検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年05月31日

【ニル・アドミラリの天秤】第6話『母の俤 -カワセミ-』感想

今回は、アニメ【ニル・アドミラリの天秤】第6話

『母の俤 -カワセミ-』についての感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。



























【ニル・アドミラリの天秤】第6話『母の俤 -カワセミ-』感想



杙梛さんのお店で翡翠の原石を購入する翡翠さん。

自分と同じ名前だから大好きで、集めているんだとか!

彼はもう一つ、カワセミの羽も集めているらしいです

カワセミは漢字で『翡翠』と書くんですね〜!これは初めて知りました






杙梛さんが気になる本の情報を教えてくれたんですが、既に別の人の手に渡っているようでした。

なんでも、横浜の遊女が書いた和綴じ本で、遊女は貧しさから捨てられたり売られたりしてくるので、

本が書けるのは珍しいとのことで気になっている様子。

この話を聞いた後から翡翠さんの様子がいつもと違うんですが、

それもそのはず、横浜にいた遊女という境遇が行方不明の翡翠さんの母親と同じなんだとか。

もしかしたら母親が書いたものかもしれない…と思うと本の事が気になりますよね…。

その本が売られた店は笹乞さんの店でしたが、既に売ってしまったとのこと。





街では百舌山教授と遭遇するんですが、彼と翡翠さんは知り合いのようでした。

『うっかり仲間を燃やさないよう気をつけたまえ』とか、

『君の代わりを探し続けているが中々現れないものだね』などと気になる事を言っていたんですが、

彼は翡翠さんの能力に目をつけ、実験体にしようとしていたんだとか。

不気味な人だなと思っていましたが…





二人がフクロウに帰ると、他のみんなが煎餅パーティーをしている姿に和まされました

燕野くんのおばあさんの手作りなんだとか!羨ましい〜〜


ちなみに隼人さんは海苔煎餅、

鴻上さんは青のり煎餅、

紫鶴さんはざらめが好きなようです


個人的に、鵜飼さんが食べていた味噌味の煎餅が気になりました!(笑)







後日、ツグミちゃんが一人で杙梛さんの店を訪れた際、翡翠さんの生い立ちについて教えてくれていました。

横浜は港町ということもあるので異人相手の遊廓がいくつもあり、

翡翠さんはそこで生まれた子らしいです

目や髪の色からして異人との間にできた子だろうという杙梛さん。

翡翠さんはハーフという事になりますね…!



帰り道、車で通りかかった薔子さんに話しかけられるツグミちゃん。

例の和綴じ本を買ったのは薔子さんなんだとか!家に誘われるままついていくんですが、

あの本は横浜に居た遊女の日記らしいです。

譲って貰えないかとツグミちゃんが頼んだ際、

『お断りします。私にとっても、大切な日記ですから』と断られていたんで引っかかっていたんですが、

薔子さんはなんと、翡翠くんの母親と女学校の時親友だったんだとか!!

薔子さん若くて綺麗に見えるけど、10代の子供が居てもおかしくない歳だということに驚きました!!

翡翠さんの母、緋和子さんはもともと華族だったが没落、更に両親が亡くなり、

幼い兄弟を助けるために遊女になったそうです。

それまでお嬢様だった女の子が、遊女へとならざるを得ない状況なんて…。

今回は最終的に、例の和綴じ本から母の翡翠さんへの思いが彼に伝わったので

結果を見ると良かったなと思うんですが、ツグミちゃんが介入してくれていなかったら

彼はずっと自分の能力を忌み、抱えて生きていかなければならなかったのかなと思うと、

彼女の存在があってよかったなと思いました。



今回で翡翠さんに対しての印象が変わりましたね〜〜

可愛い男の子だと思っていたんですが、ツグミちゃんを護ると宣言する彼は男らしかった!!

もう5年ほど経ったあとの彼が個人的に見てみたいな〜、なんて思いました(笑)









2018年05月30日

【かくりよの宿飯】第9話『妖老夫婦の結婚記念日。』感想

今回は、アニメ【かくりよの宿飯】第9話

『妖老夫婦の結婚記念日。』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。






















【かくりよの宿飯】第9話『妖老夫婦の結婚記念日。』感想



前回閉じ込められてしまった葵ちゃんですが、

大旦那のおかげで脱出することが出来ていました。

それでも水が浸水してきて間一髪のところだったので危なかった

後で状況を説明してくれていた日ちゃんによると、

葵ちゃんが閉じ込められたのは、ずっと使われていない市場の地下の蔵だったんだとか。

使われていないから保冷機能が誤作動し、危ないところだったと…。



ちなみに大旦那は、銀次さんから連絡を受けて八葉の集まりを欠席し、

助けに来てくれたんだとか

前回、大事な集まりだから欠席は出来ないというようなことを言っていたので、

それでも葵ちゃんを優先したところを見ると、大旦那にとって葵ちゃんは大切な存在なんでしょうね〜〜

まあ、集会の方は白夜さんを代理に立てていたため大丈夫そうですけどね









葵ちゃんが目覚めたのは、縫ノ陰夫婦の結婚記念日当日でした。

そんな中、葵ちゃんを地下蔵に閉じ込めた犯人が発覚。

なんと天神屋の厨房の見習い達磨たちの仕業だったんだとか!!!!

