検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年04月29日

【ニル・アドミラリの天秤】第3話『焔の神を名乗る者 -カグツチ-』感想

今回は、アニメ【ニル・アドミラリの天秤】第3話

『焔の神を名乗る者 -カグツチ-』の感想です



以下、ネタバレありますのでご注意ください。
























【ニル・アドミラリの天秤】第3話『焔の神を名乗る者 -カグツチ-』感想




坂の下の定食屋、どれだけ酷い食事を提供しているんでしょうか

味噌汁の具が少ないばかりか、入っているのはわかめの切れ端とか野菜くず。

出汁すら入っていない時があるなんて…よく苦情が来ないなあ(笑)




ツグミちゃんは女学校時代、合唱部だったそうです。歌が上手かったもんな〜!

『また聞かせておくれ、お姫様の囀りを』なんて言っちゃう紫鶴さん(笑)

尾崎さんや星川さんも褒めてくれる歌声。もっと聞いてみたいです





今回はフクロウ以外の二つの組織が明らかになりました。

まず、『カグツチ』

これは市民から本を奪い、その場で燃やすという事件が起こしている集団だそうです。

前回の最後で、本を燃やしている集団がいたんですが、カグツチという人達だったんですね〜



そしてもう一つの組織が、『カラス』

カラスは黒いアウラの稀モノを作り出しているかもしれない組織だそう。

うーん、この組織についてはまだ謎が多そうですね。










今回は新キャラがばんばん登場していました(笑)

まず、医大生の鷺澤 累さん。櫻井孝宏さんが演じておられるんですが、

泣きぼくろがあるイケメンさんでした!!!

ツグミちゃんに万華鏡をあげたり、普通に優しいお兄さんだな〜と思っていたんです、が。(後述)

ちなみに父が医者、母が助産師という家庭で育ったため、

両親が沢山の命を救ったり、生み出す手伝いをしている姿を見て育ってきたから医者を志したのだとか。

しかしそんな二人は3年前に事故死したとのこと…。この事故は伏線だったりするでしょうか?





そして燕野 太郎くん!

警察からフクロウへの連絡役という名の雑用係…らしいですが、

可愛い。ひたすら可愛い。愛でたい系男子ですね〜彼は






そして女の子キャラ。

柾 小瑠璃ちゃんと言うんですが、この子はツグミちゃんの幼馴染なんですね!

新聞記者見習いとして頑張っているみたいでした。こんな可愛い子に取材されたい(笑)








今回、ヒタキくんの意識が戻ったみたいなんですが、

まだ面会が出来ないというのが残念。火傷の程度がそんなに酷くなければいいなと思うんですが…






今回管理局の活動内容がちらっとわかりました。

稀モノの危険な部分を取り除いて、本の内容を書き写したりしているんだとか。

どういった調査をするのか、という事が知りたかったので、持って帰った稀モノは

このように扱われるんですね!今回知れて良かった。






さて、カグツチの集団が現れたという報告により、とあるビルへ行くんですが、

彼らが持っていた本は黒いアウラの稀モノでした。

しかも尾崎さんと対峙した人物、前回本を燃やしていた集団に居た泣きぼくろのお兄さん。

この人鷺澤さんに似ているな〜と思っていたら。案の定でした



ツグミちゃんとの対話シーン、

稀モノに対する考え方が異なる二人は、もう相容れないのでしょうか?

万華鏡についてだとか、いろいろ話をしている二人は楽しそうだったんですけどね…。

稀モノは危険物だから処分すべきと言う鷺澤さんに対して、

『そう考えるのは仕方ないかもしれません、けど、本の内容には罪はありません!原因を取り除いて残すべきものなんです!だからフクロウに、私たちに預けてください!』

というツグミちゃん。

ちゃんと最終的な目的は稀モノの被害を食い止めることだとは思うので、

もっときちんと話し合って協力体制を構築することは難しいのでしょうか…?

