広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年06月08日

新築の火災保険について

こんにちは、つばさです。


仕事の方が忙しく中々更新出来ず、すみませんでした。


我が家の工事の方は、順調に進んでまして
外装は全て終了、あとは内装関連のみとなりました。


さて、そろそろ・・・
銀行のローン実行日(融資日)や、引き渡し日などを
決めていかなければいけないのですが

今月、フラット35の金利上がってしまいましたね(>_<)


◆フラット35の金利(21年〜35年)

5月:1.08% → 6月:1.10% (+0.02%)

今年に入って、初の上昇です。
我が家のスケジュールでは、引き渡しが7月になるため
フラット35の金利は、7月の金利が適用となります。

これ以上は上がらずに、何とか維持して欲しい・・・
出来れば下がって欲しい。。。

1.10%でも十分低い数値なので、あまり欲を出しては
いけないですね。

来月の金利が非常に気になる今日この頃ですが
色々手続きしなければいけない物が増えてきました。



まず、住宅ローンの融資を受けるために必須な
火災保険への加入!


kasai


銀行によっては、
●●の火災保険に入ってください』と指定される(勧められる)場合が
あるようです。

火災保険の加入自体は、万が一の火災発生の場合に
返済できなくならないようにするため、融資を受ける方は加入必須です。


しかし、銀行に勧められるがままに入ってしまうと
本来不要な物を付けられて、保険料が高額になってしまったり・・・
ということがあるようですので、ご注意ください。


火災保険といっても、単純に火災に対する保険だけではなく
落雷・風災・水災・盗難などなど、色々な保障がついてきます。



sekom

こちらは、セコムの火災保険からお借りした画像ですが
選択するプランによって、保障されるものとされないものが
あります。

当然、全て保障されるプランが、保険料は一番高くなってきます。


保険会社も沢山あり、迷うところですが
どの保険会社で、どのような保障内容に加入するか?
今回、まず最初に考えたのが

水災!の保障です。



確認したところ、この水災は
床上浸水にならなければ保障出ないことが殆どのようなのですが・・・

我が家のエリアは、過去に大きな浸水被害があったこともなく
また北海道は、積雪のこともあり基礎が高めに作られているため
床上浸水が発生するのは、限られたエリアかなと思います。

ゆきだるまのお家は、基礎:50cmとなっていますので
それ以上に水が押し寄せてくる可能性は、殆どないと考えて

水災の保障はパス!

ちなみに、水災は土砂災害もカバーしてくれるそうですので
山が近くにある方は、付けておいた方が良いかもしれませんね。


この水災保障が、保険料なかなか高いですので
付ける・付けないで金額変わってきます。


その他の保障は、万が一の事を考えると付けておいた方がいい!
と妻からも言われて、

そうすると、必然的に上記表のベーシックプランのような保険が
良さそうですね。





大手の保険会社では、水災まで必ずセットになっている保険が多く
水災だけを外したい!となると、その他の会社から
選ぶ必要があったのですが

妻から、『出来るだけ大手が良い!』というリクエストもあり
今回は、セコムさんで決まりそうです。


これから火災保険を選ばれる方は、ご自身で決めても良いと思いますし
次のような保険が比較できる、無料サイトもありますので


火災保険比較サイト

自分の家だと、『保険料いくらぐらいになるのかな?』と
気になる方は、ぜひ利用してみてください。


そして、保険加入しようと連絡して聞いたところ


『銀行さんの融資日は何日ですか?』

と・・・

あ、融資日まだ決めてなかった。。。


なるほど・・・融資を受けるために火災保険の加入必須だけど
融資日決めないと、火災保険入れないんですね(>_<)

7月の何日にするか具体的な日付を、担当さんと
話して早く決めなければ・・・


完成まで楽しみですが、
まだまだ、やらなきゃいけない事が多いですね。
≪前の記事へ  次の記事へ≫
検索
プロフィール
つばささんの画像
つばさ
札幌に住む2児の父です。住宅に関する情報が、少しでも皆さんのお役に立てるよう頑張ります。気軽にコメント残していただけると嬉しいです。
プロフィール
タイトル名から記事を選ぶ

ブログランキングへ参加中。
応援よろしくお願いします。
最新コメント









×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。