ファン
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2018年05月31日

目覚めが悪い…朝起きられない10の原因と対処法

こんにちは!

ぺぎそんです。

さて、皆様はちゃんと睡眠を取れてますか?

睡眠に関する悩みで、「眠れない」という悩みも辛いですが、「起きられない」という悩みも、社会生活を送る上では大きな問題になります。寝起きの悪さを気合いの問題で片付けず、その背後に隠れている原因を明らかにしましょう。

ここでは、睡眠医療認定医である方の起きられない10の原因と対処法、症状の見分け方をご紹介します。明日の朝から手軽に対策できる原因もあれば、医療機関への受診が望ましい原因もあります。

題して「朝起きられない」を克服するための10の原因と症状一覧!

■1. 睡眠不足型

朝、なかなか起きられない原因で、最も多いのがこれです。仕事やプライベートで忙しいからと、睡眠時間を削っていれば、睡眠不足になるのは当たり前。長期間、睡眠不足が続くと、日中の強い眠気や身体のだるさ、疲れやすさがひどくなり、頭の回転も鈍ってしまう。最善の解決法は、自分に必要な時間だけ、ぐっすり眠ること。この際ぜひとも、睡眠の大切さを再確認しましょう。

■2. 悪い生活習慣型

睡眠障害の2大原因は、生活習慣の乱れと不適切な睡眠環境です。
休息サポートサプリ「グッドナイト27000」

例えば、夕方以降に長時間の居眠りをしたり、深夜に消化の悪い食事や飲酒をしたりしていませんか? 夜遅くに明るい場所へ出かけるだけでも、睡眠ホルモン・メラトニンの量が減ってしまいます。生活習慣を変えるのは大変なことではありますが、できることから始めてみましょう。

■3. 体内時計故障型

徹夜仕事が続いた後や、長い休暇から元の生活に復帰したとき、この状態が起きることがあります。睡眠と覚醒のリズムが不規則になり、さらに体温や血圧、ホルモン分泌など、他の生体リズムも狂ってしまうからです。不規則勤務の方も、要注意です。

生活習慣を規則的にすることが基本ですが、極端な宵っ張りの朝寝坊になる睡眠相後退症候群などでは、高照度光療法やビタミンB12の内服、時間療法などの治療が必要となることがあります。

■4. 緊張型

強いストレスにさらされていると、夜中に何度も目覚めたり、眠りが浅くなったりします。これは、ストレスのために、脳からアドレナリンが出て、覚醒のレベルが上がってしまうからです。しかも、眠れないことが更なるストレスになってしまうことも。そんなときは、就寝前の1時間を、リラックスタイムにしましょう。自分の好きなことをしたり、ぼーっとしたりして気持ちを楽にすると、寝つきが良くなります。

■5. 現実逃避型

悩みがあるときには、1日の始まりが憂うつに感じます。そのため、目が覚めても、なかなか布団から出られません。朝になると、頭やお腹が痛くなって会社や学校を休む人も、このタイプです。内向的な性格で、他人からの批判に過敏な人は要注意。さらに、回避型人格障害になると深刻化しやすいので、カウンセリングを受けたり、職場や学校とよく相談したりして、早めに手を打ちましょう。

■6. 抑うつ型

憂うつな気分や沈んだ気持ちが強くて起き出せない人は、抑うつ状態が原因です。早朝に目が覚めてしまう、寝つきが悪い、これまで興味があったことを楽しめなくなる、などに当てはまる場合はうつ病の可能性があります。



また、秋から冬にかけて睡眠時間が長くなり、食欲が旺盛で、体重増加が著しいときは、季節性うつ病かもしれません。うつ病のタイプによって治療法が異なりますから、早めに専門医の診察を受けましょう。

■7. 窒息型

睡眠時無呼吸症候群という、睡眠中に呼吸が止まる病気があります。この病気では、息苦しさのために熟睡できず、睡眠不足となって、朝の目覚めが辛くなります。いびきをかく人や肥満で首が短い人がなりやすく、昼間の強い眠気や目覚めたときのノドの渇きや頭痛も、よくあります。

減量や横向き寝、うつ伏せ寝、マウスピースで、呼吸が楽になることがありますが、それでもだめなら呼吸器の専門医療機関で検査を受けて、きちんと治療を受けましょう。

■8. 寝過ぎ型

寝過ぎが原因で、目覚めが悪くなることがあります。休日に平日の睡眠不足を取り戻そうとして、いつまでも布団にしがみついているのは考えものです。睡眠の深さと覚醒度の高さは、反比例の関係にあります。ぐっすり眠ればスッキリ目覚められますが、ダラダラ眠っていたのでは、目覚めが悪いのは当然。

二度寝は気持ちよいものですが、休日でも平日の起床時刻の2時間以内には、布団から出ましょう。それでも眠いときには、短時間の昼寝をすれば睡眠量を確保できます。

■9. 女性ホルモン型

男性と違って女性では、月経の周期に合わせて、眠れなくなったり、逆に眠気が強くなったりすることがあります。これは、月経随伴睡眠障害と呼ばれるものです。また、妊娠の初期にも、眠気が強くなる人がいます。これらは、月経前や妊娠中に増える黄体ホルモンの作用で、体を休めて受精卵や胎児を守るためと、考えられています。

自然な眠気のリズムとはいえ、時には婦人科系の病気のこともありますから、眠気が異常に強かったり、長引いたりするときには、一度、婦人科の診察を受けてください。

■10. 昼間も眠い型

どれだけ眠っても眠気が取れない、あるいは、眠ってはいけないときにも眠ってしまう。そんなときには、過眠症の可能性があります。寝入りばなに幻覚を見る、よく金縛りにあう、笑ったり驚いたり怒ったりすると体の力が抜ける、という症状があれば、ナルコレプシーかも知れません。

また、寝覚めが悪く寝ぼけがひどい、日中に眠ると起こそうとしても1時間以上目覚めない、居眠りの後もスッキリした感じがしないときには、特発性過眠症の疑いがあります。規則正しい生活をしても朝、起きられないときには、睡眠障害専門医の受診をおすすめします。

その他、身体の痛みや痒み、貧血、前立腺肥大症、膀胱炎、起立性調節障害などの人も、朝が苦手です。それぞれの病気にあった治療を行うと、多くの人は目覚めが良くなりますから、心配な方は医療機関で相談してみましょうぺんっ!





posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

目覚めが悪い…朝起きられない10の原因と対処法

こんにちは!

ぺぎそんです。

さて、皆様はちゃんと睡眠を取れてますか?

睡眠に関する悩みで、「眠れない」という悩みも辛いですが、「起きられない」という悩みも、社会生活を送る上では大きな問題になります。寝起きの悪さを気合いの問題で片付けず、その背後に隠れている原因を明らかにしましょう。

ここでは、睡眠医療認定医である方の起きられない10の原因と対処法、症状の見分け方をご紹介します。明日の朝から手軽に対策できる原因もあれば、医療機関への受診が望ましい原因もあります。

題して「朝起きられない」を克服するための10の原因と症状一覧!

■1. 睡眠不足型

朝、なかなか起きられない原因で、最も多いのがこれです。仕事やプライベートで忙しいからと、睡眠時間を削っていれば、睡眠不足になるのは当たり前。長期間、睡眠不足が続くと、日中の強い眠気や身体のだるさ、疲れやすさがひどくなり、頭の回転も鈍ってしまう。最善の解決法は、自分に必要な時間だけ、ぐっすり眠ること。この際ぜひとも、睡眠の大切さを再確認しましょう。

■2. 悪い生活習慣型

睡眠障害の2大原因は、生活習慣の乱れと不適切な睡眠環境です。
休息サポートサプリ「グッドナイト27000」

例えば、夕方以降に長時間の居眠りをしたり、深夜に消化の悪い食事や飲酒をしたりしていませんか? 夜遅くに明るい場所へ出かけるだけでも、睡眠ホルモン・メラトニンの量が減ってしまいます。生活習慣を変えるのは大変なことではありますが、できることから始めてみましょう。

■3. 体内時計故障型

徹夜仕事が続いた後や、長い休暇から元の生活に復帰したとき、この状態が起きることがあります。睡眠と覚醒のリズムが不規則になり、さらに体温や血圧、ホルモン分泌など、他の生体リズムも狂ってしまうからです。不規則勤務の方も、要注意です。

生活習慣を規則的にすることが基本ですが、極端な宵っ張りの朝寝坊になる睡眠相後退症候群などでは、高照度光療法やビタミンB12の内服、時間療法などの治療が必要となることがあります。

■4. 緊張型

強いストレスにさらされていると、夜中に何度も目覚めたり、眠りが浅くなったりします。これは、ストレスのために、脳からアドレナリンが出て、覚醒のレベルが上がってしまうからです。しかも、眠れないことが更なるストレスになってしまうことも。そんなときは、就寝前の1時間を、リラックスタイムにしましょう。自分の好きなことをしたり、ぼーっとしたりして気持ちを楽にすると、寝つきが良くなります。

■5. 現実逃避型

悩みがあるときには、1日の始まりが憂うつに感じます。そのため、目が覚めても、なかなか布団から出られません。朝になると、頭やお腹が痛くなって会社や学校を休む人も、このタイプです。内向的な性格で、他人からの批判に過敏な人は要注意。さらに、回避型人格障害になると深刻化しやすいので、カウンセリングを受けたり、職場や学校とよく相談したりして、早めに手を打ちましょう。

■6. 抑うつ型

憂うつな気分や沈んだ気持ちが強くて起き出せない人は、抑うつ状態が原因です。早朝に目が覚めてしまう、寝つきが悪い、これまで興味があったことを楽しめなくなる、などに当てはまる場合はうつ病の可能性があります。



また、秋から冬にかけて睡眠時間が長くなり、食欲が旺盛で、体重増加が著しいときは、季節性うつ病かもしれません。うつ病のタイプによって治療法が異なりますから、早めに専門医の診察を受けましょう。

■7. 窒息型

睡眠時無呼吸症候群という、睡眠中に呼吸が止まる病気があります。この病気では、息苦しさのために熟睡できず、睡眠不足となって、朝の目覚めが辛くなります。いびきをかく人や肥満で首が短い人がなりやすく、昼間の強い眠気や目覚めたときのノドの渇きや頭痛も、よくあります。

減量や横向き寝、うつ伏せ寝、マウスピースで、呼吸が楽になることがありますが、それでもだめなら呼吸器の専門医療機関で検査を受けて、きちんと治療を受けましょう。

■8. 寝過ぎ型

寝過ぎが原因で、目覚めが悪くなることがあります。休日に平日の睡眠不足を取り戻そうとして、いつまでも布団にしがみついているのは考えものです。睡眠の深さと覚醒度の高さは、反比例の関係にあります。ぐっすり眠ればスッキリ目覚められますが、ダラダラ眠っていたのでは、目覚めが悪いのは当然。

二度寝は気持ちよいものですが、休日でも平日の起床時刻の2時間以内には、布団から出ましょう。それでも眠いときには、短時間の昼寝をすれば睡眠量を確保できます。

■9. 女性ホルモン型

男性と違って女性では、月経の周期に合わせて、眠れなくなったり、逆に眠気が強くなったりすることがあります。これは、月経随伴睡眠障害と呼ばれるものです。また、妊娠の初期にも、眠気が強くなる人がいます。これらは、月経前や妊娠中に増える黄体ホルモンの作用で、体を休めて受精卵や胎児を守るためと、考えられています。

自然な眠気のリズムとはいえ、時には婦人科系の病気のこともありますから、眠気が異常に強かったり、長引いたりするときには、一度、婦人科の診察を受けてください。

■10. 昼間も眠い型

どれだけ眠っても眠気が取れない、あるいは、眠ってはいけないときにも眠ってしまう。そんなときには、過眠症の可能性があります。寝入りばなに幻覚を見る、よく金縛りにあう、笑ったり驚いたり怒ったりすると体の力が抜ける、という症状があれば、ナルコレプシーかも知れません。

また、寝覚めが悪く寝ぼけがひどい、日中に眠ると起こそうとしても1時間以上目覚めない、居眠りの後もスッキリした感じがしないときには、特発性過眠症の疑いがあります。規則正しい生活をしても朝、起きられないときには、睡眠障害専門医の受診をおすすめします。

その他、身体の痛みや痒み、貧血、前立腺肥大症、膀胱炎、起立性調節障害などの人も、朝が苦手です。それぞれの病気にあった治療を行うと、多くの人は目覚めが良くなりますから、心配な方は医療機関で相談してみましょうぺんっ!





posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年02月25日

運転中に遭遇するトラブル──こんなときどうする!?

こんにちは!

ぺぎそんです。

寒い季節であっても、目的地まで気候を気にせず移動できる自動車好きの方は多いですね。

たしかに電車に比べてマイカーは、自分だけの空間を保てるので落ち着けますが、その一方で思いもよらぬトラブルに備え、きちんと準備をしておく必要があります。さらに、運転に臨む際には「睡眠不足」「体調不良」……といった不安要素は排除しなくてはなりませんし、いざトラブルが起きたときにはドライバーがしっかり対処しなければなりません。
そこで今回は、運転中に想定されるいくつかのトラブル対処法についてご紹介します。

しっかり睡眠を取って、万全の体調で運転の臨みましょう
疲労や眠気を感じたときは過信せず、運転を避けるべき!

飲酒運転がNGであることは当然のことですが、疲労や眠気を感じる状態で運転をすることも道路交通法上、違反とみなされる恐れがあります。これは「過労運転」と呼ばれるもので、「過労運転」は正常な運転ができない心身の過労状態を指します。

例えば「眠気を我慢しながら無理に運転を続ける」「疲労状態の体で深夜に運転する」といった肉体的なストレス状態はもちろんのこと、過度な心的ストレスを抱えているときも、注意力、判断力といったヒューマン・エラーが生じる恐れがあり、身体面の双方で「過労運転」に該当する恐れがあります。

一般ドライバーに限らず、私たちは職業ドライバーの方々から利便性、経済性の面で様々な恩恵を受けていますが、その恩恵のかげで、眠気や疲労感を我慢しながら長時間運転に従事している方々の過労運転防止への取り組みも強化されており、職業ドライバーのみならず一般ドライバーにおいても、「過労運転」を防止するために、デジタルタコグラフやドライバーモニターなどの機器を装備することが望ましいとされています。

最新の車には、安全運転を促すため、ドライバーの体調を管理する機器も装備されています
あおり運転は「しない」「されない」ように……
最近問題になっている「あおり運転」。
ハンドルを握ると人が変わってしまう……、ちょっとしたことでカッときてしまう……というケースをよく見聞きしますが、「怒り」という負のエネルギーは判断力を著しく低下させ、運転中であれば大事故を招く恐れがあります。

もしあなたが、運転中にイライラしやすい人であれば、どんなときに怒りを発するかを思い浮かべてみてください。

例えば「割り込みなどで自分の運転を妨害されたとき」「急な車線変更をされた時」「ノロノロ運転をされたとき」といった場合でしょうか。
ある研究によると「運転時間が長くなるほど怒りやすくなる」というデータもありますので、そうした人は先ほど紹介したデジタルタコグラフなどの機器を活用してみてはいかがでしょうか。「連続運転時間が3時間を超えました」「そろそろ休憩してください」「運転が長時間続いています」「急ブレーキです。注意してください」などの案内(警告)は、自らの感情をコントロールできない人にとって、安全運転の一助になるはずです。

逆に、自分は冷静に運転しているけれど、あおり運転に出くわしたらどうしよう……という不安を覚えている人も多いことでしょう。そうしたケースに遭遇したときは、できる限り車間距離を保ち、相手の車を先に行かせることが安全策とされます。

もちろん、実際にあおり運転をされたらとき、された側もカッとすることはありますが、偶然に出会ったドライバーと意味のないケンカをしても何も得はありません。さらに怒りに怒りで対抗すれば、事態は悪化する一方です。

何より、事故や命にかかわる危険を感じた際は、路肩に停車して警察に通報する迅速な対処が求められますし、高速道路であれば一般道に出てしまうといったとっさの判断も必要になります。

イライラしたら、まずはサービスエリアで休憩を
もし、高速道路上でガス欠になってしまったら……

高速道路に入る際には、運転に支障が生じないよう事前にガソリンが十分に補充されているかを確認することが道路交通法で義務づけられています。「目的地までたぶん大丈夫だろう」と過信せず、高速道路に入る前には必ずガソリンスタンドに寄る……。こうした行動を習慣化することも大切ですね。

そして、万が一、高速道路でガス欠になってしまった場合は、冷静な対処が必要です。ガソリンスタンドが高速道路のパーキングエリアにないケースも多いので、ガソリン量のメモリを確認した際に「危険だな」と感じたら、速やかに一般道に降りてナビを活用して最寄りのガソリンスタンドを探しましょう。
また、高速道路上で、万が一ガス欠になってしまったときは……、

●慌てずに、見通しのきく直線道路の広い路肩に停車する。

●停車後はハザードを点灯させる(後続車への停車の意志表示)。

●後続車に気をつけて発炎筒で車が停車していることを後続車に知らせる。

●三角停止表示板を表示する。

●その後は、ガードレールの外側など安全な場所に避難する。

●安全な場所で、ロードサービスまたは高速道路上の非常電話から道路管制センターにヘルプを求める。

高速道路の路上停車は二次的な交通事故が発生する危険がありますので、「慌てず、騒がず」乗員の身の安全を確保することが何より大切です。

── いずれも当然の対処法ですが、運転中に冷静な対応ができず取り返しのつかないケースになっている場合もあります。運転に慣れている人ほど、事故に至らないヒヤリハット、インシデントを見過ごさず、さらには「自分は大丈夫」と過信せず、常日頃から十分な対策を講じておきたいものですぺんなぁ〜

posted by ぺぎそん at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

運転中に遭遇するトラブル──こんなときどうする!?

