2021年01月17日

サポート切れのMicrosoftOfficeは危険?確認方法は?

昨年の10月13日にMicrosoftOffice2010のサポートが終了しました。
MicrosoftOfficeアカウントは10年でサポートが終了してしまうということですね。

つい、この間「Windows7のパソコンを変えたばかりなのに、また変えなくちゃあかんのかー。」とため息が止まらないですよね。

「サポートが終了。」ということは、何となく良くないだろうということは、察しがつくはずです。

しかし、使えるか使えないかというと、普通に使えている方がほとんどだと思います。

それなら、使えればいいじゃん。」ということで、継続して使用する方も多いのではないでしょうか。

今回は、サポート切れのMicrosoftOffice2010を使うことは、危険かどうか、そしてMicrosoftOffice2010の確認方法について解説していきます。

目次
  1. MicrosoftOffice(マイクロソフトオフィス)2010を使うと危険か?
  2. どうやって確認するの?
  3. まとめ


1.MicrosoftOffice(マイクロソフトオフィス)2010を使うと危険か?


結論から言うと、危険です。
IPAによると、「一般的にサポート終了後は新たな脆弱性が発見されても、製品ベンダによる修正が行われません。 よって、脆弱性を悪用した攻撃による情報漏洩や意図しないサービス停止などの被害を受ける可能性が高くなります。 該当ソフトウェア製品のユーザは、速やかな最新版への移行等の実施が求められます。」とコメントされています。
また、2019年にJVN iPediaに登録されたOffice 2010の脆弱性の22件のうち、全体の55% (12件)が最も深刻度の高いレベル3とのことでした。「Office 2010においても深刻度の高い脆弱性が発見されており、サポート終了後に新たな脆弱性が発見されると、攻撃者に脆弱性を悪用され、ウイルス感染等による被害につながる可能性があります。」とIPAがコメントしており、Office 2010を変えなければならないいう趣旨のコメントをしております。

上記の内容を読んでみても、専門家ではない方やパソコンに少しだけ詳しいという方は、一体何のことか分からないと思います。

しかし、マイクロソフトオフィスの2010年バージョンを使用している場合は、変えなければならないと独立行政法人のインターネットセキュリティの専門機関がコメントしているので、変えた方がよさそうです。

2.どうやって確認するの?

エクセルやワード、パワーポイントなど、どれでもいいです。
Microsoft officeのソフトを1つ開いてください。

その後、アカウントを選択すると、製品情報のところに「2019」とか、「2013」とか、「365」とか、書いてあると思います。


「2010」や「2010以前」であれば、アウトです!
現地点で「2013以降」であれば、セーフです!

Microsoft社の参考URLも記載しておきます。

3.まとめ

Office 2010を確認してみて、もし該当すれば、速やかに変えましょう。
ですが、Office 2010がインストールされているパソコンは実際にはそんなに多くないと思います。

なぜならば、ほとんどの企業さんがWindows10に切り替えているときに、新しいOfficeのバージョンに切り替わっているからです。

ですが、Office 2010が残っているケースとして、次の場合が挙げられます。
  • Windows7を使用している場合
  • Windows7をアップグレードしている場合


使用しているソフトの兼ね合いで、Windows7を使い続けている企業さんもおられるかもしれません。
しかし、そのような特段の事情もなく、サポート切れのOSを使用している場合は危険です。
また、アップグレードは節約にはなりますが、ソフト自体は更新されず、場合によっては、パソコンに不具合も生じる可能性もありますので、パソコンを買い替えるのがおすすめです。

Microsoftアカウントのみを新たに購入して、それのみ入れ替えるのも有りだと思いますが、古いパソコンを使用しているのであれば、いっそのこと新しいパソコンに変えた方が動きも早くなりますし、業務が効率化すると思います。


2021年01月15日

【解決】オープンオフィスがアンインストールできない場合の対処法

GoogleやYahoo!検索で、この記事に辿り着いた方は、タイトルの件でお悩みであろう。
通常であれば、「プログラムの追加と削除」でアンインストールをすれば、削除されるはずである。
しかし、オープンオフィスを削除しようとすると「クイック起動を中止してください。」というような表示が出て、アンインストールできなかった。
そのため、タスクマネージャーを起動し、オープンオフィスのバックグラウンドプロセスについて、全てタスクの終了をしたら、アンインストールできるようになった。

