2021年01月15日

【解決】オープンオフィスがアンインストールできない場合の対処法

GoogleやYahoo!検索で、この記事に辿り着いた方は、タイトルの件でお悩みであろう。
通常であれば、「プログラムの追加と削除」でアンインストールをすれば、削除されるはずである。
しかし、オープンオフィスを削除しようとすると「クイック起動を中止してください。」というような表示が出て、アンインストールできなかった。
そのため、タスクマネージャーを起動し、オープンオフィスのバックグラウンドプロセスについて、全てタスクの終了をしたら、アンインストールできるようになった。

もし、同じような現象で困っている方に対し、参考になったらと思うので、具体的な方法を書く。
@「タスクマネージャー」を起動
A「プロセス」の項目で、「バックグラウンド」の中にオープンオフィスの項目がないか探す。
Bオープンオフィスを選び、右クリック。
Cタスクの終了を選択。
Dオープンオフィスのすべての項目のタスクの終了を行う。
Eプログラムの追加と削除で「アンインストール」を実行。

@〜Eを行うと、無事オープンオフィスを削除できた。

もし、同じような現象が起きた方がいて、私の記事で解決できた方がいたら嬉しい。

フリーソフトを使うのは、やはり怖い。

何か目的があって無料にしているはずである。

パソコンでソフトを使う場合には、きちんとお金を払って、有料のソフトを使う方が安心して使用できるし、効率もあがる。

Microsoft Office Personal 2019 (永続版)|カード版|Windows10|PC2台

価格:36,050円
(2021/1/17 08:11時点)


プロフィール
コロナを乗り切ろう!さんの画像
コロナを乗り切ろう!
コロナでとにかく景気が悪いので、何とか乗り切る方法を考えています。主に国からの給付金の情報や売り上げが減少した飲食店や観光業をV字回復させるための経営対策について、ご紹介していきます。働き方改革、DX、アフターコロナの世界に興味があります。
プロフィール
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
最新記事
カテゴリーアーカイブ