こんにちは!

ぺぎそんです。

寒い季節であっても、目的地まで気候を気にせず移動できる自動車好きの方は多いですね。

たしかに電車に比べてマイカーは、自分だけの空間を保てるので落ち着けますが、その一方で思いもよらぬトラブルに備え、きちんと準備をしておく必要があります。さらに、運転に臨む際には「睡眠不足」「体調不良」……といった不安要素は排除しなくてはなりませんし、いざトラブルが起きたときにはドライバーがしっかり対処しなければなりません。
そこで今回は、運転中に想定されるいくつかのトラブル対処法についてご紹介します。

しっかり睡眠を取って、万全の体調で運転の臨みましょう
疲労や眠気を感じたときは過信せず、運転を避けるべき!

飲酒運転がNGであることは当然のことですが、疲労や眠気を感じる状態で運転をすることも道路交通法上、違反とみなされる恐れがあります。これは「過労運転」と呼ばれるもので、「過労運転」は正常な運転ができない心身の過労状態を指します。

例えば「眠気を我慢しながら無理に運転を続ける」「疲労状態の体で深夜に運転する」といった肉体的なストレス状態はもちろんのこと、過度な心的ストレスを抱えているときも、注意力、判断力といったヒューマン・エラーが生じる恐れがあり、身体面の双方で「過労運転」に該当する恐れがあります。

一般ドライバーに限らず、私たちは職業ドライバーの方々から利便性、経済性の面で様々な恩恵を受けていますが、その恩恵のかげで、眠気や疲労感を我慢しながら長時間運転に従事している方々の過労運転防止への取り組みも強化されており、職業ドライバーのみならず一般ドライバーにおいても、「過労運転」を防止するために、デジタルタコグラフやドライバーモニターなどの機器を装備することが望ましいとされています。

最新の車には、安全運転を促すため、ドライバーの体調を管理する機器も装備されています
あおり運転は「しない」「されない」ように……
最近問題になっている「あおり運転」。
ハンドルを握ると人が変わってしまう……、ちょっとしたことでカッときてしまう……というケースをよく見聞きしますが、「怒り」という負のエネルギーは判断力を著しく低下させ、運転中であれば大事故を招く恐れがあります。

もしあなたが、運転中にイライラしやすい人であれば、どんなときに怒りを発するかを思い浮かべてみてください。

例えば「割り込みなどで自分の運転を妨害されたとき」「急な車線変更をされた時」「ノロノロ運転をされたとき」といった場合でしょうか。
ある研究によると「運転時間が長くなるほど怒りやすくなる」というデータもありますので、そうした人は先ほど紹介したデジタルタコグラフなどの機器を活用してみてはいかがでしょうか。「連続運転時間が3時間を超えました」「そろそろ休憩してください」「運転が長時間続いています」「急ブレーキです。注意してください」などの案内(警告)は、自らの感情をコントロールできない人にとって、安全運転の一助になるはずです。

逆に、自分は冷静に運転しているけれど、あおり運転に出くわしたらどうしよう……という不安を覚えている人も多いことでしょう。そうしたケースに遭遇したときは、できる限り車間距離を保ち、相手の車を先に行かせることが安全策とされます。

もちろん、実際にあおり運転をされたらとき、された側もカッとすることはありますが、偶然に出会ったドライバーと意味のないケンカをしても何も得はありません。さらに怒りに怒りで対抗すれば、事態は悪化する一方です。

何より、事故や命にかかわる危険を感じた際は、路肩に停車して警察に通報する迅速な対処が求められますし、高速道路であれば一般道に出てしまうといったとっさの判断も必要になります。

イライラしたら、まずはサービスエリアで休憩を
もし、高速道路上でガス欠になってしまったら……

高速道路に入る際には、運転に支障が生じないよう事前にガソリンが十分に補充されているかを確認することが道路交通法で義務づけられています。「目的地までたぶん大丈夫だろう」と過信せず、高速道路に入る前には必ずガソリンスタンドに寄る……。こうした行動を習慣化することも大切ですね。

そして、万が一、高速道路でガス欠になってしまった場合は、冷静な対処が必要です。ガソリンスタンドが高速道路のパーキングエリアにないケースも多いので、ガソリン量のメモリを確認した際に「危険だな」と感じたら、速やかに一般道に降りてナビを活用して最寄りのガソリンスタンドを探しましょう。
また、高速道路上で、万が一ガス欠になってしまったときは……、

●慌てずに、見通しのきく直線道路の広い路肩に停車する。

●停車後はハザードを点灯させる(後続車への停車の意志表示)。

●後続車に気をつけて発炎筒で車が停車していることを後続車に知らせる。

●三角停止表示板を表示する。

●その後は、ガードレールの外側など安全な場所に避難する。

●安全な場所で、ロードサービスまたは高速道路上の非常電話から道路管制センターにヘルプを求める。

高速道路の路上停車は二次的な交通事故が発生する危険がありますので、「慌てず、騒がず」乗員の身の安全を確保することが何より大切です。

── いずれも当然の対処法ですが、運転中に冷静な対応ができず取り返しのつかないケースになっている場合もあります。運転に慣れている人ほど、事故に至らないヒヤリハット、インシデントを見過ごさず、さらには「自分は大丈夫」と過信せず、常日頃から十分な対策を講じておきたいものですぺんなぁ〜

posted by ぺぎそん at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

運転中に遭遇するトラブル──こんなときどうする!?

こんにちは!

ぺぎそんです。

寒い季節であっても、目的地まで気候を気にせず移動できる自動車好きの方は多いですね。

たしかに電車に比べてマイカーは、自分だけの空間を保てるので落ち着けますが、その一方で思いもよらぬトラブルに備え、きちんと準備をしておく必要があります。さらに、運転に臨む際には「睡眠不足」「体調不良」……といった不安要素は排除しなくてはなりませんし、いざトラブルが起きたときにはドライバーがしっかり対処しなければなりません。
そこで今回は、運転中に想定されるいくつかのトラブル対処法についてご紹介します。

しっかり睡眠を取って、万全の体調で運転の臨みましょう
疲労や眠気を感じたときは過信せず、運転を避けるべき!