もし、同じような現象で困っている方に対し、参考になったらと思うので、具体的な方法を書く。
@「タスクマネージャー」を起動
A「プロセス」の項目で、「バックグラウンド」の中にオープンオフィスの項目がないか探す。
Bオープンオフィスを選び、右クリック。
Cタスクの終了を選択。
Dオープンオフィスのすべての項目のタスクの終了を行う。
Eプログラムの追加と削除で「アンインストール」を実行。

@〜Eを行うと、無事オープンオフィスを削除できた。

もし、同じような現象が起きた方がいて、私の記事で解決できた方がいたら嬉しい。

フリーソフトを使うのは、やはり怖い。

何か目的があって無料にしているはずである。

パソコンでソフトを使う場合には、きちんとお金を払って、有料のソフトを使う方が安心して使用できるし、効率もあがる。

Microsoft Office Personal 2019 (永続版)|カード版|Windows10|PC2台

価格:36,050円
(2021/1/17 08:11時点)


2020年12月12日

NCターミナルをWindows10のパソコンで使用する方法〜回線オープンエラーと表示された場合〜

NCターミナルをWindows10のPCで接続する方法
〜回線オープンエラーと表示された場合〜


今まではWindowsXPのパソコンを利用し、CADで作成したデータをNCターミナルで工場の大型精密機械に送信していました。

しかし、ついにXPのパソコンの不調が起き、思ったように動かなくなりました。

こうなったらパソコンを買うしかないと思いました。

そうはいったものの、RS232Cに対応しているパソコンは、ほとんどのパソコンショップにも置いていないことが分かりました。

すると紹介されたのが、「USBシリアルコンバーター」です。

USBシリアルコンバーター(USB Cタイプ) RS-USB60FC RS232C USB 変換

価格:6,789円
(2020/9/13 10:48時点)
感想(1件)



USBポートに、RS232Cに接続できます。

迷わず購入しました。

同時に、RS-232Cインターフェースを使用してパソコン相互でデータ転送するためのケーブルも購入しました。

RS−232Cケーブル 5m クロスケーブル PC−9821対応

価格:3,140円
(2020/9/13 10:51時点)
感想(0件)




Window10のパソコンを購入し、セットアップ後、NCターミナルをUSBを利用してそのままPCに入れます。

NCターミナルは特にインストールは必要ありませんでした。

そのまま、XPにあったデータを移行させただけで使えました。

その後、USBシリアルコンバーターとケーブルを接続し、パソコンと精密機器をつなげます。

さあ、CADのデータを送信しましたが、「回線オープンエラー」と表示されます。

データが送信できません。

どうすればデータを送信・受信できるのか?

RS232Cはもう通信できないのか?と悩みました。

どこがいけなかったかと振り返ったとき、USBシリアルコンバーターのドライバーがインストールされてませんでした。

説明書を読んで、簡単にインストールできました。

その後、再トライしました。

しかし、また「回線オープンエラー」と表示されます。

もう、「打つ手はないのか?」とあきらめモードでした。

ダメもとで、「設定」→「通信条件設定」→「ポート」→「COM1からCOM3に変更」したところ、
IMG_1306.jpg

なんと、送受信可能となりました!

これでWindows10でもNCターミナルを利用し、データを送受信できるようになりました。

理屈は全然わかっていませんが、Windows10でもNCターミナルを使えた私の成功事例です。

もし読まれた方で、参考になればうれしいです。
プロフィール
コロナを乗り切ろう!さんの画像
コロナを乗り切ろう!
コロナでとにかく景気が悪いので、何とか乗り切る方法を考えています。主に国からの給付金の情報や売り上げが減少した飲食店や観光業をV字回復させるための経営対策について、ご紹介していきます。働き方改革、DX、アフターコロナの世界に興味があります。
プロフィール
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
最新記事
カテゴリーアーカイブ