検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年07月04日

【ニル・アドミラリの天秤】第10話『白亜の鳥籠 -トラウマ-』感想

今回は、アニメ【ニル・アドミラリの天秤】第10話

『白亜の鳥籠 -トラウマ-』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。








【ニル・アドミラリの天秤】第10話『白亜の鳥籠 -トラウマ-』感想


今回はツグミちゃんが四木沼に迫られている所からスタート!!


薔子さんのことは愛しているが四木沼の血が残されていないからという発言、

薔子さんとの間に子供は出来ないんでしょうか?ちょっと疑問に思いました。





ツグミちゃんを間一髪のところで助けに来てくれたのは、鴻上さん!!

今回は彼、隼人さんの危機を救ったり、ラストシーンでは四木沼と対決したりと

大活躍で嬉しかったです!!

四木沼と異母兄弟であり、彼は召使の子供だという事実にはびっくりしました。

彼の母親は何故亡くなったのか。そして四木沼の目の眼帯の理由が鴻上さんだということだったので、

過去に何があったのか、とても気になりました。






鴻上さんに助けてもらい、逃げ出したツグミちゃんを一時的に助けてくれたのは薔子さん。

彼女、やはりとても優しくていい人ですね。四木沼にこれ以上罪を重ねて欲しくないので

ツグミちゃんを助けた。四木沼の元には望んで居るのだと言っていたので、

二人の仲が悪いとか仕方なく一緒に居るというわけではなさそうです。

一点気になったのが、薔子さんに子供がいるという事!!

冒頭で四木沼が、『四木沼の血が残されていない』という発言をしていたので、二人の子ではなさそう。

ツグミちゃんぐらいのとても可愛い男の子ということだったので、20歳前後ぐらいでしょうか…?










笹乞さんは逃亡を図っていましたが、鵜飼さん・汀さんの二人と遭遇し、

自分の感情を吐露。劣等感とか色々抱えていたんだろうな…。

彼の小説のファンである鵜飼さんの言葉によって、今回彼は作家として救われたと思います。

彼が稀モノじゃない本で、どんな物語を紡いでいたのかがとても気になります

今後また、小説家として復帰して欲しいですね







翡翠くんは百舌山教授に自首を迫っていました。

応じるわけもなく、翡翠くんに能力を使わせるよう彼の母親の末路を話して煽る姿は最低

翡翠ママは彼の身代わりになって実験隊になったというのが切ない…。

どんどん能力の炎が強くなっていったので、燃やすかな?と思っていたんですが

以前のような翡翠ママの幻が現れ、結局力を使わず自首を勧める翡翠くんが素敵でした

…が!!!!!そんな翡翠くんに対して発砲した百舌山教授はありえない!ドクズ!!!







今回は、翡翠くんの元から逃げた百舌山教授が累さんと対峙、

そして四木沼と鴻上さんが決着をつけようとしている所で終わりました。


以前、累さんが百舌山教授をかなり憎んでいるような描写があったので、

百舌山教授はただでは済まないような気がしますね〜

そして四木沼さん、杖が主な武器かと思いきや、鴻上さんを蹴り飛ばしていたので

戦闘力が結構ありそう(笑)

次回はいろいろ決着がつくのかな?








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7855883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。