広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年03月29日

ハレルヤ

祈りの時間という、インターネット番組を、担当させていただいています。

その番組で、祈らせていただいていた方が癌で、召されたのですが、
そのガンの癒しを忍耐深くリクエストしてきていた知人・友人の方が、
召天式を導くことになりました。

その結果、式に集われた5名の方々が、イエスさまを信じる受け入れのお祈りをされたということでした。 
ガンで召された方のご家族の方々でした。

ハレルヤ 救いの業を感謝します。

なんということでしょう
主を賛美致します。
posted by hutarip at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

2021年03月15日

BSって、本当ですか?

IMG_7141.JPG
昨日、電話で、一人の方と話しました。
以前教会に来ていた方でした。
おととい電話がかかってきていて、ハンナが、かけてみたのです。

そうしたら、なんと、「(私たちが)テレビに出ていた。」というのです。
きっと、you tube でのっているのを、たまたま見たのかなと、横で、電話の会話を聞きながら、思いました。

そうしたら、BSだというのです。
そして、東京カリスマ聖会に行ったら、他の人にも、「(BSで)見た」と言われたと、ハンナから。

それで、インターネットで調べてみたら、土曜日に、BSでテレビ朝日、たけしの家庭の医学の番組が、過去のものが放映されたことが、わかってきました。そりゃ、急に、牧師夫妻が、BSに出てきたら、びっくりしますよね。

私たちにとっても、だいぶ、教会に来ていなかった方なので、久しぶりの電話は、神に感謝でした。

地上波のテレビで前に出た時の、お話は下のリンク先です。

たけしの家庭の医学

たけしの家庭の医学 (1、2、3、4)

たけしの家庭の医学(8、7、6、5)
* ページの下の方にスクロールすると出てきます。
posted by hutarip at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

2021年02月23日

祈りの時間

IMG_20210224_144207~2.jpg

今日も、「祈りの時間」、インターネット番組ですが、終わりまして感謝しています。

毎週、火曜日、夜10時から、ライブ番組で、おくらせていただいています。
東京アンテオケ教会のホームページを、ちょっと下の方にスクロールすると、私たちの画像付きの
「祈りの時間」のバナーが出てきます。そこから入って、22時になると、番組が始まります。
(時々、遅れたりしますが、すみません。)

今日は、嬉しいお知らせがありました。
ガンということで7年前にこの番組に祈りのリクエストしてきてくださった方が、娘さんのそのお母様が
ガンだったのですが、とうとう7年間再発の兆候なし、検査結果が正常、ということで、ハレルヤ、
番組で、ともに、主に感謝を献げました。
いつも、検査が、あるたびに、リクエストしてきておられましたが、守られ続けてきました。
リクエスト始めの頃は、本当に大変そうでしたが、いつも神様が、お二人を支えてくださっていたようでした。

私たちも、心から感謝でした。
主をほめ称えます。番組を見て一緒に祈ってくださっておられる方々にも感謝します。

posted by hutarip at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

2020年11月06日

いやし

 火曜日に、祈りの時間という、インターネットテレビの番組をさせていただいています。
 見てくださっている方々と一緒に、リクエストメールの内容を祈る番組です。

 お父様が、入院している方の娘さんから、メールで、何度もいやしを体験している、あかしが来ています。

 まず初めは、食べられなくなって、食事と体力が、下降線をたどって、回復の見込みがないという状態でした。リクエストされて、こちらで祈ってから、食欲が出てきて食べられるようになり、体力が回復しました。
 さらに、ガンを疑われるほどのできものが、治らなくなったのですが、リクエスト後、急に治って、ガンではないので、検査はしないと言われました。
 さらに今回、食事にむせて、食事が食べられなくなり、点滴のみ。肺炎で酸素量少なくなって、鼻から酸素を入れる状態でした。
 ところが、また急に良くなり食べれるようになって、娘さんのお母様は、「また奇跡が起きた」、と言ったそうです。主の御名を賛美致します。ハレルヤ。
posted by hutarip at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

2020年07月28日

インターネット番組

今日は、祈りの時間というインターネット番組を、ライブで配信する日でした。
今、終えました。いつも7、8人前後の方々のリクエストを祈っています。
今日は、肺がんが癒された方の報告があり、腫瘍マーカー値が、2000ぐらいが、500になり、今、10ぐらいになったというご報告でした。お医者さんが、「すごい」と言っていたということで、ほんと、すごいですね。

祈りが聞かれてます。ハレルヤ。
posted by hutarip at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

