2021年08月13日

神様のいやし

今週、月曜日にメッセージの奉仕でした。
近日中に、いやしの体験された方、求めたところ、4人ほど手を挙げられました。

お母様のために、お腹が痛いのを祈ったら、癒された、とか、「内耳に主が触れてくださっている」という知識の言葉で語られ癒された方、それから、統合失調症のお姉さんが、病気ゆえの幻聴が、なくなっているなどのいやしのお話がなされていました。

いろんな恵みが現されていて、主をほめたたえます。
posted by hutarip at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年08月08日

おじいちゃんの回復

 お医者さんが、もう食べれるようになるほど回復するのは、難しい、と言われたおじいちゃんが、ちゃんと、3食、口から食べれるようになってきている、そして、歩行器を使って、歩くリハビリもしていると、驚くほど回復している、90代のおじいちゃんについて、ご報告をいただきました。

 80歳や、90歳になると、一旦、鼻からの流動食になると、飲み込む力を回復するのは、難しいはずなんです。誤飲性肺炎の危険性があったりして。

 ところが、「祈りの時間」というインターネット番組で、リクエストに答えて、回復するように祈りました。おじいちゃんが、びっくりするほど回復しているということで、神様が、本当に働いてくださっていますね。
posted by hutarip at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年08月04日

知恵知識の言葉を、信仰で受け取る

白馬で、キャンプが持たれました。

東京アンテオケの第一礼拝で「ガンが、いやされました。」という言葉と「肺が癒されました」という二つの知恵知識の言葉を、語りましたが、それを「受け取りました。信じています。」という方と白馬で、お話しできました。確かに7月の礼拝で、そのように言葉がきたのを覚えていましたので、きっと、神が、いやしをなされたのだと、私も信じて、今、感謝しています。

主は、働いておられます。
posted by hutarip at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年07月18日

いやし

 急性アルコール中毒で、自力で呼吸ができず、命が危ない状況にいた方が、癒されて回復したということで、神様に感謝しています。

いろんな方が祈ってくださったかと思います。

以前、ある方、Aさんの義理の弟さんが、急に体の状態が悪くなり、命が危なくなった時、救急車で運ばれて、緊急入院しました。非常に危ない状況だったのですが、たくさんのクリスチャンに、祈ってくださるように、Aさんがいろんな方々に頼みました。私たちにも祈ってくださいと言われて祈った時、本当に、急に回復して、窮地を脱しました。たくさんの方々のとりなしが、とても聞かれるということが、本当にあります
posted by hutarip at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年06月26日

マーリンさん

先週の礼拝メッセージは、Iテサロニケ5:16−18でした。
 改めて、感謝をすること語られました。

 マーリンさんとの、出会いは、特別な出会いでしたが、彼が、召される前に、感謝と賛美の霊的な事柄の継承を意識していたことを感じました。そして、私たちも、神様に語られて、霊的な継承を意識していました。

 特に、私は、個人的に、エリヤとエリシャのところから語られていたのでそのみことばを何度も読みました。

 その後で、マーリンさんは、2013年の、11月11日に召されました。

 最近、そのエリヤとエリシャの霊的に継承のところの箇所を読んだので、
マーリンさんからの霊の継承ということを考えていまして、マーリンさん関係の動画を見たら、なんと、私たちの教会にマーリンさんが、やってきた最初は、1993年の6月27日の日曜だとわかりました。明日は、6月27日の日曜ではありませんか。

 神は、何か語ってるナーーーと思いました。そしたら、導かれて、マーリンさんが召された、その次の2013年の11月17日の東京アンテオケ教会の礼拝メッセージを聞きました。その時に、パウロ牧師は、感謝から、チェコの翻訳者の方がブログを見て、信仰が立て上がってしまったお話を、ヨーロッパ帰りで、証ししてました。後に、預言の本の翻訳してくださった方す。 しかも、そのヨーロッパチームは、サリーさん、マレックさんが立てられてきたチームでした。しかも、ロシア系ユダヤ人のレオンさんとの関係が開かれてきたチームでした。

 振り返ってみると、マーリンさんからの霊的な継承の中で、ロシア系ユダヤ人との関わりや、ヨーロッパの預言の本の働きが開かれて進められてきたように見えます。興味深いなーと思わされました。ちなみに、秋元牧師が、マーリンさんの召天に、お話の中で触れているのは、情報が伝わった後、
24日の礼拝で、お話しされておられます。

 マーリンさんからの、霊的な継承っって、すごく大きなものを委ねられている感じがします。
 
posted by hutarip at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年06月10日

6月8日の虹

img_1053-1-scaled.jpg

ずっと、1990年1月1日から、1章ずつ読んでる聖書のディボーション箇所があります。6月8日の箇所は、マルコ16章でした。虹が、6月8日、東北道を進んでいる時、見ることができました。何を主が語っておられるのか聞いた時、一つは、海外への働きのことと、語られました。
 ドイツや、イスラエルに、私たちが出て行く時が近づいていること、そして、私たちも行くことを語られ、それと同時に、国内での教会設立や、地域への働きも進んでいくことを、主が語っておられると感じました。
posted by hutarip at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年05月24日

