広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年03月28日

みんなのクレジットと「調整お見舞金」について

株式会社テイクオーバーホールディングスグループ(以下、TOHG)は、投資家が 株式会社みんなのクレジット(以下、「みんクレ」)を通して発生した損失を一定の条件下による契約の締結を前提として「調整お見舞金」を支給する旨の告知がされています。

賛否両論あるようですが、私ふまんだらけ自身は投資していません。誤解を恐れずに言うと、どちらか一方に「味方」するつもりもありません。ただこれからソーシャルレンディングに投資する人やすでに投資している人に今後のヒントになればと考え、バイアスがかからない中立的な視点から、あえて私ふまんだらけなりのモノの「見方」を記したいと思います。


Q.悪意ある者と完全な契約を結ぶ論理解は存在するか?

契約違反をしても罰する者がいない。契約の約束を突然相手が破ったら、自分が裏切ったら、損するのは契約を信じた一方のみ。先に裏切った方が利益を得る状況下では、そもそも完全な契約は成立しない。今回TOHG社と投資家が結ぶ民民の契約において、はじめから中立的な監督役は果して存在しているのでしょうか?

つまりこの契約の本質とは「先払い」である。相手のために先に損を支払い、それが倍の利益として帰って来てはじめて過去の遺恨を越えた完全な契約の締結が可能となると私ふまんだらけは思います。

誰にでも間違いや過ちはあるでしょう。認めたくないことも度々起こるでしょう。
だから自分自身が嫌なこと、損したことから逃げることは悪いことではないし、一概に逃げずに立ち向かえば偉いというわけでもないと思います。ただ目を逸らしているだけでは、本当に逃げたことにはならいよ、ということは認識した方がいいと私ふまんだらけは思います。

例えるなら、株価が下がるのが嫌だからといって目を逸らしているだけでは、本当に逃げたことにはならない。損切りという「行動」を伴ってこそ意味があると私ふまんだらけは思います。

私ふまんだらけが当事者であれば今回の話に乗るか乗らないかを問われれば、「乗れない」と回答するかもしれません。

ランキングに参加しています。
クリックを宜しくお願いします(* ̄▽ ̄)ノ

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


ソーシャルレンディングランキング

ファン
クリックをお願いします(* ̄▽ ̄)ノヨロシク

プロフィール
ふまんだらけさんの画像
ふまんだらけ
中野の「まんだらけ」によく出没。ソーシャルレンディングで2300万円分運用。その他に株式投資、NISA、iDeCoをメインに運用中。 趣味は、草むしり、食べ歩き、アニメ(fateシリーズ、物語シリーズ)、読書です( `・ω・´)ノ
プロフィール
問い合わせ先は各記事のコメント欄までどうぞ。
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
ふまんだらけも100万円投資中 ふまんだらけも250万円投資中 ふまんだらけも100万円投資中 クラウドバンク ふまんだらけも15万円投資中 ふまんだらけも投資実績がある業者 ふまんだらけの投資先注目業者 LENDEX
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。