飲酒運転がNGであることは当然のことですが、疲労や眠気を感じる状態で運転をすることも道路交通法上、違反とみなされる恐れがあります。これは「過労運転」と呼ばれるもので、「過労運転」は正常な運転ができない心身の過労状態を指します。

例えば「眠気を我慢しながら無理に運転を続ける」「疲労状態の体で深夜に運転する」といった肉体的なストレス状態はもちろんのこと、過度な心的ストレスを抱えているときも、注意力、判断力といったヒューマン・エラーが生じる恐れがあり、身体面の双方で「過労運転」に該当する恐れがあります。

一般ドライバーに限らず、私たちは職業ドライバーの方々から利便性、経済性の面で様々な恩恵を受けていますが、その恩恵のかげで、眠気や疲労感を我慢しながら長時間運転に従事している方々の過労運転防止への取り組みも強化されており、職業ドライバーのみならず一般ドライバーにおいても、「過労運転」を防止するために、デジタルタコグラフやドライバーモニターなどの機器を装備することが望ましいとされています。

最新の車には、安全運転を促すため、ドライバーの体調を管理する機器も装備されています
あおり運転は「しない」「されない」ように……
最近問題になっている「あおり運転」。
ハンドルを握ると人が変わってしまう……、ちょっとしたことでカッときてしまう……というケースをよく見聞きしますが、「怒り」という負のエネルギーは判断力を著しく低下させ、運転中であれば大事故を招く恐れがあります。

もしあなたが、運転中にイライラしやすい人であれば、どんなときに怒りを発するかを思い浮かべてみてください。

例えば「割り込みなどで自分の運転を妨害されたとき」「急な車線変更をされた時」「ノロノロ運転をされたとき」といった場合でしょうか。
ある研究によると「運転時間が長くなるほど怒りやすくなる」というデータもありますので、そうした人は先ほど紹介したデジタルタコグラフなどの機器を活用してみてはいかがでしょうか。「連続運転時間が3時間を超えました」「そろそろ休憩してください」「運転が長時間続いています」「急ブレーキです。注意してください」などの案内(警告)は、自らの感情をコントロールできない人にとって、安全運転の一助になるはずです。

逆に、自分は冷静に運転しているけれど、あおり運転に出くわしたらどうしよう……という不安を覚えている人も多いことでしょう。そうしたケースに遭遇したときは、できる限り車間距離を保ち、相手の車を先に行かせることが安全策とされます。

もちろん、実際にあおり運転をされたらとき、された側もカッとすることはありますが、偶然に出会ったドライバーと意味のないケンカをしても何も得はありません。さらに怒りに怒りで対抗すれば、事態は悪化する一方です。

何より、事故や命にかかわる危険を感じた際は、路肩に停車して警察に通報する迅速な対処が求められますし、高速道路であれば一般道に出てしまうといったとっさの判断も必要になります。

イライラしたら、まずはサービスエリアで休憩を
もし、高速道路上でガス欠になってしまったら……

高速道路に入る際には、運転に支障が生じないよう事前にガソリンが十分に補充されているかを確認することが道路交通法で義務づけられています。「目的地までたぶん大丈夫だろう」と過信せず、高速道路に入る前には必ずガソリンスタンドに寄る……。こうした行動を習慣化することも大切ですね。

そして、万が一、高速道路でガス欠になってしまった場合は、冷静な対処が必要です。ガソリンスタンドが高速道路のパーキングエリアにないケースも多いので、ガソリン量のメモリを確認した際に「危険だな」と感じたら、速やかに一般道に降りてナビを活用して最寄りのガソリンスタンドを探しましょう。
また、高速道路上で、万が一ガス欠になってしまったときは……、

●慌てずに、見通しのきく直線道路の広い路肩に停車する。

●停車後はハザードを点灯させる(後続車への停車の意志表示)。

●後続車に気をつけて発炎筒で車が停車していることを後続車に知らせる。

●三角停止表示板を表示する。

●その後は、ガードレールの外側など安全な場所に避難する。

●安全な場所で、ロードサービスまたは高速道路上の非常電話から道路管制センターにヘルプを求める。

高速道路の路上停車は二次的な交通事故が発生する危険がありますので、「慌てず、騒がず」乗員の身の安全を確保することが何より大切です。

── いずれも当然の対処法ですが、運転中に冷静な対応ができず取り返しのつかないケースになっている場合もあります。運転に慣れている人ほど、事故に至らないヒヤリハット、インシデントを見過ごさず、さらには「自分は大丈夫」と過信せず、常日頃から十分な対策を講じておきたいものですぺんなぁ〜

posted by ぺぎそん at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年02月20日

寝ても疲れがとれない人が始めるべき「プチ習慣」5つの方法

こんにちは!

ぺぎそんです。

1. だるい朝には、寝転がったまま気分転換エクササイズ

がばっと勢いで起きるよりも、ゆっくりと身体をほぐしながら目覚めると、その後の活動がスムーズに。眠っていた身体と頭をスッキリと起こすエクササイズをするといいですよ。

2. 食生活を少し工夫する

病気ではないけれども何となく元気がなくて疲れやすい……毎日の生活を充実させるためにも食生活を少し見直すことが体質改善の近道です。

3. デスクワークの人におすすめ「座り疲れ」解消エクササイズ

デスクワークなど1日に座っている時間が長い人は、筋肉の血流が滞って座り疲れを起こしている可能性があります。自分のデスクで座ったままでもできる簡単エクササイズなどで、疲労がたまらないようにしましょう!

