ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリーアーカイブ
【厳選】おすすめリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年01月11日

義理チョコの思わぬ利点!


「また、バレンタインの義理チョコ、もう嫌になっちゃう!」「義理チョコで何万円も使わなくてはいけないのは大変!」

2月14日のバレンタインデーは恋人たちには楽しいイベントです。彼女から彼氏にチョコレートを渡しデートをする、クリスマスに告ぐロマンティックな日といえるでしょう。

しかしまた、バレンタインは女性にとっては大きな出費のイベントでもあります。「義理チョコ」がその原因です。「義理チョコ」は片思いの相手でも、恋人でもない人に、バレンタインデーに「義理」で渡すチョコレートのことです。勤務先が大きければ、また知り合いが多ければこの義理チョコの数は相当なものになります。

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は日本独自のものです。一番最初は昭和10年代にモロゾフが発案したといわれています。しかし、時期尚早でトレンドには発展しませんでした。

昭和40年代に入ってやっと認識され始め、その後、昭和50年代に義理チョコが出現したといわれます。チョコレートメーカーが「お世話になったあの人に・・・」というキャッチフレーズで売り出したのがきっかけです。

その後、順調に伸びを見せ、お中元・お歳暮のように季節の風物詩となった義理チョコ。男性の殆どが一度は義理チョコを貰った経験があるのでは?

この「義理チョコ」、出費がかさむ、嫌いな人にも渡さねばならないなど女性にはネガティブに取られがちですが、中々どうして思わぬ効用もあるのです。

「義理チョコ」の一番大きい効用は、本命のカムフラージュとして利用できるという点。職場や学校でたくさんの義理チョコを配っていれば、本命が誰だか他人にばれることがありません。また、本命チョコを受け取った相手は、他の人との差別化でいかに愛されているか知ることが出来るのです。

次に、「義理チョコ」のお返しが期待できます。バレンタインデーのお返しの日として、少し遅れて始まったホワイトデーですが、今ではすっかり定着しました。気の効いた上司なら、貰ったチョコレートよりはるかに高価なものを返してくれることでしょう。まさに「エビでタイを釣る」ことになるかもしれません。中には一種の投資としてバレンタインデーを考えている女性もいるほどです。

この「義理チョコ」の出現で、バレンタインのチョコには特別性が無くなってしまいました。しかし、男性に優劣が付くのを妨げる「義理チョコ」は福利厚生の一つかもしれません。海外では、ありえないこの制度、日本人の優しさの象徴なのではないでしょうか?

「義理チョコ」は確かに面倒な風習です。しかし、悪いことばかりではありません。普段、口では言いにくい感謝の気持ちを伝えることの出来るいい機会でもあります。バレンタインの「義理チョコ」はお付き合いの潤滑油といえるものなのです。
posted by inforiders at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4612061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック