ファン
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2019年02月10日

高熱が特徴…インフルエンザの38℃の熱の主な症状とは?

こんにちは!

ぺぎそんです。

インフルエンザの症状は、いわゆる「風邪」の症状とほとんど変わりません。咳、喉の痛み、発熱などです。最も特徴的なのは、体温上昇の程度でしょう。



毎日のサポートに【ベビー乳酸菌】

インフルエンザの場合、発熱するとすぐに38℃を越えます。人の体温は目覚めたときより夕方の方が高くなりますが、インフルエンザの場合は朝から38℃以上あることが珍しくありません。朝から高熱の場合は要注意です。

●インフルエンザの主な症状は主な症状は次の通りですぺんっ、、、



マジックボール

・時間帯を問わず、38℃を越える高熱がある
・寒気・震え(特に発熱する直前)
・倦怠感
・頭痛
・関節痛・筋肉痛
・喉の痛み
・咳(ない場合もある)
・鼻水(ウイルスが含まれるので感染性あり)
・くしゃみ(ウイルスが含まれるので感染性あり)

●インフルエンザの感染力・潜伏期間

インフルエンザは潜伏期間が短いので、朝に発熱したまま学校や会社に行くと、集団感染してしまうことも十分あります。また、発熱前から感染力があるので、学校では学級閉鎖をしても集団感染を完全には予防できません。

インフルエンザは法律で定められている「感染症」です。普通の風邪と違い、感染した人は集団感染を予防するために出勤や登校をしてはいけない等と定められています。小児や高齢者の場合は、重症になることもあるからです。



ペットにも人にも優しい除菌消臭剤【ハイパーCペット】

●インフルエンザの高熱症状、小児の場合は解熱剤使用は慎重に

インフルエンザの主な症状は発熱です。小児の場合、熱性痙攣(ねつせいけいれん)といって、発熱に伴って痙攣発作を起こすことがあります。

一方で、発熱に対して解熱剤を使うことで、かえって「インフルエンザ脳症」という最も重い合併症のきっかけになる可能性も指摘されています。

インフルエンザ脳症では、脳に重い障害を伴う後遺症が残ることがあります。小児には成人と同じ薬剤を使うことは避けた方が賢明です。小児科領域では強い解熱剤は使わない方向となっています。(アセトアミノフェンという解熱剤は安全性が高いとされています)。

また、氷やアイスパック(保冷剤)を用いて物理的に体温を下げることはつらい症状の緩和になります。

高齢者のインフルエンザ感染時は肺炎に注意
高齢者がインフルエンザにかかった場合、怖いのは肺炎球菌による肺炎の合併です。

ペニシリンなどの抗生物質で治ると思われていますが、抗生物質は肺炎の病期を短縮するものの、肺炎の死亡率自体を下げる結果は出せていません。高齢者に対するインフルエンザワクチン接種が推奨される理由のひとつみたいぺんっ、、



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

高熱が特徴…インフルエンザの38℃の熱の主な症状とは?

こんにちは!

ぺぎそんです。

インフルエンザの症状は、いわゆる「風邪」の症状とほとんど変わりません。咳、喉の痛み、発熱などです。最も特徴的なのは、体温上昇の程度でしょう。



毎日のサポートに【ベビー乳酸菌】

インフルエンザの場合、発熱するとすぐに38℃を越えます。人の体温は目覚めたときより夕方の方が高くなりますが、インフルエンザの場合は朝から38℃以上あることが珍しくありません。朝から高熱の場合は要注意です。

●インフルエンザの主な症状は主な症状は次の通りですぺんっ、、、



マジックボール

・時間帯を問わず、38℃を越える高熱がある
・寒気・震え(特に発熱する直前)
・倦怠感
・頭痛
・関節痛・筋肉痛
・喉の痛み
・咳(ない場合もある)
・鼻水(ウイルスが含まれるので感染性あり)
・くしゃみ(ウイルスが含まれるので感染性あり)

●インフルエンザの感染力・潜伏期間

インフルエンザは潜伏期間が短いので、朝に発熱したまま学校や会社に行くと、集団感染してしまうことも十分あります。また、発熱前から感染力があるので、学校では学級閉鎖をしても集団感染を完全には予防できません。

インフルエンザは法律で定められている「感染症」です。普通の風邪と違い、感染した人は集団感染を予防するために出勤や登校をしてはいけない等と定められています。小児や高齢者の場合は、重症になることもあるからです。



ペットにも人にも優しい除菌消臭剤【ハイパーCペット】

●インフルエンザの高熱症状、小児の場合は解熱剤使用は慎重に

インフルエンザの主な症状は発熱です。小児の場合、熱性痙攣(ねつせいけいれん)といって、発熱に伴って痙攣発作を起こすことがあります。

一方で、発熱に対して解熱剤を使うことで、かえって「インフルエンザ脳症」という最も重い合併症のきっかけになる可能性も指摘されています。

インフルエンザ脳症では、脳に重い障害を伴う後遺症が残ることがあります。小児には成人と同じ薬剤を使うことは避けた方が賢明です。小児科領域では強い解熱剤は使わない方向となっています。(アセトアミノフェンという解熱剤は安全性が高いとされています)。

また、氷やアイスパック(保冷剤)を用いて物理的に体温を下げることはつらい症状の緩和になります。

高齢者のインフルエンザ感染時は肺炎に注意
高齢者がインフルエンザにかかった場合、怖いのは肺炎球菌による肺炎の合併です。

ペニシリンなどの抗生物質で治ると思われていますが、抗生物質は肺炎の病期を短縮するものの、肺炎の死亡率自体を下げる結果は出せていません。高齢者に対するインフルエンザワクチン接種が推奨される理由のひとつみたいぺんっ、、



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

高熱が特徴…インフルエンザの38℃の熱の主な症状とは?