確かに以前バナナの皮を巻いたり、迷惑行為をしていましたがここまでやったとは…。

大旦那に謝罪をし、それでも見習い達磨たちは自分の為を思ってやったであろうことなので、

責任を取って自分が辞めると言う板前長


大旦那が厳罰を下すかな〜?と思っていたら、

『だめよそんなの!板前長が天神屋を辞めるなんてだめだからね!』という鬼嫁殿の一声。

『自分を危機に陥れたもの達を庇うのかい』と大旦那に言われても、

『はあ!?だってこのまま板前長が辞めたら、私が天神屋の懐石料理を食べられないままじゃないの!辞めるなら、私があんたの懐石料理を食べてからにしてよね!』

と言い放つ姿がかっこよかったです。しかし葵ちゃん、『はあ!?』って(笑)





多分彼女のこういう所が史郎さん譲りなんじゃないかなあと思いました。

板前長も、『この我儘、屁理屈、横暴な物言い!史郎の孫娘に違いねえや!!』と笑っていましたし


史郎さんが散々つまみ食いをしていた時も、彼が板前長だったんでしょうか?

板前長と史郎さんがどんなやり取りをしていたのか、見てみたいです








縫ノ陰夫婦が夕がおを訪れるのは18時30分。

ビーフシチューを作っている時間は無いため、大旦那の勧めで角煮を提供することに。



縫ノ陰夫婦は二人とも優しそうな雰囲気でした

夫婦仲もいいんでしょうね、『りっちゃん』『ぬいさま』なんて呼びあっていて。素敵

個人的に二人の馴れ初めが気になります!!縫ノ陰様が一目ぼれしちゃってそう(笑)



夕がおは座敷もあるんですね!雰囲気が隠れ家っぽいと気に入ってる縫ノ陰様が可愛かったです。




自分の故郷の味だからと、角煮を食べ涙して喜ぶ律子様。

現世から隠世に来て、何十年という時を過ごしてきて、久しぶりの現世の料理。

しかも自分の故郷の味となると、そりゃあ嬉しいですよね…

大変喜んでくださった二人。

料理をすべて提供し終わった後、葵ちゃんが熱で倒れてしまったのでお見送りが出来なかったのが残念!!

また二人、来店してくれないかなあ

個人的に今度は洋食の提供リベンジで、二人の馴れ初めを聞いてみたいです(笑)







今回、葵ちゃんを閉じ込めた犯人は見習い達磨たちの他にもいるようで、

折尾屋の手の者かなと大旦那や銀次さんが考えていました。

折尾屋と言えば、銀次さんが以前居た宿屋。

葵ちゃんの活躍を良く思っていないんでしょうか?

それにしても手口が許せないなと思いました。命に関わるような…。

港町で遭遇した金色童子は、以前夕がおを訪れた座敷童だったようですが、

銀次さんはその金髪の座敷童を知っている様子でした。

果たしてその関係性は何なのか、折尾屋が本当に黒幕なのか。

次回が楽しみです!!









2018年05月29日

【宇宙戦艦ティラミス】第9話『RETURN OF THE ACE PILOT/A FRIEND OF MINE』感想

今回は、アニメ【宇宙戦艦ティラミス】第9話

『RETURN OF THE ACE PILOT/A FRIEND OF MINE』についての感想です



以下、ネタバレありますのでご注意ください。






























【宇宙戦艦ティラミス】第9話『RETURN OF THE ACE PILOT/A FRIEND OF MINE』感想



パッカーの性格の悪さは、後頭部にあるツマミが『悪』の位置にあるせいでした(笑)

性格がツマミ式で変えることが出来るロボットなんて初めて見ましたよ(笑)

他にも後頭部には、『バイクモード』『潜水モード』『飛行モード』という

モードを切り替えることが出来る部分もありました。飛行モードは試してみたいですね

燃料は何なんでしょう?電気?充電式だったりするんでしょうか。





返品するため、バイクモードにしてパッカーに乗り、

パッカーが入っていた箱を取りに行くスバルのシーン。

前回車の運転は左折が苦手という事が発覚していましたが、

バイクの運転は上手そうでした



結局パッカーは中古品で、説明書も保証書もないためメーカーへの返品は不可。

誰がどこで買ってきたんでしょうか…艦長??

ちなみに後日、館内の監視カメラでパッカーの犯行が明らかになったため、

スバルへの疑いは晴れたとのことでした。

証拠隠滅しているのかと思いきや結構ザルな犯行ですね〜、

結果としてスバルの無実が証明されたので良かったですけどね



パッカーの性格ツマミはシゲルコさんが修理してくれたようで、

現在は最良の性格になっているそうです。

彼女は何やかんやで腕は確かなんでしょうね、やはり












出撃し、敵殲滅後にヴォルガー中尉が到着するまで映画を見るスバル

パッカーはデュランダルに設置されていました(笑)

オペレーション役を担っていたんですが、いいコンビになりそうですね〜



映画鑑賞にぶちまけてしまったポップコーンを拾う際、何と以前登場した陰毛に遭遇するスバル。

フリスクっぽい入れ物に入れていたようなんですが、この毛はまた生え変わった毛なんだとか(笑)

それにしてもよく毛が落ちているコックピットですね


今回はこの毛のを紹介されていました。なんとキャストは能登麻美子さん!!

ここに能登さんをあててくるか…!!と驚き&爆笑でした






ラストシーンでは謎の黒い機体が登場するんですが、

乗っているのはなんと、スバルのコピーでした。

キャストは江口拓也さん!!

コピーと言ってもスバルと性格は似ていなさそうなので、

次回、もっと喋っている所を見てみたいですね〜

スバルみたいにギャグっぽいことを言ってくれる可能性もあると信じて待ちたいと思います(笑)









【宇宙戦艦ティラミス】第8話『SMALL SCRATCH/HELLO MR.ROBOT』感想

今回は、アニメ【宇宙戦艦ティラミス】第8話

『SMALL SCRATCH/HELLO MR.ROBOT』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。






























【宇宙戦艦ティラミス】第8話『SMALL SCRATCH/HELLO MR.ROBOT』感想



メトゥスの要塞には、ハービタレ地区という居住区があるようでした。

ここには兵士の家族の人々が生活しているんだとか。

要塞ということだったので、兵士しかいないもんだと思っていました







今回は新事実が発覚。

なんとスバルは運転の左折が得意ではないんだとか!!!!!

エースパイロットなのにこういう所が彼の愛すべき点でもあるんでしょうね(笑)


左折に失敗し、荷台に乗せていたイスズの機体であるケリュケイオンに傷をつけてしまったため、

イスズに怒られるスバル。その際のイスズの『なにやっとるだもー!』等の、愛知の方言が可愛かったです

普段標準語で喋っているだけあって、ギャップは凄かったですが(笑)





傷をごまかす術として、

『こうやってシールドを高めに構えれば、傷も目立たないよ!』と言うスバル。

そういう問題じゃない(笑)まあ、悪気はなさそうですがイスズは怒っていました(笑)









結局ティラミスに戻る事になったんですが、彼の部屋には何者かが住み着いていました。

その正体は、アシストロボットのパッカー

外面はかなりいいんですが、真の性格はかなり腹黒でした(笑)

可愛こぶった演技をするロボットなんて…結構知能が高そうです


今回のラストシーンでは、パッカーの財布が腕ごと無くなるんですが、

この腕がまさかのスバルのデュランダルから発見されると言う事態に。

これは絶対パッカーがスバルに濡れ衣を着せようとしているんだと思いますが…

どこまで意地が悪いんだか、このロボット

スバルの立場が心配ですが、9話でどうなるか楽しみにしておきたいと思います!!









2018年05月25日

【かくりよの宿飯】第8話『九尾の若旦那とお買い物。』感想

今回は、アニメ【かくりよの宿飯】第8話

『九尾の若旦那とお買い物。』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。





































【かくりよの宿飯】第8話『九尾の若旦那とお買い物。』感想



結婚記念日の料理を作るにあたって、奥様がどんな人なのか白夜さんに聞こうとするちゃん。

確かに、もともと現世の人間である奥様の人物像を知ることによって、

提供する料理が絞れそうですもんね〜

白夜さんは裏山の竹やぶに居ました。

管子猫という猫っぽい妖を愛でている姿がとても意外でした

まあねえ…会計の仕事大変そうだし、癒しを求めているんでしょうね、彼も(笑)


この管子猫という妖が、竹からにょきにょき出てくるのが面白かったです。

ふよふよ飛んでいる姿はまるで、一反木綿みたいでした!可愛い。

葵ちゃんにまとわりついていたんですが、管子猫たちにとって『人間の小娘はマタタビのようなもの』

なんだとか!でも、正直あんなに群がられるのは最高ですよね、猫好きにとっては…









白夜さん情報によると、奥様は昭和初期の生まれで長崎出身、女学生時代は福岡に住んでいたとのこと。

昭和初期だったら結構ご高齢になるのではないでしょうか?80代ぐらい?

特殊な術か何かで若いままの姿でした〜という展開を個人的に期待したいところです(笑)


そして、奥様と旦那様はかつて現世の洋食屋で逢引をしていたんだとか!

そのため今回提供する料理は洋食にしようと葵ちゃんは決めたようです。

ビーフシチューやバターロール。和洋その他なんでもござれな葵ちゃん、凄いです!!





洋食の材料を仕入れるために、東の地『異界珍味市』に行く事に。

この異界珍味市は、現世やその他の異界の珍味を取りそろえた市なんだとか。

現世はわかりますが、『その他の異界』という所が気になりますね〜〜

どんなところなんだろう。そしてどんな材料を売っているんでしょうか??









