ファン
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2020年01月22日

流行りばかりに影響されないのが、本物のレストラン?

0EF73F6F-1E03-488C-8CC3-04174B57A06A.jpeg

こんにちわ!

ぺぎそんです。


世の中の、顧客目線をもつために何が必要かをすべての社員が把握している
 破竹の勢いで快進撃を続ける飲食業界の風雲児、HUGE、、、

流行すたりに影響を受けない経営の在り方について聞いた。一過性のブームに乗るだけでは、人は育たないし会社も長続きしないと言われている、、、

 100年続く会社を目指すには何が必要なのか。そこには、飲食業界のみならず、日本の多くの企業が参考にできる秘密があった。

●飲食産業とHUGEの未来

 街の中のリテール、ホスピタリティー産業というのは、あまり変わらないというのが僕の持論です。

 レストランで言えば、業界規模は26兆円くらいで行ったり来たりしている。
 1997年の29兆円がピークで、それもバブルとは関係ないんですね。そこがほかの業界と大きく違う。

 例えば昔は、田舎の町を歩けば、十字路の角には必ずガソリンスタンドがあったのに、今では、ガソリンスタンドの数はピーク時の20%になっている。ものすごい減り方ですよね。

 でも外食はもっと生活に密着しているから、レストランの市場規模が10兆円になるかと言ったら、ならないと思うんです。

「この街でお店をやってくれてありがとう」 と言われたい
 もちろん、中身は変わっていて、フランチャイズ経営が広がったり、お店をREIT(不動産投資信託)として売ったり、ビジネスモデルは近代化されている。

 市場規模が大きく変わらなくても、お店はそれこそ激しく入れ替わります。
 そうしたなかで、最後に残るのは、必要とされる店しかないと思うんです。「この街でお店をやってくれてありがとう」とお客さんに言ってもらえる店です。

 店側のロジックで「流行そうだから」「流行っているから」と出す店が多くて、例えば、今はここ原宿界隈を歩いていてもタピオカの店ばかりですよね。
 これを否定するつもりはないんです。街にはトレンドも必要ですから。でも、そういう店は一時的だから、僕には無理です。

 息の長い商売をやりたいと思ったら、本当に残る可能性が一番高いのは、その街にしかない店だと思うんです。

 そう考えると、僕の狙うマーケットはそんなに大きくない。これまでも仙台など各地に、「この街にはこれがいいよね」と考え抜いて出店してきました。

 そういう店を「いいね」と言ってくれるお客さん、将来ステークホルダーになってくれる方々が「この価値観のなかでは、新川のところが一番だよね、巨大だよね」と言ってくれる会社になりたい。

 社名のHUGEは、そういう意味での巨大ということなんです。





 ただ大きくなるならフランチャイズが手っ取り早いけれど、本当の意味で「一番デカいもの」を、それも長くやっていくのに、フランチャイズでできるのか――。


新川商店からの脱却、「I」が「We」に
 起業する時から「長く続く組織」と併せて掲げているビジョンが「従業員が辞めない会社」です。

 食堂の息子だった原体験から来るのかもしれませんが、長く商売をやって、お客さんに可愛がられるのが自分たちの幸せにつながることが身に染みて分かっている。

 だから、従業員は家族みたいなもの。その従業員が安定した労働力になってくれるからこそ、会社はまた新しいことができる。

 なので、HUGEでは、インセンティブとして多少の実力主義を取り入れながら、安定した給料を出すことをまずは大事にしています。
 安定した給料が出るから、人は家庭を築いて、子供を持てるんですから。

 思い返せば、HUGEの株式をベンチャーキャピタルからすべて買い取った頃に、考え方がものすごく変わったような気がします。

 それまでは、人に仕事を聞かれたりすると、「俺が」「俺の店が」と言っていた。以前は新川商店だった。それは当然ですよね。命をかけてやっているんだから。

 当時は多額の借金も個人保証していましたし、1億円借りる時には、本当に毎回手が震えました。

 でも、全株を買い取って、新川商店から僕らの会社になった時に、経営のステージが変わったんだと思います。

 いつの間にか、「我々の店」「我々の会社」と言うようになっていた。「I」から「We」になって、「My company」から「Our company」になった。

 社員のため、という気持ちはもともとあったけれど、その意識がもっと強くなったと思います。





●60歳で社長は辞める

HUGEの社長は42歳で起業した時に、60歳まで18年頑張る、そのあとは後継者に譲ると宣言しました。

 形は何でもいいんです。もし、僕が60歳になっても、まだしばらくいてほしいなら新社長とダブル代表取締役の会長になってもいいし、代表権のない会長でもいい。あるいは、たまに会社に来る相談役でもいい。

 創業者なので何らかの形で会社にはかかわり続けますが、その3つの選択肢から選んでくれればいい、とみんなに言ってあります。
 当然ですけど、後を継いでくれる人がいないと会社は成り立たない。

 僕は最初から長く続けられる組織にしたいと思って、「100年品質」という言葉を掲げてきました。100年続く会社、100年品質を保てる会社です。

 100年と言ったら、3世代ないとできません。
 もう一つ、会社を親族に継がせないことだけは決めています。
 もしかしたら僕に娘しかいないからかもしれません。でも、会社は私物じゃないんだし、今一緒にやっている仲間から僕の後を継ぎたいと思う人が出てきてほしい。

 世襲をせず、会社にとって一番いい人材に後を継いでもらう。ホンダの創業者の本田宗一郎さんにしてもそうでしたが、それってやっぱり、カッコいいじゃないですかぺんっ?







┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━┓
 50GB月額1800円(税抜)〜ビジネス仕様レンタルサーバー『シックスコア』
 ─────────────────────────────────
・複数の独自ドメインを設定・利用できるマルチドメイン対応
・高性能スパム検知プログラム、WAFなどのセキュリティ機能に標準対応!
・信頼のセコムブランド、セコムトラストシステムズのセキュリティ診断に
 標準対応!
・EC-CUBEなどの人気プログラムを簡単インストール!
・専用SSLに対応!(オプション)
 ─────────────────────────────────
  https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35UFM9+6P4KS2+CO4+NUMHV
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
posted by ぺぎそん at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9577408

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
忙しい人は、短期HITダイエットがおすすめ? by ブランドコピー (10/02)
今日は冷気に包まれ冬を感じられる日本になりそうぺんっ! by カルティエ ピアス スーパーコピー (10/02)
今日は広い範囲で雨や雪?北の地域は気温が低下の予想ぺんっ by クロムハーツ スーパーコピー 見分け (09/30)
腕時計はダメ?周りがドン引きする結婚式のマーナーと数々のNGシーン、、 by スーパーコピー 123buygo (09/30)
台風後の天気は不安定が続く? 雨はこの後どうなる? by スーパーコピーブランド時計偽物N級品専門店 (09/28)
タグクラウド
プロフィール
ぺぎそんさんの画像
ぺぎそん
kouさん助手 兼 雑用係の僕ですが、   皆さんに、楽しい、ためになった! と言う一言を聞けたらいいなと思う、、、 ペギソンでした。
プロフィール