ファン
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2016年09月16日

iPhone7前のサプライズ、ios10!

こんにちは!

ぺぎそんです。


明日、9月16日のiPhone 7/7Plusの発売に先駆け、最新版となるiOS 10が9月14日の未明、遂にそのベールを脱いだ。メッセージ編集やマップ機能といったアプリ周りの強化をはじめ、ウィジェットや通知センターの表示方式の変更といったOSの操作性に直結する部分など様々な改良が加えられた半面、早くも不具合の報告もチラホラ聞こえてきている。そこで、最新iOS10の魅力と導入前に注意しておきたい不具合を書いていこうと思います。。

◆メッセージに感情が宿る!? iMessegeが手書きに対応!

 iOS10の目玉機能とされているのが、iPhone標準のショートメッセージ送受信アプリ「iMessege」の機能強化。従来は、文字によるメッセージに加え、絵文字や写真といったデータのみ送受信できたが、iOS 10からは手書きによるメッセージの送受信にも対応。無機質なメッセージ機能に感情が宿らせることができる新たな試みに注目したい。その他にも、動画にスケッチを残せる機能やアニメーションなど、機能強化が図られている。



◆ますます便利に進化したマップ機能

 見知らぬ土地での移動はもちろん、経路案内にも便利なマップ機能もパワーアップ。案内経路の途中にあるガソリンスタンドや食事スポットなどを素早く検索できるように改良が加えられたほか、アプリを切り替えることなく音楽再生操作を行えるなど、使い勝手が大幅に向上している。また、マップ上で乗り換えの検索や運賃比較を行うための機能も近日中に公開される見通しだ。


◆音楽機能やウィジェットも充実!!

 iOS10では、iMessegeやマップ以外にも音楽再生機能やウィジェットなどの機能強化も図られている。特に音楽アプリは、AppleMusicとの連携が強化されたほか、ライブラリが優先的に表示されるようになったため、自分自身でiPhoneに転送した音楽などの再生もしやすく改良されている。

 また、ホーム画面を左にスワイプすると表示されるウィジェット画面は、スケジュールや天気、株価といった情報のほかにも最新のニュースや目的地までのナビなど表示される項目がより充実。AppStoreから導入したアプリを表示させることも可能だそうです。

◆一方、早くも不具合の報告も……

 iOS9から大幅な機能向上を実現したiOS10だが、早くも不具合の報告もチラホラ聞こえてきている。その中で最も深刻なものがiPhoneがブラックアウトするいわゆる「文鎮化」だ。この症状は、Wi-Fi経由でiOS10を導入したユーザーから多くの報告が行われており、日本国内のみならず世界各国からの報告も相次いでいる。現在は、対策が行われていることに加え、すでに文鎮化してしまったユーザー復旧策が公式にアナウンスされているのでご安心を。



 なお、今回リリースされたiOS10は、iPhone5以降の端末に適用することが可能となっており、iPhone4s以前の端末は適用不可となっている。また、iPadは第4世代以降、iPad miniは第3世代以降に適用可能となるみたいですよ!




新型Apple製品発表!

おはようございます!

ぺぎそんです。

Apple Watch iPhone7

きょう9月16日、Appleの新製品であるiPhone7、iPhone7 PlusとApple Watch Series 2が発売開始となりました。

iPhone7:発売日当日の入手は難しい?しばらくは品薄か

iPhoneシリーズ初の耐水性能搭載や新色の2色のブラックなどで大きな注目を集めるiPhone7/7 Plusは、一部のApple Store店頭では予約なしで即日購入できる在庫があると噂されており、ニューヨークの旗艦店では、当日在庫に賭けた長蛇の列がすでにできています。

発売日前日の15日にiPhone Maniaが調査した予約・在庫状況では、キャリアショップ、家電量販店、Appleオンラインストアともに多くのモデルで予約受付中となっています。一部店舗では若干在庫があるようです。

iPhone7についてAppleは、予約の時点ですべてのiPhone7 Plusと、iPhone7のジェットブラックが売り切れとなったことを明らかにしており、発売後しばらくは品薄が続く見通しです。

Apple Watch Series 2:公式ストアでは出荷まで3〜5週

またセラミック製のモデルも登場したApple Watch Series 2は、Suicaに対応したApple Payの対応などいくつかの新機能が搭載されており、フィットネス市場をターゲットにしているとみられる製品ですが、一部モデルは発売日に在庫がなく、こちらも注目を集めています。