異界珍味市に行くにはまず、大旦那に話をつけに行かなきゃならないということで

彼の元へ。今回は八葉の集会があるようで、同行はできないようでした。

葵ちゃんが以前命を狙われたりしたことがあったので心配なんでしょうね、大旦那も。

銀次さんと行くと言っていてもまだ心配そうで。

でもそれだけ彼が葵ちゃんを大切に思っているんだと思うと、嬉しいですね

心配し過ぎなところがおじいちゃんみたいだと葵ちゃんに言われ、

『僕はそんなに老けて見えるだろうか…』とショックを受けている大旦那が可愛かったです





同行できない自分の代わりに、自分の鬼火を閉じ込めた石のネックレスを葵ちゃんにつけてあげる大旦那。

緊急時に何か効果発動〜とかしたりするんでしょうか?

鬼火で葵ちゃんの居場所がわかる、みたいな(笑)どうなんだろう?







今回発覚したんですが、葵ちゃんは雷が苦手なようでした。

昔の記憶を思い出してしまうようで。子供一人おいていかれて、

しかも雷が鳴り響くなんてとても怖かっただろうな…と。トラウマにもなりますよね

自分の鬼火を見せ、『大丈夫だ、もう何も怖くない』と語り掛ける大旦那。

葵ちゃんの頭をなでなでしている大旦那の姿に今回は癒されました…!

欲を言うと抱きしめて欲しかったな〜、なんて(笑)









異界珍味市では現世のカレールーを買い込んでいた銀次さん。

とても嬉しそうだったので葵ちゃんにも『銀次さんってカレーが好きなの?』と聞かれていました


が!!『ああいえ、私は…その、葵さんがカレーがお好きなのかなと思って』と言う銀次さん。

前にも葵ちゃんがカレー好きという情報を銀次さんが語っていたし、今回のこの発言。

私的に、助けてくれた妖はやはり銀次さんだと思うんだけどな〜〜〜??

銀次さんは、薄荷坊さんがお面を買ったと言っていた南の地に以前居たこともあるし。

お面はその時に買ったものだとしたら辻褄も合う…。

葵ちゃんもちょっとずつ核心に迫っているんですけどね、聞かないのね(笑)







今回は買い物も無事に終わりそうだな〜と思っていたら、そんなことはなかったです(笑)

突然現れた金髪の少女を追いかけていく葵ちゃん。

黄金童子という名みたいなんですが、

追いかける足が止まらないということと、彼女が『少しお眠り』と言うと葵ちゃんが意識を失っていたことから、

何らかの術が使えると見ていいでしょうね〜

問題は、なぜこの黄金童子がそんなことをしたか、ということです。



葵ちゃんが目を覚ましたのは海の匂いがする物置のような所。

閉じ込めた犯人は、声からするに男性のようでした。

結婚記念日の料理の提供を阻止したい様子だったので、ハラハラする終わりとなっています。

間に合うんだろうか…。

大旦那が助けに来てくれそうな予感はしますけども。料理が間に合うかどうかがとても心配です

そして黄金童子と葵ちゃんを閉じ込めた犯人の関係なんかも気になりますね〜、

仲間なんでしょうか?

とりあえず次回が待ち遠しいです!!









2018年05月22日

【ニル・アドミラリの天秤】第5話『紅月の夜 -ライラック-』感想

今回は、アニメ【ニル・アドミラリの天秤】第5話

『紅月の夜 -ライラック-』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。
































【ニル・アドミラリの天秤】第5話『紅月の夜 -ライラック-』感想




前回は女性が倒れており、その傍らに紫鶴さんの著書が置かれているという

かなり意味深なシーンで終わっていました。

今回はこの事件の他にも2件、似たような事件が起こります

どの事件も手口が同じため、同一犯の犯行。カラスの犯行かな?と思いきや…。

4話の、鵜飼さんとツグミちゃんの微笑ましい話とは打って変わってシリアスな回でした。






今回はやっとヒタキくんが登場

元気そうでなによりです…!あれだけ元気ならわりと早く退院できそうですね


紫鶴さんとツグミちゃんが同じアパートで暮らしているということもあり、

紫鶴さんについてかなり興味津々な様子でした(笑)

好きな作家さんが身近にいるとなるとこうなるのもわかりますね

サインをもらってきてほしいと頼んでいました(笑)






金魚を売っている紫鶴さんのシーンでは、ペリがとても可愛かったので必見です!!

金魚売は手伝いでやっているようなので、作家業の傍ら金魚を売っているんでしょうね〜。

儲かるんでしょうか?









今回のキーパーソンは森恒犀鳥(もりつね さいちょう)という亡き作家。

実はこの人物はかつて小説塾を開いており、紫鶴さんや笹乞さんを教えた師であるんだとか。

死因が自殺であり、第一発見者が紫鶴さんというのも辛い。



笹乞さんが小説について学んでいたという事が意外でした

今は本屋さんですが、昔は小説を自分で書いたりしていたんでしょうか?

