検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年03月28日

【宇宙よりも遠い場所】第13話『きっとまた旅に出る』感想【最終回。】

今回は、アニメ【宇宙よりも遠い場所】第13話

『きっとまた旅に出る』の感想です。



今回で最終回。は〜〜〜〜寂しい。

【よりもい】ロス決定ですね・・・。


では、以下ネタバレありますのでご注意ください




















































【宇宙よりも遠い場所】第13話『きっとまた旅に出る』感想



当直当番で、割烹着姿

キマリちゃんと日向ちゃんが可愛かったです(笑)

日向ちゃんはおかんっぽかったなあ
おたま持ってる姿がこれまたよく似合うの、彼女(笑)




ミーティングやらトイレ掃除やら、当番の仕事はたくさんあるようです。

こういう、南極での日常的な役割とか生活とか、

勉強になるので見ていてとても楽しかったです

最終回でも色々知る事が出来るのが、嬉しい。


今回出てきた『島内散歩』や『アイスオペレーション』以外にも、

活動内容もっともっと知らないことたくさんあるんだろうな〜




報瀬ちゃん、前回のこともあり、どうなったかなとちょっと心配しましたが、

元気に麻雀やっていたので大丈夫そうです。勝ってるし(笑)

あとペンギンに囲まれて嬉しそうだったし(でもくさいらしい)





『アイスオペレーション』は氷山を削る作業のことだそうです。

持ち出し禁止の南極で、唯一お土産にしていい氷。凄い。


氷の中に何万年も前の空気が閉じ込められていて、

溶けるとプチプチはじける・・・ちょっとロマンチックですよね。

何万年も前の空気が、出てくるんですよ。氷が溶けて





『極夜』、おもしろそうだとおもいました。

『白夜』は知っていたんですが、その反対で太陽がほぼ一日中出ない。

日中でも真っ暗っていうのがなんか神秘的で、でもちょっと怖いような、そんな気がしますね






今回、夏隊帰還が近いという事で、

帰りたくない、という気持ちが生まれたキマリちゃん。

南極に行く前は、日本国内でちょっと遠出するのも諦めていた彼女。


またこの4人で来たいと言う姿は、とても成長して見えました。


『本気で聞いてる』

『本気で答えてる』


このやり取り好きです






帰還にあたって4人が最後にやりたい事。

それは、隊員全員での、野球。

みんな全員でなにかやる、っていうのが良いですね。



かき氷のシロップで線を描いているのが面白かった。


ピッチャーは吟さんでした

『南極の縦じまナインティーン』という異名を持つ吟さん。

ナイスピッチ、吟さんもうほんとかっこいい。素敵。




それでもその球を打ったという報瀬ママ、凄いですよね〜。

かなえさんからそれを聞いて表情が変わる報瀬ちゃんがよかった。



吟さんが報瀬ちゃんに向かって投げる時、『貴子・・・見てるでしょ!』

っていいながら投げるんです。もうこれだけでも泣きそうになった。


更に涙腺に来たのは報瀬ちゃんが見事打ち、

貴子さんと報瀬ちゃんの二人がダブって見えるところ。


もう・・・ね、12話で終わるんじゃなくてこの13話があってよかったと思いました。

感慨深い〜〜〜!!







後半。


報瀬ちゃんはなんとまあ髪の毛をばっさり


ボブぐらいまで切っていました。キマリちゃんぐらい?

髪を切った後、吟さんとかなえさんに満面の笑みを向ける彼女が印象的でした。

13話通して、一番いい笑顔だったと思います。

『やっぱり親子ね。笑ったところがそっくり』

ほんと、貴子さんにそっくり。またここで泣きそうになる私、





4人が帰る前の吟さんの言葉が良かった。

『ここでまた、会いましょう』

4人と、隊員のみんながまた南極へ一緒に行く時がくるかな、くるよね。あの4人なら絶対行く。

ただの『またね』とかじゃなくて、『また、会いましょう』ですからね。

隊長最後までかっこよすぎましたよー・・・。





報瀬ちゃんのスピーチも良かった。

『私はここが大好きです。越冬頑張ってください。必ずまた来ます。ここに』



引用したのは最後の一言なんですが、この前が凄く良いスピーチなんです。

彼女の成長が伝わってくる。

涙する隊員たち。みーんな、泣いていました。

吟さん、口元しか映っていなかったけど、頬を伝ってどんどん流れてくる涙。


貰い泣かないわけがない!!!





ヘリに乗り込む前、かなえさんに

『隊長のこと宜しくお願いします』って生意気言う報瀬ちゃんが良かった

二人、いい関係になれたと思います。流石似た者同士

今回の南極行きがなかったら、お互いもやもやしてただろうなあ・・・。

貴子さんのPCは、吟さんに預けていくようでした。

『一緒に越冬させないと母に怒られそうな気がして。私はもう無くても平気ですから!


笑顔でそう言える報瀬ちゃん。

お母さんの死を受け止め、乗り越えた。現実はとても辛いものだったけど、

これで彼女は進んでいける。






女子高生たちが昭和基地を去った後、

貴子さんのPCの送信トレイに、一通だけあったメールに気づく吟さん。

吟さんもびっくりしていましたが、私もびっくり

受信の方に気を取られていたんですが、前回から映ってました?これ。



帰り道、オーロラを4人で見ていた時にメールを受信する報瀬ちゃん。


『本物はこの一万倍綺麗だよ』という母からのメール。

添付ファイルはオーロラの写真。

『知ってる』と笑顔でいう報瀬ちゃんが印象的でした。今、実際に見ているもんね。


貴子さんが未送信のままだったメールを、吟さんが送ってくれた。

しかもタイミングよすぎですよ吟さん〜〜!

キマリちゃんが見たかったと言っていたオーロラ。

4人皆で見ることが出来て良かったなと思います。





いやあ・・・本当に、

どの話もいい話ばかりで、女子高生4人、それぞれの抱えるものやそれを乗り越えて成長していく姿、

とても勇気をもらいました。自分も頑張らなきゃなって思う。

1話で見るのをやめた方。ぜひ、もう一度全部を見て頂きたい。

私も録画はしたものの見るのどうしようかな〜と迷っていました。結果、ドはまり。

してやられました。これはのめりこんじゃう。

南極について知るきっかけにもなると思います。私も正直タロやジロの事しか知らなかったんですが、

どんな調査をしているか、とか観測船の設備とか色々と興味が出てきました。

蛇足という事もなく、綺麗にすとんとまとまり、終わったこのアニメ。

とてもいい作品だと思いました。13話ぜんぶ、見て良かった。

まるで彼女達と一緒に、南極に行って色々な体験をしているみたいでした。




また4人で南極に行って欲しいな。

報瀬ちゃんは100万円を置いてきたようです。『おたから』として。



最後、めぐっちゃんがまさか北極に行ったとは思いませんでした



EDまで演出最高でした。メインキャスト4人の出し方。一人ずつでるのがいい。

帰国後、それぞれの場所での4人それぞれの姿がまたよかったな。




4人が再び南極に行くのはいつなんだろう。

その後を色々想像するのが楽しいですね。

終わった後に余韻に浸れるアニメ。素敵。




宇宙よりも遠い場所 1(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]

新品価格
¥7,429から
(2018/3/28 17:51時点)














この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7487940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。