2021年01月17日

コロナの影響で外国人観光客が激減した観光業界が今後取り組むべき対策

コロナウィルスにより、外国人観光客が日本に来なくなりました。
そのため、外国人観光客が収益の要であった観光業は大きなダメージを受けています。
このブログでは、外国人観光客が激減し、収益が落ち込んでいる観光業の方が取り組むべき対策について、ご紹介していきます。

コロナの影響で外国人観光客が激減した観光業界が今後取り組むべき対策

対策
  1. 顧客ターゲットを外国人観光客がら地元民へ
  2. Googleマイビジネスに登録しましょう
  3. ホームページは更新しましょう
  4. 看板の差し替えや設置
  5. 地元の企業と協力


1.顧客ターゲットを外国人観光客がら地元民へ

コロナウィルスの影響がしばらく収まる気がしません。
事態が収束するのを待つよりも、顧客ターゲットを変更しましょう。
コロナウィルスが流行する前は、ツアー会社が外国人観光客が連れてきてくれ、自然お金が入る仕組みのところもありました。
しかし、もう外国人観光客が来ないとなれば、顧客ターゲットを国内、県内に転換させる必要があります。
その方法の一つとして、体験のマッチングサイトがあります。
事業所独自で可能な体験を紹介してくれるサービスがありますので、登録して訪問客を増やしましょう。
登録済の例として、スキー体験、シュノーケリング体験、ドローン体験があります。
ご当地でしかできない体験があるはずです。
サイトに登録し、日本国内のヒトに積極的にアピールしましょう。




2.Googleマイビジネスに登録しましょう

それでは、国内や県内の人に足を運んでもらうためには、どうすればいいのでしょうか?

それは、Googleマイビジネスに登録することです。

多くの人々は、Googleで行きたいお店や買いたい商品、味わってみたい体験やサービスを検索します。

Googleで検索すると、Googleマイページというものが出てきます。

これを読んでいるあなたが経営する事業所も従業員として勤めているお店も、Googleマイページがあるはずです。

もし、万が一ないのであれば登録もできます。

人を集客するならば、Googleマイビジネスの登録とメンテナンスは今の時代不可欠です。

もし、やっていないのなら絶対にやることをおすすめします。

コロナでお時間がある方なら、なおさら今がチャンスです。

登録費用は掛からないので、やりましょう。

参考のため、Googleマイビジネスに登録し、メンテナンスすることの効果を記します。
  • ページの説明文に、事業の説明を入れることにより、ユーザーの検索にヒットする。
  • 商品やサービス、観光名所の魅力をアピールできる。
  • 営業か、営業時間外か、告知することができる。
  • 写真も掲載でき、視覚的にアピールできる。

Googleマイビジネスの登録方法は簡単です。
こうやってパソコンを見ている時間に、登録してしまって、お客様の集客に努めましょう。
Googleマップ運用代行をしてくれるサービスもありますので、難しい場合はITの業者さんにMEO対策をしてもらってもいいかもしれませんね。


3.ホームページは更新しましょう

お持ちのホームページは、更新していますでしょうか?
適切に更新をすればするほど、GoogleやYahoo!の検索の上位になります。
コロナウィルスで営業時間が変更になっていたり、臨時休業になっているなら、ホームページやGoogleページにも反映させてますか?
コロナウィルスの感染対策が万全であることはホームページに書かれていますか?
そもそも、ホームページはお持ちですか?
もし、お持ちでないならば、今こそ作成してみるのもよいと思います。
最近では、新聞の購読者が減り、折込チラシを読まなくなった今こそ、インターネット上の情報を整理することは大切です。
ホームページ製作の相談に乗ってくれるサイトに無料登録をしてみて、自社サイト作成に今こそ挑んでみるべきです。
4.看板の差し替えや設置

地元民は、意外と近くの観光名所について知らないものです。
特に、看板が古く現代の人には馴染まなかったり、何を伝えたいのか分からない看板の内容であったりすると、せっかくの素敵な観光名所がアピールできません。
そのため、古くなった看板を更新し、現代のヒトを惹きつけるような内容にすべきです。
もし、現状設置していないのならば、この機会に看板を製作し、お客様を呼び込みましょう。




5.地元企業と協力

ホテルや旅館などの企業さんと協力し、PRするのも一つの手段です。
例えば、ホテルのフロントに、自社のパンフレットを置いてもらいましょう。
パンフレットがないのであれば、パンフレットを作成するべきです。
パンフレットの製作ならココナラのクリエイターに依頼するのもよいでしょう。

コロナウィルスの今こそ、経営戦略を見直す絶好のチャンスです!

コロナに負けずに、頑張りたいものですね!






【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10475724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
コロナを乗り切ろう!さんの画像
コロナを乗り切ろう!
コロナでとにかく景気が悪いので、何とか乗り切る方法を考えています。主に国からの給付金の情報や売り上げが減少した飲食店や観光業をV字回復させるための経営対策について、ご紹介していきます。働き方改革、DX、アフターコロナの世界に興味があります。
プロフィール
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
最新記事
カテゴリーアーカイブ