2020年08月23日

持続化給付金申請仮登録でメールが届かない原因はドメイン受信設定?

持続化給付金申請仮登録でメールが届かない原因はドメイン受信設定?

持続化給付金オンライン申請をしようと思い、仮登録をするときのことです。

仮登録.png

仮登録情報入力画面で、メールアドレスを入力しても、メールが届きませんでした。

何度やっても、届きません。

「なんで、メールが届かないんだー」と嘆きつつ、持続化給付金申請のシステムの不具合を疑いました。

もしくは、「各キャリアのセキュリティ設定や、ご自身の迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように設定してください。@jizokuka-kyufu.jp」と書かれている言葉が何か影響しているのではないかと推測しました。

上記の言葉が専門的過ぎて何のことか良く分かりませんので、とりあえずGoogleで調べました。

すると以下のような解釈にたどり着きました。

要するにスマートフォンで、@jizokuka-kyufu.jpのメールを受信できるように設定すればいいのかな。

その後、「ドメイン 受信 解除」というキーワードで検索すると、

かなり分かりやすいサイトを発見しました。
https://www.setsuyaku-sumaho-mania.site/domein_shitei_zyushinn_settei/

このサイトは、ソフトバンク、au、ワイモバイル、パソコンのGmail、さらにはガラケーのドメインの指定受信の具体的な方法が書かれています。

サイトの内容を見ながら、サイトを作られた方にかなり関心していました。

ドメインの受信設定をする前に、再度入力したアドレスを一つ一つチェックすると、

なぜメールが届かないのかが分かりました。

それは、アドレスの入力ミスでした。

1文字だけ、小文字で入力するべきところを、大文字で入力していました。

やはりアドレス入力は、コピペが一番ですね。

結局、ドメインの受信設定はしなくて済んで、無事仮登録と申請が済みました。

特に電話やメールの連絡が来るわけでもなく、オンライン申請から2週間程度でお金が振り込まれました。

ITやスマホに疎い方は説明会があるとはいえ、申請には苦労するなと思います。

特に、スマホやパソコンを触ったことがない過疎地の農村や市場の経営者は、どうやって申請するのだろうと心配になりました。


家賃支援給付金申請で駐車場の入力方法をコールセンターに質問

家賃支援給付金で駐車場の入力方法をコールセンターに質問


家賃支援給付金の申請でつまづいた入力箇所です。

入力を進めていくと、借りている物件に対し、

土地・建物に関する賃貸借契約における物件情報」の項目があります。

その際に、物件情報を入力していかなければなりません。

そして、もっと進んでいくと「物件の種類」(土地か建物か選択してください)という選択肢があります。

選択肢は「土地」「建物」「両方」の3つの中から1つ選ぶことになっています。

この時に、困りました。

私は同じ貸主から事務所と駐車場を借りています。

また、事務所の賃貸料金も駐車場の料金もまとめて、毎月同じ貸主に支払っています。

そして、契約書も事務所と駐車場の契約は1部にまとまっています。

しかし、事務所と駐車場の賃貸料金は別々の料金で支払っています。

このような場合、物件情報の入力の箇所で、

@「物件」のみを選べばいいのか?

A「両方」を選べばいいのか?

@とAのどちらかで物凄く悩みました。


「まぁ、Aにしとくか。」と思いながら、入力していていったものの、

やはり心配性の私はコールセンターにお電話してみました。

すると、コールセンターの方からの回答は、

「最初の『物件情報1』の入力で、事務所の情報を入力する場合、『建物』を選びます。

そして、用途(使用目的)「事務所」にします。

一通り入力し終えたら、『物件情報2』の入力箇所に移り、『土地』を選びます。

この場合、用途(使用目的)「その他」を選択します。」とのことでした。

ここで更に疑問に思ったことです。

それは「その他」の内容を入力する入力欄があります。

そこに、どのような内容を入力すればよいか分かりませんでした。

コールセンターの方にお伺いしたところ、赤字で書いた部分についてはコールセンターの方のマニュアルに載っていないとのことでした。

そのため詳しい内容は不明であるものの、「駐車場の利用」主旨の内容を入力すればよいとのことでした。

家賃支援給付金の申請は、持続化給付金の申請よりも難易度がグッと上がって気がします。

コールセンターに問い合わせてお聞きするのが一番だと思います。

私が電話を掛けた際は、2~3コール以内ですぐ繋がりました。

しかし、コールセンターに聞く前に、ネット検索する方がほとんどだと思います。

そんな方に、たまたま検索がヒットして、私の書いた記事がお役に立てると嬉しいです。


家賃支援給付金申請において定期賃貸借契約の場合、自動更新の記載はないが…

家賃支援給付金申請において定期賃貸借契約の場合、自動更新の記載はないがどうすればいいのか?