以前カラスの巣窟に出入りしているシーンがあったので、

ひょっとすると稀モノ制作に関わっているのでは…とちょっと疑ってしまいます






さて、先述した3件の殺人事件についてなんですが、被害者は皆、紫鶴さんと関わりがあった女性たち。

この事件、森恒先生の著書『煉獄島殺人事件』になぞらえて行っているようでした。

小説では被害者の口には彼岸花が入れられているんですが、

実際に起こった事件ではライラックの花が入れられている。

そして紫鶴さんの最新作のタイトルは『ライラック恋夜』…。

これだけで察しがつく方もおられると思いますが、

真犯人は紫鶴さん…ではなく、彼の熱狂的なファンでした。

カラスも全く関係なさそうだったんですが、

この犯人には気持ち悪いという印象しかなかったです。見た目が…。

重要参考人として紫鶴さんが警察に連れていかれた時はヒヤッとしましたが、

ツグミちゃんに『お姫様は…僕が犯人だと思う?』なんて言っている紫鶴さんを見るのがつらかった。





ツグミちゃんの紫鶴さんに対する株が上がっていたのでよかったかなーと思ったんですが、

彼女のピンチに一番に駆けつけたのは隼人さん!!やはりアニメでは彼とツグミちゃんの恋愛を

推しているのかな?

乙女ゲームのアニメ化は落としどころが難しいとは思いますが、

続きが楽しみです!次は誰がメインなんでしょう。翡翠くんかな?鴻上さんかな?







2018年05月16日

【かくりよの宿飯】第7話『大旦那様と雨散歩。』感想

今回は、アニメ【かくりよの宿飯】第7話

『大旦那様と雨散歩。』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。























【かくりよの宿飯】第7話『大旦那様と雨散歩。』感想



お帳場の白夜さん、史郎さんが嫌いみたいでした。

確かに

『金が無いのに他の客に酒をふるまい、調理場に出入りしてはつまみ食いし、踊り狂ってはふすまや障子を破壊し、あげくフロントにあった国宝級の壺も割った』

と色々好き勝手されれば、会計係としては大変だったんでしょうね…

しかしよくこれだけ色々やっている史郎さんが、天神屋に出禁にならなかったなあと。

それは不思議ですね。大旦那が口利きしていたんでしょうか?仲が良かったみたいですし。

でも松葉様が言っていた、二人の確執とやらも気になる所です。





『何とかしない限り夕顔は閉めるので、早急に結果を出したまえ』という白夜さん。

葵ちゃんと銀次さんが今月中に何とかしようとしている所に、お涼さんが訪れます。

『あおいー、いるー?』と、すっかり常連化しているお涼さんが印象的でした(笑)

お客は今のところ従業員ばかりみたいなんですが、お涼さんは皆勤賞。毎日来てくれていました(笑)



さて、そんなお涼さんがやってきた理由は、とあるお得意様の為にお弁当を作ってほしいという事でした。

その方は薄荷坊さんという人気の作家で、原稿が進んでいないようで食事をしてくれないんだとか。

そこで簡単につまめるお弁当を作ってはどうかと考えたんですね〜!

驚いたのは一日だけじゃなく、一週間ずっとという期間。一日3食一週間だとしたら大変ですね




早速お弁当の案を考えていた葵ちゃんは、雨の中歩いている大旦那を発見し、追いかけます。

『どこに行くのかなって、追いかけてきちゃった』と葵ちゃんに言われ、

『僕を?』と驚く大旦那!彼女の意外な反応に驚き反面、嬉しかったんじゃないでしょうか

大旦那は裏山に行く途中だったんだとか。天神屋付近の土地がどうなっているのか気になります。

かくりよマップが欲しいですね〜、どの辺の位置にどんなものがあるのか知りたい。


さて、移動中の二人はなんと相合傘をしていました!!!

雨、グッジョブです。しかも傘を葵ちゃん側に傾けている大旦那。紳士ですね〜〜!



裏山には温泉がありました。温泉と言っても、人間が入れる温度じゃなかったです

90度とか…。大やけどですよ

色は赤く、血の池地獄みたいでした。朱の泉というもので害はないんだとか。


ちなみにこの温泉では温泉卵が作られており、それを発見してはしゃぐ葵ちゃんが新鮮でした

めちゃくちゃテンション上がっていました(笑)

大旦那の離れで、その温泉卵とラムネを飲み、食べる二人。

なんでも、この組み合わせが夏の風物詩なんだとか

意外な組み合わせにびっくりしましたが、美味しいらしいです。試してみようかなあ。

この離れでのシーン、結構二人が甘々な雰囲気を出していたので必見です!!













さて、夕がおにもどりお弁当を考える葵ちゃん。

やはり原稿を進めつつ、食べるのが億劫にならないものということで

ひと口大のおにぎりなどに楊枝を刺し、手軽に食べることが出来るような工夫をしていました。

これなら食べやすいですね〜〜!