国内キャリアではソフトバンクとauが取り扱うことを発表していますが、ソフトバンクが取り扱うApple Watchについてはオンライン予約を受け付けていないため、発売日当日に入手したい場合は、Apple Storeや家電量販店、auのショップなどをチェックしましょう。

ただし、Appleのオンラインストアではすでに予約受付中ですが、9月15日時点では多くのモデルで出荷日が3〜5週となっています。家電量販店の同日時点の在庫状況では、お取り寄せまたは入荷次第の出荷と案内されており、当日在庫があるかどうかは未知数です。なお、auのオンラインストアでは9月16日午前8時から発売予定としています。

確実な入手には予約が必須!オンラインでの予約が簡単でオススメ

今年3月に発売したiPhone SEの在庫状況調査時も、多くのモデルで予約受付中となっていたものの、まれに予約していた方がキャンセルすることにより在庫が発生したことがありました。できるだけ早く入手したい方は、マメにショップへ問い合わせることをオススメします。

入手まで時間はかかるものの、確実に入手したい場合は、iPhone、Apple Watchともに予約をすることが重要になります。iPhone Maniaではオンライン予約を推奨しています。

オンライン予約では、スマートフォンからの申し込みでも、約1分あれば仮申し込みが完了します。そこから在庫が確保された段階で本申し込み依頼が届き、そのときに必要書類の提出などと併せて手続きを進める流れとなります。

キャリアショップで薦められるような不要なオプションも契約する必要がなく、また自宅で待っているだけで端末が届くのがメリットです。以下の記事では各キャリアごとに、iPhone7をオンラインで予約する手順を解説しています。

2016年09月06日

iphone新型販売まだかなぁ〜 ヤッハー

こんにちは!

ぺぎそんです。

いや〜、9月と言えば十九屋お月様のお月見!

とiPhoneの販売時期!

今年のiPhoneの意気込みは、

Junya Suzuki
●「マイナーチェンジ」とは言わせない新型iPhone

米Appleは9月7日午前10時(現地時間、日本時間で8日午前2時)に米カリフォルニア州サンフランシスコ市内にあるBill Graham Civic Auditoriumでスペシャルイベントを開催する。同日はAppleによるストリーミング中継が予定されており、同社製デバイスまたはWindows 10のEdgeブラウザを使って現地の模様をリアルタイムで閲覧可能だ。本稿では、ここでの発表が噂される情報を整理していく。なお、日本市場にとって最大の目玉となる「Apple Pay上陸」と「iPhoneへのFeliCa搭載」は別記事としてレポートする。
新型iPhoneとApple Watchに注目
スペシャルイベントへの招待状は正式には8月29日(現地時間)に発送が行われており、会場は昨年2015年9月のスペシャルイベントと同様にBill Graham Civic Auditoriumで、各国からの来賓や報道関係者の招待規模はほぼ去年並みと想定される。
弊誌で同件を報じているYoichi Yamashita氏が指摘しているように、本イベントではMac新製品の発表は行われない。新製品登場が期待される「iMac」「MacBook Air」「MacBook Pro」の3機種については、10月の追加発表を楽しみにしているといいだろう。