4. 憂鬱な気分も吹き飛ばす! 運動を習慣に

忙しいとき、疲れているときほど、じっとしているのではなく、体を動かすことが有効。気分を高める神経伝達物質セロトニンを高めるための生活習慣を考えてみましょう。

5. 40℃のお風呂に15分、入浴で自律神経バランスを整える

夕食後から寝るまでの3時間は、質の良い睡眠に入るための準備をする大切な時間。自律神経バランスを整え、1日の終わりに滞った血流や心と体をカバー、デトックスしましょうぺんっ!

posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

寝ても疲れがとれない人が始めるべき「プチ習慣」5つの方法

こんにちは!

ぺぎそんです。

1. だるい朝には、寝転がったまま気分転換エクササイズ

がばっと勢いで起きるよりも、ゆっくりと身体をほぐしながら目覚めると、その後の活動がスムーズに。眠っていた身体と頭をスッキリと起こすエクササイズをするといいですよ。

2. 食生活を少し工夫する

病気ではないけれども何となく元気がなくて疲れやすい……毎日の生活を充実させるためにも食生活を少し見直すことが体質改善の近道です。

3. デスクワークの人におすすめ「座り疲れ」解消エクササイズ

デスクワークなど1日に座っている時間が長い人は、筋肉の血流が滞って座り疲れを起こしている可能性があります。自分のデスクで座ったままでもできる簡単エクササイズなどで、疲労がたまらないようにしましょう!

4. 憂鬱な気分も吹き飛ばす! 運動を習慣に

忙しいとき、疲れているときほど、じっとしているのではなく、体を動かすことが有効。気分を高める神経伝達物質セロトニンを高めるための生活習慣を考えてみましょう。

5. 40℃のお風呂に15分、入浴で自律神経バランスを整える

夕食後から寝るまでの3時間は、質の良い睡眠に入るための準備をする大切な時間。自律神経バランスを整え、1日の終わりに滞った血流や心と体をカバー、デトックスしましょうぺんっ!

posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

寝ても疲れがとれない人が始めるべき「プチ習慣」5つの方法

こんにちは!

ぺぎそんです。

1. だるい朝には、寝転がったまま気分転換エクササイズ

がばっと勢いで起きるよりも、ゆっくりと身体をほぐしながら目覚めると、その後の活動がスムーズに。眠っていた身体と頭をスッキリと起こすエクササイズをするといいですよ。

2. 食生活を少し工夫する

病気ではないけれども何となく元気がなくて疲れやすい……毎日の生活を充実させるためにも食生活を少し見直すことが体質改善の近道です。

3. デスクワークの人におすすめ「座り疲れ」解消エクササイズ

デスクワークなど1日に座っている時間が長い人は、筋肉の血流が滞って座り疲れを起こしている可能性があります。自分のデスクで座ったままでもできる簡単エクササイズなどで、疲労がたまらないようにしましょう!

4. 憂鬱な気分も吹き飛ばす! 運動を習慣に

忙しいとき、疲れているときほど、じっとしているのではなく、体を動かすことが有効。気分を高める神経伝達物質セロトニンを高めるための生活習慣を考えてみましょう。

5. 40℃のお風呂に15分、入浴で自律神経バランスを整える

夕食後から寝るまでの3時間は、質の良い睡眠に入るための準備をする大切な時間。自律神経バランスを整え、1日の終わりに滞った血流や心と体をカバー、デトックスしましょうぺんっ!

posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年02月03日

深刻な事態になる前に!要注意なストレスのサイン10選

こんにちは!

ぺぎそんです。


完璧な人なんていないし、毎日繰り返し直面するストレスによってひどい状態になることは誰にでもあること。でも、精神的なトラブルや不安が平均的なレベルを超えているとしたら、それは問題。そのことに気づくにはどうしたらいいのでしょう?

推定によると、アメリカに住む人の5人に1人は人間関係や仕事、肉体的な健康の管理が難しくなるような精神衛生上の問題を抱えて生活しているそう。

問題として挙げられるのが、うつや不安障害、パーソナリティ障害、さらには強迫性障害、摂食障害、依存症など。けれども、こうした症状に気づくのが早ければ早いほど、より良い対策を講じることができるとのこと。そこで、「要注意の症状」について専門家に聞きました!

1. 睡眠の不調

なかなか寝つけない、あるいは睡眠中によく目が覚める、いつもより寝すぎてしまう、といった状態は精神衛生上もっと注意を払うべき重要なサイン(兆候)だと語るのは、精神科医でトラウマ(心的外傷)の専門家は睡眠時に私たちの身体の最も基本的かつ不可欠の機能であり、私たちの心身の状態を反映するバロメーターと言ってよいのだそう。
時々眠れないことがあるのは人間なら仕方のないこと。けれども、市販薬やアルコールの力を借りなければ眠りにつくことができない、朝起きるのが毎日のように辛くて努力が必要、という状態が1週間以上続いたら、それは体が何か異変を訴えているということだと博士は言っています。

2. いままで楽しんでいたことへの興味が薄れた

これまで楽しかったことが楽しいと感じられなくなった場合、うつになりかけているか、不安な気分が支配的になっていることを示すサインかもしれないと「人づきあいについて、空虚な気分になったりわくわくしなくなったりする場合も、同じことが疑われます」。

3. お酒の量が増えた

心の混乱を抑えるために、いままでに比べて飲酒の量や回数が増えたり、薬物などに手を出したりするのは、精神的に何か問題があることを示す重要なサインだそう。飲酒や薬物の使用は、根本の問題解決には何の役にも立たないだけでなく、多くの場合精神的な混乱を悪化させるだけというデメリットに繋がる可能性も。

4. 怒ってばかりいる

周囲の人々のちょっとした欠点が過剰に気になったり、パートナーや友人、家族、同僚にいつもよりも当たり散らしたり、人間というものが100%おぞましい存在に思えてきたりしたら、やはりより深い部分で問題が潜んでいるサインかも。
もちろんイライラ感や攻撃的な気分が募ったり、感情の波があるのは、ひどい睡眠不足や、低血糖のせいだったりもしますが、ちゃんと食事と睡眠をとっていて、アルコールやカフェインを摂りすぎてもいないのに、周囲に対して日常的にイライラが抑えられないなら、パーソナリティ障害あるいは気分障害、
また、ちょっとした挫折や問題にも大げさに反応する人、人間関係にも問題を抱えている人などは、境界性パーソナリティ障害が疑われる可能性もあるそう。気分の浮き沈みや感情の起伏、人付きあいに積極的になったり消極的になったりの変化が激しい人の場合は、双極性障害が疑われるそう。