薄荷坊さんも、天神屋を発つ際にお礼に来てくれていました。

彼、暁さんみたいに人型の妖を想像していたんですが、

ムジナという狸みたいな妖で可愛かったです(笑)





今回は客足を増やすために新メニューを考えていたんですが、

甘味を作る事に。そんな中、小豆の匂いに惹かれてとある少女が夕がおを訪れていました。

金髪の可愛らしい少女だったんですが、なんとこの女の子、座敷童だったようです

葵ちゃんが出してくれた甘味を気に入ったようで、また来ると言い残して去って行きました。

座敷童と言えば黒髪のイメージが強いので、今回金髪の座敷童がとても新鮮で可愛いなと思いました。



座敷童のご加護は商売繁盛らしく、この後夕がおは満員御礼の大繁盛!!

忙しそうでしたが、こういうシーンが見たかったので嬉しかったです


客足が急に増えた理由は、座敷童パワーもあると思いますが、

薄荷坊さんがコラムで夕がおの事を書いてくれたことも大きかったでしょうね。

同時に、彼がどれだけ人気の作家なのかということがよくわかりました。


さて、この薄荷坊さんのコラムを見てくれたのは大衆だけじゃなかったようで、

なんと宮中から結婚記念日の料理を作ってほしいという依頼が届きます。

高貴な方からの依頼にも臆することなくやる気満々の葵ちゃんはかっこよかった〜〜

ここで成功したら一気に箔が付くと思うので、ぜひ頑張ってほしいです!!



次回は早速料理を作るんでしょうか?それとも準備回?何にせよ楽しみです!













2018年05月15日

【ニル・アドミラリの天秤】第4話『小夜啼鳥の舞踏会 -ナハティガル-』感想

今回は、アニメ【ニル・アドミラリの天秤】第4話

『小夜啼鳥の舞踏会 -ナハティガル-』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。

































【ニル・アドミラリの天秤】第4話『小夜啼鳥の舞踏会 -ナハティガル-』感想



一人で外回りをするツグミちゃん、9件も回れたと喜んでいる姿が可愛かったです〜!

結構慣れてきていますね〜、この調子で男衆に負けず頑張ってほしい



彼女がフクロウに帰ると、見知らぬ人が。

なんとこの人はヒタキくんと同じ日に自殺未遂をした首相の息子で、

鵜飼 昌吾という人でした。

使用人の人が運よく発見してくれたので事なきを得たようなんですが、

一歩間違えばどえらいことになっていましたからね、良かった…!

この発見してくれた使用人と言うのは、今回一緒にフクロウを訪れた雉子谷さんでしょうか?

雉子谷さんは優しそうな方でした。見た目も温厚そうだったし



対する鵜飼さん、イケメンだな…と思っていたら口を開けばツグミちゃんへのあたりが強かったので

結構きつそうな性格をしているな、と言うのが彼への第一印象でした。

あと、レコードを爆音で聞いている姿はとんでもない迷惑野郎だな…と(笑)

まあでもあんなことがあって彼も色々ナーバスになっていたんでしょうね、

さらになれない場所で過ごすことになったら余計に





今回、ツグミちゃんの歌声を聴くことが出来たので嬉しかったです!

『おきよ おきよ ねぐらの雀〜』

歌詞は知らないけど、聞いたことがあるフレーズだなと思っていたら、

これは『ちょうちょう』の二番の歌詞なんですね

一番が有名だったので二番の歌詞は新鮮でした!!






そして今回は新しく登場する施設名がありました。

その名もナハティガル

表向きは銀座の高級ダンスホールという事なんですが、

実態はカラスの巣窟なんだとか

そうなると当然、このナハティガルのオーナーである四木沼 喬氏が怪しいのは明白。

実際、闇オークションで稀モノを売りさばいているんだとか…。

朱鷺宮さんや、帝都新報記者の葦切さんも目をつけているようですが、

なかなか逮捕には踏み切れない様子でした。

ちなみにこの葦切さんは小瑠璃ちゃんの先輩にあたるうえ、

尾崎さんの大学の時の先輩なんだとか!!頼りになりそうな人です





そんな折、鵜飼さんのもとにナハティガルから招待状が届きます。

四木沼氏は政界とも繋がりがあるようなので、彼を招待したんでしょうね。

男女同伴という事もあり、ツグミちゃんが同行することに。

最初は鵜飼さんも嫌がっていたんですが、お風呂でばったりイベントがあったり

庭園で二人会話をしたことで、ちょっと距離が縮まったようでした。

『鵜飼さんとも、もっと仲良くなりたいなって思っています』なんて可愛いツグミちゃんに言われたら

女の私でも『喜んで!!!!!』って即答してしまいたくなりますからね〜(笑)


結果、『舞踏会、連れてってやらなくもないと言っている』なんてデレちゃってました。




ツグミちゃんの赤いドレスがとても可愛かったです!!

今回気づいたんですが、ツグミちゃんスタイルが良い(笑)羨ましい!!!