こんにちは!

ぺぎそんです。

インフルエンザの症状は、いわゆる「風邪」の症状とほとんど変わりません。咳、喉の痛み、発熱などです。最も特徴的なのは、体温上昇の程度でしょう。



毎日のサポートに【ベビー乳酸菌】

インフルエンザの場合、発熱するとすぐに38℃を越えます。人の体温は目覚めたときより夕方の方が高くなりますが、インフルエンザの場合は朝から38℃以上あることが珍しくありません。朝から高熱の場合は要注意です。

●インフルエンザの主な症状は主な症状は次の通りですぺんっ、、、



マジックボール

・時間帯を問わず、38℃を越える高熱がある
・寒気・震え(特に発熱する直前)
・倦怠感
・頭痛
・関節痛・筋肉痛
・喉の痛み
・咳(ない場合もある)
・鼻水(ウイルスが含まれるので感染性あり)
・くしゃみ(ウイルスが含まれるので感染性あり)

●インフルエンザの感染力・潜伏期間

インフルエンザは潜伏期間が短いので、朝に発熱したまま学校や会社に行くと、集団感染してしまうことも十分あります。また、発熱前から感染力があるので、学校では学級閉鎖をしても集団感染を完全には予防できません。

インフルエンザは法律で定められている「感染症」です。普通の風邪と違い、感染した人は集団感染を予防するために出勤や登校をしてはいけない等と定められています。小児や高齢者の場合は、重症になることもあるからです。



ペットにも人にも優しい除菌消臭剤【ハイパーCペット】

●インフルエンザの高熱症状、小児の場合は解熱剤使用は慎重に

インフルエンザの主な症状は発熱です。小児の場合、熱性痙攣(ねつせいけいれん)といって、発熱に伴って痙攣発作を起こすことがあります。

一方で、発熱に対して解熱剤を使うことで、かえって「インフルエンザ脳症」という最も重い合併症のきっかけになる可能性も指摘されています。

インフルエンザ脳症では、脳に重い障害を伴う後遺症が残ることがあります。小児には成人と同じ薬剤を使うことは避けた方が賢明です。小児科領域では強い解熱剤は使わない方向となっています。(アセトアミノフェンという解熱剤は安全性が高いとされています)。

また、氷やアイスパック(保冷剤)を用いて物理的に体温を下げることはつらい症状の緩和になります。

高齢者のインフルエンザ感染時は肺炎に注意
高齢者がインフルエンザにかかった場合、怖いのは肺炎球菌による肺炎の合併です。

ペニシリンなどの抗生物質で治ると思われていますが、抗生物質は肺炎の病期を短縮するものの、肺炎の死亡率自体を下げる結果は出せていません。高齢者に対するインフルエンザワクチン接種が推奨される理由のひとつみたいぺんっ、、



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年10月02日

痩せている人が絶対にしないこと!? 秘密の生活習慣とは?

こんにちは!

ぺぎそんです。

いつもスリムで太りにくい人、ダイエットに成功できる人は、どのようなライフスタイルを送っているのでしょうか? 理想の体型をキープしている人たちに共通していることを真似して、ダイエットを成功させましょう。

1:体重の増減よりも健康を重視

理想の体型を維持できている人たちには、共通の思考パターンがあります。それは、体重を落とすことよりも「心身に健康的な生活を送ること」を重視していることです。

継続的にスリムだからこそとも言えるのですが、痩せている人や太りにくい人は体重をそこまで気にしません。ただ、自分のお腹や太ももの丸みや体の重さに気付いたら、少し食事量を減らしたり、運動を増やしたりと健康的にチューニングをする癖がついています。

ふだんは、あくまで栄養バランスの良い食事を心掛けたり、夜遅い食事をしない、食べ過ぎたあとの食事を少なめにするなど、シンプルに「体に良いこと」を常に意識しています。

逆に、太りやすい人、ダイエットに失敗したり、太ったり痩せたりを繰り返しやすい人ほど、数gの体重の増減に一喜一憂したり、心身にストレスがかかる食生活をします。例えば、置き換えダイエット、極端なカロリー制限、主食を食べない糖質制限などです。

実際、単品を食べ続けるようなダイエット、カロリー制限、糖質制限などは、短期的な効果は見込めても、ストレスから暴食や体内機能を低下させて代謝が悪くなる可能性があります。

様々なダイエット方法が登場しますが、何か一つに極端に偏ることなく、ストレスがたまらない程度に部分的に生活に取り入れつつ、「心身の健康を保つ」ことを常に忘れずにダイエットに取り組みましょう。

2:主食はご飯

太りやすい人に共通しているのが、「パンや麺類を頻繁に食べる」点です。一方で、理想の体型を維持できている人は、基本的に主食はご飯とし、パンや麺類は週1〜2回、月数回などたまに食べる程度という特徴がみられます。

お米は太る、と思っている人は多いですが、油脂や砂糖を含むパンや麺類と異なり、ご飯は比較的ヘルシーな主食と言えます。

また、ご飯を主食に選ぶ方が、添えるおかずもヘルシーになりやすいので高カロリーな1食になりません。パンや麺類は週末だけのお楽しみにとっておくなど、特別な時だけ食べるようにして、普段の主食はご飯にしましょう。