5. 羞恥心や罪悪感が強い場合

何カ月も前に言われた嫌なコメントがずっと気にかかったり、自分のせいで誰かを嫌な気持ちにさせたり怒らせたりしているんじゃないかと常にくよくよしている場合はどうでしょう? こういう場合も精神面に重大な問題を抱えている可能性を考えてみるべきとのこと。「過去について過剰に後悔したり、あらゆることが失敗だったという先入観にとらわれたりしている場合、ある種の精神的な限界に達しているということが疑われるので、何らかのサポートが必要です」。

6. 常に落ち込んでいる

だるい、いつも疲労感がある、以前のように活発に考えたり行動したりできない――この場合はうつなどの、一般に広く知られるようになった不安障害や、燃え尽き症候群と関連づけられるそう。

7. 集中することができない

最近物忘れがひどい、職場での会話や会議などで集中することが難しい、以前よりもぼーっとすることが増えたという場合も、精神面が健康でない場合があるとのこと。

8. 食欲に目立った変化がある

食欲が減退するのもうつの典型的な症状とのこと。うつの患者さんのなかには食事に喜びを感じることができなくなって体重が減ってしまう人もいるそうで、最近急にやせてしまったという人は、精神面に問題を抱えている可能性も疑ってみるべきだそう。
一方で、心理的な混乱が大きいと、空腹感を満たす以上に食べ過ぎる人もいるそう。やけ食いや下剤の多用、運動し過ぎる、あるいは食事の量や内容を過剰に気にするなどの行き過ぎた行動に走る人も。食欲がなくてもありすぎても、正常な食習慣から大きく逸脱している場合は、精神的に何らかのSOSを発信していると考える必要がありそう。

9. スケジュールを詰めすぎてしまう

自分の時間を隙間なく埋めようとして、仕事、習い事などを詰め込まなくては気がすまないような人も、精神的な問題から目をそらすためにそうしている可能性があるそう。

10.「人生に何の意味が?」と思ってしまう

人生に意味があるのだろうかと考えたり、この世で生きている目的や自分が存在している意味がわからない、というような心理状態になったりする場合はどこかに問題があるそう。「こうした心理状態に陥る前に、何らかの支援を求めることが理想的です」。

上記のような状態になったら、どうすればいいの?

1. まずは落ち着いて

以上のことに当てはまったからといって、落ち込まないこと。精神疾患の診断は精神科の診察を受けてから初めて下されるもの。また、精神疾患に該当することがわかっても、患者の支援を行うための幅広い治療が用意されているそう。

2. 信頼できる人々と連絡をとりましょう

精神衛生を保つ上では、困ったことに直面したときに手助けをしてくれる、社会的な連携を強めることが重要だそう。また、支援者との絆が強いほど、患者の立ち直る力もアップするとのこと。人付き合いによって前向きな経験を重ね、自分の人生が意味のあるものと感じられるような交流を深めていくことが大切なよう。
支援グループや精神衛生の専門家と連絡を取ることは、恥ずかしいことではまったくないと博士は強調します。解決は簡単ではないけれど、自分がどのような問題と闘っているのかを知り、それを克服するための支援を求める行動が早ければ早いほど、自分らしい生き方をより早く取り戻すことができるそうです。

3. 習慣を見直そう

「生活習慣全般を見直してみましょう」、と喫煙や、砂糖、カフェイン、アルコールなどの過剰摂取、睡眠の乱れ、運動不足などがすべて、心理面に悪影響を与えるそう。さらに、野菜不足や加工食品の食べ過ぎも、精神状態にマイナスになることがあるそうで、生活全般の見直しがストレス耐性アップにもつながる可能性大とのこと。

「ストレスとは、言わばテーブルにかかる圧力のようなものです。すべての脚に負担はかかりますが、自分自身によるケアや、社会的な結びつき、そして個人的な意味づけによって自分自身を強くしてゆけば、より大きな圧力にも耐えられるようになるのです」。

何より大切なのは、精神疾患は恥ずかしいことではない、誰にでも起こりうること、と自覚しておくことかも。早めに不調のサインに気づいて、早めに専門家のサポートをあおぐ――精神の健康を保つための心がけを忘れずにぺんっ!

posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

深刻な事態になる前に!要注意なストレスのサイン10選

こんにちは!

ぺぎそんです。


完璧な人なんていないし、毎日繰り返し直面するストレスによってひどい状態になることは誰にでもあること。でも、精神的なトラブルや不安が平均的なレベルを超えているとしたら、それは問題。そのことに気づくにはどうしたらいいのでしょう?

推定によると、アメリカに住む人の5人に1人は人間関係や仕事、肉体的な健康の管理が難しくなるような精神衛生上の問題を抱えて生活しているそう。

問題として挙げられるのが、うつや不安障害、パーソナリティ障害、さらには強迫性障害、摂食障害、依存症など。けれども、こうした症状に気づくのが早ければ早いほど、より良い対策を講じることができるとのこと。そこで、「要注意の症状」について専門家に聞きました!

