2021年03月17日

聖書の奇跡について

IMG_20210310_094636.jpg
 聖書の奇跡について、次のような、お話をインターネット上で見つけました。他の本でも、このNASAでの出来事を読んだことがあります。太陽が止まった、というヨシュアと、ヒゼキヤ、イザヤのお話、日時計が10度戻ったという奇跡についてです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 メリーランド州バルチモアにある Curtis Engine Company の社長、Harold Hill 氏は、宇宙計画のコンサルタントでもありますが、次のような出来事を語ってくれました。メリーランド州グリーンベルト(訳注:NASA ゴダード宇宙飛行センターの所在地)の宇宙飛行士たちと宇宙科学者たちに、神が示す最も驚異的な事が起こったようです。

 NASA の科学者達は、宇宙での太陽・月・惑星の位置が100年後あるいは1000年後にどうなっているか、を調べていました。この情報は、人工衛星を打ち上げた後、その軌道上にある何かにぶつかったりしないかを知るために必要なのです。人工衛星の寿命が尽きるまでの間に惑星がどこにあるかがわかれば、失敗を防ぐことができます。

彼らはコンピューターのタイムスケールを一世紀単位で前後させていましたが、ある所で進まなくなりました。コンピューターは停止し、赤信号を表示しています。これは、入力された情報か計算結果のどちらかが間違っているという事です。彼らはサービス部門に連絡を取ってチェックしてもらいましたが、サービス部門の返事は「どこが悪いの?」でした。彼らは、測定範囲の中にあるどこかの時点で一日が消えている事を見つけたのです。彼らは頭を抱え、髪の毛をかきむしりました。何度も繰り返し解答を探しましたが、何日もの間、答えは見つかりませんでした。

 ついに、チームの中のクリスチャンの男が言いました。「なあ、日曜学校で太陽が止まった話を聞いたことがあるんだが」。他のメンバーは彼を信じたわけではありませんでしたが、いずれにせよ他に答えがあるわけでもなく、彼らは「見せてみろ」と言いました。彼は聖書を持っており、ヨシュア記にたどりつきました。そこには「常識」では考えられない記述がありました。神はヨシュアに「恐れることはない。すでに打ち負かしたも同然だ。彼らを滅ぼすため、おまえの手に渡した。一人としておまえに立ち向かえる者はいない」と言っています。ヨシュアが敵に取り囲まれた時、暗闇が来れば敵を打ち負かせるという状況になりました。ヨシュアは神に太陽を止めてくれと頼んだのです!

そうです――「太陽が止まり、月も動かず、一日中そのままだった!」宇宙飛行士と科学者たちは言いました。「これが失われた一日だ!」

 彼らは、この文書が書かれた時代にコンピューターを戻して確認しました。その結果、かなり近いことはわかりましたが、充分ではありませんでした。ヨシュアの時代に失われた時間は、23時間と20分であり、丸一日ではなかったのです。聖書には「二十四時間ほど」と書いてありました。聖書のこういった細かい記述は重要ですが、トラブルが解決したわけではありません。40分の誤差が解決しない限り、1000年後に何かが起こるかもしれません。誤差が軌道上で何倍にもなりうるので、40分を見つけなければならないのです。

 クリスチャンの職員がもう一度考え、聖書のどこかに太陽が逆行したという記述があったのを思い出しました。科学者たちは、正気じゃないと言いましたが、再び聖書を確認し、列王記第二を読みました。ヒゼキヤ王が死の床についていたとき、預言者イザヤが彼は死なない、と告げました。ヒゼキヤ王は証拠を求めました。イザヤは「日時計の上の影を十度進ませましょうか」と言いました。ヒゼキヤ王は「影は進むと決まっているから、十度引き戻すほうにしてもらいたい」と言いました。イザヤは神に祈り、神は影を十度引き戻したのです!

そう、日時計の十度は、ちょうど40分なのです! ヨシュア記で23時間と20分、そして列王記第二で40分。足すと宇宙で失われた一日になります!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 ですから、奇跡って信じた者たちに、また、その方々を通して、本当に、現わされているんですよ、と言いたいのです。
 
タグ:NASA
posted by hutarip at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年03月16日

奇跡の人、イリエさん2

IMG_20210308_122130~2.jpg
 ある時、イリエさんが、関わる団体が所有している施設か、あるいは使っている施設に向かって、竜巻が向かってきたそうです。竜巻の進路に、その施設があったそうです。このままでは、建物が壊れてしまう、という状況の中で、イリエさんが、イエスキリストの御名によって、竜巻に向かって進路を変えるように命じたそうです。すると、竜巻が、はっきりと進路を変えて、別の方向に向かった、という話を聞いたことがあります。

 最近は、日本でも異常気象が多くなっている結果、竜巻も以前より起こることが多くなっているようです。ですから、このブログを読んだから、やってみようなんて、思う人がいたら。普通は危険だから、竜巻が起こったら、逃げなくてはいけませんから、対応を間違えないようにしてください。普通は、頑丈なビルなどの建物とか、地下とか入って、ガラス窓から離れる、というのが、一般的避難でしょう。