3:お菓子を食事代わりにしない

お腹が空いている時に、ついお菓子を食べてしまうことはありませんか? これが習慣化していると、いくらヘルシーな食事にしてダイエットを頑張っていても、なかなか効果が出ません。

太らない人たちはお腹が空いた時に、おにぎり、ドライフルーツ、ナッツなどを選んでいます。いずれも、決してカロリーが低いものではないのですが、スナック菓子などのような悪い油や砂糖などが少なく、結果ヘルシーなのです。

それに、空腹というのは、「甘いものを食べたい」よりも「お腹を満たしたい」という欲求のはずです。ということは、早めにご飯を食べたとしても十分満足できます。

お菓子を食べるのは、「どうしても今は甘いものを食べたい!」という時の楽しみにとっておき、単なる空腹の時は、あえてご飯やナッツ類など自然に近いものでお腹を満たしましょう。空腹対策のために小さなおにぎりを持ち歩いていると便利。もち麦などもおすすめです。

4:こまめな水分摂取を怠らない

ダイエットにおいて、意外と軽視されているのが、水分摂取です。

太りやすい・痩せにくい人は水を飲む習慣が少ない一方で、太りにくい人たちはこまめに水分を摂っています。

体に十分な水分がないと、体は、食べ物から水分を得ようとするために食欲を増大させます。

といってもお茶やコーヒーは利尿作用により水分を排出してしまうのでカウントせず、水をこまめに飲むようにしましょう。1日に1Lから1.5Lをゆっくりと飲むのが目安です。お茶やコーヒーを飲んだら、その分、水を飲むとよいでしょう。

5:こまめな運動習慣が定着している

運動習慣とは、必ずしもハードなランニングや筋トレを指しているわけではありません。

1日の中でこまめに歩く機会を作って体を動かすなどの軽度の運動も含んでいます。太らない人に共通しているのは、軽度の運動を毎日の生活の中に取り入れていることです。

就寝前・寝起きのストレッチ、食後の軽い運動(5分程度のウォーキングなど)、エレベーターは使わず階段を使う、通勤時に駅まで歩くなど、どれも簡単なものばかりです。

時間の都合がつかない、あるいは運動が嫌いでやっていない、という人は、リモコンを使わずに手でボタンを押す、ごみを放り投げずにごみ箱まで捨てに行くなど、まずは日常生活の中でできることから始めてみましょう。

6:良質の睡眠にこだわる

睡眠の質が悪いと疲労をきちんと回復できないため、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れてあちこちに不調が出てきます。これが痩せにくい体質を作る原因にもなっています。また、睡眠不足は老化を早めることもわかっています。

太りにくい人は、体の状態を正常に保つために、そして見た目や体内の老化を防ぐためにも、ぐっすり眠れる環境作りにこだわっている人が多い傾向にあります。寝ても途中で何度も目が覚めてしまう、夢をよく見るようであれば、熟睡できていないと言えます。寝具を見直したり、寝る前に気持ちをリラックスさせるなどして良質の睡眠を得るための工夫をしましょう。

いかがでしたか? ルール6つを見てみるとどれもとても簡単なことばかりで、特別なことはありません。にも拘わらず、言われてみるとできていないことも多いのではないでしょうか。

長期的に見ると、心身に健康的なことを心がけることが、太らない体質作りにもっとも大切と言えます。早速今日から、理想の体重を維持している人たちのライフスタイルを真似てみましょうぺんっ!



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

痩せている人が絶対にしないこと!? 秘密の生活習慣とは?

こんにちは!

ぺぎそんです。

いつもスリムで太りにくい人、ダイエットに成功できる人は、どのようなライフスタイルを送っているのでしょうか? 理想の体型をキープしている人たちに共通していることを真似して、ダイエットを成功させましょう。

1:体重の増減よりも健康を重視

理想の体型を維持できている人たちには、共通の思考パターンがあります。それは、体重を落とすことよりも「心身に健康的な生活を送ること」を重視していることです。

継続的にスリムだからこそとも言えるのですが、痩せている人や太りにくい人は体重をそこまで気にしません。ただ、自分のお腹や太ももの丸みや体の重さに気付いたら、少し食事量を減らしたり、運動を増やしたりと健康的にチューニングをする癖がついています。

ふだんは、あくまで栄養バランスの良い食事を心掛けたり、夜遅い食事をしない、食べ過ぎたあとの食事を少なめにするなど、シンプルに「体に良いこと」を常に意識しています。

逆に、太りやすい人、ダイエットに失敗したり、太ったり痩せたりを繰り返しやすい人ほど、数gの体重の増減に一喜一憂したり、心身にストレスがかかる食生活をします。例えば、置き換えダイエット、極端なカロリー制限、主食を食べない糖質制限などです。

実際、単品を食べ続けるようなダイエット、カロリー制限、糖質制限などは、短期的な効果は見込めても、ストレスから暴食や体内機能を低下させて代謝が悪くなる可能性があります。

様々なダイエット方法が登場しますが、何か一つに極端に偏ることなく、ストレスがたまらない程度に部分的に生活に取り入れつつ、「心身の健康を保つ」ことを常に忘れずにダイエットに取り組みましょう。

2:主食はご飯

太りやすい人に共通しているのが、「パンや麺類を頻繁に食べる」点です。一方で、理想の体型を維持できている人は、基本的に主食はご飯とし、パンや麺類は週1〜2回、月数回などたまに食べる程度という特徴がみられます。

