広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年02月29日

映画の世界

1DAFE800-9AFB-4735-BB5C-C3FEA6BA6BE4.jpeg

今日は私も映画の世界へ。といっても、今日のブログアップは、つい最近の休みの日の出来事なんです。テモテさんが観ていた映画の中で「私は道でかり、真理であり、いのちなのです」という聖書(ヨハネ14:6)にあるみ言葉が心に残りました。ちょうどその日、読んでた聖書通読個所が、このみ言葉。なんか語りかけを感じていました。今日も明日も、これからも、きっと。
posted by hutarip at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

おうちでごはん

5C41A763-C62E-400C-A381-E10F2E0954EB.jpeg

ハンバーグ作りのブログを見かけたら、私も久しぶりにハンバーグを作ってみました。
簡単な作り方で、美味しいハンバーグが出来上がり!春のおうちでごはん、しました。H
posted by hutarip at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事

2020年02月27日

ウッドローン、映画

ウッドローンという、映画があります。
1973年、アメリカ、アラバマ州。
ウッドローン高校では、人種差別問題が悪化していました。
しかし、そこで、あるリバイバルが起こって行ったのです。映画の中ではそう描かれていないようにも思いますが、確かに、ジーザスムーブメントの一つの流れであったでしょう。
 
その高校で、イエスキリストに立ち返るものが起こされて行ったのです。そして、アメフット部で人種間の和解がなされます。そして、そのチームに勝利が続いて行ったのです。

 今、日本は、新型肺炎の病で、たくさんの方々が恐れています。しかし、今私たちは、イエス様に立ち返り悔い改めていく必要があるのではないでしょうか?

 国が、大嘗祭という、公の偶像礼拝をしてしまった後、こんな危機に陥っているように見えます。

 今こそ、私たちが、罪を悔い改めて、イエスキリストの愛に立ち返っていくなら、ジーザスムーブメントが、起きていく時ではないでしょうか。

posted by hutarip at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年02月26日

チェコからアホイ(こんにちは)

BE321AE2-510E-4BCE-B665-DEA9C80CC5E6.jpeg
先週、チェコからサリーさん、娘さんのノエミちゃんが日本に来られて、とても懐かしく、嬉しかったです。サリーさんのお話を聞くと、いつも楽しい笑いに包まれています。サリーさんのお話は、とってもユーモアがあって、面白い〜だけど、心にグッとくるものがあって、感動するのです。日本でも、素晴らしい神様の祝福がありますように!H
posted by hutarip at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2020年02月25日

京都の銘菓

78434864-986B-476C-B340-4E92344A1E39.jpeg

ハンナが、京都のお菓子の写真をUPしていましたが、なかなか素敵な銘菓です。
私は、まだ食べていないので、これから味見しようと楽しみにしています。

でも、26聖人にまつわる銘菓かな、と思ってブログを読んで勘違いした方もいたかもしれません。
全く、26人の殉教とは、関係がありません。
ただ、京都という一点のつながりに過ぎませんので、お間違えのないように。

私たちも、京都は行ったことあります。高校と中学の、修学旅行で行きましたし、結婚してから、行きました。
京都の、戻り橋。

どうも、夫婦というのは、お互いに、間違い指摘したくなるんですね。

2020年02月24日

京都 キリシタン

5953110B-D0F0-4841-9869-7F11E5D97691.jpeg

日本各地にはいろいろな銘菓があります。全国各地のお味を知ることはないと思うにしても、突然、え、こんな素敵な、、、銘菓をいただくことがあります。見たこともない一工夫されていて…地方へ行く時は、いつも車なので、道路を走行してると、いろいろな看板から銘菓の宣伝も結構あるものです。今日のお写真は、京都の銘菓。京都は、今から400年以上になりますが、日本で初めてのクリスチャン殉教が赦された豊臣秀吉の時代、京都の戻り橋で、信仰が試され、その橋を渡って長崎の西坂の丘で殉教に至ったキリシタンの歴史を新たに思い起こしました。H
posted by hutarip at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2020年02月23日

イスラエル 

 992894BA-9A01-47F1-8E3D-FECD8E0741F3.jpeg

毎年、一回、イスラエルに行ってます。でも今年は、もっといけるかなと、思っています。

 どうしてか、と言いますと、イスラエルに直行便が出るんですね。イスラエルに行くには、必ず、ヨーロッパの都市を経由してでないと、いけませんでした。(トルコ経由というのもありましたが。)ところが、どこも経由せず、イスラエルに直行する飛行機が日本から出るのです。ありがたいです。皆さんもいきませんか、イスラエル。ご一緒します。

 イスラエルは、聖書の国です。バイブルに興味がある人は、ぜひ、イスラエルに行くことをお勧めします。聖書には、イスラエルのことがたくさん出てくるので、聖書を理解するためには、とてもいい経験です。

 旧約聖書の中に、ソロモンという人が出てきます。イスラエルの王様だった人で、ダビデの息子です。夢で、神に知恵を求めた時に、それを求めたら、与える約束を与えられた有名な王様です。ソロモンの知恵、というフレーズのは皆さんも聞いたことがあるでしょう。それぐらい有名な王様です。

