2021年02月10日

聖霊の風に乗って

IMG_20210204_173209.jpg

祈りのツアーの最終コースの西坂での礼拝が終わって、私達は、レリーフ前の階段に座ってしばらく、祈りの時、疲れを取る時をもっていました。ツアー日の朝は小雨で、「今回は雨ツアーになるか?」という思いが心に来ても、祈り続けていたら、山本村へ向かうバスの移動中には、空に晴れ間が出て来て、山本村に着いた頃は、すっかり天気は晴れ、しかも暖かい陽気となっていたのでした。祈りがきかれることの喜びを感じながら、山本村から新たに祈り開始!その時目の前に現れた鳥たちは、私に何かを知らせてくれていた神様からのサインに、、、気づいたのは、最終コースの西坂なのでした。
西坂の夕暮れ前に真っ青な空。ツアーでご一緒だった純子さんが、長崎でこんなに青い空って珍しいのだと話してくれました。今日の空の色は、霊的な感じがすると。「そーですかあ」と私はいいながら、この青い空をカメラ撮りしてみたり。無事にツアーが終わり、西坂のレリーフ前の階段に腰掛けて、どっこいしょ、です。心地よい風が疲れた体をいたわってくれてるみたいな安堵感。ふと青い空を見上げたら、一羽の鳥が気持ち良さそうに羽ばたくのではなく、羽を広げて風に身を委ねながら、楽しそうに八の字を描くように遊戯していました。山本村でもそんな鳥をみたことを思い出し、「風に乗って、気持ち良さそうだね、楽しそうだね。」と、テモテさんに言うと、テモテさんが、「聖霊の風に乗ったら、ラクなんだよ。」と言うのでした。「聖霊の風?」なんか神様が語ってる気がして、ハッと、しました。先程西坂の最後のメッセージでテモテさんが、昔献身なんかしたくなかった、イヤだったのに、神様に触れられて喜びが内側から出て来たら、献身しかないって、献身したいって、思ったと言うお証に、聞いていたツアーの人達から、笑いがわき起こっていたのを思い出し、聖霊の風に乗ったら、神様の素晴らしさをもっと知るようになることを悟らされた気がしたのでした。そして長崎から帰ってきた次の日、日曜第二礼拝で、預言の時に、「聖霊の風が全世界に吹き始める、それぞれ主に導かれて〜備え〜ドアが開くと一気に、聖霊の風が吹き始める〜」と語られていて、びっくりしました。しかも今教会では、コロナ対策の為、各礼拝人数が制限され、会堂に来れない人達は、オンライン配信体制ももっていて、私も普段は、オンライン配信組なのですが、この日は第二礼拝に出させていただき、この聖霊の風の言葉を神様が直接、私に聞かせて下さったと、思うのでした。もちろんオンライン礼拝でも、聞けますが、「神様は、私をその礼拝で、この預言を聞かせさせたかったのかしらん」と考えてしまいます。ま、ともかく、長崎でツアーを無事終えた後、心に響いた聖霊の風という言葉は、不思議な神様からの励ましを感じてなりません。H
posted by hutarip at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10530214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク
ファン
検索
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)