お米は太る、と思っている人は多いですが、油脂や砂糖を含むパンや麺類と異なり、ご飯は比較的ヘルシーな主食と言えます。

また、ご飯を主食に選ぶ方が、添えるおかずもヘルシーになりやすいので高カロリーな1食になりません。パンや麺類は週末だけのお楽しみにとっておくなど、特別な時だけ食べるようにして、普段の主食はご飯にしましょう。

3:お菓子を食事代わりにしない

お腹が空いている時に、ついお菓子を食べてしまうことはありませんか? これが習慣化していると、いくらヘルシーな食事にしてダイエットを頑張っていても、なかなか効果が出ません。

太らない人たちはお腹が空いた時に、おにぎり、ドライフルーツ、ナッツなどを選んでいます。いずれも、決してカロリーが低いものではないのですが、スナック菓子などのような悪い油や砂糖などが少なく、結果ヘルシーなのです。

それに、空腹というのは、「甘いものを食べたい」よりも「お腹を満たしたい」という欲求のはずです。ということは、早めにご飯を食べたとしても十分満足できます。

お菓子を食べるのは、「どうしても今は甘いものを食べたい!」という時の楽しみにとっておき、単なる空腹の時は、あえてご飯やナッツ類など自然に近いものでお腹を満たしましょう。空腹対策のために小さなおにぎりを持ち歩いていると便利。もち麦などもおすすめです。

4:こまめな水分摂取を怠らない

ダイエットにおいて、意外と軽視されているのが、水分摂取です。

太りやすい・痩せにくい人は水を飲む習慣が少ない一方で、太りにくい人たちはこまめに水分を摂っています。

体に十分な水分がないと、体は、食べ物から水分を得ようとするために食欲を増大させます。

といってもお茶やコーヒーは利尿作用により水分を排出してしまうのでカウントせず、水をこまめに飲むようにしましょう。1日に1Lから1.5Lをゆっくりと飲むのが目安です。お茶やコーヒーを飲んだら、その分、水を飲むとよいでしょう。

5:こまめな運動習慣が定着している

運動習慣とは、必ずしもハードなランニングや筋トレを指しているわけではありません。

1日の中でこまめに歩く機会を作って体を動かすなどの軽度の運動も含んでいます。太らない人に共通しているのは、軽度の運動を毎日の生活の中に取り入れていることです。

就寝前・寝起きのストレッチ、食後の軽い運動(5分程度のウォーキングなど)、エレベーターは使わず階段を使う、通勤時に駅まで歩くなど、どれも簡単なものばかりです。

時間の都合がつかない、あるいは運動が嫌いでやっていない、という人は、リモコンを使わずに手でボタンを押す、ごみを放り投げずにごみ箱まで捨てに行くなど、まずは日常生活の中でできることから始めてみましょう。

6:良質の睡眠にこだわる

睡眠の質が悪いと疲労をきちんと回復できないため、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れてあちこちに不調が出てきます。これが痩せにくい体質を作る原因にもなっています。また、睡眠不足は老化を早めることもわかっています。

太りにくい人は、体の状態を正常に保つために、そして見た目や体内の老化を防ぐためにも、ぐっすり眠れる環境作りにこだわっている人が多い傾向にあります。寝ても途中で何度も目が覚めてしまう、夢をよく見るようであれば、熟睡できていないと言えます。寝具を見直したり、寝る前に気持ちをリラックスさせるなどして良質の睡眠を得るための工夫をしましょう。

いかがでしたか? ルール6つを見てみるとどれもとても簡単なことばかりで、特別なことはありません。にも拘わらず、言われてみるとできていないことも多いのではないでしょうか。

長期的に見ると、心身に健康的なことを心がけることが、太らない体質作りにもっとも大切と言えます。早速今日から、理想の体重を維持している人たちのライフスタイルを真似てみましょうぺんっ!



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

痩せている人が絶対にしないこと!? 秘密の生活習慣とは?

こんにちは!

ぺぎそんです。

いつもスリムで太りにくい人、ダイエットに成功できる人は、どのようなライフスタイルを送っているのでしょうか? 理想の体型をキープしている人たちに共通していることを真似して、ダイエットを成功させましょう。

1:体重の増減よりも健康を重視

理想の体型を維持できている人たちには、共通の思考パターンがあります。それは、体重を落とすことよりも「心身に健康的な生活を送ること」を重視していることです。

継続的にスリムだからこそとも言えるのですが、痩せている人や太りにくい人は体重をそこまで気にしません。ただ、自分のお腹や太ももの丸みや体の重さに気付いたら、少し食事量を減らしたり、運動を増やしたりと健康的にチューニングをする癖がついています。

ふだんは、あくまで栄養バランスの良い食事を心掛けたり、夜遅い食事をしない、食べ過ぎたあとの食事を少なめにするなど、シンプルに「体に良いこと」を常に意識しています。

逆に、太りやすい人、ダイエットに失敗したり、太ったり痩せたりを繰り返しやすい人ほど、数gの体重の増減に一喜一憂したり、心身にストレスがかかる食生活をします。例えば、置き換えダイエット、極端なカロリー制限、主食を食べない糖質制限などです。

実際、単品を食べ続けるようなダイエット、カロリー制限、糖質制限などは、短期的な効果は見込めても、ストレスから暴食や体内機能を低下させて代謝が悪くなる可能性があります。

