検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年05月16日

【かくりよの宿飯】第7話『大旦那様と雨散歩。』感想

今回は、アニメ【かくりよの宿飯】第7話

『大旦那様と雨散歩。』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。























【かくりよの宿飯】第7話『大旦那様と雨散歩。』感想



お帳場の白夜さん、史郎さんが嫌いみたいでした。

確かに

『金が無いのに他の客に酒をふるまい、調理場に出入りしてはつまみ食いし、踊り狂ってはふすまや障子を破壊し、あげくフロントにあった国宝級の壺も割った』

と色々好き勝手されれば、会計係としては大変だったんでしょうね…

しかしよくこれだけ色々やっている史郎さんが、天神屋に出禁にならなかったなあと。

それは不思議ですね。大旦那が口利きしていたんでしょうか?仲が良かったみたいですし。

でも松葉様が言っていた、二人の確執とやらも気になる所です。





『何とかしない限り夕顔は閉めるので、早急に結果を出したまえ』という白夜さん。

葵ちゃんと銀次さんが今月中に何とかしようとしている所に、お涼さんが訪れます。

『あおいー、いるー?』と、すっかり常連化しているお涼さんが印象的でした(笑)

お客は今のところ従業員ばかりみたいなんですが、お涼さんは皆勤賞。毎日来てくれていました(笑)



さて、そんなお涼さんがやってきた理由は、とあるお得意様の為にお弁当を作ってほしいという事でした。

その方は薄荷坊さんという人気の作家で、原稿が進んでいないようで食事をしてくれないんだとか。

そこで簡単につまめるお弁当を作ってはどうかと考えたんですね〜!

驚いたのは一日だけじゃなく、一週間ずっとという期間。一日3食一週間だとしたら大変ですね




早速お弁当の案を考えていた葵ちゃんは、雨の中歩いている大旦那を発見し、追いかけます。

『どこに行くのかなって、追いかけてきちゃった』と葵ちゃんに言われ、

『僕を?』と驚く大旦那!彼女の意外な反応に驚き反面、嬉しかったんじゃないでしょうか

大旦那は裏山に行く途中だったんだとか。天神屋付近の土地がどうなっているのか気になります。

かくりよマップが欲しいですね〜、どの辺の位置にどんなものがあるのか知りたい。


さて、移動中の二人はなんと相合傘をしていました!!!

雨、グッジョブです。しかも傘を葵ちゃん側に傾けている大旦那。紳士ですね〜〜!



裏山には温泉がありました。温泉と言っても、人間が入れる温度じゃなかったです

90度とか…。大やけどですよ

色は赤く、血の池地獄みたいでした。朱の泉というもので害はないんだとか。


ちなみにこの温泉では温泉卵が作られており、それを発見してはしゃぐ葵ちゃんが新鮮でした

めちゃくちゃテンション上がっていました(笑)

大旦那の離れで、その温泉卵とラムネを飲み、食べる二人。

なんでも、この組み合わせが夏の風物詩なんだとか

意外な組み合わせにびっくりしましたが、美味しいらしいです。試してみようかなあ。

この離れでのシーン、結構二人が甘々な雰囲気を出していたので必見です!!













さて、夕がおにもどりお弁当を考える葵ちゃん。

やはり原稿を進めつつ、食べるのが億劫にならないものということで

ひと口大のおにぎりなどに楊枝を刺し、手軽に食べることが出来るような工夫をしていました。

これなら食べやすいですね〜〜!


薄荷坊さんも、天神屋を発つ際にお礼に来てくれていました。

彼、暁さんみたいに人型の妖を想像していたんですが、

ムジナという狸みたいな妖で可愛かったです(笑)





今回は客足を増やすために新メニューを考えていたんですが、

甘味を作る事に。そんな中、小豆の匂いに惹かれてとある少女が夕がおを訪れていました。

金髪の可愛らしい少女だったんですが、なんとこの女の子、座敷童だったようです

葵ちゃんが出してくれた甘味を気に入ったようで、また来ると言い残して去って行きました。

座敷童と言えば黒髪のイメージが強いので、今回金髪の座敷童がとても新鮮で可愛いなと思いました。



座敷童のご加護は商売繁盛らしく、この後夕がおは満員御礼の大繁盛!!

忙しそうでしたが、こういうシーンが見たかったので嬉しかったです


客足が急に増えた理由は、座敷童パワーもあると思いますが、

薄荷坊さんがコラムで夕がおの事を書いてくれたことも大きかったでしょうね。

同時に、彼がどれだけ人気の作家なのかということがよくわかりました。


さて、この薄荷坊さんのコラムを見てくれたのは大衆だけじゃなかったようで、

なんと宮中から結婚記念日の料理を作ってほしいという依頼が届きます。

高貴な方からの依頼にも臆することなくやる気満々の葵ちゃんはかっこよかった〜〜

ここで成功したら一気に箔が付くと思うので、ぜひ頑張ってほしいです!!



次回は早速料理を作るんでしょうか?それとも準備回?何にせよ楽しみです!













<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。