2021年02月10日

ルイス・フロイス

 pxl_20210204_0842226866250857521600285404.jpg

ルイス・フロイスという人がいました。彼も、司祭であり、宣教師だったのですが、彼は、26聖人の中には、
いませんでした。では、何をした人かというと、26聖人のことを細(こまか)く伝えた人です。彼は、もともと、日本の宣教の事柄を、いろいろ、調べ記録し、「日本史」という文章を残しています。他にもいろいろ、文献を残していますが、26聖人の殉教に至った経過を、残しています。400年前の、フロイスの文章を、訳した、本が、「日本二十六聖人殉教記」というタイトルで結城了悟さんの訳で出ています。その本を、手に取り読んでいくと、なんとも言えない400年前のリアル感が、伝わってきます。

 もちろん、400年前の文を訳しているので、最初、読むのに難しいと感じますが、しかし、読み慣れてくると400年前のリアル感は、半端ではありません。その本を読むと、いかに、26人の人々が、殉教する事柄が、栄光の事柄であると捉え、いかに喜んでいたかがわかります。パウロ三木に至っては、歓喜したと書かれています。まさに、殉教は冠をいただくこと、栄光の事柄と重く捉えていたようです。

 神の特別な摂理の中で、26人の者たちが殉教に至ったことを、フロイスは、彼の信仰の理解の中で伝えています。例えば、26人の一人マティアスという人が、捉えられる時に、捕まえるべき者の名簿には別のマティアスという者が想定されていたが、たまたま、そこにいなかったので別のマティアスが捕らえられた、と書かれています。別人のマティアスは、殉教できるように祈っていたと言います。そしてその事柄は、まるで、使徒の働きで、12使徒にユダの代わりに、マッテヤにくじが当たった時のようであると、伝えています。実は、マティアスは、現代の聖書のマッテヤの意味なのです。聖書の中で、マッテヤは、聖なるくじ引きで、最終的に、12使徒に選ばれています。フロイスは、神の摂理の中で、別人マティアスは、選ばれたと伝えているのです。

 ですから、26人の殉教者は、決して神の御赦しなくして召されたのでなく、神の特別な計画の中で、選ばれたのであるとフロイスは伝えているのです。

 彼は、最初の殉教には選ばれませんでした。しかし、この著書から、フロイスも26人の殉教者のように、忠実に神に従って天に召されたいという思いが伝わってくるようです。彼、フロイスも、実は、1597年の7月8日に亡くなっています。26聖人の殉教後、五ヶ月後です。まるで後を追うようにして、病死しています。(写真 長崎の西坂公園内にある石碑)

聖霊の風に乗って

IMG_20210204_173209.jpg

祈りのツアーの最終コースの西坂での礼拝が終わって、私達は、レリーフ前の階段に座ってしばらく、祈りの時、疲れを取る時をもっていました。ツアー日の朝は小雨で、「今回は雨ツアーになるか?」という思いが心に来ても、祈り続けていたら、山本村へ向かうバスの移動中には、空に晴れ間が出て来て、山本村に着いた頃は、すっかり天気は晴れ、しかも暖かい陽気となっていたのでした。祈りがきかれることの喜びを感じながら、山本村から新たに祈り開始!その時目の前に現れた鳥たちは、私に何かを知らせてくれていた神様からのサインに、、、気づいたのは、最終コースの西坂なのでした。
西坂の夕暮れ前に真っ青な空。ツアーでご一緒だった純子さんが、長崎でこんなに青い空って珍しいのだと話してくれました。今日の空の色は、霊的な感じがすると。「そーですかあ」と私はいいながら、この青い空をカメラ撮りしてみたり。無事にツアーが終わり、西坂のレリーフ前の階段に腰掛けて、どっこいしょ、です。心地よい風が疲れた体をいたわってくれてるみたいな安堵感。ふと青い空を見上げたら、一羽の鳥が気持ち良さそうに羽ばたくのではなく、羽を広げて風に身を委ねながら、楽しそうに八の字を描くように遊戯していました。山本村でもそんな鳥をみたことを思い出し、「風に乗って、気持ち良さそうだね、楽しそうだね。」と、テモテさんに言うと、テモテさんが、「聖霊の風に乗ったら、ラクなんだよ。」と言うのでした。「聖霊の風?」なんか神様が語ってる気がして、ハッと、しました。先程西坂の最後のメッセージでテモテさんが、昔献身なんかしたくなかった、イヤだったのに、神様に触れられて喜びが内側から出て来たら、献身しかないって、献身したいって、思ったと言うお証に、聞いていたツアーの人達から、笑いがわき起こっていたのを思い出し、聖霊の風に乗ったら、神様の素晴らしさをもっと知るようになることを悟らされた気がしたのでした。そして長崎から帰ってきた次の日、日曜第二礼拝で、預言の時に、「聖霊の風が全世界に吹き始める、それぞれ主に導かれて〜備え〜ドアが開くと一気に、聖霊の風が吹き始める〜」と語られていて、びっくりしました。しかも今教会では、コロナ対策の為、各礼拝人数が制限され、会堂に来れない人達は、オンライン配信体制ももっていて、私も普段は、オンライン配信組なのですが、この日は第二礼拝に出させていただき、この聖霊の風の言葉を神様が直接、私に聞かせて下さったと、思うのでした。もちろんオンライン礼拝でも、聞けますが、「神様は、私をその礼拝で、この預言を聞かせさせたかったのかしらん」と考えてしまいます。ま、ともかく、長崎でツアーを無事終えた後、心に響いた聖霊の風という言葉は、不思議な神様からの励ましを感じてなりません。H
posted by hutarip at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

26聖人殉教記念祈りのツアー

IMG_20210204_120854.jpg

長崎での殉教聖会が持たれ、また、祈りのツアーが持たれました。

天候が支えられたのは、恵みでした。皆さんに特に祈っていただいて、殉教聖会は、2月5日の3日前は、90%雨の降水確率でしたが、70%になって、さらに当日の天気予報では、0−12時までは0%、12ー18時までは、10%。18ー24時までは50%となり完全に集会は雨から守られたのです。なんといっても、屋外ですから、感謝でした。祈りのツアーも、晴れで天気良かったです。朝、長崎から出発する時は少しの雨。しかし、山本村からは、全く晴れて、嬉しかったです。 26聖人殉教記念祈りのツアーのダイジェスト映像が、白馬の映像祭にエントリーされましたので、このリンク(26聖人殉教記念祈りのツアー)ご覧ください。
posted by hutarip at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会
リンク
ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)