検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年04月11日

【宇宙戦艦ティラミス】第2話『MY CUTE PUPPY/DO NOT DISTURB』感想



今回は、アニメ【宇宙戦艦ティラミス】第2話

『MY CUTE PUPPY/DO NOT DISTURB』の感想です。



以下、ネタバレありますのでご注意ください。




















【宇宙戦艦ティラミス】第2話 感想


スバル・イチノセにとって、『コックピットは俺の聖域』だそう。

自分の空間って大事ですよねー



今回の話の前半は、犬を飼いたいスバル・イチノセの話。

どうやら宇宙でチワワを拾ってきたようで、飼いたいと艦長に交渉するんですが、

『軍法会議物だ!!!』と首を縦にふらない艦長。


犬ぐらいで大げさな・・・と思っていたんですが、この犬が訳ありでした。

なんとチワワはチワワでも、『宇宙チワワ』という生物で

有酸素下では信じられない速度で成長するとか。ひええ・・・。

そんなチワワに対し、スバル・イチノセはチビという名をつけていましたが、

名前に反してどんどん大きくなっていくチビ。もはやチビではない。

結局、デュランダルを緊急発進させ、元いた場所にチビを戻すことに。


チビを入れる段ボールがよくあったなということと、

あの段ボールが浮いているのはやはり無重力だからかと疑問はありますが・・・。







後半の話は、デュランダルの担当メカニックのおばさん・・・もとい、

シゲルコ・ホンダとスバル・イチノセの話でした。

彼女がスバル・イチノセに親身に世話を焼いたのは、

彼が母親の話をしたからだと思います。

二度目のアースアタックに巻き込まれ、もうこの世にはいない母について語る彼を

気の毒に思ったんでしょうね、自分の息子くらいだと言っていたし。



でも勝手にコックピット内を装飾した・・・のはまだ許せると思いますが

ヘルメットに名前を書かれたり

果てはいやらしいDVDを整理されたりというのはちょっとなあ・・・


思春期の息子と母親みたいで面白いコンビだと思いました。










<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。