検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年07月11日

【働くお兄さん!の2!】第1話『ぼくたち働くお兄さん!!』感想

今回はアニメ【働くお兄さん!の2!】第1話

『ぼくたち働くお兄さん!!』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。










【働くお兄さん!の2!】第1話『ぼくたち働くお兄さん!!』感想


今回から働くお兄さんの第二期が始まりました〜

映画製作会社でのアルバイトという事で、タピオとクエ彦は

一期の映像を編集する作業を行っていました

普通の映像ではなく、一期の映像を用いていたので一期をざっくり振り返る事ができ、

嬉しかったです。一期の先輩方も二期に登場したりしないかなあ〜



途中、タピオが編集していた映像で

『私の名前はうーさー』という音声ファイルが当てられていたのには爆笑(笑)

久々にうーさーの声を聞くことが出来てうれしかったです(笑)




今回の先輩キャラは、レサパ田監督というレッサーパンダの映画監督。

ハクビシンやアライグマと呼ばれると怒っていたのが面白かったです

あそこまで怒らなくてもよいのでは…?とは思いましたが(笑)










2018年07月04日

【ニル・アドミラリの天秤】第10話『白亜の鳥籠 -トラウマ-』感想

今回は、アニメ【ニル・アドミラリの天秤】第10話

『白亜の鳥籠 -トラウマ-』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。








【ニル・アドミラリの天秤】第10話『白亜の鳥籠 -トラウマ-』感想


今回はツグミちゃんが四木沼に迫られている所からスタート!!


薔子さんのことは愛しているが四木沼の血が残されていないからという発言、

薔子さんとの間に子供は出来ないんでしょうか?ちょっと疑問に思いました。





ツグミちゃんを間一髪のところで助けに来てくれたのは、鴻上さん!!

今回は彼、隼人さんの危機を救ったり、ラストシーンでは四木沼と対決したりと

大活躍で嬉しかったです!!

四木沼と異母兄弟であり、彼は召使の子供だという事実にはびっくりしました。

彼の母親は何故亡くなったのか。そして四木沼の目の眼帯の理由が鴻上さんだということだったので、

過去に何があったのか、とても気になりました。






鴻上さんに助けてもらい、逃げ出したツグミちゃんを一時的に助けてくれたのは薔子さん。

彼女、やはりとても優しくていい人ですね。四木沼にこれ以上罪を重ねて欲しくないので

ツグミちゃんを助けた。四木沼の元には望んで居るのだと言っていたので、

二人の仲が悪いとか仕方なく一緒に居るというわけではなさそうです。

一点気になったのが、薔子さんに子供がいるという事!!

冒頭で四木沼が、『四木沼の血が残されていない』という発言をしていたので、二人の子ではなさそう。

ツグミちゃんぐらいのとても可愛い男の子ということだったので、20歳前後ぐらいでしょうか…?










笹乞さんは逃亡を図っていましたが、鵜飼さん・汀さんの二人と遭遇し、

自分の感情を吐露。劣等感とか色々抱えていたんだろうな…。

彼の小説のファンである鵜飼さんの言葉によって、今回彼は作家として救われたと思います。

彼が稀モノじゃない本で、どんな物語を紡いでいたのかがとても気になります

今後また、小説家として復帰して欲しいですね







翡翠くんは百舌山教授に自首を迫っていました。

応じるわけもなく、翡翠くんに能力を使わせるよう彼の母親の末路を話して煽る姿は最低

翡翠ママは彼の身代わりになって実験隊になったというのが切ない…。

どんどん能力の炎が強くなっていったので、燃やすかな?と思っていたんですが

以前のような翡翠ママの幻が現れ、結局力を使わず自首を勧める翡翠くんが素敵でした

…が!!!!!そんな翡翠くんに対して発砲した百舌山教授はありえない!ドクズ!!!







今回は、翡翠くんの元から逃げた百舌山教授が累さんと対峙、

そして四木沼と鴻上さんが決着をつけようとしている所で終わりました。


以前、累さんが百舌山教授をかなり憎んでいるような描写があったので、

百舌山教授はただでは済まないような気がしますね〜

そして四木沼さん、杖が主な武器かと思いきや、鴻上さんを蹴り飛ばしていたので

戦闘力が結構ありそう(笑)

次回はいろいろ決着がつくのかな?








2018年07月02日

【はねバド!】第1話『スッゴい才能!』感想



今回は、アニメ【はねバド!】第1話

『スッゴい才能!』の感想です



原作者である濱田浩輔さんのファンなので、アニメ化がとても嬉しい作品の一つです

では、以下ネタバレありますのでご注意ください。











【はねバド!】第1話『スッゴい才能!』感想





冒頭の試合は全日本ジュニア選手権で、主人公である羽咲 綾乃と、

彼女が入学する北小町高校バドミントン部主将の荒垣なぎさが試合をするシーンでした。




今回はこの試合シーンに魅せられ、視聴を決意。

躍動感があり、色んなアングルから試合選手を見ることが出来たため

迫力あるシーンになっていました

シャトルが飛んでいく音や、打つSEも聞いていて臨場感があるものでした。

今後の試合シーンもこのクオリティで見たいですね〜

楽しみの一つです!





