ファン
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2021年01月21日

まるで、春の陽気?今日から寒さ解放?明日は日差しの下では暖かく?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

寒かった昨日から一転、今日は全国的に寒さから解放されそうです。福岡や那覇では4月上旬並みの暖かさとなるでしょう。

明日は、気温の高い所がさらに多くなって、九州南部など日差しの出る所では、春を思わせる陽気となりそうです。

●今日は寒さから解放?

昨日は二十四節気の「大寒」で、寒さ極まる頃という暦通り、全国的に厳しい寒さとなりました。今日は強い寒気は北上するため、広い範囲で真冬の寒さから解放されそうです。

今日の日中、最高気温は、北海道は3度〜5度くらい、東北や北陸は5度を上回る所が多く、関東から中国・四国地方にかけては10度以上の所が多いでしょう。

九州では15度を上回り、福岡は17度と4月上旬並みの暖かさとなりそうです。那覇も23度と、4月上旬並みとなるでしょう。

最高気温を平年と比較すると、今日は、全国のアメダス地点の半数以上の地点で、平年より3度以上気温が高くなり、約15%の地点では、平年より6度以上も高くなる予想です。

●明日は、さらに広い範囲で季節外れの暖かさ

明日は、気温の高い所がさらに多くなる予想です。平年より6度以上も高くなるのが、全国のアメダス地点の約3割となります。日本付近の寒気が北上し、北日本〜西日本の上空には、4月並みの暖かい空気が入ってくるためです。

晴れていれば日差しの温もりを感じられるような気温ですが、あさっては、日本海から東北にかけて前線がのびるため、西日本と、東日本から北日本の日本海側の地域では曇りや雨の所が多く、春の陽気を感じるほどにはならないでしょう。

一方、九州南部や、東日本から北日本の太平洋側の地域では晴れ間があるため、日差しの温もりを感じられて、ホッとできる陽気となりそうです。

また、その後も、東北地方から奄美地方にかけては「高温に関する早期天候情報」が発表されていて、平年より高い気温が予想されています。

●積雪のある地域は なだれや落雪に注意を

積雪のある地域では、気温が上がることで、積もった雪が緩くなるため、なだれや、屋根からの落雪などに注意が必要です。雪下ろしを行う際は、次の3つの点に注意してください。

@ 雪下ろしをする前には、雪が緩んでいないかどうか、必ず確認しましょう。新雪や、晴れた暖かい日の午後は、特に屋根の雪が緩んでしまいます。また、雪と一緒に、つららが落ちてくることもあります。

A はしごを使って屋根に上る場合は、はしごが動かないよう、ロープなどで、しっかり固定しましょう。はしごから屋根へ移動する時は、転落しないよう、一段と注意が必要です。

B 雪下ろしをする際は、建物の周りに雪を残しましょう。万が一、屋根から落下した場合でも、雪がクッション代わりになってくれます。
面倒でも、必ず命綱とヘルメットを装着し、滑りにくい靴を着用しましょう。携帯電話も忘れずに持って、作業してくださいぺんっ!

まるで、春の陽気?今日から寒さ解放?明日は日差しの下では暖かく?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

寒かった昨日から一転、今日は全国的に寒さから解放されそうです。福岡や那覇では4月上旬並みの暖かさとなるでしょう。

明日は、気温の高い所がさらに多くなって、九州南部など日差しの出る所では、春を思わせる陽気となりそうです。

●今日は寒さから解放?

