2021年01月11日

DXの時代到来!コロナ渦で成功したビジネスの具体例を紹介します!

コロナウィルスの勢いが収まる気がしません。
ブラジルから帰国された方にも変異種が確認され、ますます事態が深刻化しています。

このような状況に負けず、新たな活路を見出していく方々のために、運営しているのが、このブログです。

コロナウィルスの時代になり、売り上げが下がってしまった企業さんの方が多いと思いますが、反対に売り上げが伸びたという、企業さんもいます。

消費者が感染を危惧し、繁華街にある百貨店や飲食店よりもスーパーマーケットに行くようになり、結果としてスーパーマーケットの売り上げが伸びたという事例は聞きます。

しかし、コロナ渦において経営者が意図的に売り上げを伸ばしたという事例もあります。
では、意図的に売り上げが伸ばした企業が取り組んだことは、どのようなことでしょうか?


それは、タイトルにもありますように「DX」への取り組みです。
このDXに取り組んでいる方がWithコロナの時代においても、Afterコロナーの時代においても成長し続けます。

目次
  1. DXとは何か?
  2. DXの具体例
  3. コロナ渦でDXで成功した事例


1.DXとは何か?

DXとは、Digital transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略で、「ITが人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という意味で使われ始めたと言われています。

近年では、AIやビッグデーターを活用して、顧客や社会のニーズを基に、これまでの企業のビジネスモデル・組織・プロセス・企業文化・風土を変革させ、競争上の優位性を確立することと言われています。

DX化で重要なことは、「IT化は手段であって目的ではない」「ビジネスを変革させて競争上の優位を確立することが目的」であると言えるでしょう。

2.DXの具体例

DXのかなり身近な例で言いますと、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSがあります。
写真の画像を保存する方法として、昔に遡れば、カメラのフィルム保存、デジタルカメラ、スマホのカメラ撮影と時代とともに進化し続けます。
30年ほど前は、「写るんです」というサービスを利用し、撮影した画像を保存した後にカメラショップでフィルムから写真を生成していましたが、現状インスタントカメラは市場で見かけることはなくなりました。
また、その後にデジタルカメラが数年は流行したものの、携帯電話が進化し、スマートフォンのカメラ撮影機能が向上したことで、今ではほとんどの人が写真撮影をスマホで行っており、デジタルカメラを持ち歩いている方は見かけなくなりました。
そして、更に時代は進化し、撮影した画像をスマートフォンをほんの少し操作してSNSにアップするだけで、全世界の人々に画像を共有することができるようになりました。
しかも、SNSの膨大なデータやAI機能により、ユーザーが欲する画像を選択的に提供されるようになり、これはDX(デジタルトランスフォーメーション)の一つの事例です。
このSNSを上手く活用し、マーケティングを行ったり、ブランディングに活用している企業を多く見受けられます。
また、Instagramはユーザーの年齢、性別、地域などの膨大なデータを収集しているため、広告機能を利活用することで、企業側はターゲットにしたい顧客の年齢、性別、地域に合わせて、販売したい商材の情報提供を行うことができます。
SNSが収集しているビッグデーターや優れたAI機能を存分に活用し、「買ってほしい」「来てほしい」顧客層に商材の情報を提供していくことは、DXを始めるにあたっての、比較的容易な第一歩といえると思います。
3.コロナ渦でDXで成功した事例

代表的な事例として、不動産業界において、オンライン内見会を取り入れたことで、Webでの反響率が増加している不動産会社があります。
また、オンライン内見を利用した場合が利用しなかった場合と比較して、成約率が20%増加した不動産会社もあると言われています。
そして、オンライン内見にすることによって、不動産物件で顧客が部屋のどの箇所に興味を持つかデータを収集することができ、顧客ニーズを分析できるようになったということも報告されています。
このように、DXは業務効率化だけでなく、会社の売り上げを増加させる大きな鍵となっていることが分かります。

ビジネスモデルを変革させることは、企業にとって、コロナ渦、そしてアフターコロナを生き抜くために、重要なキーポイントになります。

書籍や雑誌の販売を紙媒体のみで行っていた場合と、スマホで手軽に閲読できる電子書籍やアプリでの提供を行っていた場合とでは、売り上げ金額に大きな差が出ることは明らかです。

また、飲食店や販売業などで、実店舗に訪問するお客様が減少してしまった場合に、顧客対応を店舗からネットにすぐに切り替えられる企業とそうでない企業の差が、今後厳しい競争を運命を分けるポイントとなると言えるでしょう。

IT化、Iot化への対応は、企業の存続を左右するといっても過言ではないと思います。

「楽天1位」「2020年最新型」 消毒用アルコールディスペンサー 自動 手指 アルコール消毒 非接触式 大容量 霧吹き ディスペンサー 手指消毒機 オートセンサー 0.5秒で液が出る 360ml 電池式 オフィス 学校 家庭 ホテル 適用 詰め替え クリアボトル IPX4防水 日本語説明書付き

価格:2,980円
(2021/1/11 12:04時点)
感想(317件)


【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10462893
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
コロナを乗り切ろう!さんの画像
コロナを乗り切ろう!
コロナでとにかく景気が悪いので、何とか乗り切る方法を考えています。主に国からの給付金の情報や売り上げが減少した飲食店や観光業をV字回復させるための経営対策について、ご紹介していきます。働き方改革、DX、アフターコロナの世界に興味があります。
プロフィール
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
最新記事
カテゴリーアーカイブ