スペシャルイベント招待状
そして今回、iPhoneと合わせて発表が行われるのは「Apple Watch」の新製品だ。iPhoneと同時リリースかは不明なものの、少なくとも年末商戦のスタートする11月より前には市場投入されると思われ、合わせてチェックしておくといいだろう。
新型iPhoneについてはすでに何度も報じられているように、これまで2代目の3G以降iPhoneが維持してきた「2年サイクルで大幅なデザイン変更」「その合間にマイナーチェンジと機能強化」というサイクルが初めて崩れ、デザイン的には現行のiPhone 6sのマイナーチェンジに留まり、有機ELディスプレイ(OLED)採用を含むデザイン面での大幅刷新は来年2017年以降に持ち越しとされている。そのため、筆者も含めて今年が2年ごとの買い換えサイクルにあたる人たちの中には「今年は買わないで来年まで持ち越そう」と考えている人もいるはずだ。だが、さすがに1年間の差分で大した変化もなくAppleが新製品を投入するはずもなく、"機能的"には相応のアップデートが感じられる内容が見込まれている。
●新型iPhoneの新要素まとめ
新型iPhoneに期待される強化点
前述のYamashita氏のレポートでもまとめられているが、今年は例年以上に噂の集積度が高く、むしろ噂に上っていないサプライズがどの程度含まれるかに注目したほうがいい状態かもしれない。発表会を直前に控えた週末に、Apple系の動向レポートでお馴染みのKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の最新調査報告が出され、9 to 5 Mac、Apple Insider、MacRumorsなどで報じられている。これに関してThe Vergeのまとめがわかりやすいので、個々についてみていこう。
カラーバリエーション
カラーバリエーションは、ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ダークブラック、ピアノブラックの5色か。既存のスペースグレイの代替となるのが「ダークブラック」で、一部では「スペースブラック」と呼ばれている
ストレージ
ストレージは16GBモデルが廃止となり32GBが最低ラインに。これに128GBと256GBを加え計3バリエーション。
内蔵メモリ
「iPhone 7 Plus(仮称)」は3GBメモリとなるが、これは同モデルで採用されるデュアルカメラ機能をサポートするためのものとされる。通常版の「iPhone 7」は2GBで現状維持。
カメラ
搭載が噂されるデュアルレンズでは、「ワイドアングル」「望遠」の2種類のカメラを採用し、それぞれが1,200万画素センサーを内蔵する。これは擬似的に光学ズーム機構を作る仕掛けとされる。さらにLytroのように「後でフォーカスを変える」ことも可能か。
防水
IPX7相当の「生活防水」に対応で、これはApple Watchクラスの防水性能となる。ただ、過度な防水アピールはAppleにとって多大な訴訟やリコールのリスクを抱える結果となるため、発表会で触れる可能性は低いとも考えられる。なお、メカニカルスイッチは防水性能実現のハードルの1つとなるため、「ホームボタン廃止」の噂が出ているのは、これに由来するものともいわれる
イヤフォンジャック
イヤフォンジャックの廃止。これで従来型のイヤフォンはそのまま新型iPhoneで利用できなくなるが、Appleでは「Lightningコネクタ型のイヤフォン」のほか、「Lightningから3.5mmイヤフォンジャックへの変換コネクタ」を添付する計画だとKuo氏は指摘する。なお報道によれば、イヤフォンジャック廃止で空いた部分には3D Touchの機能を向上させる新しいセンサーを搭載する予定とのことだ。
プロセッサ
新型iPhoneでは新しい「A10」プロセッサが採用される。動作クロックはA9時代の1.85GHzから大きく上昇して2.4〜2.45GHzとなることが見込まれるが、バッテリ消費を抑えるために若干クロックダウンされる可能性があるという。同世代のプロセッサの製造を担当するのは長らくSoCの製造を担当していたSamsungからTSMCとなるとのこと。TSMCの10nm製造プロセスがA10に用いられているかは不明だが、前述の大幅なクロックアップを実現しているのであれば、A9世代の14〜16nmより微細化が進んでいる可能性が高いとみられる
ディスプレイ
9.7インチiPad Pro同様に、より広域なカラーガンマに対応したディスプレイが新型iPhoneでは採用されているという。色調補正を行うTrue Tone技術に対応しているかは不明。また、カメラ内蔵のフラッシュは4つのLED方式(暖色×2、寒色×2)となる見込み。
スピーカー
端末を水平に置いた場合、通話時にスピーカーとなる部分が通常のスピーカーと連動してステレオスピーカーとして動作するとの噂。
センサー
近接センサーがレーザー技術に変更か。
FeliCa
日本市場向けのFeliCaサポートするとの噂が。
いくつかポイントがあるが、まず触れたいのが1つめのカラーバリエーションと2つめのストレージ容量の部分だ。現行で4つとなっているカラーバリエーションがさらに増加して5種類となるのは、より多くのユーザー層にリーチできる反面、これまでAppleが得意としてきた驚異的なまでの在庫管理をより困難なものにする諸刃の剣でもある。おそらく市場でのニーズは特定色に偏る可能性が高いと思われ(今回は特に「ダークブラック」)、事前のリサーチによる生産調整をもってしても後々の在庫管理で苦労することになると予想する。このあたりの状況は年明けくらいのタイミングで改めて検証したい。