昨日は二十四節気の「大寒」で、寒さ極まる頃という暦通り、全国的に厳しい寒さとなりました。今日は強い寒気は北上するため、広い範囲で真冬の寒さから解放されそうです。

今日の日中、最高気温は、北海道は3度〜5度くらい、東北や北陸は5度を上回る所が多く、関東から中国・四国地方にかけては10度以上の所が多いでしょう。

九州では15度を上回り、福岡は17度と4月上旬並みの暖かさとなりそうです。那覇も23度と、4月上旬並みとなるでしょう。

最高気温を平年と比較すると、今日は、全国のアメダス地点の半数以上の地点で、平年より3度以上気温が高くなり、約15%の地点では、平年より6度以上も高くなる予想です。

●明日は、さらに広い範囲で季節外れの暖かさ

明日は、気温の高い所がさらに多くなる予想です。平年より6度以上も高くなるのが、全国のアメダス地点の約3割となります。日本付近の寒気が北上し、北日本〜西日本の上空には、4月並みの暖かい空気が入ってくるためです。

晴れていれば日差しの温もりを感じられるような気温ですが、あさっては、日本海から東北にかけて前線がのびるため、西日本と、東日本から北日本の日本海側の地域では曇りや雨の所が多く、春の陽気を感じるほどにはならないでしょう。

一方、九州南部や、東日本から北日本の太平洋側の地域では晴れ間があるため、日差しの温もりを感じられて、ホッとできる陽気となりそうです。

また、その後も、東北地方から奄美地方にかけては「高温に関する早期天候情報」が発表されていて、平年より高い気温が予想されています。

●積雪のある地域は なだれや落雪に注意を

積雪のある地域では、気温が上がることで、積もった雪が緩くなるため、なだれや、屋根からの落雪などに注意が必要です。雪下ろしを行う際は、次の3つの点に注意してください。

@ 雪下ろしをする前には、雪が緩んでいないかどうか、必ず確認しましょう。新雪や、晴れた暖かい日の午後は、特に屋根の雪が緩んでしまいます。また、雪と一緒に、つららが落ちてくることもあります。

A はしごを使って屋根に上る場合は、はしごが動かないよう、ロープなどで、しっかり固定しましょう。はしごから屋根へ移動する時は、転落しないよう、一段と注意が必要です。

B 雪下ろしをする際は、建物の周りに雪を残しましょう。万が一、屋根から落下した場合でも、雪がクッション代わりになってくれます。
面倒でも、必ず命綱とヘルメットを装着し、滑りにくい靴を着用しましょう。携帯電話も忘れずに持って、作業してくださいぺんっ!

2021年01月20日

木曜日と金曜日は3月並みに?気温差大きく? 土曜日から広く冷たい雨に?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

この先、気温の変化が大きいでしょう。21日(木)と22日(金)は、曇りや雨でも、最高気温は3月並みになる所がある見込みです。23日(土)から24日(日)は広く冷たい雨が降るでしょう。

●今日は二十四節気の「大寒(だいかん)」 広く強い冷え込みに

今日は、二十四節気の大寒です。年間で最も寒い時期で、この頃から立春の頃までに、多くの所で、平年の最低気温も、年間で最も低くなります。 今日は、大陸から高気圧が、本州付近まで移動する見込みです。

北海道から北陸では、西よりの風が強めに吹き、日本海からの雪雲の流れ込みが続く所が多いでしょう。特に山沿いで雪が強まることがある見込みです。関東から九州では、風は収まり、大体晴れるでしょう。

朝は、冷え込みが強まります。最低気温は、平年より低い所が多いでしょう。

最高気温も、北海道から中国地方、四国では平年より低い見込みです。関東など日差しが届く地域でも10℃に届かない所が多いでしょう。一方、九州では10℃以上になる所が多く、3月上旬並みの所もある予想です。

●21日(木)〜22日(金) 曇りや雨でも最高気温は3月並みも

21日(木)は、気圧の谷や湿った空気の影響で、雲が広がる所があり、22日(金)は曇りや雨の所が多い見込みです。寒気は北へ退き、日本付近は、この時期としては暖かい空気に覆われます。

このため、北海道では雪になりますが、東北や北陸では、山沿いでも雪になるのは、一時的でしょう。 21日(木)と22日(金)の最高気温は、平年より高くなる見込みです。曇りや雨で暖かさを感じられるとまではいえなくても、22日(金)は3月下旬並みになる所もある予想です。

●23日(土)〜24日(日)九州〜東北 広く雨や雪 関東でも雪になる?