鷺澤さんに誘われたツグミちゃんは、

『私は行かないわ!貴方たちがしていることはどうしても正しいこととは思えない!』と答えるので

やはり難しいんでしょうね…。考え方は変わらない、か。

僕たちはまた会えると言って、本を燃やし、去る鷺澤さん。

次に出会うとき、二人がどんな会話をするのか気になります。

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 - PS Vita

新品価格
¥6,350から
(2018/4/30 07:54時点)







【カードキャプターさくら クリアカード編】第16話『さくらと苺鈴とおともだち』感想

今回は、アニメ【カードキャプターさくら クリアカード編】第16話

『さくらと苺鈴とおともだち』の感想です。


以下、ネタバレありますのでご注意ください。























【カードキャプターさくら クリアカード編】第16話『さくらと苺鈴とおともだち』感想



前回、ともよちゃんの家で感じたカードの気配を追いかけるさくらちゃんとケロちゃん。

『包囲』のカードは屋敷全体を包めるほど大きくすることが可能なんですね

あそこまで広範囲に『包囲』したら、魔力の量とか結構なものなんではないでしょうか?

疲れた顔一つしていないさくらちゃんが凄いと思いました。

カードが暴れまわったため、お庭がめちゃくちゃにはなっていましたが…。




今回のカードは竜のような姿をしていました。

『SWING「揺動」』のカード。

地震の話が出ていたので、関係するようなカードになったのかな?と思います。



フライトのカードが可愛いな〜、さくらちゃんにお礼を言われて嬉しかったんでしょうね



ともよちゃんの家から帰る際、ともよママからおじいちゃんの話が出ていたので

またクリアカード編でも別荘に行く話を見ることが出来るかな?とちょっと期待しています











なんと、今回初めて海渡さんが魔法らしきものを使用するシーンを見ることが出来ました!!!!!

ともよちゃんの家から帰る際、苺鈴ちゃんやさくらちゃんと別れた秋穂ちゃんが一人歩いていると、

そこには海渡さんの姿が。

二人で会話をしつつ帰っていたんですが、

『お父様は、考古学がご専門だそうですから』という海渡さんに対し

秋穂ちゃんが『私、さくらさんのお父様の事、お話しました?』と言った瞬間、

BGMがふっと消えるんです。ここでちょっとアレ?と嫌な予感がしたんですが、案の定。

海渡さんが懐中時計を取り出し、呪文を唱え『盟約の元、時よ戻れ』と言うと、

さくらちゃんの家で書庫を案内してもらう話の所まで時間と秋穂ちゃんの記憶が戻っていました!!

自分の失言をなかったことにしている…!!!!!

海渡さんは時間を操る系の魔法を使うんでしょうかね?

いや〜ちょっとずつ明らかになっていく彼の謎。今後も期待してみていきたいです





一方、帰宅中のさくらちゃんと苺鈴ちゃんの前には

謎の女の子が登場。しかもいきなり襲い掛かってくるという…。


さくらちゃんを庇って戦う苺鈴ちゃんがかっこよかったです〜〜

手をちょいちょいってやって、誘うところなんか特に!カンフー映画みたい〜〜〜〜

苺鈴ちゃんの指示に合わせてさくらちゃんが少女の攻撃をかわすところとか、

二人で手を握って決定打を叩きこむところとか最高でした。

戦闘後に苺鈴ちゃんの怪我を真っ先に心配するさくらちゃんも可愛い〜〜優しい。



この少女は結局、『STRUGGLE「争闘」』というカードでした。

初めての人型カードなのではないでしょうか?

戦闘力としてかなり期待できそうなカードです。




木之元家へ帰宅後、二人が語り合っているシーンがとても印象的なので

ぜひ見て頂きたい。苺鈴ちゃんが本当に頼れるお姉さんみたいな感じで、素敵です。

最強の呪文、『絶対、大丈夫だよ』は本当に大丈夫な気がしてきますね




色んな事が違う気がする、大事なことがなにか違っている気がする、というさくらちゃん。

彼女自身何かに気づいているようなんですが、それがいったい何なのか…

海渡さんが関係するのか、それも謎なので今後の展開が楽しみで仕方ないです!!





今回さくらちゃんと苺鈴ちゃんの仲がより深まっている点がとても良かったと思います。

見ているこっちも嬉しくなってくる。

『これから私も、「さくら」って呼んでいい?』って。可愛い〜〜〜〜二人とも!!

最後、小狼に苺鈴ちゃんが電話で『私だってさくらの友達よ?泣かせたら承知しないから』って

言っているところも好きです。かつての恋のライバルから、友情が芽生えていくなんて。素敵!!

カードキャプターさくら クリアカード編(4) (KCデラックス なかよし)

新品価格
¥463から
(2018/4/29 15:52時点)









<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。