 でも、確かに、導きを感じて、ある距離から、命じた時、竜巻が進路を変えたのは、自然を制する力であり、
奇跡を行う力の賜物だったと思います。こいうことが、起こるのですね。
posted by hutarip at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年03月15日

タバコのやめ方

IMG_20210204_141416.jpg 
昨日の東京カリスマ聖会で、パウロ秋元さんが、ペテロのように水の上を歩むメッセージをされていました。
単純に信ずることが、強調されていたメッセージに、私は感じましたが、まさにそれが、重要なことで、神が語っていることです。
 
ちょうど、こんなメッセージがどどきました。動画ですが、見てみてください。
ヘビースモーカーが、止められたわけ
posted by hutarip at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年03月14日

奇跡の人、イリエさん

IMG_20210310_125645.jpg
 イリエさんのお話でこんなのもあります。

 イリエさんの証は、私たちにとって、すごい衝撃的でした。水上歩行だけでなく、いろんな奇跡の体験を話してくださいました。
 
 例えば瞬間移動について。ワープですね。これも聖書に出てきます。使徒の働き8章、ピリポですね。

 ある日、サイドカー付きのバイクで、ある集会に向かっていたそうです。その時、ルーマニアはまだ共産圏で、チャウチャスク政権下で、クリスチャンは迫害されていた時でした。
 集会には、どうしても時間的に1時間遅れてしまいそうで急いでいたらしいのです。イリエさんは、集会を導く方でしたし、迫害下では、遅れると集会に踏み込まれたりして、危険だったりしたそうです。
 ところが、夜であまり景色が見えなかったのですが、いつの間にか遅れずに、集会場所の建物のところについていたのだそうです。絶対に普通に走っていたら、ありえないことだったので、瞬間移動をしたらしいのです。

 いわゆるワープですね。使徒の働き、8章にピリポが、急にアゾトに現れたことが書いてあります。

 これも、特別な奇跡でしたということです。
posted by hutarip at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年03月13日

奇跡のクラス 2

IMG_20210304_145804.jpg 
奇跡のクラスを用意していて、思い起こした奇跡の話ですが。

 イリエ兄弟という、預言者の方がいらっしゃいます。こないだ、秋元牧師が、この方とアメリカで出会ったときのことを、お話ししてくださっていました。アメリカにチームで行こうとしていた時に、行く前に預言がありました。このチームで、二人の重要な人物に会うという預言でした。チームがアメリカに行くと確かに、二人の方に会いました。一人は、ロバートユーインさん。
 この方は、吃音だったのに奇跡的にスムーズにしゃべれるようになった、アメリカで5本の指に入るといわれる講解説教者。「大いなる主」という超有名な賛美の作曲者。
 もう一人は、預言者のイリエさん。初めて会ったのに、私たちを、祈る人たちと言い当ててくださっていました。そしてこの方は、迫害下にあったルーマニアから奇跡的に脱出してアメリカに亡命した人でした。光の柱に導かれて、決して脱出できない、共産圏の国境を抜けて脱出されたという奇跡の人。

 例えば、脱出の途中、川があって、一緒に脱出した福音派の兄弟Aが、棒で深さを測ったら、深くて渡れないほどだった。ところが、光の柱が、その川を渡るように導くので、川の上にイリエさんが足を踏み出したら、くるぶしほどで、浅かった。兄弟Aには、その光の柱は見えなかったので、足を踏み出すのは恐れたが、しかし結局
同じように、くるぶしほどの浅さで、渡れたという話。でも、おそらく、ペテロのように水上歩行だったという話です。
 水上歩行の現代版の奇跡の証です。こういう奇跡の話をいくつも思い起こし、クラスの用意をしたのです。
posted by hutarip at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年03月12日

奇跡のクラス

IMG_20210305_100215.jpg 
先週は、白馬スネルゴイオンラインキャンプという、オンラインで、インターネット上で、セミナーをしたり、聖会をおこなったりの、キャンプがありました。

 Google meet を使ったりして、セミナーを行いましたが、自分でも、賜物のクラスをして恵まれました。
 今年は、早めにクラスの担当が決まってきたので、クラスの用意の時間の余裕があって、助かりました。
 担当は、奇跡の賜物のクラスでしたが、まとめて用意していくうちに、この証や、あの証、と奇跡の
聞いた証を思い出して、まとめていくうちに恵まれてしまいました。