様々なダイエット方法が登場しますが、何か一つに極端に偏ることなく、ストレスがたまらない程度に部分的に生活に取り入れつつ、「心身の健康を保つ」ことを常に忘れずにダイエットに取り組みましょう。

2:主食はご飯

太りやすい人に共通しているのが、「パンや麺類を頻繁に食べる」点です。一方で、理想の体型を維持できている人は、基本的に主食はご飯とし、パンや麺類は週1〜2回、月数回などたまに食べる程度という特徴がみられます。

お米は太る、と思っている人は多いですが、油脂や砂糖を含むパンや麺類と異なり、ご飯は比較的ヘルシーな主食と言えます。

また、ご飯を主食に選ぶ方が、添えるおかずもヘルシーになりやすいので高カロリーな1食になりません。パンや麺類は週末だけのお楽しみにとっておくなど、特別な時だけ食べるようにして、普段の主食はご飯にしましょう。

3:お菓子を食事代わりにしない

お腹が空いている時に、ついお菓子を食べてしまうことはありませんか? これが習慣化していると、いくらヘルシーな食事にしてダイエットを頑張っていても、なかなか効果が出ません。

太らない人たちはお腹が空いた時に、おにぎり、ドライフルーツ、ナッツなどを選んでいます。いずれも、決してカロリーが低いものではないのですが、スナック菓子などのような悪い油や砂糖などが少なく、結果ヘルシーなのです。

それに、空腹というのは、「甘いものを食べたい」よりも「お腹を満たしたい」という欲求のはずです。ということは、早めにご飯を食べたとしても十分満足できます。

お菓子を食べるのは、「どうしても今は甘いものを食べたい!」という時の楽しみにとっておき、単なる空腹の時は、あえてご飯やナッツ類など自然に近いものでお腹を満たしましょう。空腹対策のために小さなおにぎりを持ち歩いていると便利。もち麦などもおすすめです。

4:こまめな水分摂取を怠らない

ダイエットにおいて、意外と軽視されているのが、水分摂取です。

太りやすい・痩せにくい人は水を飲む習慣が少ない一方で、太りにくい人たちはこまめに水分を摂っています。

体に十分な水分がないと、体は、食べ物から水分を得ようとするために食欲を増大させます。

といってもお茶やコーヒーは利尿作用により水分を排出してしまうのでカウントせず、水をこまめに飲むようにしましょう。1日に1Lから1.5Lをゆっくりと飲むのが目安です。お茶やコーヒーを飲んだら、その分、水を飲むとよいでしょう。

5:こまめな運動習慣が定着している

運動習慣とは、必ずしもハードなランニングや筋トレを指しているわけではありません。

1日の中でこまめに歩く機会を作って体を動かすなどの軽度の運動も含んでいます。太らない人に共通しているのは、軽度の運動を毎日の生活の中に取り入れていることです。

就寝前・寝起きのストレッチ、食後の軽い運動(5分程度のウォーキングなど)、エレベーターは使わず階段を使う、通勤時に駅まで歩くなど、どれも簡単なものばかりです。

時間の都合がつかない、あるいは運動が嫌いでやっていない、という人は、リモコンを使わずに手でボタンを押す、ごみを放り投げずにごみ箱まで捨てに行くなど、まずは日常生活の中でできることから始めてみましょう。

6:良質の睡眠にこだわる

睡眠の質が悪いと疲労をきちんと回復できないため、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れてあちこちに不調が出てきます。これが痩せにくい体質を作る原因にもなっています。また、睡眠不足は老化を早めることもわかっています。

太りにくい人は、体の状態を正常に保つために、そして見た目や体内の老化を防ぐためにも、ぐっすり眠れる環境作りにこだわっている人が多い傾向にあります。寝ても途中で何度も目が覚めてしまう、夢をよく見るようであれば、熟睡できていないと言えます。寝具を見直したり、寝る前に気持ちをリラックスさせるなどして良質の睡眠を得るための工夫をしましょう。

いかがでしたか? ルール6つを見てみるとどれもとても簡単なことばかりで、特別なことはありません。にも拘わらず、言われてみるとできていないことも多いのではないでしょうか。

長期的に見ると、心身に健康的なことを心がけることが、太らない体質作りにもっとも大切と言えます。早速今日から、理想の体重を維持している人たちのライフスタイルを真似てみましょうぺんっ!



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年09月22日

仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった?

こんにちは!

ぺぎそんです。

新緑がまぶしく、気持ちのいい季節からイキナリ秋が来たような温度。ランニングをするのには最適化してきてる陽気ぺんっ!

でも始めようかしらなんて、ふと思い立つような気候ですが、ただ走るだけではない心に効くランニング方法があるようです。

とある書籍より、マインドフルなランニング方法をご紹介します。

ランニングは心の内側を観察する行為

マインドフルネスの基本は、“今、ここ”に意識を集中することだ。マインドフル・ランニングではこれに運動という要素が加わる。これによって静止した状態で行うマインドフルネスの瞑想よりも手軽に、心の内側を細かく観察する状態を経験できるみたいぺんっ、、

加えて、マインドフル・ランニングは、達成感が得やすいため、自信や積極的な気持ちを高めやすいというメリットもある。

マインドフル・ランニングを心理セラピーに応用することを仕事にしている人物。セラピーの現場においてマインドフル・ランニングは、運動、言語療法、そして人類古来の叡智を源とするマインドフルネスとのパワフルな組み合わせであると語っています。マインドフル・ランニングは、健康で満ち足りた人生を取り戻すために、誰でも手軽に取り組めて、絶大な効果のある手法であるといいます。

