日立 イギリス原発計画を中断へ!損失約3千億円!

日立製作所が英国での原発建設計画を中断する方針を固めたことが11日、分かった。近く取締役会で決定し、約3千億円の関連損失を平成31年3月期に計上する見通し。安倍晋三政権のインフラ輸出戦略は見直しを迫られ、国内の原子力関連技術や人材をどう維持するかが重い課題となる。

日立は24年に英原発事業会社「ホライズン・ニュークリア・パワー」をドイツ電力大手から買収。英中西部のアングルシー島に改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)2基を建設し、2020年代前半に運転開始するのが当初の計画だった。

事業費は約3兆円で、英側が約2兆円を融資、残る約1兆円は日立、日本の電力会社や政府系金融機関、英政府と地元企業の3者がそれぞれ出資する計画。日立はこの枠組みで英原発子会社の持ち分比率を約3割に引き下げ、事業リスクを軽減する方針だった。

しかし壁となったのが、事業費がさらにかさむ可能性や、事故発生時に想定される巨額賠償だ。英側との調整は難航し、日立が出資を期待する国内電力会社なども消極的だった。

中断した場合の日立の損失は昨年9月時点で約2960億円に上り、判断が遅れればさらに膨らむ。中西宏明会長は昨年12月、「難しい状況というのは事実。もう限界だと英国政府に伝えた」と明かしていた。

平成23年の東京電力福島第1原発事故後、日本で原発新設が難しくなった国内メーカーにとっての活路が海外輸出だった。

もっともリスク分散や採算性が不十分なまま日本勢が突き進めば、米原発事業で巨額損失を出した東芝のように存続の危機にさえ陥りかねない。証券アナリストも「原発輸出の中止はむしろ株価のプラス要素」だと指摘。三菱重工業などによるトルコでの原発建設計画が断念の方向となっているのも「経済合理性の範囲内で対応する」(宮永俊一社長)との判断がある。

ただ、国内新設も海外輸出も進まなければ、日本の原子力関連技術や人材の先細りが懸念される。「民間企業だけで対応できる問題ではなく、国が明確な政策を示すべきだ」(メーカー首脳)との声も上がる。(山沢義徳)

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000547-san-bus_all

このニュースを受けてネットでは、

「国内を含めてもう原発は止めた方がいい。メリットよりデメリットのほうが大き過ぎる。」

「素晴らしい決断だよ。日立は原発に頼らなくても素晴らしい技術は沢山ある、他の技術を犠牲にしてまで原発に固執する必要はない。」

「株価も上がっているみたいだし、これが世論の意思だと思う。原発推進派の主張は、例え嘘でなかったとしても、もう時代遅れである事、求められていない事を自覚した方が宜しいかと思う。」

「人間の力で制御できないものを外国に売るべきではないと思います。」

「この決断は大きく評価したい。優秀な人材を抱えているのだから、自信を持って、新事業を創出できる。間違いない。既存の原発があるので、人材維持は必要なので、大変だとは思うけど、原発という発想ではなく、原子力のより効果的な利用方法が、もしかしたらあるかもしれない。継続的に研究もしつつ、創意工夫で乗り越えられると思う。日立は、本当に優秀だから、きっと面白い事ができると確信する。イギリスは、日本と同じように島国だから、事故が起きると、どうしようもなくなる。ハイリスクを抱える必要は無いだろう。既存の原発に変わる発電システムを開発できるのではないだろうか。中央研究所もあるんだし、何か、新しい発電方法を研究する方向に、金を突っ込んだ方がいい。」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by hour24 at 17:51 | ビジネス

iPhone値下げ! 中国の小売り大手さんが・・・

中国の小売り大手が、今週半ばから米アップル<AAPL.O>のiPhoneを値下げしている。アップルは先に、中国でのiPhone販売の減速を理由に第1・四半期(12月29日まで)の売上高見通しを下方修正している。値下げを実施しているのは小売り大手の蘇寧易購<002024.SZ>、京東商城(JDドットコム)<JD.O>など。少なくとも6社が週末の販促を計画している。

「iPhone XR」(64GB)は、最大で118ドルの値引きが行われている。

アップルのコメントはとれていない。同社の中国サイトでは値引きは行われていない。

市場調査会社カナリスのアナリスト、Mo Jia氏によると、11月の「独身の日」などのセールで一斉値下げが行われるのは珍しくないが、数カ月前に発売された最新モデルの「XS」「XR」の値下げは異例。

同氏によると、値下げは、アップルが市場の反応を見るため出荷価格を引き下げた可能性や、小売り店による販売促進の可能性がある。

蘇寧易購は11日、iPhone XR(64GB)を5699元で販売すると表明。店頭表示価格から800元(118.46ドル)値下げした。「iPhone8」(64GB)も1200元値下げし、3899元で販売する。