2020年07月03日

TV出演

5D5D9D25-5F85-46AD-BE3B-5B26A2DDCAC0.jpeg

今週、私の旦那さんは、東京の安くて便利な駐車場を神様にお祈りして、探して、見つけて、その駐車場を利用していたら、なんと、テレビで、夕方のニュース番組に、その利用者のインタビューを受けるという出来事がありました。いきなりテレビ関係からの電話で、即次の日に取材。少々の謝礼をいただき、その日のうちにテレビ出演。伝道につながること考えて、ゴスペルのTシャツを着ていました。群馬にお住みの知り合いの方のお孫さんは、たまたまテレビをつけて晩ご飯中、うちの旦那さんがテレビに出てきて、びっくりされたそうです。こんなことも、あるんですね。
posted by hutarip at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

2020年05月11日

 大草原の小さな家(2)

20C10C1A-C7E7-4A1D-914D-6F6A5F3FF4C4.jpeg 
今週は、素晴らしいみ言葉が与えられた週だと思います。神の言葉がキターーーという感じです。

 でもこの、み言葉をわかつ、お話より、大草原の小さな家、のお話の方がいいということでしょうか、いいねを、5ついただいて、嬉しいんですが。たった5つか、なんて思っていません。

 でも、やはり、大草原の小さな家が、懐かしいと思ってる人とか、多いんですかね。40年前ですって、すごいですね。あるいは、大草原の小さな家が、シーズン1からシーズン9まで、Amazon のプライムビデオで一月、400円で見放題見れるという情報が良かったのか。

 今、見てみると、やっぱり、祈ってるシーンも、結構出てくるんですよ。元になってる、小説があるんですね。だから実話ではないんですが。なんか、信仰がベースにある、アメリカの良き時代のようで。

 だから、映画の話だけでなくて、「大草原の小さな家」の話も時々しようかな、なんて思ってます。

 
posted by hutarip at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

2020年05月10日

大草原の小さな家(1)

 91E7D83E-5F21-4128-AF00-423E0BBDCDA7.jpeg
「奇跡の人」(ヘレンケラーとサリバンさん)のリメイク版(1979年)の中で出てくる、M・ギルバードさんは、大草原の小さな家のローラ役をやっていた人だと、前に書きました

 大草原の小さな家という、ドラマが、NHKで、以前、放送されていました。この番組が、私も、とても好きだった番組でした。皆さんは、どうだったでしょうか?
 
 だいぶ、以前になるので、生まれてなかった方もいるでしょう。しかし、結構、いろんな方々から、私も見ていたという声を聞いています。結構、人気ある番組だったと思うんですね。どうしてかというと、かなり長年続いていた、ドラマでしたので。

 大学の先輩なんかも、このドラマの、大ファンだったなんて人が、いました。
 今は、Amazonのプライムビデオで、一月、400円で、見放題。いくらでも、見れますよ。嬉しいかぎりです。
 オススメです。
 
 もともと、私はクリスチャンではない時に見ていた番組でしたが、後から分かりましたのは、まさに西部開拓時代の教会とクリスチャンが出てくる、アメリカ中西部のほうのドラマでした。なんとも言えないあったかい、心を打つファミリードラマでしたがクリスチャンの聖書的な文化や、考えがふんだんに出てくるドラマだったのですね。ですから、このドラマに教会がよく出ていたので、これもクリスチャンに対する良い印象を、信じていない時の私に与えていたものだったわけです。だからこの番組も私は神が導いてくださったものと感謝しています。
 最近、懐かしいとちょっと見ていたんです。そしたら、you tube で、当時の番組に出ていた俳優たちが集まったテレビ映像を見つけ出しました。すご!!
posted by hutarip at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

2020年05月07日

「名医につながる、たけしの家庭の医学」出演(8) (ハンナのTV映像、追加)

89411707-E065-4506-863A-D9B2B021E252.jpeg

 聖書の中にこうあります。
 ローマ人への手紙、12章2節 〜心の一新によって自分を変えなさい。

 ここでいう、心というのは、思いである、思索である、ということです。
 マーリン・キャロザーズ師もそのように解釈していますが、秋元牧師も思索を変えるということだと言っています。

私も全く同意見です。思っていることを変えることは、これはできます。感情を変えることは難しいかもしれません。でも、思っていることを変えるのはできることです。別のことを考えればいいのです。思いを変えることは、可能なのです。

 実は、これが成功の秘訣でもあります。何事でも、つぶやく思いを持ち、否定的に考える人というのはいます。でも、思いを変えて、感謝の思いに変え、積極的に考えるのです。

 私の妻の便秘に関しても、あまりにも、便秘にならないように考えたばかりに、いつも思索が心配し、そちらに集中してしまっていた結果、便秘に囚われてしまっていたのです。便秘のことを気にせず、考えずにいれば、
それで、便秘から解放されて良くなれたのです。安心して、他のことを考えていれば、それで良くなれたはずだったのです。