そしてOP。

YURiKAさんが歌っている『ふたりの羽根』という曲名なんですが、

爽やかで良い歌でした。高校時代に戻って部活がしたくなる〜〜







本編の感想ですが、今回は主人公である綾乃ちゃんが

北小町高校に入学し、バドミントン部員に勧誘されるところまで描かれていました。

かつて全日本ジュニア選手権で綾乃ちゃんが、

完封勝利した相手であるなぎさちゃんに勝負を持ちかけられるラストシーン。

早く続きが見たくなりますね〜



今回は1話ということで、それぞれのキャラについての感想を書いていきたいと思います。













主人公 羽咲 綾乃について



友達と一緒にいる所を見ると、ゆるーいかんじの子なのかな?と思っていたんですが、

回想として出てくる試合での怖いくらいの目つきが印象的でした。

かなり集中しているとああなるんでしょうか?



過去に何かあった様子で、バドミントン部に勧誘されても頑なに断っていたうえ、

『たかがスポーツ』『部活のバドミントンなんか何の意味もない』という発言が気になります。

幼馴染にぶつかりそうになったテニスボールに反応し、打ち返していたので、

実力はありそうだし怪我でバドミントンを諦めたとかではなさそうなんですがね〜。

ちなみに彼女は左利きらしいです!バドミントンでは有利だと言われる利き手

他にも動体視力なども優れているとのことだったので、

彼女がなぜここまでバドミントンをやりたがらないのか、早く知りたいです。






荒 垣なぎさについて


女子バドミントン部の主将である荒垣なぎさ

彼女は部員に対しかなりのスパルタ指導をしており、第一印象は怖いのひとことに尽きます

『寝てても強くなんないでしょ!!』って、そりゃ見学に来た新入生も帰っちゃうわなあ…。




彼女がここまで過度な練習に拘るようになったのは、かつて綾乃ちゃんとの試合に完敗したことで、

それまで自分がバドミントンのために努力してきたことを全部否定された気持ちになってしまったから。

北小町高校に入学してきた綾乃ちゃんの姿を目にしたことによって、

彼女は過去と向き合えていなかった自分自身を自覚します。

自分の思いを吐露するシーンは必見。強気な子かなという第一印象だったので、

泣いている姿は支えたくなりました…






北小町高校バドミントン部について


副主将である泉 理子ちゃん。

今回はスランプで荒れるなぎさちゃんと部員の間に立っていたような印象です。しっかりしてそう

綾乃ちゃんに『部活のバドミントンなんか何の意味もないですよね』と言われ、

『意味なくなんかない!』と目に涙を浮かべながら反論する姿には胸を打たれました。






今回やってきたバドミントン部コーチ、立花 健太郎

テニス部をフェンス越しに覗いていたり、綾乃ちゃんの手をさすさすしたりという行動のため

変態呼ばわりをされていました(笑)

サングラスの下はイケメン…!!

彼は北小町高校バドミントン部のOBで、オリンピック代表選考に残った実力があるらしいですが、

残念ながらオリンピックは膝の怪我で辞退したようです。

高校時代の監督を見てみたいな〜と思いました




顧問の太郎丸 美也子先生は、

バドミントン未経験らしいです。

それでも一生懸命努めようとしてくれているいい先生だな、という印象。

可愛らしい先生でした






綾乃ちゃんの友達


テニスボールがぶつかりそうになった、綾乃ちゃんの幼馴染は

藤沢エレナちゃん。幼稚園から一緒なんだとか。

この子はバドミントン部には入部しないのかな?

ロングヘアで美人。お姉さんっぽい感じの子でした

『やっぱり…綾乃はバドミントンやるべきだと思う』『逃げてたらいつまでたっても前に進めないよ』





クラスメイト?の三浦のり子ちゃん。

眼鏡っ子で大人しくて清楚な女の子かな〜?という見た目の印象に反して、

中身は肉食系でギャップにびっくりしました(笑)









他にもバドミントン部員がいたので、

彼女たちの特徴をもっと知りたいですね〜!ちなみに男子部員もいるようです。

次回は綾乃ちゃんVSなぎさちゃんになるのかな?