 例えば、雲の間にある虹の過去の雑誌に、カリフォルニアの祈祷院の話が載っていました。その祈祷院
を作った方の、奇跡の証が載っていました。荒野だった、広い敷地に、祈祷院を立てようとしていた。水がなかったので、水が与えられるように祈ったら、原因不明の山火事のようになってしまった。「神様、私は、水を求めたのになんで、火事になり、火を与えたんですか?」と祈っていたら、燃え残った一箇所に積もった枯葉が濡れていたのを見つけた。小さく水がしみ出ていた。どうやら、小さいけど泉のようなものだったので、さらに掘っていったら、かなり大きなものになっていき、さらに掘っていったら、川のように水が湧き出してきて、さらに、滝のようになってしまったと。私は、この祈祷院を、何人かの方々と見に行きましたが、ごうごうと、水が流れていました。まさに、川があり、滝があったのです。まさか、荒野だったなんて、想像もつきません。荒地に川が、荒野に滝が現れたのです。まさに奇跡ですね。
 その方は、韓国人で、英語や日本語はできなかったそうです。ところが、誰にも教えられずに、奇跡的にしゃべるようになったというのです。まさに奇跡ですね。聖書に、ロバが喋ったというところがあったので、「神様はロバをしゃべれるようにしてくださったのだから、私にも、英語や日本語しゃべれるようにしてください」と祈ったというのです。そしたら急にしゃべれるようになったというのです。信じれない奇跡ですね。

 本当ですか?

 


 
 
posted by hutarip at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年03月09日

白馬スネルゴイオンラインキャンプ

IMG_20210304_141916.jpg

先週の白馬スネルゴイオンラインキャンプは、インターネットの世界へと、さらに突入していった時代の変化を新たに思わせられたキャンプでした。白馬フィルムフェスティバルという映像祭も、たくさんの映像作品が作られていて、凄い勢いを感じますし、多くの人々が、神様に触れられていく働きがますます広がっていってました。H
posted by hutarip at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年03月07日

神の恐るべきわざ

IMG_5061.JPG
日本一、大きな教会になっていくと、我々の教会が。
確かに、そんなふうに神は語っておられると思います。

現在も、日本各地にTLEAの東京アンテオケ教会の人々が起こされています。
そして、世界各地に同じように、東京アンテオケ教会の人々が起こされていくようになるでしょう。
すでに、オンラインで、起こされ始めています。

832の教会。これってすごい数の数字です。でもそのようになっていきます。
一人が100万人の救いに関わるような働き。これもすざまじい数です。100人で、1億という数字に到達しますから。でも、世界中にリバイバルが起きていきますから、このようになっていくでしょう。

ということは、どういうこのブログを見る人も、すごい増えていくと信じることなんですね。
だから、このブログは1日1万、2万ぐらいのアクセスにすぐ増えていきます。一人が100万人の救いに関わっていくなら、1日のアクセス数が100万ぐらいになってくと言えるのではないでしょうか?

すごいですねー。
posted by hutarip at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

見つけた写真

IMG_20210226_165400~2.jpg

ようやく出てきた懐かしい、マーリンさんとの写真。まだ我々若きし頃です。でも、あんまり変わってない?私(H)の方は、今に比べると、かなり痩せてたのです。現在は、あの頃の体重にむかいつつある日々です。これ、信仰告白。
タグ:マーリン
posted by hutarip at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年03月05日

書きとめること

IMG_20210204_174213.jpg

今日は、白馬キャンプで、全体セミナーがありました。
 秋元不思議さんのセミナーがありました。

 感謝ノートのことが、お話しの中で、出てきていました。

 私も、書きとめることには、とても大事な御心があると、思います。
 昨年は、コロナで冬のキャンプが中止になったので、一昨年のキャンプで、
 不思議さんが、感謝ノートのことを言っていたのでした。その頃、改めて、神から、祝福されたことや、祈りについての、ノートに書くことを語られていたので、印象的で、少しずつやっていたのですが、これはやはり恵まれるのです。祝されたことは、すぐ忘れるのです。サタンも、祝されたことはすぐに忘れさせようとすると思います。聖書で、十人のらい病人が、癒されて、神に栄光を帰すためにイエスさまのところに戻ってきたのは、一人だけでしたと、あります。

 神によくしていただいたことは、感謝して、あろがとうございますと、神に言うべきですが、我々はなかなか
できないものです。きっとやはり、サタンが、これを阻んでいるのではと思います。ですから、書き留めておくことは、素晴らしいことです。

 何回か、幻でペンを見たり、筆記具で何かを書いている手を見たりしたことがあります。
 それは、神が書きとめるようにと語っていたことだと、思っています。

 アルゼンチンリバイバルの時、預言がたくさん与えられました。その時、神は、その預言を書きとめるように
指示してきたと、「栄光のおとずれ」という証の本の中に、書かれています。

 ハバクク書では、幻を書くように神が指示してこられたことが書かれています。幻は、神の預言であり、神の言葉ですが、それを書くようにハバククは神に言われたのです。

 神の言葉、預言を書くことも(預言は今の時代吟味が必要ですが)、神がよくしてくださったことを、証として、書きとめることも、その中に神の語りかけがありますから、神は、書きとめることを望んでおられます。

 と私は、語られています。

 最近は、フロイスという、宣教師の記録を通して、書くことの重要性を、神から語られていました。
posted by hutarip at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会
リンク
ファン
検索
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)