ファン
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2017年11月04日

彼を出世させるのが上手い女性のやっている4つの習慣とは?

こんにちは!

ぺぎそんです。

旦那さまや彼氏を出世させるのが上手な、いわゆる「あげまん女子」。女子的には「スゴイな〜」のひと言ですよね。あげまん女子と結婚したら「自分も頑張れそう!」「出世できそう」「結婚したい」という男性陣の声も。
そこで今回は、男性たちに「こんなことをしてくれると出世できるはず」と思う女性の言動や習慣を聞いてみました!

彼を「出世」させるのが上手な女性たちがやっている4つの習慣
実際にパートナーの女性がしてくれると「出世」できると思うこと、男性陣の意見を参考に「あげまん女子」を目指してみるといいかもしれません!

1: いつもポジティブ思考

仕事や人間関係で悩むことも。そんなとき「大丈夫だよ!」とポジティブな言葉をかけてくれる女性に対して「まだまだ頑張れるぞ!」と気合が入るという声も目立ちました。マイナスな言葉を使わずに、いつも前向きな言葉で彼を励ましてくれる……そんな女性と一緒にいると出世できるはず!?

・ 「オレが仕事の愚痴や不満をこぼしたときに、ポジティブな言い方に言い換えてくれる彼女。そっか、そういう前向きな考え方もあるのか〜とやる気がでます!」(29歳/不動産関連)

・ 「ネガティブな考え方をしない女性。一緒にいて常に前向きになれるし、頑張れる」(32歳/自営業)

彼女がポジティブな言葉をかけてくれるから、どんどん頑張れちゃう! そうですよ。





2: ほんわか笑顔で癒してあげちゃう

いつも笑顔でほんわか。癒し系の女性と一緒にいると「疲れが癒されて、頑張れる」「気持ちが安定して仕事に集中できる」とあげまん要素がたくさんあるそうです! いろいろ大変なことがあっても笑顔で癒してくれる彼女がいたら「こんなのへっちゃら」と高みを目指せちゃうかもしれませんね。

・ 「カリカリしたり、イライラする女性よりも、いつも笑顔でほっこりした女性の方が『あげまん』要素が高いと思います」(28歳/会社員)

・ 「やっぱり癒し系の女性じゃないですかね。まわりの出世している先輩の奥様も、みんなほんわかしている気がするので」(31歳/メーカー勤務)

笑顔で彼を癒してあげることが、出世につながるのだとか!

3: 一歩引いて、彼を立ててあげる

彼を負かすような言動をしていると「さげまん」。逆に、彼を立てるような言動をする女性は「あげまん」という声が! 一歩引いて、彼を褒めたりするのが上手な女性といると「自信が沸いて頑張れる」そうです。
0円留学ならアーグス


・ 「出世する男性のパートナーといえば、一歩下がって『彼を引き立てる』のが上手」(30歳/インテリア関連)

・ 「おだてるというか、さりげなく彼を立てるのが上手な女性は相手を出世させるのが上手な気がします」(29歳/アパレル関連)

あなたはスゴイのよ、と彼に自信を与えることが出世の秘訣かもしれませんね。

4: ときには背中を押してあげる



いつも順調ならいいのですが、やはり低迷したりすることもあるのが人生。そんなとき「どうするのよ〜!」とうろたえるのではなく、「頑張って!」と彼の背中を押す力を持っている女性も、相手を出世させるという声が。

・ 「いざというときは、背中をドンと押してくれる。後押ししてくれる女性といると仕事も頑張れちゃいます」(32歳/IT関連)

・ 「いつもはニコニコしていても、いざというときはお尻を叩いて『ほら、頑張って!』と奮い立たせてくれる女性」(27歳/営業)

いざというときは、頼りになる彼女の力強いひと言が助けになるそうです。

彼を出世させるのが上手な女性たち無意識にこんな習慣を続けているそうです! こんな女性だと「結婚したいな〜」と思う男性も多いそうなので、参考にしてみるといいかもしれませんペンなぁ〜



posted by ぺぎそん at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6932630

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ぺぎそんさんの画像
ぺぎそん
kouさん助手 兼 雑用係の僕ですが、   皆さんに、楽しい、ためになった! と言う一言を聞けたらいいなと思う、、、 ペギソンでした。
プロフィール