23日(土)も、気圧の谷の影響で、九州から関東を中心に雨雲がかかるでしょう。22日(金)の雨との違いは、広く冷たい北または東よりの風が吹くことです。まだ予報には、幅がありますが、関東付近に寒気を引き込むことが考えられます。

甲信や関東の山沿いは雪が降り、夜は関東の平野部でもみぞれや雪になる可能性があります。最新の気象情報をご確認下さい。 24日(日)は、東北でも広く湿った雪や雨が降る見込みです。最高気温は、関東や東北南部で、平年並みか低くなる所がある予想です。

●関東など太平洋側 久しぶりの雨らしい雨に

さて、18日までの20日間の降水量は、九州や本州の太平洋側で平年より少なくなっています。もともと太平洋側の地域では、降水が少ない時期ではありますが、関東では内陸を中心に平年の20パーセント以下の所が多く、0.0ミリという所もあります。 23日(土)から24日(日)にかけての雨は、1日以上降る所が多く、久しぶりの雨らしい雨になりそうぺんっ!

木曜日と金曜日は3月並みに?気温差大きく? 土曜日から広く冷たい雨に?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

この先、気温の変化が大きいでしょう。21日(木)と22日(金)は、曇りや雨でも、最高気温は3月並みになる所がある見込みです。23日(土)から24日(日)は広く冷たい雨が降るでしょう。

●今日は二十四節気の「大寒(だいかん)」 広く強い冷え込みに

今日は、二十四節気の大寒です。年間で最も寒い時期で、この頃から立春の頃までに、多くの所で、平年の最低気温も、年間で最も低くなります。 今日は、大陸から高気圧が、本州付近まで移動する見込みです。

北海道から北陸では、西よりの風が強めに吹き、日本海からの雪雲の流れ込みが続く所が多いでしょう。特に山沿いで雪が強まることがある見込みです。関東から九州では、風は収まり、大体晴れるでしょう。

朝は、冷え込みが強まります。最低気温は、平年より低い所が多いでしょう。

最高気温も、北海道から中国地方、四国では平年より低い見込みです。関東など日差しが届く地域でも10℃に届かない所が多いでしょう。一方、九州では10℃以上になる所が多く、3月上旬並みの所もある予想です。

●21日(木)〜22日(金) 曇りや雨でも最高気温は3月並みも

21日(木)は、気圧の谷や湿った空気の影響で、雲が広がる所があり、22日(金)は曇りや雨の所が多い見込みです。寒気は北へ退き、日本付近は、この時期としては暖かい空気に覆われます。

このため、北海道では雪になりますが、東北や北陸では、山沿いでも雪になるのは、一時的でしょう。 21日(木)と22日(金)の最高気温は、平年より高くなる見込みです。曇りや雨で暖かさを感じられるとまではいえなくても、22日(金)は3月下旬並みになる所もある予想です。

●23日(土)〜24日(日)九州〜東北 広く雨や雪 関東でも雪になる?

23日(土)も、気圧の谷の影響で、九州から関東を中心に雨雲がかかるでしょう。22日(金)の雨との違いは、広く冷たい北または東よりの風が吹くことです。まだ予報には、幅がありますが、関東付近に寒気を引き込むことが考えられます。

甲信や関東の山沿いは雪が降り、夜は関東の平野部でもみぞれや雪になる可能性があります。最新の気象情報をご確認下さい。 24日(日)は、東北でも広く湿った雪や雨が降る見込みです。最高気温は、関東や東北南部で、平年並みか低くなる所がある予想です。

●関東など太平洋側 久しぶりの雨らしい雨に

さて、18日までの20日間の降水量は、九州や本州の太平洋側で平年より少なくなっています。もともと太平洋側の地域では、降水が少ない時期ではありますが、関東では内陸を中心に平年の20パーセント以下の所が多く、0.0ミリという所もあります。 23日(土)から24日(日)にかけての雨は、1日以上降る所が多く、久しぶりの雨らしい雨になりそうぺんっ!