 例えれば、車を運転する人が、バックミラーばかりに目をやっていたら、あるいは、ブレーキがどうなっているかそちらばかり見て運転していたら、危ないでしょう。安全に運転する人は、バックミラーはちょっとだけ見て、おおかた、前方に注意して運転します。ブレーキなんて当然見ないで、必要な時に踏むだけでしょう。当然です。

 これに似ています。便秘でない人は、便秘のことに注意をあまり払いません。自然にお通じがありますから。
 私の妻は、気にしないようにしてから、突然、便秘が治ってしまいました。便秘のことを極力、気にかけることをやめてしまったのです。

 でも、これと同じようなことを、私たちは、日常、しているのです。私の妻だけの問題ではありません。
 いろんなこと心配するあまりそちらに集中してしまい、我々は、危ない生活を送っているのです。適度に
必要なことに注意を払うことは必要ですから、間違えないでください。
 しかし、もし、私たちが、イエス様が、私たちのために十字架で命を投げ出すほど、愛してくださっていることを信じ、助けてくださることを信頼して安心して進めるなら、私たちは、いろんなことにおいて、成功し勝利して進むことができるでしょう。

次のリンクは、ハンナがテレビに出た時の映像です。クリックするとすぐダウンロードが始まります。 
 https://storage.googleapis.com/antioch_archives/movie/201905_kobayashi.mov
posted by hutarip at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | TV

「名医につながる、たけしの家庭の医学」出演(7)

 20012FD4-6556-4C93-93BD-5063BFC4355B.jpeg

カメラをお部屋に固定して、何日間か映像を撮ってから、それから、有名なお医者さんに電話でアドバイスを受けることになりました。私の妻が、最も便秘がひどくて大変だった最高は、10日間でした。10日間でないというのは、すごいひどいですが、4日間も出ないのが、何回も続くとか、そういうのも大変なんですよね。番組を見てくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、それが、本当に良くなったんですね。数日間カメラを取ってから、先生にアドバイスを頂いた、その前と、後とで、明確に体調が変わりました。それが、テレビに、出されることにも繋がったんです。もし明確に、その結果が現されなかったら、検証番組としては、よくなかったでしょうから、出演する感じにはならないで、ボツになったかもしれません。
 でも、私たちもでれるように祈っていましたし、良くなるようにも祈ってはいました。それは、お医者さんによって、というより、この番組の話が現れる前から、便秘が治るようには祈っていたんですね。特に、テレビの方から、電話がある一ヶ月前ほどに、夜中に出なくて苦しんでいて、私が、薬局に行ったということがあって、
それで特に良くなるようにも祈ったんです。
 その祈りの結果、本当に良くなりました。ある方は、お医者さんの、暗示効果ではないかというんですね。
 全くそういうところがないとは言い切れませんが、しかし、それ以上に科学的な効果があったということを、
ここで説明したいんです。
 ハンナの便秘は、けいれん性便秘というものと、お医者さんは診断しました。特にコロコロの形態がほとんど、ということと、10日間でも、特に大丈夫であったということなどから。けいれん性の便秘の方は、精神的な要素が強く影響して便秘になる、ことが多いということです。だから、先生ははっきりと、その電話の中で、大丈夫であるということをおっしゃられました。「宇宙飛行士になる方もそうだけど、、、、、」と例をあげて、「あなたのような方は、何日も出なくても大丈夫なのだ」と言ってました。だから、「安心してください」ということでした。たくさんの症例から、妻の便秘を、見分け、妻のような人は、他にもたくさんいて、「その種の人たちは、大丈夫である」と安心させ、精神的なストレスを取り除いたのです。そして、安心することが大事であることを、悟らせました。
 最初、本当に私もこんなんで、治るのか、信じられませんでした。
 その後、私も理解したのですが、これは科学的であり、聖書的でもあったのです。
 
 結局、便秘の方が全てこのようではありません。はっきりと、タイプを見分けて診断したことが、科学的です。そして、明確に、安心させることが、解決に至るので、それをお医者さんは、しました。それも、科学的、
心理学的事柄だったのです。心理学は科学ですから。
 ハンナは、いつも便秘で困っていたので、便秘にならないように、いろんなことを試していました。そして、これではどうか、あれではどうかと、いつもそこを気にしていたのです。ところが、気にせずにいることが最もハンナが治るためには必要だったのです。

 これって、聖書的なんですよ。

 
 
タグ:たけし
posted by hutarip at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | TV
リンク
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。