たしかに、ランニングをしていると、いろいろと考えているうちに無に近い境涯を感じるときがあります。日常の細かいあれこれが吹き飛んで、目の前の道を見つめて走るということだけに集中するような感覚があるものです。それが“今、ここ”に意識が集中している状態に近いのかしれません。
マインドフル・ランニングがもたらすメリットについて、以下の項目をあげられてます。

1. 「行き詰まり」から抜け出す
2. 怒りをしずめる
3. 人間関係を改善する
4. 目標達成を後押しする

一人で行うことで様々な物事を見つめなおすことができる一面と、二人で行うことで信頼関係の構築に至る一面があるようです。

いずれにせよ、過去や未来ではなく、現在に集中して走りながら自分の心の居場所を発見できるマインドフル・ランニング。忙しく働く私たちに、ぴったりの癒しの方法かもしれません。

走りながら怒りをマネジメントする

怒りは、じわじわと人生を蝕んでしまう。怒りは、恋人を冷たくさせ、上司をいらつかせ、友人を気難しくし、子どもを反抗的にする。

不満を解消し、心を解放してくれるような、正当な理由に基づく怒りもある。その一方で、抑えることのできない、衝動的な怒りもある。

間違った怒りを頻繁に感じるようなら、マインドフル・ランニングが役立つはずだ。

少し前に怒りとうまくつきあう方法「アンガーマネジメント」が話題になりました。仕事をしていて、かつ管理職などについていたら、自分の中に発生する怒りとの葛藤は日常的におこるでしょう。

そんなさまざまな怒りを放置していると、抑うつや不安、自己嫌悪、薬物中毒、人間関係の悪化などを招いてしまうと著者はいいます。しかし、怒りとはそう都合よく、自分でコントロールできるものではありません。普通に生活していたら、せいぜい、怒りが表に出ないように抑制することくらいです。

マインドフル・ランニングで怒りととともに走るという経験は、予期しない反応が起きることもあるといいます。怒りについて考えながら走ると、さまざまな感情が湧きあがってきて、声を荒げたり、涙を流したりする人もいるのだといいます。

これ以上続けるのがつらいと思ったら止めてもいいし、そのまま走り続けてもいい。唯一の正しい方法があるわけではないので、走りながら、その感情や思考がどこからかやってきて、どこかへ過ぎ去っていく様子を観察することがよいのだといいます。

繰り返しながら、怒りをただ認識する術を身に着けていくことがポイント。穏やかな心の基礎になるものが、この認識する力なのだといいますから、マインドフル・ランニングは、怒りをやり過ごし、穏やかな心を手に入れるトレーニングになりそうです。
意思決定力を高めるのに役立つ

マインドフル・ランニングは、意思決定力を高めるのに役立つ。自分の直感や意思決定プロセスを深く理解し、信頼できるようになるからだ。この効果は、マインドフルネスとランニングの相乗効果によってもたらされる。マインドフルネスによって、頭の中の雑音を消し去り、心の奥底にあるデリケートな真実に近づけるようになる。ランニングは、その真実を表面に浮かび上がらせ、身体を通して直観的に理解する力を高めてくれる。

意思決定しなくてはならない場面、毎日山ほどあります。即決しなくてはならないものが多く、それが正しかったのかどうか、後になって迷うこともしばしば。そんな意思決定力を高めるためにも、マインドフル・ランニングが非常に効果的であると、、、

ある研究において、マインドフルネスの実践者は不確かなものへの許容度が高く、未知の状態でも決断力が高いことを示しているのだとか。“今、ここ”に集中することで思いがけないエネルギーや自由が手に入り、意図通りの選択がしやすくなるのだといいます。

意思決定できない理由に、ネガティブな思考のループをあげられてます。

そのループを客観的に眺めることが、ループを断ち切る鍵になるようです。さらには、先送りしたい気持ち、他人の評価、間違った選択への不安や恐怖なども複雑にからんできますが、突き詰めれば意思決定とは「創造的な自己認識」であるのだとか。身体を通してそのような問題と真摯に向き合えば、さまざまなフィードバックが得られるといいます。

走りながら感情を観察することで、心と身体の両方を通じて明確な決断が導きやすくなる。走ることで全身と向き合い、意思決定力を養われるのだとしたら、短い距離からでもランニングを始めたくなるとおもうぺんっ!



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった?

こんにちは!

ぺぎそんです。

新緑がまぶしく、気持ちのいい季節からイキナリ秋が来たような温度。ランニングをするのには最適化してきてる陽気ぺんっ!

でも始めようかしらなんて、ふと思い立つような気候ですが、ただ走るだけではない心に効くランニング方法があるようです。

とある書籍より、マインドフルなランニング方法をご紹介します。

ランニングは心の内側を観察する行為

マインドフルネスの基本は、“今、ここ”に意識を集中することだ。マインドフル・ランニングではこれに運動という要素が加わる。これによって静止した状態で行うマインドフルネスの瞑想よりも手軽に、心の内側を細かく観察する状態を経験できるみたいぺんっ、、

加えて、マインドフル・ランニングは、達成感が得やすいため、自信や積極的な気持ちを高めやすいというメリットもある。

マインドフル・ランニングを心理セラピーに応用することを仕事にしている人物。セラピーの現場においてマインドフル・ランニングは、運動、言語療法、そして人類古来の叡智を源とするマインドフルネスとのパワフルな組み合わせであると語っています。マインドフル・ランニングは、健康で満ち足りた人生を取り戻すために、誰でも手軽に取り組めて、絶大な効果のある手法であるといいます。