2021年01月19日

今日、北海道〜北陸は暴風雪に警戒?日本海側は落雷や竜巻などに注意?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

今日は、北海道から北陸は暴風雪に警戒が必要です。近畿北部から山陰にも雪雲が流れ込むでしょう。今朝まで、東北の日本海側や北陸を中心に、落雷や竜巻などに注意が必要ですぺんっ!

●北海道から北陸は暴風雪に 関東など太平洋側でも広く西風強まる

昨夜は、日本海の低気圧が、前線を伴って、北海道の道南付近を通過するでしょう。19日朝にかけて、低気圧から延びる寒冷前線が、本州を通過する見込みです。

19日朝にかけて、北海道や東北は、太平洋側も含めて雪やふぶきでしょう。北陸も断続的に雪が降る見込みです。平地では雨の所もあるでしょう。近畿北部から山陰にかけても、雪や雨が降る見込みです。

北海道から北陸では、西または北よりの非常に強い風が吹く見込みです。瞬間的には、固定されていないプレハブ小屋が、移動したり、転倒したりするほどの風が吹き、暴風雪に警戒が必要です。関東など太平洋側の地域も含めて、広い範囲で、西よりの風が強まります。

●日本海側は、19日朝にかけて落雷や竜巻などの突風に注意?

今朝にかけて、本州の日本海側を中心に、大気の状態が不安定で、特に東北の日本海側や北陸で、非常に不安定になります。カミナリが鳴り、雪や雨が強まることがあるでしょう。

カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることがあります。屋外で、雷鳴が聞こえるなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある時は、建物の中など安全な場所に移動して下さい。

●今日はわ季節風強く?日本海から次々に雪雲流れ込む?

今日の朝は、日本付近は、西高東低の冬型の気圧配置になる見込みです。

日本列島に季節風が吹きつけ、北海道や本州に、日本海から雪雲が次々に流れ込むでしょう。北海道のすぐ西では、雪雲が発達する見込みです。北海道では、日本海側の平地でも、発達した雪雲が同じような所にかかり続けることが考えられます。

オホーツク海からも雪雲が流れ込み、広く雪やふぶきが続くでしょう。 本州でも、東北の太平洋側や東海では、雪雲が流れ込む見込みです。路面の凍結など、道路状況が悪くなりますので、車の運転などは注意が必要です。

●大雪による交通への影響やなだれに注意

積雪の深さは、すでに北陸地方を中心に平年の2倍以上になっている所があり、北海道から北陸を中心に、

さらに積雪が増えます。19日18時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、北陸地方70センチ、東北地方60センチ、北海道地方40センチです。

大雪による交通への影響に警戒が必要です。すでに積もっている雪の上に、新たに雪が積もることで起こる表層なだれは、雪が滑り落ちるスピードが速く、広範囲に災害をもたらすことがあります。危険な場所には近づかないで下さいぺんっ!

今日、北海道〜北陸は暴風雪に警戒?日本海側は落雷や竜巻などに注意?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

今日は、北海道から北陸は暴風雪に警戒が必要です。近畿北部から山陰にも雪雲が流れ込むでしょう。今朝まで、東北の日本海側や北陸を中心に、落雷や竜巻などに注意が必要ですぺんっ!