家賃支援給付金のオンライン申請の箇所でつまづいた箇所です。

オンライン申請を進めていくと、賃貸借契約書において、契約の自動更新の記載がある箇所にチェックを付けるようにという趣旨の記載がありました。

しかし、「自動更新の記載がない定期賃貸借契約の場合、チェックの付けようがないがどうすればいいんだろう??」と思い、コールセンターに問い合わせてみました。

すると、「2020年3月31日時点と申請日時点の両方で有効な契約であることを確認できればいいと思います。」という趣旨の返答を受けました。

そのため、自動更新はできないのに、自動更新をできる契約書にする契約書にするには嘘になるので、

嘘偽りなく、契約書の写しを送信しました。

ただ、2020年3月31日時点と申請日時点の両方で有効な契約であることは間違いありません。

不動産の契約用語を聞き慣れない私にとって、この申請は少し不安に思うことは多々あります。

しかし、まずはコールセンターに問い合わせて、正しい情報を逐一確認していくことが大切だと思いました。

同じように悩まれている方に読んでいただき、少しでもお役に立つことができたら嬉しいです。

2020年08月22日

確定申告書に記載のうち、給付対象となる 1か月相当の地代家賃の入力方法

確定申告書に記載のうち、給付対象となる 1か月相当の地代家賃の入力方法


家賃支援給付金の申請をしてみて、つまづいた入力箇所です。

確定申告書に記載のうち、給付対象となる 1か月相当の地代家賃」???

聞きなれない言葉で、何のことか良く分かりませんでした。

要するに、1か月分の家賃をそのまま入力すればいいのかな?」と思いました。
しかし、もし間違えて、後日連絡が来たら、嫌なのでとりあえず、コールセンターに電話しました。

「電話をかけても、なかなか繋がらないだろうなー。」と思いつつ、
半ばあきらめモードで電話すると、2コールくらいで、応答していただけまして、
予想を上回る速さでした。

私:「確定申告書に記載のうち、給付対象となる 1か月相当の地代家賃って、1か月分の家賃をそのまま入力すればいいんですか?」と質問。

コールセンターの方:「違います。提出される予定の確定申告書には1年分の家賃の金額が記載されてますが、その金額を12で割った金額が入力すべき金額となります。」という趣旨の返答。

私:「そうしましたら、実際に毎月支払っている金額と少しずれていますが、大丈夫でしょうか?」

コールセンターの方:「大丈夫です。12で割った金額をそのまま入力してください。」という趣旨の返答。

確定申告書には1年分の家賃の料金を記載されています。

それを単純に12か月で割った金額を入力すれば良いという話でした。

1か月分の家賃を入力するところでしたので、お聞きしておいてよかったです。

このブログを読んでくださった方も、同じように迷われた方がいるかもしれません。

コールセンターにお聞きするのが一番良いと思いますが、お役に立てればと思い、

情報を共有させていただきました。

この記事は、他の記事と比べてかなりアクセス数が多く、驚いています。

やはり旬な内容を書くと、全国のかなりの多くの方に読んでもらえるんですね。

もうすぐ下火になってしまうと思うと寂しくなってきますね。

次は、コロナウィルスを乗り切るためのDX(デジタルトランスフォーメーション)の記事を書こうかなと検討しています。



プロフィール
コロナを乗り切ろう!さんの画像
コロナを乗り切ろう!
コロナでとにかく景気が悪いので、何とか乗り切る方法を考えています。主に国からの給付金の情報や売り上げが減少した飲食店や観光業をV字回復させるための経営対策について、ご紹介していきます。働き方改革、DX、アフターコロナの世界に興味があります。
プロフィール
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
最新記事
カテゴリーアーカイブ