たしかに、ランニングをしていると、いろいろと考えているうちに無に近い境涯を感じるときがあります。日常の細かいあれこれが吹き飛んで、目の前の道を見つめて走るということだけに集中するような感覚があるものです。それが“今、ここ”に意識が集中している状態に近いのかしれません。
マインドフル・ランニングがもたらすメリットについて、以下の項目をあげられてます。

1. 「行き詰まり」から抜け出す
2. 怒りをしずめる
3. 人間関係を改善する
4. 目標達成を後押しする

一人で行うことで様々な物事を見つめなおすことができる一面と、二人で行うことで信頼関係の構築に至る一面があるようです。

いずれにせよ、過去や未来ではなく、現在に集中して走りながら自分の心の居場所を発見できるマインドフル・ランニング。忙しく働く私たちに、ぴったりの癒しの方法かもしれません。

走りながら怒りをマネジメントする

怒りは、じわじわと人生を蝕んでしまう。怒りは、恋人を冷たくさせ、上司をいらつかせ、友人を気難しくし、子どもを反抗的にする。

不満を解消し、心を解放してくれるような、正当な理由に基づく怒りもある。その一方で、抑えることのできない、衝動的な怒りもある。

間違った怒りを頻繁に感じるようなら、マインドフル・ランニングが役立つはずだ。

少し前に怒りとうまくつきあう方法「アンガーマネジメント」が話題になりました。仕事をしていて、かつ管理職などについていたら、自分の中に発生する怒りとの葛藤は日常的におこるでしょう。

そんなさまざまな怒りを放置していると、抑うつや不安、自己嫌悪、薬物中毒、人間関係の悪化などを招いてしまうと著者はいいます。しかし、怒りとはそう都合よく、自分でコントロールできるものではありません。普通に生活していたら、せいぜい、怒りが表に出ないように抑制することくらいです。

マインドフル・ランニングで怒りととともに走るという経験は、予期しない反応が起きることもあるといいます。怒りについて考えながら走ると、さまざまな感情が湧きあがってきて、声を荒げたり、涙を流したりする人もいるのだといいます。

これ以上続けるのがつらいと思ったら止めてもいいし、そのまま走り続けてもいい。唯一の正しい方法があるわけではないので、走りながら、その感情や思考がどこからかやってきて、どこかへ過ぎ去っていく様子を観察することがよいのだといいます。

繰り返しながら、怒りをただ認識する術を身に着けていくことがポイント。穏やかな心の基礎になるものが、この認識する力なのだといいますから、マインドフル・ランニングは、怒りをやり過ごし、穏やかな心を手に入れるトレーニングになりそうです。
意思決定力を高めるのに役立つ

マインドフル・ランニングは、意思決定力を高めるのに役立つ。自分の直感や意思決定プロセスを深く理解し、信頼できるようになるからだ。この効果は、マインドフルネスとランニングの相乗効果によってもたらされる。マインドフルネスによって、頭の中の雑音を消し去り、心の奥底にあるデリケートな真実に近づけるようになる。ランニングは、その真実を表面に浮かび上がらせ、身体を通して直観的に理解する力を高めてくれる。

意思決定しなくてはならない場面、毎日山ほどあります。即決しなくてはならないものが多く、それが正しかったのかどうか、後になって迷うこともしばしば。そんな意思決定力を高めるためにも、マインドフル・ランニングが非常に効果的であると、、、

ある研究において、マインドフルネスの実践者は不確かなものへの許容度が高く、未知の状態でも決断力が高いことを示しているのだとか。“今、ここ”に集中することで思いがけないエネルギーや自由が手に入り、意図通りの選択がしやすくなるのだといいます。

意思決定できない理由に、ネガティブな思考のループをあげられてます。

そのループを客観的に眺めることが、ループを断ち切る鍵になるようです。さらには、先送りしたい気持ち、他人の評価、間違った選択への不安や恐怖なども複雑にからんできますが、突き詰めれば意思決定とは「創造的な自己認識」であるのだとか。身体を通してそのような問題と真摯に向き合えば、さまざまなフィードバックが得られるといいます。

走りながら感情を観察することで、心と身体の両方を通じて明確な決断が導きやすくなる。走ることで全身と向き合い、意思決定力を養われるのだとしたら、短い距離からでもランニングを始めたくなるとおもうぺんっ!



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年07月23日

仕事中に疲れたら「疲労回復」にいい食材6選!

こんにちは!

ぺぎそんです。

オフィスに常備しとくと良い食材?