●北海道から北陸は暴風雪に 関東など太平洋側でも広く西風強まる

昨夜は、日本海の低気圧が、前線を伴って、北海道の道南付近を通過するでしょう。19日朝にかけて、低気圧から延びる寒冷前線が、本州を通過する見込みです。

19日朝にかけて、北海道や東北は、太平洋側も含めて雪やふぶきでしょう。北陸も断続的に雪が降る見込みです。平地では雨の所もあるでしょう。近畿北部から山陰にかけても、雪や雨が降る見込みです。

北海道から北陸では、西または北よりの非常に強い風が吹く見込みです。瞬間的には、固定されていないプレハブ小屋が、移動したり、転倒したりするほどの風が吹き、暴風雪に警戒が必要です。関東など太平洋側の地域も含めて、広い範囲で、西よりの風が強まります。

●日本海側は、19日朝にかけて落雷や竜巻などの突風に注意?

今朝にかけて、本州の日本海側を中心に、大気の状態が不安定で、特に東北の日本海側や北陸で、非常に不安定になります。カミナリが鳴り、雪や雨が強まることがあるでしょう。

カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることがあります。屋外で、雷鳴が聞こえるなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある時は、建物の中など安全な場所に移動して下さい。

●今日はわ季節風強く?日本海から次々に雪雲流れ込む?

今日の朝は、日本付近は、西高東低の冬型の気圧配置になる見込みです。

日本列島に季節風が吹きつけ、北海道や本州に、日本海から雪雲が次々に流れ込むでしょう。北海道のすぐ西では、雪雲が発達する見込みです。北海道では、日本海側の平地でも、発達した雪雲が同じような所にかかり続けることが考えられます。

オホーツク海からも雪雲が流れ込み、広く雪やふぶきが続くでしょう。 本州でも、東北の太平洋側や東海では、雪雲が流れ込む見込みです。路面の凍結など、道路状況が悪くなりますので、車の運転などは注意が必要です。

●大雪による交通への影響やなだれに注意

積雪の深さは、すでに北陸地方を中心に平年の2倍以上になっている所があり、北海道から北陸を中心に、

さらに積雪が増えます。19日18時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、北陸地方70センチ、東北地方60センチ、北海道地方40センチです。

大雪による交通への影響に警戒が必要です。すでに積もっている雪の上に、新たに雪が積もることで起こる表層なだれは、雪が滑り落ちるスピードが速く、広範囲に災害をもたらすことがあります。危険な場所には近づかないで下さいぺんっ!

2021年01月18日

今日は、晴れる太平洋側も夜は一部で雪?全国的に寒さ厳しい?日本海側は雪で夜は荒天に?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

今日(月)は、日本海側は次第に雪の範囲が広がり、雷を伴う所もある見込み。今夜は風も強まって吹雪く所もあり荒れた天気になりそうだ。太平洋側は晴れる所が多いが、夜は北日本や東海から西日本で、雪や雨の降る所がある見通し。  

また、今朝は、全国的に昨日(日)より冷え込みが強まっているが、昼間も厳しい寒さが続きそうぺんっ!

●日本海側は雪の範囲広がり風も強まる

 日本海側の雪は、午前中は北陸周辺が中心だが、午後は北日本や山陰でも雪(山陰は雨の所も)の降る所が多く、雷を伴う所もある見込み。  また、低気圧が急速に発達しながら近付くため、北陸から西では午後から、北日本でも夜には風が強まり、北陸から北日本では吹雪く所もあって天気が荒れてきそうだ。

明日(火)は冬型の気圧配置が強まり、北日本や東日本の日本海側で、さらに荒れた天気となる見通し。大雪や暴風雪、高波に警戒し、暴風雪や大雪による交通障害に注意が必要だ。

●晴れる太平洋側も 夜は一部で雪雲が流れ込む

 太平洋側は広く晴れるが、関東は昼過ぎまで沿岸部で雲が取れにくい見通し。北日本では午後から、東海から西日本でも夕方から夜には、太平洋側まで雪雲が流れ込んで、雪や雨の降る所がありそうだ。  また、太平洋側でも、あすにかけて風が強まるため注意が必要だ。