1. 睡眠の不調

なかなか寝つけない、あるいは睡眠中によく目が覚める、いつもより寝すぎてしまう、といった状態は精神衛生上もっと注意を払うべき重要なサイン(兆候)だと語るのは、精神科医でトラウマ(心的外傷)の専門家は睡眠時に私たちの身体の最も基本的かつ不可欠の機能であり、私たちの心身の状態を反映するバロメーターと言ってよいのだそう。
時々眠れないことがあるのは人間なら仕方のないこと。けれども、市販薬やアルコールの力を借りなければ眠りにつくことができない、朝起きるのが毎日のように辛くて努力が必要、という状態が1週間以上続いたら、それは体が何か異変を訴えているということだと博士は言っています。

2. いままで楽しんでいたことへの興味が薄れた

これまで楽しかったことが楽しいと感じられなくなった場合、うつになりかけているか、不安な気分が支配的になっていることを示すサインかもしれないと「人づきあいについて、空虚な気分になったりわくわくしなくなったりする場合も、同じことが疑われます」。

3. お酒の量が増えた

心の混乱を抑えるために、いままでに比べて飲酒の量や回数が増えたり、薬物などに手を出したりするのは、精神的に何か問題があることを示す重要なサインだそう。飲酒や薬物の使用は、根本の問題解決には何の役にも立たないだけでなく、多くの場合精神的な混乱を悪化させるだけというデメリットに繋がる可能性も。

4. 怒ってばかりいる

周囲の人々のちょっとした欠点が過剰に気になったり、パートナーや友人、家族、同僚にいつもよりも当たり散らしたり、人間というものが100%おぞましい存在に思えてきたりしたら、やはりより深い部分で問題が潜んでいるサインかも。
もちろんイライラ感や攻撃的な気分が募ったり、感情の波があるのは、ひどい睡眠不足や、低血糖のせいだったりもしますが、ちゃんと食事と睡眠をとっていて、アルコールやカフェインを摂りすぎてもいないのに、周囲に対して日常的にイライラが抑えられないなら、パーソナリティ障害あるいは気分障害、
また、ちょっとした挫折や問題にも大げさに反応する人、人間関係にも問題を抱えている人などは、境界性パーソナリティ障害が疑われる可能性もあるそう。気分の浮き沈みや感情の起伏、人付きあいに積極的になったり消極的になったりの変化が激しい人の場合は、双極性障害が疑われるそう。

5. 羞恥心や罪悪感が強い場合

何カ月も前に言われた嫌なコメントがずっと気にかかったり、自分のせいで誰かを嫌な気持ちにさせたり怒らせたりしているんじゃないかと常にくよくよしている場合はどうでしょう? こういう場合も精神面に重大な問題を抱えている可能性を考えてみるべきとのこと。「過去について過剰に後悔したり、あらゆることが失敗だったという先入観にとらわれたりしている場合、ある種の精神的な限界に達しているということが疑われるので、何らかのサポートが必要です」。

6. 常に落ち込んでいる

だるい、いつも疲労感がある、以前のように活発に考えたり行動したりできない――この場合はうつなどの、一般に広く知られるようになった不安障害や、燃え尽き症候群と関連づけられるそう。

7. 集中することができない

最近物忘れがひどい、職場での会話や会議などで集中することが難しい、以前よりもぼーっとすることが増えたという場合も、精神面が健康でない場合があるとのこと。

8. 食欲に目立った変化がある

食欲が減退するのもうつの典型的な症状とのこと。うつの患者さんのなかには食事に喜びを感じることができなくなって体重が減ってしまう人もいるそうで、最近急にやせてしまったという人は、精神面に問題を抱えている可能性も疑ってみるべきだそう。
一方で、心理的な混乱が大きいと、空腹感を満たす以上に食べ過ぎる人もいるそう。やけ食いや下剤の多用、運動し過ぎる、あるいは食事の量や内容を過剰に気にするなどの行き過ぎた行動に走る人も。食欲がなくてもありすぎても、正常な食習慣から大きく逸脱している場合は、精神的に何らかのSOSを発信していると考える必要がありそう。

9. スケジュールを詰めすぎてしまう

自分の時間を隙間なく埋めようとして、仕事、習い事などを詰め込まなくては気がすまないような人も、精神的な問題から目をそらすためにそうしている可能性があるそう。

10.「人生に何の意味が?」と思ってしまう

人生に意味があるのだろうかと考えたり、この世で生きている目的や自分が存在している意味がわからない、というような心理状態になったりする場合はどこかに問題があるそう。「こうした心理状態に陥る前に、何らかの支援を求めることが理想的です」。

上記のような状態になったら、どうすればいいの?

1. まずは落ち着いて

以上のことに当てはまったからといって、落ち込まないこと。精神疾患の診断は精神科の診察を受けてから初めて下されるもの。また、精神疾患に該当することがわかっても、患者の支援を行うための幅広い治療が用意されているそう。

2. 信頼できる人々と連絡をとりましょう

精神衛生を保つ上では、困ったことに直面したときに手助けをしてくれる、社会的な連携を強めることが重要だそう。また、支援者との絆が強いほど、患者の立ち直る力もアップするとのこと。人付き合いによって前向きな経験を重ね、自分の人生が意味のあるものと感じられるような交流を深めていくことが大切なよう。
支援グループや精神衛生の専門家と連絡を取ることは、恥ずかしいことではまったくないと博士は強調します。解決は簡単ではないけれど、自分がどのような問題と闘っているのかを知り、それを克服するための支援を求める行動が早ければ早いほど、自分らしい生き方をより早く取り戻すことができるそうです。

3. 習慣を見直そう

「生活習慣全般を見直してみましょう」、と喫煙や、砂糖、カフェイン、アルコールなどの過剰摂取、睡眠の乱れ、運動不足などがすべて、心理面に悪影響を与えるそう。さらに、野菜不足や加工食品の食べ過ぎも、精神状態にマイナスになることがあるそうで、生活全般の見直しがストレス耐性アップにもつながる可能性大とのこと。

「ストレスとは、言わばテーブルにかかる圧力のようなものです。すべての脚に負担はかかりますが、自分自身によるケアや、社会的な結びつき、そして個人的な意味づけによって自分自身を強くしてゆけば、より大きな圧力にも耐えられるようになるのです」。

何より大切なのは、精神疾患は恥ずかしいことではない、誰にでも起こりうること、と自覚しておくことかも。早めに不調のサインに気づいて、早めに専門家のサポートをあおぐ――精神の健康を保つための心がけを忘れずにぺんっ!

posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ぺぎそんさんの画像
ぺぎそん
kouさん助手 兼 雑用係の僕ですが、   皆さんに、楽しい、ためになった! と言う一言を聞けたらいいなと思う、、、 ペギソンでした。
プロフィール