 ある時、私はこんな経験をしました。椅子に座り、机に聖書を置いて読んでいました。祈ったりしながら。
 そしたら、風もないのに、急に聖書が目の前で、パラパラパラパラとめくれたのです。びっくりしました。エーッて感じです。そのめくれ方が凄かったんです。うわーって感じで、パラパラというより、バーーーーーって、感じだったですね。聖書って、ぶ厚いんですけど、それが一枚一枚急に、めくれて、何が起こった、って感じでした。驚きましたよ、なんとか現象かと思ったんぐらい。そしたら、なんか、神様に言われた感じがしたんですね。直接、声を聞いたわけではありませんよ。なんとなくなんですが、聖書のことについて、理解を与える。あるいは、いろんなことについて、悟りを与える、力を受けた。そんな語りかけを聞いた感じがしたんです。

 こんなこと言うと、あなた、気が狂っていたのね、なんて思われるかもしれません。最後まで文章読んでくださいね。貧乏な、神学生時代でしたが、不思議なことを、たくさん経験したんですね。きっと、その時、神様が何か、聖書を理解する力や、物事を聖書的に悟る力を与えてくださったと思います。そしたら気がついたら、実は、夢だったんですね。寝ていたんです。お祈りしながら、聖書読んでたつもりが、いつの間にか寝てたわけです。

 でも、ページが、めくれたのは、夢でしたが、聖書を理解したり、物事を悟る力は、その時から、本当に変わったのではないかと思っているんです。まるで、ソロモンみたいに、夢で語られた感じです。

 今、毎年、イスラエルに行ってるのは、本当に奇跡だと思います。聖書を、さらに理解するためにも、何回でもイスラエルは、行きたいですし、もっともっと行きます。いいですよ、イスラエルは。
posted by hutarip at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外

2020年02月22日

まさかの人生パート3

F40D7E53-3011-4965-9379-3F64DBD12833.jpeg
私(H)の初めての海外はハワイ。今から数十年

前に遡る話です。海外なんて行くものか、って

思ってたに。なんでそんなにハワイは人気が

あるの?といつも私の頭の中は疑問符もあり

ました。が、実際にハワイに行った時、飛行

機降りたら、花のいい香り。また綺麗なレイ

をかけていただき、(ツアーだったので)またな

んと気持ちのいい風。エメラルドグリーンの

海。虹も何回も見たり。ゆったりとした時間

の中で、私もハワイの良さを実感したのを覚

えています。飛行機に乗って〜八分音符の歌には、

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカまで

も〜という歌詞が出てきますが、まさにその

歌通り、私は海外宣教に行っています。独身時

代にコツコツと貯めたOL生活のマネーで、い

ろいろな海外宣教の道を歩んできたのでした。H
posted by hutarip at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外

2020年02月21日

まさかの人生パート2

D8485164-C09A-4BA9-A136-267ED91D6223.jpeg

私の初めての海外は、父と2人の親子でハワ

イでした。父の会社のプレゼントで海外に行

けるとは、なんたる恵み。一生に一度のチャ

ンス!と思い、それは若き日22歳の彼氏な

し。しかしそのツアーの現実はなんと、新婚

さん達のカップルだらけ。親子でツアーに参

加したのは、私達だけ。周りはラブラブで、彼

氏もいない私は、おとーさんと〜。父の会社

では、会社の人達に父は、うらやましがられ

たそうです。私は、彼氏ができない悩みで、か

っか!かっか!心の中でムカついていまし

た。クリスチャンでありながら、お恥ずかし

いお心です。しかしツアー仲間のカップルを

よく見てみると、仲のいいのもいれば、好き

でもないのに、お見合い結婚で、会話ができ

ないカップル、いやケンカしてたのかな?み

んないろいろあるよね、そう考えてたら、私

も冷静になり、2泊3日のハワイツアーを楽し

んでまいりました。(つづく)
posted by hutarip at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外

2020年02月19日

 2E7827EF-EACC-4058-9AD9-7EC22294BDC3.jpeg
今日は雪の話。

 東北や、北陸に以前住んでいたことがありました。そうすると、やはり雪は避けられないんですね。

 新潟の雪もバカにできないんですよね。積雪量は、トップは旭川ですが、新潟県の六日町とか十日町とか、旭川に次いで多いらしいんですよね。新潟市の方から、高速乗って、六日町に向かうと必ず、途中から雪が降り出すんですね。高速乗って、運転しながら、フロントガラスに雪が吹き付けてくるのもまあ面白いというか、興味深いというか、なんとも言えない眺めですよ。でも、さすがに雪の積もっているところを、車で行く一般道は、
あまり面白くないですね。ガタガタ、わだちがすごいところは運転しづらいんです。危ない。

 雪の降っている、吹雪の高速というのも、なかなか、スリル満点ですよ。2、3メートル前が雪で見えないんですね。そんな状況もすごいですよ。スピード出せなくて、見えないんですから、前の車が。

 一度は、秋元さんと、秋田自動車道で、ご一緒したことがあります。いわゆるホワイトアウトに近い状態で。
 あの時も、本当に神様の守りがあったと、思い出すと、そう思います。

 皆様とも、今度、ご一緒しましょうか? スリル満点の旅を。「結構です。遠慮します」と、お声が聞こえてきそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タグ:高速道路
posted by hutarip at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然
リンク
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。