●今週前半は厳しい寒さが続く

今日は、昼間も全国的に気温が平年を下回り、厳しい寒さが続く見込み。週のスタートは防寒対策を万全に過ごしてほしい。

<18日の予想最高気温(前日差)> 札幌 -3℃(+1℃) 真冬以下
仙台 3℃(-1℃) 真冬以下
新潟 2℃(±0℃) 真冬以下
東京 8℃(±0℃) 平年並み
名古屋 8℃(-1℃) 平年並み
大阪 7℃(-2℃) 真冬以下
福岡 10℃(+3℃) 平年並み
那覇 17℃(+1℃) 真冬以下

明後日(水)は、一年で一番寒さが厳しい頃とされる「大寒」だが、全国的に大寒の頃までは厳しい寒さが続きそうだ。週の後半は寒さが緩み、週末は太平洋側を中心に天気が崩れるが、雪ではなく雨の降る所が多くなる見込みぺんっ!

今日は、晴れる太平洋側も夜は一部で雪?全国的に寒さ厳しい?日本海側は雪で夜は荒天に?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

今日(月)は、日本海側は次第に雪の範囲が広がり、雷を伴う所もある見込み。今夜は風も強まって吹雪く所もあり荒れた天気になりそうだ。太平洋側は晴れる所が多いが、夜は北日本や東海から西日本で、雪や雨の降る所がある見通し。  

また、今朝は、全国的に昨日(日)より冷え込みが強まっているが、昼間も厳しい寒さが続きそうぺんっ!

●日本海側は雪の範囲広がり風も強まる

 日本海側の雪は、午前中は北陸周辺が中心だが、午後は北日本や山陰でも雪(山陰は雨の所も)の降る所が多く、雷を伴う所もある見込み。  また、低気圧が急速に発達しながら近付くため、北陸から西では午後から、北日本でも夜には風が強まり、北陸から北日本では吹雪く所もあって天気が荒れてきそうだ。

明日(火)は冬型の気圧配置が強まり、北日本や東日本の日本海側で、さらに荒れた天気となる見通し。大雪や暴風雪、高波に警戒し、暴風雪や大雪による交通障害に注意が必要だ。

●晴れる太平洋側も 夜は一部で雪雲が流れ込む

 太平洋側は広く晴れるが、関東は昼過ぎまで沿岸部で雲が取れにくい見通し。北日本では午後から、東海から西日本でも夕方から夜には、太平洋側まで雪雲が流れ込んで、雪や雨の降る所がありそうだ。  また、太平洋側でも、あすにかけて風が強まるため注意が必要だ。

●今週前半は厳しい寒さが続く

今日は、昼間も全国的に気温が平年を下回り、厳しい寒さが続く見込み。週のスタートは防寒対策を万全に過ごしてほしい。

<18日の予想最高気温(前日差)> 札幌 -3℃(+1℃) 真冬以下
仙台 3℃(-1℃) 真冬以下
新潟 2℃(±0℃) 真冬以下
東京 8℃(±0℃) 平年並み
名古屋 8℃(-1℃) 平年並み
大阪 7℃(-2℃) 真冬以下
福岡 10℃(+3℃) 平年並み
那覇 17℃(+1℃) 真冬以下

明後日(水)は、一年で一番寒さが厳しい頃とされる「大寒」だが、全国的に大寒の頃までは厳しい寒さが続きそうだ。週の後半は寒さが緩み、週末は太平洋側を中心に天気が崩れるが、雪ではなく雨の降る所が多くなる見込みぺんっ!

2021年01月15日

土曜は気温15度超も?日曜は急降下?関東の激しい寒暖差?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

関東地方はこの先、気温のアップダウンが激しいでしょう。特に大学入学共通テストが行われる16日(土)と17日(日)の寒暖差には要注意です。

●春の陽気一転?今日は気温急降下?