現行のiPhoneは4色展開
また従来の慣行に則れば、Appleはストレージ容量が上がっても値段を据え置いてくる。具体的には4.7インチ型iPhoneの32GBモデルでSIMフリー版が「649ドル(税抜き)」、すでに2年縛りでの本体価格を出す携帯キャリアは米国に存在しないが、従来であれば「2年縛りで199ドル(税抜き)」という値段表示になるだろう。これは上位モデルも同様だと思われる。5.5インチ型のPlusについても同様で、4.7インチ型のモデルの価格にSIMフリー版で100ドルが上乗せされた状態だと予想する。また昨年と比較して円高ドル安傾向が進んだため、日本国内価格に改定が加わって若干手頃感のある値付けになるだろう。
●そのほかの目玉は?
Appleがスペシャルイベントで用意している目玉とは
Apple Watch
Apple Watchについてはイベントを前に在庫がすでに消滅しているという話が出ており、筆者が聞いている事前情報と照らし合わせてもアップデートの可能性が非常に高い。ただ、デザイン的には従来から大きな変化はなく、機能的には「バッテリ容量増加による駆動時間の増加」「プロセッサの世代交代によるパフォーマンス増加」「GPS搭載による活動量計としての機能増加」の3つの強化点に集約されるとみられる。特に2番目はアプリ開発者が大きく期待している部分であり、Appleとしても停滞気味のwatchOSプラットフォームを盛り上げるためにも何らかのテコ入れを行ってくるはずだ。
次にサービスや周辺機器関連だが、ここで問題となるのはイベントにおける時間配分だと筆者は考える。発表内容のボリュームから考えると70〜80分程度だと予想されるが、このうちの3分の2程度はハードウェア紹介以外のデモやアピール時間になるだろう。ここでキーワードとなるのが「音楽」「Siri」「Apple Watch」の3つのキーワードだ。
音楽
9月のAppleのスペシャルイベントが、もともと「iPod」の新製品や「iTunes」のアップデートを発表する「音楽イベント」だったことを憶えている人はどれだけいるだろうか。これら音楽関連の発表を行った後、会場に招待された著名アーティストらを前に、やはり著名アーティストによるライブ演奏が行われるのがイベントの締めくくりだった。翻って現在、このイベントは携帯電話のトピックに取って代わられたわけだが、少なくとも海外での新学期シーズン開始に合わせて音楽関係のプロモーションを仕掛けてくる可能性がある。9月初旬時点ですでに配信が開始されているAppleの新しいプレイリストのほか、Apple Music関連のアップデート、そしてイヤフォンジャック廃止を受けた「Beatsのワイヤレス製品」など、いくつかの関連発表が行われるとみられる。
Siri
次が「Siri」だが、Appleは6月のWWDCで「Siriのサードパーティ開放」と「iMessageのプラットフォーム化」について発表を行っており、デベロッパーらに「Siri」と「iMessage」の積極活用を促している。iOS 10の正式リリースは、新型iPhoneが発売されると噂される9月16日より前のタイミングでやってくるとみられるが、ここでの目玉として3か月の猶予期間を経て登場した一部サードパーティのiMessage対応サービスやSiri対応アプリの紹介が行われることになるだろう。
また、すでに忘れている方も多いかもしれないが、このWWDC直前にはSiriのサードパーティ開放と合わせて「AppleがAmazon Echoライクなデバイスを市場投入する」という話が出ていた。もっとも、数多のデバイス製品を持つ当のAppleがAmazon Echoそのものを市場投入することはなく、おそらく「Siriをインタフェースに、対話で情報を得たり家電の制御が可能なサービス」を発表することになるだろう。その窓口となるのが「Apple TV」や「iPhone」であり、おそらくは「Apple Watch」なのではないかと予想する。さらにいえば「HomeKit」に関する最新アップデートが行われる可能性もあり、これで家電制御をアピールするのが今回のAppleスペシャルイベントの目玉の1つではないかと予想する。
このほか、Apple WatchについてはSiri以外にも「アプリでの家電制御」も想定していると思われる。iPhoneよりも身近な制御デバイス兼センサーとしてApple Watchを活用し、Apple Watchのさらなる売り込みを目指すというのが今回の同社の狙いの1つかもしれない。
同イベントでの発表が噂される「Apple Pay日本上陸」と「iPhoneへのFeliCa搭載」は、「Apple Pay対応国が増えました」というコメントが得られるのみで、「iPhoneが(FeilCa搭載で)日本を含む世界の交通系標準に対応しました」という事実さえ触れない可能性があるとみている。いずれにせよ、Apple Payの話題はまだローカル対応の域を出ないからまだかな〜ぺんっ!




検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ぺぎそんさんの画像
ぺぎそん
kouさん助手 兼 雑用係の僕ですが、   皆さんに、楽しい、ためになった! と言う一言を聞けたらいいなと思う、、、 ペギソンでした。
プロフィール