●アボカド

おいしくて使い道が色々あるだけでなく、とびきり元気にしてくれるアボカド。カロリーは高めだけど、悪玉コレステロールと闘い、脳への血流を促し、体が栄養素を吸収しやすくするオメガ3 & 6脂肪酸を含む、健康的な脂肪が豊富なのだとか。

さらに、アボカドは他のどの果物よりもタンパク質が豊富。私たちの体は炭水化物、脂肪、タンパク質によってエネルギーを持続させるため、これらの栄養素の組み合わせであるアボカドは、素晴らしい活性化作用を持つ食材と言えるそう。

●リンゴ

果物に含まれる重要な糖類である、果糖が豊富なリンゴ。果糖は体が好むエネルギー源で、リンゴは(その他、果糖が豊富な果物なら何でも)長時間にわたり、脳や体にエネルギーを安定供給する食材なのだそう。また、リンゴには空腹感や甘いものへの欲求を抑える効果も。

●マカダミアナッツ

マカダミアナッツをはじめとする、ほとんどのナッツや種子類は、疲労や空腹を回復するのにもっとも適したおやつの1つ。軽く一握りで160〜200キロカロリーあり、タンパク質、炭水化物、良質な脂肪など、あらゆる主要栄養素を含む効率の良いエネルギー源なのだとか。ただし、カロリーは高めなので、適度に摂ることが大切です。

●ブルーベリー

おいしいだけでなく、活性化作用があり、脳の働きまで促すブルーベリー。しばしば鉄分とともに発見される、マンガンというミネラルの1種が豊富で、炭水化物や脂肪をエネルギーに変換するなどの、代謝機能をたすける役割を果たすのだとか。研究によると、ブルーベリーは記憶障害や認知能力低下の予防にも効果があるとのこと。

●抹茶

抹茶はオシャレな流行ドリンクというだけではない、素晴らしい活性化作用を持つスーパーフード。茶葉を丸ごと粉砕したものなので、抗酸化物質やアミノ酸など、茶葉に含まれるすべての強力なミネラルが詰まっているそう。

また、抹茶に含まれるカフェインは、コーヒーとちがってゆっくりと吸収されるため、エネルギーが一気に上昇することなく持続するのだとか。さらに、カフェインと珍しいアミノ酸であるL-テアニンの組み合わせは、集中力や注意力を高めるなど、魔法のような効果をもたらすとのこと。気だるい午後を乗り切るためには、持ってこいの一品と言えそう。

●ダークチョコレート

ダークチョコレートにはテオブロミンという、カフェインに似た天然の刺激物質が豊富。セロトニンの分泌も促すため、食べれば気分が上がって、さらにエネルギーも湧いてくるはず。

適度な摂取であれば、チョコレートに含まれるカフェインと糖分によって体調を崩すことはないそう。原則として、チョコレートはダークであればあるほど、そして糖分は少なければ少ないほど、活性化作用を期待できるらしいぺんっ!



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

仕事中に疲れたら「疲労回復」にいい食材6選!

こんにちは!

ぺぎそんです。

オフィスに常備しとくと良い食材?

●アボカド

おいしくて使い道が色々あるだけでなく、とびきり元気にしてくれるアボカド。カロリーは高めだけど、悪玉コレステロールと闘い、脳への血流を促し、体が栄養素を吸収しやすくするオメガ3 & 6脂肪酸を含む、健康的な脂肪が豊富なのだとか。

さらに、アボカドは他のどの果物よりもタンパク質が豊富。私たちの体は炭水化物、脂肪、タンパク質によってエネルギーを持続させるため、これらの栄養素の組み合わせであるアボカドは、素晴らしい活性化作用を持つ食材と言えるそう。

●リンゴ

果物に含まれる重要な糖類である、果糖が豊富なリンゴ。果糖は体が好むエネルギー源で、リンゴは(その他、果糖が豊富な果物なら何でも)長時間にわたり、脳や体にエネルギーを安定供給する食材なのだそう。また、リンゴには空腹感や甘いものへの欲求を抑える効果も。

●マカダミアナッツ

マカダミアナッツをはじめとする、ほとんどのナッツや種子類は、疲労や空腹を回復するのにもっとも適したおやつの1つ。軽く一握りで160〜200キロカロリーあり、タンパク質、炭水化物、良質な脂肪など、あらゆる主要栄養素を含む効率の良いエネルギー源なのだとか。ただし、カロリーは高めなので、適度に摂ることが大切です。

●ブルーベリー

おいしいだけでなく、活性化作用があり、脳の働きまで促すブルーベリー。しばしば鉄分とともに発見される、マンガンというミネラルの1種が豊富で、炭水化物や脂肪をエネルギーに変換するなどの、代謝機能をたすける役割を果たすのだとか。研究によると、ブルーベリーは記憶障害や認知能力低下の予防にも効果があるとのこと。

●抹茶

抹茶はオシャレな流行ドリンクというだけではない、素晴らしい活性化作用を持つスーパーフード。茶葉を丸ごと粉砕したものなので、抗酸化物質やアミノ酸など、茶葉に含まれるすべての強力なミネラルが詰まっているそう。

また、抹茶に含まれるカフェインは、コーヒーとちがってゆっくりと吸収されるため、エネルギーが一気に上昇することなく持続するのだとか。さらに、カフェインと珍しいアミノ酸であるL-テアニンの組み合わせは、集中力や注意力を高めるなど、魔法のような効果をもたらすとのこと。気だるい午後を乗り切るためには、持ってこいの一品と言えそう。

●ダークチョコレート

ダークチョコレートにはテオブロミンという、カフェインに似た天然の刺激物質が豊富。セロトニンの分泌も促すため、食べれば気分が上がって、さらにエネルギーも湧いてくるはず。

適度な摂取であれば、チョコレートに含まれるカフェインと糖分によって体調を崩すことはないそう。原則として、チョコレートはダークであればあるほど、そして糖分は少なければ少ないほど、活性化作用を期待できるらしいぺんっ!



posted by ぺぎそん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ぺぎそんさんの画像
ぺぎそん
kouさん助手 兼 雑用係の僕ですが、   皆さんに、楽しい、ためになった! と言う一言を聞けたらいいなと思う、、、 ペギソンでした。
プロフィール