昨日の関東地方は日差しがたっぷり届き、気温がグングン上がりました。前橋や熊谷など内陸部では最高気温が15度前後と桜の満開の頃のような暖かな陽気となりました。都心でも14.5度まで上がり、3月下旬並みとなりました。

ただ、この暖かさは続かず、15日(金)は、一気に気温が急降下します。関東地方は日差しが控えめで、最高気温は10度に届かない所もありそうです。ぽかぽか陽気から一転して真冬のコートが必要な寒さになるでしょう。

●土曜と日曜 気温がガラッと変わる

さらにその後も気温のアップダウンが続きます。16日(土)になると低気圧や前線に向かって暖かな空気が流れ込むため、関東地方では再び気温が上昇するでしょう。

都心でも18度くらいまで上がり、春本番の暖かさになりそうです。日中はコートがなくても過ごせるほどの暖かさになりますが、午後になると北寄りの風に変わり、急激に寒くなるでしょう。17日(日)は一転して冬の寒さに逆戻りしそうです。日中も10度に届きませんので、再び冬の装いが必須となるでしょう。

この週末は大学入学共通テストが実施されますが、16日(土)と17日(日)で気温がガラッと変わりますので、受験生は特に外出時の服装や体調管理には一層お気を付け下さいぺんっ!

土曜は気温15度超も?日曜は急降下?関東の激しい寒暖差?

3F15FB94-D92B-4236-AC7B-9DB31AC3F64F.png

おはようございます!

ぺぎそんです。

関東地方はこの先、気温のアップダウンが激しいでしょう。特に大学入学共通テストが行われる16日(土)と17日(日)の寒暖差には要注意です。

●春の陽気一転?今日は気温急降下?

昨日の関東地方は日差しがたっぷり届き、気温がグングン上がりました。前橋や熊谷など内陸部では最高気温が15度前後と桜の満開の頃のような暖かな陽気となりました。都心でも14.5度まで上がり、3月下旬並みとなりました。

ただ、この暖かさは続かず、15日(金)は、一気に気温が急降下します。関東地方は日差しが控えめで、最高気温は10度に届かない所もありそうです。ぽかぽか陽気から一転して真冬のコートが必要な寒さになるでしょう。

●土曜と日曜 気温がガラッと変わる

さらにその後も気温のアップダウンが続きます。16日(土)になると低気圧や前線に向かって暖かな空気が流れ込むため、関東地方では再び気温が上昇するでしょう。

都心でも18度くらいまで上がり、春本番の暖かさになりそうです。日中はコートがなくても過ごせるほどの暖かさになりますが、午後になると北寄りの風に変わり、急激に寒くなるでしょう。17日(日)は一転して冬の寒さに逆戻りしそうです。日中も10度に届きませんので、再び冬の装いが必須となるでしょう。

この週末は大学入学共通テストが実施されますが、16日(土)と17日(日)で気温がガラッと変わりますので、受験生は特に外出時の服装や体調管理には一層お気を付け下さいぺんっ!
検索
最新コメント
時間がない、、を言い訳にしない!サクッと時間管理するためのアイデア? by ルイヴィトン スーパーコピー 口コミ usa (01/20)
大人の女性と長め丈スカートはコーデ次第でオシャレに差がつく服装とは? by ルイヴィトン 財布 メンズ スーパーコピー 時計 (01/19)
今日は朝と日中の気温差大 北と南は傘を? by スーパーコピーブランド メンズ tシャツ (01/19)
今日は朝と日中の気温差大 北と南は傘を? by スーパーコピー 激安 送料無料 メンズ (01/18)
三種の台風に熱帯低気圧のせいで急な津波注意ぺんっ! by ルイヴィトン スーパーコピー 韓国 場所 (01/18)
タグクラウド
プロフィール
ぺぎそんさんの画像
ぺぎそん
kouさん助手 兼 雑用係の僕ですが、   皆さんに、楽しい、ためになった! と言う一言を聞けたらいいなと思う、、、 ペギソンでした。
プロフィール