広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年06月29日

不動産登記を自分でやってみよう! 〜建物表題登記

こんにちは、つばさです


北海道も、大分暖かくなってきましたが
皆さん、いかがお過ごしでしょうか


我が家は先日、融資日が7/7(木)と決定し
各種手続き関連に追われている日々です(>_<)

touki



まず、フラット35の流れをまず書かせていただきますね (住信SBIの場合)



@ 融資希望日の18営業日前までに、契約手続依頼の書面を送る

⇒ ここまで終了しました!



A 司法書士との面談実施


 ※住信SBIはネット銀行ですので、書類の原本確認は
  この司法書士との面談で確認することとなっています。

  ・新住所の住民票、印鑑証明
  ・土地の権利書
  ・工務店との工事請負契約書
  ・建築確認申請書、建築確認済証
  ・免許証、保険証


 上記の書類(全て原本)を、用意しておき持参しなければいけません


B 融資希望日の9営業日前までに、契約書類を返送する
   ※フラット35の適合証明書を一緒に添付する


と、これだけでも結構面倒なのですが
不動産登記を自分でやる!という方は、更に次のような手続きが必要です。


不動産の登記

@建物表題登記

A住所変更登記
  ← 必要な方のみ

B所有権保存登記

C抵当権設定登記
 ← 住信SBIの場合は、自分でやるのは不可です
  ※必ず指定の司法書士が実施

Cの抵当権設定は、自分ではやらせてもらえない銀行さんが
殆どだと思います。

抵当権設定は、融資当日に行うため
万が一、不備等でうまく出来なかった場合、融資が出来ず大問題ですね。。


その他、@〜Bの登記は
自分でやりたい!』と
以前から藤城建設さんにも伝えてました。

この3つの登記だけでも、司法書士などへの報酬として
10万〜15万程掛かってきますので
自分で行うことで、節約できます♪

※特に@の報酬が高いんです・・・(>_<)


そして、融資日前までに
確実に@〜Bを終わらせておかなければ、Cが行えず
融資もしてもらえない = お金を支払うことが出来ない

となってしまうため

登記を自分でされる方が、融資日までの期間を余裕もっておいた方が
スケジュールに追われずに良いですね。
法務局は平日だけしか手続きできませんし。。

私は、最短の日で設定してしまったため、かなり大変でした・・・


当初、計画していたスケジュールとしては


■6/17(金) : 建物の検査完了

■6/20(月) : 法務局へ、建物表題登記を提出
 ※出勤時間を1時間遅らせて、朝一で法務局へ行こう!

■6/21(火) : 司法書士との面談 
 ※昼休み中で終わるかな?

■6/20〜6/21: フラット35の適合証明証を入手

■6/22(水) :住信SBI(東京)へ、契約関連の書面を送る
 ※融資:9営業日前の24日までに必着で送る必要あり!

■6/27(月)〜:建物表題登記の完了後に、所有権保存登記を実施!

上記のような感じでイメージしていましたので
何か問題があった場合の余裕が全然ないですね(>_<)

touki


前置きが、かなり長くなってしましたが
建物表題登記を自分で実施してきましたので、ご報告です。


必要書類については色々なサイトで丁寧に教えてくれていますが
地域によって、若干異なってくるかと思いますので
札幌市版を、お伝えさせていただきます。


まず、札幌法務局へ電話連絡して事前に、必要書類を確認です。

■ 建物表題登記の申請書
-----------------------------------
■ 土地の地図(案内図)
-----------------------------------
■ 建築確認申請書
■ 建築確認済証
■ 検査済証 or 工事完了引渡証明書
-----------------------------------
■ 工務店の印鑑証明
-----------------------------------
■ 建物の図面 (平面図・配置図) ← これだけ何故かB4指定


ふむふむ・・・インターネット上に載っている情報と同じですね。

検査済証 か 工事完了引渡証明書どちらかで良いんですよね? 
⇒ 『はい、大丈夫ですよ

工務店の法人証明の書類はいらないですか?
 ⇒ 『印鑑証明に、法人の登記番号が書いてあるので不要です


よし!これで、あとは必要書類を集めて
申請書と図面を作れば大丈夫だ。

と甘く見ていたため
実は提出する前日まで申請書や図面を作っていませんでした・・・

※良い子は、ちゃんと前もって作っておきましょう(>_<)




藤城建設から預かっておかなければいけない書類としては
 ・建築確認申請
 ・建築確認済証
 ・検査済証 or 工事完了引渡証明書
 ・印鑑証明


なのですが、6/17(金)の検査完了によって
札幌市の検査済証が発行されるため、登記の手続きは最短でも
6/20(月)〜となっていました。


少し話を戻して、必要書類それぞれですが

■ 建物表題登記の申請書
 ⇒ ネット上で、ひな形(サンプル)を公開してくれている方がいます
    そのまま利用させていただきました
-----------------------------------
■ 土地の地図(案内図)
 ⇒ 縮図の異なる2枚を添付しました
   土地の場所に、赤ペンで囲みます。

-----------------------------------
■ 建築確認申請書
■ 建築確認済証
■ 検査済証 or 工事完了引渡証明書
 ⇒ 検査済証の方を、6/17に入手!
 ※実は、ここの書類が後々問題に・・・(次回書きます)

-----------------------------------
■ 工務店の印鑑証明
 ⇒ こちらも、6/17に入手

-----------------------------------
■ 建物の図面 (平面図・配置図)

工務店から貰っている図面を基に
PCでPowerPointを使って作成してみました。

PowerPointでも、長さ(cm)を指定して図形を作れます


作れますが・・・



我が家のプリンターの問題なのか

PowerPointの設定の問題なのか



指定した長さと
実際は異なる長さで印刷されてた〜



そして更に問題だったのが
印刷したあとに、長さ(cm)が合っているか?を定規で
ちゃんと測らずにそのまま寝てしまいました。

測ってれば、間違ってることに気付いたのにね。。。


※良い子は、ちゃんと印刷された後に測りましょう(>_<)


CADが使える方は、CADで作成したほうが間違いなしです。



そして長さ(cm)が間違っている事に気づかないまま
法務局へ翌朝 8:30に行ってきた訳ですが・・・。


ちょっと長くなってしまいましたので
建物表題登記の提出編は、次回に持ち越させていただきますね。
≪前の記事へ
posted by つばさ at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土地
検索
プロフィール
つばささんの画像
つばさ
札幌に住む2児の父です。住宅に関する情報が、少しでも皆さんのお役に立てるよう頑張ります。気軽にコメント残していただけると嬉しいです。
プロフィール
タイトル名から記事を選ぶ

ブログランキングへ参加中。
応援よろしくお願いします。
最新コメント









×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。