ナハティガルでは、四木沼さんの奥さんの薔子さんに出会ったり

尾鷲さんと言う方に鵜飼さんが嫌味を言われたり、

笹乞さんが大学教授の百舌山教授と一緒に居る所を目撃してしまったりと、

色々盛りだくさんでした。

私としては、笹乞さんがなぜナハティガルに居たのか、

そして百舌山教授と一体何をしようとしていたのかが気になります。

カラスが関係してそうな気もしますが…。



ラストシーンで倒れていた女性。

彼女のそばに汀さんの書いた本があったのも気になります。

彼が書いた本が稀モノになっているのなら、アウラが見えてもおかしくないんですが…。

そんな様子もなかったので、ただの事件になるんでしょうか?

怪しい事柄が沢山出てきた今回。次回以降の展開が気になります!!



ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 - PS Vita

新品価格
¥6,350から
(2018/5/16 11:16時点)












【宇宙戦艦ティラミス】第7話『LOST MEMORY/TRAGEDY IN THE LIQUID ROOM』感想

今回は、アニメ【宇宙戦艦ティラミス】第7話

『LOST MEMORY/TRAGEDY IN THE LIQUID ROOM』の感想です。

以下、ネタバレありますのでご注意ください。







































【宇宙戦艦ティラミス】第7話『LOST MEMORY/TRAGEDY IN THE LIQUID ROOM』感想



前回スバルの兄イスズ・イチノセが登場し、

スバルを自分の組織へと誘っていましたが

今回スバルはあっさりとティラミスから出ていくことに!!

まあ色々嫌がっていたしコックピット内ぐらいしか落ち着ける場所が無いのなら

一旦離れてみるのもいいのではと思いますけどね〜



イスズ・イチノセはやはりスバルの兄だけあって、

スバルよりも言動が面白いと言いますか、変と言いますか…(笑)

かっこよくスバルを勧誘したと思ったら、自分の機体であるケリュケイオンの鍵を紛失するイスズ…。

この後目に着けているかっこいい眼帯みたいなやつも忘れて行っていたので、

結構うっかりものなんでしょうかね?



ちなみに機体の鍵は車の鍵に似ていました(笑)そもそも鍵とかあるんですね〜



兄のケリュケイオンのコックピットは余計なものを置いておらず、

スバルも『モノトーンで大人っぽい雰囲気がとてもクールだ』という感想を持つほど

綺麗でした!

そういえばこの兄弟は何歳差なんでしょうか?そこまで離れているような印象は無いので

2〜3歳差だと思うんですけどね〜。





兄のコックピットで金色の缶をみつけたスバル。

クッキー缶かと思って開けたら、ミラという人からの手紙や

イスズを模した人形が入っていました

このミラという人、文面から察すると地球に居るみたいなんですが、

イスズの彼女だったりするんでしょうかね?出番はあるのか、ないのか気になります(笑)

ちなみに『DEARいっくん』と書かれていたので、イスズはいっくんと呼ばれているようです。


自分が知らない兄の一面を見たスバルは『イスズ兄さん…不潔っ!!』と感じていましたが(笑)

















さて、今回はティラミスの敵勢力が明らかに。

イスズがスバルを連れて行ったのはメトゥス=ゲルメンという宇宙要塞。

スバルが以前ユニバース感覚に目覚めていたんですが、

このメトゥス=ゲルメンには同じようにユニバース感覚に目覚めた人達が居ました。

ちなみにイスズはこの要塞でただ一人、ユニバース感覚に目覚めていないんだとか

何かのきっかけがあったら彼も目覚めそうな気がしますけどね〜?





この要塞では、ユニバース感覚の能力を最大限に引き出すため

デュランダルのコックピットをアップデートする必要があるということで、

特殊な液体をコックピット内に満たし、パイロットの脳波を直接機体に送る

という事を行っていました。脳波を送る事で思い描いた通りにデュランダルが動く様になるみたいなんですが、

液体で満たす必要はあるんでしょうか…?脳波を送る機会だけではだめなのか。謎です。

『肺の奥まで満たすと酸素や重力から解放される』とイスズが言っていましたが、

それ危ないのでは…?

スバルも怖くて出来ないと言っていました。

そんな中、見本を見せてくれたマイバッハ中尉。

彼が入った後の液体の汚さったらもう…。私なら絶対に入りたくない


それでもトライするスバルですが、やはり汚さが嫌になった様子でした(笑)







敵側についていってしまったスバル。

今後、彼がメトゥス=ゲルメンでどのような珍行動をとっていくのか、

見ていきたいと思います(笑)










2018年05月14日

【カードキャプターさくら クリアカード編】第18話『さくらと炎と水の鳥』感想

今回はアニメ【カードキャプターさくら クリアカード編】第18話

『さくらと炎と水の鳥』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。

























【カードキャプターさくら クリアカード編】第18話『さくらと炎と水の鳥』感想



今回は前回の調理実習の日から時間が空いておらず、翌日のシーンからでした。

利佳ちゃんが持ってきてくれたアリスの絵本は立体絵本だったので、

私もあんなふうに仕掛けがある絵本が大好きだったので読んでみたくなりました



奈緒子ちゃんが言っていた『マトリョミン』、彼女の冗談かなと一瞬思ったんですが、

本当にあるんですね!!調べてみてびっくりです(笑)