試合シーンが楽しみ〜





2018年06月29日

【宇宙戦艦ティラミス】第13話『ATMOSPHERIC REENTRY/TO EARTH』感想

今回はアニメ【宇宙戦艦ティラミス】第13話

『ATMOSPHERIC REENTRY/TO EARTH』の感想です。

以下、ネタバレありますのでご注意ください。















【宇宙戦艦ティラミス】第13話『ATMOSPHERIC REENTRY/TO EARTH』感想




メトゥスの民の猛攻を受けるティラミス。

大気圏宙域まで追いやられている状況から今回はスタートしていました。


スバルは相変わらずデュランダルの調子が悪く、自分自身も良いところ無しだとうじうじしていました。

ティラミスが押され気味なのは、エースパイロットであるスバルがこんな調子なのが原因なんでしょうね



そんなスバルはリージュ中尉から新しいヘルメットを貰い、

喝を入れられ、出撃を決心。(更に別の要因もありますが)





出撃後、ヘルメットのバイザーに一生懸命保護フィルムを張ろうとしているスバル

気泡が入らないようにと奮闘していたんですが、なんと服の繊維が入らないようにと

全裸で保護フィルムを貼りだす始末

拘りの強さが伺えました(笑)




そんな中、イスズスバルBによる襲撃を受けたデュランダル。

結局彼らの襲撃によって保護フイルムに気泡が入ってしまった上、

その気泡の中にコックピットダニまで入ってしまっているという不運さ



更にそうこうしている内に大気圏に突入するも、

デュランダルを捨てて自分だけ脱出できないというスバル

デュランダルへの愛が感じられるセリフだな…とちょっと感動


何か策でもあるのかと思いきや、質問サイトに

大気圏から助かる方法について投稿するスバルには爆笑してしまいました(笑)

まともな回答が返ってくるはずもなく、そして脱出レバーもチャイルドロックにより作動できず、

大気圏へと消えていくスバル





流石に燃え尽きてしまったのかと思ったんですが、

なんと無事に地球にたどり着いていたのには驚きました

デュランダルの姿がぼろぼろの満身創痍でとても見ていて痛々しいんですが、感動してしまいました。





今回が最終回という事で、なんとも意外かつ切ない終わり方となってしまったこのアニメ。

なんと2018年10月からは第二期が始まります!!!

デュランダルは復活するんでしょうかね〜?

色々と気になります!











2018年06月20日

【かくりよの宿飯】第12話『天神屋の地下に秘密あります。』感想

今回は、アニメ【かくりよの宿飯】第12話

『天神屋の地下に秘密あります。』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください











【かくりよの宿飯】第12話『天神屋の地下に秘密あります。』感想



今回は夕がおに葉鳥さんが来店!

初めて食べるカレーが不思議そうでしたが、満足しているようでした

箸で食べていたんですが、食べにくくなかったんでしょうかね〜?

彼と史郎さんとはマブダチだったようで、気が合う似た者同士なんだとか〜(笑)

後から現れ、彼をつまみ出した暁さんによると、

『ちゃらんぽらんで適当で、女癖が悪くて、ほんと史郎にそっくり』らしいです

葉鳥さんと史郎さん、二人で街に繰り出して遊んでそうですね〜(笑)




そんな彼、天狗という事でひょっとして?と思っていたんですが、

なんと松葉様の三男坊らしいです現在は掟を破ったため勘当されているとのことでした。

いったいどんな掟を破ったんでしょうね?松葉様が勘当するほど怒るぐらいのものとなったら

余程大切な掟だと思うんですが…。










今回は一つ目の子供たちが行方不明になると言う騒動が起こっていました。

銀次さんや暁さんと一緒にさがすことになった葵ちゃんですが、手分けをして

暁・葵ペアは地下を捜索することに。

天神屋の地下は今回初めて見ることが出来たんですが、

土産物などの工房になっているという事には驚きました。

鉄鼠という妖たちが天神屋オリジナルの梅ザラメ煎餅の製造・箱詰めを行っていたり、

理科室のような部屋では地下施設を統括している開発部長の砂楽(さらく)博士

新しい温泉まんじゅうを考えていたりと、地下も中々楽しそうな印象でした



子どもたちを追っているうちに、場違いな洋風の建物の廊下のような空間に出た葵ちゃん

それだけでも不思議なんですが、そこに居たのは折尾屋の看板兼、ノブナガ

なんでここに居るの?と言う印象でしたね〜。ノブナガにも秘密がありそうだなあ。

そして洋室の中には史郎さんの写真や、大旦那と黄金童子が一緒に写っている写真がありました。

大旦那と黄金童子の関係性が気になる…!!



不思議な部屋から出ると、元いた地下に戻りました。

そこには一つ目の子供たちも居て、髪飾りを探すために地下に来たんだとか。

結局追いかけているうちに暁さんが発見していたみたいなんですが、

何故髪飾りは地下にあったのか…。葵ちゃんも気になっている様子でした。

ノブナガが咥えて持って行ったとか…?






さて、今回季節が夏という事で、夕がおではかき氷屋として鹿児島発祥の氷菓子、

『しろくま』を振る舞っていました!

これがまたフルーツや練乳が美味しそうで美味しそうで

食感を出すために寒天の代わりに蒟蒻を入れると言うアイデアも斬新だな〜と思いました。

初登場の妖である氷屋のお氷衣さんも、快く協力してくれる優しい妖でした





ラストシーンではかなりしんどそうな狐姿の銀次さんでしたが、

一つ目の子供たちを手分けして捜索しているうちに何かあったんでしょうか?気になります!!









<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。