このニュースを受けてネットでは、

「たしかに高いからな、自分はiPhoneSEぐらいの価格のを出して欲しい」

「一度値段を下げてしまうと後戻りできない。低価格競争に巻き込まれる。それをわかってるからAppleは意地でも値段下げないんだと思ってた。ここはトランプの言うみたいに一旦中国市場とは距離とったほうが良いんじゃないのか。中国依存強めても良いことはないと思うよ。切るという選択も必要。船長は安定感はあるけどこう言うとき弱いよね。思い切った判断ができない。官僚タイプの優等生という感じ。ジョブスのような決断力のあるカリスマ的存在が今のAppleには必要でしょうね。」

「Appleも高級路線一本はやめて 地道にいってほしい。App Storeの収入がある限り利益は上がる。プラットフォーム業にシフトすべき。」

「中華スマホがコスパ比較で安くなったからiPhoneも値下げせざるを得ない状況になったな。それでもiPhone信者が買ってくれるからいいんじゃね。」

「SONYのプレステ3、4などのゲーム機でも発売から数年経てば、任天堂のゲーム機などに対抗するため5千円〜1万円ほどの値下げをしてきた。目新しい技術でスマホ業界をリードしてたiPhone(アップル社)は殿様商売で値下げしなくても売れていたが、今は中国勢や韓国サムソンの企業に追いつかれ、特別な売りはもう無い。誰もがスマホを持っている時代にiPhoneを持っているというステータスも消えてる。競合相手が強くなって売れ行きが鈍くなれば、値下げるするのは当然。」

など、多くのコメントが書き込まれている。

posted by hour24 at 17:51 | ビジネス

PayPayさんの「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナス取り消しの件をPayPay広報に理由聞いてみたwwwwww

2018年末に話題をさらった「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナス付与期間が1月10日に終了。無事ボーナスをもらえて喜ぶ人がいる一方で、残高付与が取り消され絶望する声がTwitter上で目立っています。どのような場合に付与が取り消されるのか、PayPayの広報に聞きました。

ボーナスの付与が行われたのは1月8日から10日にかけて。付与予定のボーナスは「PayPay残高付与の処理中」と表示されていましたが、不正が見つかった場合はそれが「PayPay残高付与の取消」に切り替わります。不正者へのボーナス付与取り消しは1月8日に告知されており、その際取り消しの理由となる行為の例として「対象となるお支払いをキャンセルし、返金を受けた場合」や「当社の利用規約に違反する行為があった場合」などが挙げられていました。

取り消しの事例が一気に話題になったのは10日夜になってからですが、広報によると取り消し自体は8日から順次行われていたとのこと。Twitterでは情報が錯綜しており、同一商品を複数購入すると不正扱いになるとの声もありますが、これについて広報は「本人が不正なく購入したものであれば複数購入は問題ありません」とコメント。

Twitterではボーナスを取り消された主な理由として「複数のアカウントを作っていた場合」や「本人名義でないクレジットカードで決済した場合」が見受けられますが、これらについては「規約にある通り不正扱いになります」とのことでした。

Twitter上では「他人のPayPayアカウントに自身のクレジットカードを不正に登録され、自身のPayPayアカウントでもそのクレジットカードを登録していたため、自分まで不正扱いされてボーナスがもらえなかった」というケースも報告されています。こうした事例については、「専用フォームからご説明いただき、本人の不正でないと確認が取れれば取り消しを見直します」と説明しました。

不正をしていないのになぜか取り消されてしまったという人は、一度質問フォームから問い合わせてみるのが良さそうです。

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000048-it_nlab-sci

このニュースを受けてネットでは、

「普通は、複数登録や他人名義とかはシステムではじくようにしておくもんだけどね。普通はね。」

「複数カードでもアカウントが作れてしまうのも問題では?色々問題ありますね。」

「日本での電子マネーは、セキュリティがもっと強化されたからじゃないとやらないな。怖すぎて。」

「いいと思う。規約に沿ってなら厳格に厳しくで。システムで、とか言う人多いけど、クレーマーと同じ。規約にあるなら規約通りで、システムで弾かなかったからいいとかではない。キャンペーンに踊らされて飛びついた人が悪い。」

「取り消しされた人のSNSを見てて気になったのが一件あったのでそれについてだけ一言。『父親のカードを使った』って言う人、「家族のカード」と「家族カード(名義は本人)」は違うからね?後者で取り消し食らったなら問い合わせればいい。前者ならそもそもpaypayの規約に本人名義を使うように書いてあるし、カード会社的にも「本人以外の使用は不可」だ。後ろめたい人間がピエロしてるのは見てる分には面白いかな。」

など、多くのコメントが書き込まれている。

posted by hour24 at 17:50 | ビジネス
最新記事
あなたの“痩せない理由”がすぐわかる
簡単で効果的な痩せ方とは... 英語学習でこんな失敗してませんか?
短期集中レッスンで英語ペラペラ