テルミンは知っていたので要領はなんとなくわかるんですけど、演奏している姿は

ちょっと怪しく見えてしまう(笑)でも可愛いので私もやってみたいです


ちなみにこの時、マトリョミンやテルミンがよくわかっていないさくらちゃんが考えていた

『こけみん』や『ケロみん』がとても可愛いです(笑)




前回秋穂ちゃんが海渡さんにロールケーキを渡すところは見ることが出来たんですが、

さくらちゃんが小狼に渡すところは見れなかったなーと少し残念に思っていたので、

回想としてでも見ることができて嬉しかったです!!

ロールケーキのデコレーションは小狼の帽子で可愛いし!

何より、渡した時の事を思い出して真っ赤になるさくらちゃんが可愛い


そしてつられて自分の事を思い出したであろう秋穂ちゃんまで真っ赤になっているのも

恋する乙女たちが微笑ましいシーンだったんですが、

そんな中でさくらちゃん、再び例の不思議な空間の中へ。

白昼夢みたいな感じだったんでしょうか?

だからと言ってもその空間の事を見ている間、実際のさくらちゃんはボーっとしつつ歩いていたので

下手したら事故にも繋がりかねない。今回は秋穂ちゃんが手を引いてくれたからよかったものの、

段差を踏み外して落ちていたら…


寝ている時以外にあの空間を見るのは危ないですね、発生条件みたいなものは何なんでしょう?






一方で秋穂ちゃんも、家でアリスの本を本棚に片づけようとしている時に海渡さんに話しかけられ、

会話中に時計の空間を見ていたのでこれまた気になるところ。

さらにその後に海渡さんが言っていたセリフにも含みがあるような感じがしましたし…。

今回は二人とも、例の空間で何かが起こったとか会話をしたとかアクションは無かったんですが、

二人とも起きている時に例の空間の事を見たというのが気になりました。

さくらちゃんの方は起きているとは言い難いような気もしますが…。白昼夢なので。


















さて、今回は夜中にカードの気配を感じたという事で、

月峰神社に小狼やともよちゃんと共にやってきていました!

今回のコスチュームは異国っぽい雰囲気がある可愛い物でした!

何を着ても似合うさくらちゃんが凄い



この神社はクロウカードのフライを捕まえた場所だという事で、

何か共通点があったりするかなーと思っていたんですが、

出現したカードは火の鳥でした!鳥繋がり(笑)



戦闘時、

『絶対絶対、無茶しないでね!ともよちゃんが怪我したらやだよ!』

『はい、さくらちゃんも!』という仲良し二人の会話から、絆を感じられたのでよかったな〜と思いました。





戦闘中に小狼が唱えていた呪文は今回も音声ナシ。聞くことが出来なかったです。

以前の呪文もそうなんですが、何と言っているんでしょう?

ポケットから何か取り出しているみたいだったし…。

それになんといっても彼が使った風の魔法のようなもの、

精霊みたいなものが見えたんですが、ウィンディにしか見えない

もしこれがウィンディだとしたら、小狼がクロウカードの力を使っているという事なんでしょうか?

一体、何のために…。

フライトで空中に居たさくらちゃんが、

小狼の元に降りてきて『すごいねあの風の魔法!術だっけ?』と言った時の小狼の表情。

もし仮に彼がウィンディを使っていたのだとすると、この申し訳なさそうな、心苦しそうな表情も納得。


うーん、小狼が一体何を隠しているのかが気になる所です。






今回のカードは火焔(BLAZE)のカードでした!

これで水・風・火の3つが揃ったので、何かあった時の戦闘はしやすくなるかな〜と思います。








夜中に抜け出したという事で、ベッドに偽装をして出てきたさくらちゃんですが、

桃矢にはばれていました。

『力使うとかって発想はねえんだろうな』という桃矢。

一緒に勉強をしていた雪兎さんには『黄色いぬいぐるみと、また出てったんだろ』なんて言ってるし

兄には全てお見通しなんですよね〜



このシーンでも更に気になる事が。

雪兎さんがユエに変わるんですが、ユエさん曰く

『主の力の「印」がたどれない時がある』『法則性がまだつかめない』とのこと!!!!

これはさくらちゃんの力が何らかの変化をしているという事なんでしょうか?

しかも、桃矢でもわかるぐらいさくらちゃんの力が強くなっているということ。

魔力がどんどん強くなっていて何らかの変化を遂げているのか…どうなんでしょう。




桃矢自身もあれから力が戻ってきているが、その力を何に使うのかはまだ隠しています。

でも家族のため、さくらちゃんのために使うと言い切った彼。

そんな力なのか、そして何に使うのか。

桃矢も小狼も謎が多いので気になって気になって仕方がないです










<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。