広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年05月29日

キャスティングされた個人投資家の運命

配当が6%〜10%の高配当を謳う投資案件は過去にも多くありました。あるじゃんなどの雑誌には必ずと言っていいほど広告が出ていた「あぐら牧場」や「ラブホテルファンド」などは結果的にポンジスキームを模した詐欺ファンドでした。いつの時代も個人投資家が被害を受ける構図は変わりません。騙される方にも責任があるとか、法整備の厳罰化などを求める方もいます。しかし、現に被害を受けてしまっている渦中の投資家にとっては、「今さら」どうしようもないのでしょうか。私ふまんだらけは、そうは考えていません。

ソーシャルレンディング業界でも「みんなのクレジット」や「ラッキーバンク」の事業者による諸問題が連日耳に入って来ます。でもすべてが受け身なんですね。事業者が何とかしてくれると信じている人もまだまだたくさんいます。多くの個人投資家を集めて、この壮大な物語を描いている者。彼らは好きなように嘘をつくし、都合よく話をでっち上げたりもする。彼らのような人間にとってこの業界は過ごしやすい社会システムといっていい。営業文句を鵜呑みににするな。疑うべきものを信じようとする人の気持ちに漬け込むことを生業としている彼らにとって、真心で太刀打ちできる相手ではないことを、私ふまんだらけは忠告する。

私ふまんだらけは、読者の方々に猛省を促したい。いつまで信じているんだと。損したく無ければ相手を疑え。損をして得を取れというコトバを、まず疑え。真実を知りたければ、嘘を知ることがその第一歩だ。何が真実で、何が嘘なのか、気を付けながら、つまりは周囲を疑いながら、心を鬼にして前に突き進むことをお勧めする。いつまでも相手の物語の上に立っているようでは、キャスティングされた投資家のポジションでは、主導権はグリップできないことに、気付くべきなのだ。


◇形勢を逆転させる破産の申立て
会社を破産する場合の申し立ては通常は事業主や役員などである。しかし、実は債権者・債務者からの破産申し立ても可能であることを忘れてはならない。しかし申し立てるタイミングは非常に大切である。つまり、破産の申立てが通るのは会社が債務超過の場合でないとできない。個人投資家はそのタイミングを見計らう必要がある。例えば、ソーシャルレンディング業者が新規募集を停止していて、このまま営業を続けていけば資金繰りができなくなり倒産が見込める状態であるのであれば、その要件を満たしていると私ふまんだらけは考えています。自ら破産手続きのトリガーを引くことに躊躇う投資家の方々も大勢いると思いますが、財務状況などは破産管財人によって真相がはっきりする。少なくともギリギリまで引っ張て身動きがとれない状態になってからの破産では、債権者への配当は平均5%位である。自ら動くことがなければ、いずれ大損することは明白だろう。先手を取った個人投資家からの破産申立ては、一石を投じることができる可能性を秘めていることは、心に留めておきたい。


下記は私ふまんだらけが投資するソーシャルレンディング業者の一部です。中でもオーナーズブックはHP自体も勉強になることが多いので初めての方にもおススメです。日々の資産増減に一喜一憂することにストレスを感じられる方などは、一度サイトを確認されるのも良いかも知れません。









クラウドバンク


(* ̄▽ ̄)ノクリック応援ヨロシクお願いします♪





ファン
クリックをお願いします(* ̄▽ ̄)ノヨロシク

プロフィール
ふまんだらけさんの画像
ふまんだらけ
中野の「まんだらけ」によく出没。ソーシャルレンディングで2300万円分運用。その他に株式投資、NISA、iDeCoをメインに運用中。 趣味は、草むしり、食べ歩き、アニメ(fateシリーズ、物語シリーズ)、読書です( `・ω・´)ノ
プロフィール
問い合わせ先は各記事のコメント欄までどうぞ。
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
ふまんだらけも100万円投資中 ふまんだらけも250万円投資中 ふまんだらけも100万円投資中 クラウドバンク ふまんだらけも15万円投資中 ふまんだらけも投資実績がある業者 ふまんだらけの投資先注目業者 LENDEX
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。