稼げると聞いてはじめたものの、たったの3日でやめてしまう、いわゆる本当に三日坊主なひとをよく知っている。文字を書くにしてもわかりやすく読者目線で書かなくてはいけないし、サイトにアクセスが集まるまで記事を量産していかなければならない。

人に何かを伝えるということは大変だ。ここで躓いてしまう人が多い。

ひとりだとなまけてしまう

さらにこのなまけてしまうことに拍車をかけているのがアフィリエイトはひとりで行うものだということだ。会社に行けば上司に監視されているし仕事をしなくちゃいけないかなと思うだろう。それでも手を抜く人が多いのは事実だが。

そんななるべく楽して稼ぎたいと思っているような人が副業でやっても成功するわけがないのだ。Green melodyでは実際にチームでの企画を行い初心者がひとりで躓かないように工夫してあるのでうまく使っていただけたらと思う。

資産が急になくなることもある

では作業をたくさんやればどんどん稼ぎの額が上がっていき安泰かというとそうでもない。これは本当に残念な話なのだが、事実である。リアルのビジネスでも一緒。会社員だって会社が傾けば整理解雇などもあるし、ビジネスというのは絶対だいじょうぶということはありえない。

ネットビジネス、ことアフィリエイトに限って言えば、ブログを作っても検索アルゴリズムの変化により、そのブログがグーグルの検索エンジンから圏外に飛ばされてしまう場合もある。

ツイッターからお客を集めていた場合は、急にツイッターのサービスがなくなったり、規約が変更になるかも知れない。

SNSでもその媒体が今度もうまく集客できるとは限らない。そういう意味では自分が作成した資産がなくなるかも知れないということは意識しておいたほうがよい。

ただ、ある程度努力すればすぐに稼げるので、なくなったらまた仕組みを作れば良いという考えも一理あるし、アルゴリズムやグーグルの定めるルールに則ってサイトの見直しをすると良いだろう。

意味不明な罰則を受けることも

資産が急になくなるというお話をしたが、これに関しては本当に意味不明にブログが消されたりとかSNSのアカウントが消されたりというのがあると思う。

アメブロなんかは昔は商用利用がだいじょうぶだったらが規約変更でアフィリエイトをしているサイトは軒並み削除されてしまった。

また無料ブログであるがためにいつ削除されてしまうか分からないというリスクが伴う。

facebookにしろまじめにやっていてもスパム行為だと言われるかも知れないし理不尽なことが起こるということを意識しておくことだ。

会社勤めでも一緒だが、怒られたり理不尽なことが起こっても相手を批判したりせず、また新たな戦略をたてるのが成功するためには重要だ。

すべてが自己責任である


会社員なら多少怒られれば済む話ですが、個人事業主ではすべての責任を自分で負うことになる。

アフィリエイトはノーリスクで行なえるという部分が強いと見られがちですが、少なからずリスクは伴います。

会社とは違いノルマも無いので商品やサービスが売れなくても罰金なども発生する事はありません、例えばコンサルティングを行なっている場合、高額すぎるサービス(高額塾)などを提供したにもかかわらず、明らかに初心者からすれば敷居が高く再現性が低く、高額なお金を払ったはいいが利用者が全く稼げない事例がいくつかあり、詐欺だと言われてしまうことがあったり。

訪問者が意図せずにバナーのリンク先に飛ぶようにする裏技的な手法を使って、広告の提携先を使用できなくなったということもあります。

色々と考えるとシビアなぶぶんはありますが、本当に自分と向き合いきちんとした仕事をしていくという点ではインターネットビジネスはよいきっかけになるのではと思います。

大変な面もあるがそれ以上においしい

ひととおりアフィリエイトの大変さを表してみましたが、こんな責任を負うのはいやだ、もっと楽をしたいと思ったならば、あなたは現時点ではネットビジネスをやって稼いでいくのには向いてないだろう。

よくPC一台で自由になれました、ネットビジネスは簡単で誰でも稼げます、月に100万円稼いで会社を辞めましたといった謳い文句を色々なサイトで見かけることがあるが、これらはそこに行き着くまで、相応の努力をしているから実現されているのです。

なので簡単に楽して稼げるという意識は変えていかなければなりません。しかしながら、こういったマインドは徐々に変えていくことが可能であり、Green melodyでもマインドの徹底構築を重要視している。

また、こういった自律の精神を養うことで人としての成長もできるしたくさんの人に価値を提供できれば、多くの報酬を頂くことができる。

自分を磨き多くの人の役に立ちながら稼いでいきたいと思ったならば、まずはメルマガを購読して欲しい。あなたの精神的な成長を応援するし、きちんと稼いで貰いたいのだ。


posted by inforiders at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業

自己アフィリエイトのやりかた

副業を始めようと決心する人も多いようだが、アフィリエイトは報酬を得るのに時間がかかるとか作業が大変なんじゃないかというご相談も多い。そうしたなかで、初心者に一番お勧めできるのが、この自己アフィリエイトだ。即金を得るのに好都合だし、アフィリエイトの知識を得るのにも都合がよい。自己アフィリエイトのやりかたを具体的に説明する。

自己アフィリエイトというのは本来他人が申し込んだらアフィリエイト報酬が貰えるものを、自分で申し込んでアフィリエイト報酬を得ようというもの。具体的に言うと、本来のアフィリエイトはブログやメルマガにアフィリリンクを張り、そのリンクを誰かがクリックして申し込みや販売があると自分の報酬になるわけですが、これを自分でやってしまおうということだ。

本来アフィリエイト報酬というのは購入金額の数%なので自分で買って自分でアフィリエイト報酬を貰ってもあまり意味がない気がする。しかし、無慮でできるものに対してアフィリエイト報酬が支払われるものを自分で申し込めば、作業をするだけでお金が増えるということになる。

実際に、無料でできる自己アフィリとしては、無料会員登録、無料資料請求、クレジットカード登録などの種類がある。これらは会員登録したりカードを作ったあとに企業が稼げる仕組みになっており、無料でもその時点でアフィリエイト報酬が発生するのだ。

初心者がアフィリエイトを行う上では、まず何もわからないところなので、アフィリエイトの仕組みを学んだり稼げる実感を得るためにこの自己アフィリエイトをおすすめしている。まず、登録するべきASPに登録し、無料で自己アフィリできる案件をこなしていくだけだ。別に難しいことはないので、やるかやらないかだけのことだ。

おすすめのASP
A8.net

日本最大のアフィリエイトサービスプロバイダとしてもかなり有名。多くのアフィリエイトプログラムを取り扱っているため、アフィリエイト初心者にはもっともお勧めのASPである。






■A8.netのセルフバックはPC&スマートフォンに対応!



 ◇ 自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲットできます

 ◇ ほしい商品も報酬も、両方獲得できてお得なサービスです

 ◇ 申込みするだけ!手間な作業はありません

 ◇ 自分のサイトを持っていなくても大丈夫です

 ◇ A8.netに入会すれば、すぐに利用できます

 ◇ もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません



無料会員登録はこちら
posted by inforiders at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。