月刊誌

MIYZAKICP1027647_TP_V4-2.jpg
現在、雲の間にある虹という月刊誌に、連載を、掲載させていただいています。

「祈りの恵みの現れ」というタイトルです。

 以前、私が所属している教会が始まった当初、預言で、「月刊誌が、出るようになる」と予告があり、「クリスチャンの書店に置かれていくようになる。」という予告だったと思います。確かにそれが実現したんですよね。預言が与えられた時は、一つの教会しかなかった時です。他にも、「日本中に教会ができる」とか。「あなた方を世界に遣わす」とか。そんな、いい話ばっかり。「レコードが出るようになる」とか。(CDという形で実現してます。)「26聖人の漫画が出るようになる」とか。みんな、実現してますが、なんでもいいからいいことばかり、いいこと言ってるんじゃないかと、最初は思いました。「そんなこと実現するか?」と。「ヨーロッパは、東(東欧)から、宣教がなされる。」なんて預言もありましたが、全く実現不可能でした。だから、本当に、いいことばかり言ってんな、という感じでした。
 しかし、今、長い時間経って振り返ると、すごいなと思います。それらが、本当に成就していってるのですから。

 預言どおり、月刊誌が出るようになりましたが、個人的に、自分が、連載を書くようになるとは、思ってませんでした。連載が、始まって1年過ぎました。でもまだまだ、体験談のお話があって、「神様が、素晴らしいことを、たくさんしてくださったんだな」と、改めて感動しています。秋元牧師の、「ありえない話」のお話も続いています。神様は、本当に素晴らしいことを成し続けてくださったと、思い起こされています。でも、これからもっと、素晴らしいことを主がなされようとして、今、今までなされたことを思い起こすように、主が、これらを証しする(体験をお話しする)ことを導いておられるなと思わされています。

 次の月刊誌の連載では、テレビに出た時の、祈りに答えられたお話を書いています。ぜひ、買って読んでみてください。
posted by hutarip at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年05月14日

福島と郡山に

福島に、我々、夫婦だけで行くのは、久しぶりでした。コロナ禍になってから、1年3ヶ月ぶりですね。秋元牧師と行くのは、行ってますが。

 でも、今回は、出雲の聖会があるときに、同時に福島へ。出雲でも、洗礼者が出て働きが、進んでますね。いつもは、秋元牧師の聖会が終わるとさっと去りますが、福島では、皆さんと、交わって、ご様子を聞けたり、郡山では、前回、救われた方が、2回目の聖会出席。さらに働きが進められています。
posted by hutarip at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年04月21日

奇蹟です。

64F77B69-198C-4FFC-80E9-33C106985F2E-scaled.jpeg

月刊誌 雲の間にある虹の文章を、書いています。連載(タイトル「祈りの恵みの現れ」)を、書かせていただいていて、もう、書くことがないんじゃないかと思うのですが、毎月書いてると、主が、なしてくださったことを、いろいろと思い出させていただいています。本当に、神は、いろんな恵みを与えてくださったと思わされます。

 最近、祈りの時間で現された恵みです。一人のお母さんが、続けて、メールしてきてくださっていました。
 息子さんが、中学卒で、ずっと、お仕事探しにやる気がなかったということ。祈り始めて、5ヶ月。メールを、毎週してきていて、なかなか、意欲が出ていなかったのですが。最近、ここ1、2ヶ月、アルバイトを、やってみたり、面接に行き始めたり、徐々に、動き始めました。そして、とうとう、こないだのメールで、「前向きに進み始めたみたいだ」と。「奇蹟です」と送ってきてくださいました。

 ハレルヤ、一度や、二度でなく、毎週、4、5ヶ月送って、祈り続けていく中、本当に、最初は、ほとんど変わらなかったのに、
今、変わってきたという報告。私たちも、感謝しています。神は、あきらめずに、祈る時、御心の祈りは必ず聴いてくださると、
改めて、確信しています。
posted by hutarip at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年04月13日

信じる人

郡山で聖会を、持った時に、信じる方が起こされました。嬉しいですね。永遠の命を受ける方が、また一人起こされたことは、素晴らしいことです。

「信じます」と表明することは、人間的には、なんて小さなことかしれません。
しかし、信仰的には、霊的には、とっても大きなことなのです。天でみ使いたちに、歓声が上がると、聖書に書いてあります。

例えば、祈りは、人間的には、「弱いもの」であり、「虚しいもの」のように考えている方もいるかもしれません。
しかし、本当は、力強いものであり、霊的に、非常に明確で意義のあるもの、大きな価値のあるものなのです。

イリエさんという、預言者の、器の方がいます。彼は、ある時、幻で、クリスチャンが祈る時に、炎のような稲妻のような力強い光が
天のみ座に届くのを見た、と表現されていました。それは、幻であったかもしれませんが、でも、神を信じる人々の祈りとは、そのように
力強いものだと思います。

同じように、「信じます」と表明することは、霊的には、ものすごい大きな変化をもたらす重要な事柄であると言えます。
ですから、信じる人が、起こされたことは素晴らしいことです。主に感謝いたします。
posted by hutarip at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会
リンク
ファン
検索
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
(12/31)20年
(09/02)よくなった腰
(08/29)ドラマ
(08/23)いやし
(08/14)神の備え
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)
日別アーカイブ