ブログパーツ

2017年07月05日

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その13 血まみれスケバンチェーンソー、スペース・カウボーイ

アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、特に名作映画でもなく、無料で見れる期間が終了するわけでもない映画群があるんですけど、そういうくくりが今までなかったので、アマゾンプライムビデオで見た映画群 ということでまとめてみます。

個人的な当たり外れがありますので、書くことが多かったり少なかったり、幅があると思います。

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その12 ディープ・ブルー、トゥルー・クライム
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/260/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見た映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。







s-_IMG_20170704_202525_HHT.jpg

・血まみれスケバンチェーンソー 2016

s-_IMG_20170704_202434_HHT.jpg



ちょっとだけ読んだことのある漫画の実写化です。

血まみれスケバンチェーンソー 1 (ビームコミックス)



原作の漫画家は元コンパイルで広島出身という、ローカルではあああの・・・と言われる経歴を持っています。
ぷよまん食ってたのかな・・・

瞳孔開いたキャラばかりの、スプラッタ/ホラー系の漫画家なんですが。


割と映画にしやすいだろうな、というのは確かに感じるところはあるんです。
ですが・・・

実際に出来上がった映画のほうを見ると、強烈にダメな点がありまして・・・

ツッコミの間が悪いんです。

開始から9分30秒くらいに、私は無垢な美少女だった、自分で言うなよ、っていうやり取りがあるんですが。

ものすごくもっちゃりした間で・・・

内田理央とAKBの人?は、芸人ではないのでそういう間は持ってないだろうから、監督の編集にかかってるんですよね。

http://www.vap.co.jp/chimamire/

を見ると、監督・編集 山口ヒロキとあります。


文字にすると、私は無垢な美少自分で言うなよ、くらい食い気味にしないと、中学生くらいの内輪ウケの笑いしか生まれない気がします。
djane.jpg
ボケてるすぐ横でつっこんでくる、ターちゃんのヂェーンくらいの勢いが欲しいですよね。


全編そんな感じで、ファッ寒っって感じの会話が繰り返され、笑う箇所が一つもありませんでした。

笑いのセンスが合わないと、本当にキツイというのがよくわかりました。


爆発がしょぼいのも全然気にならないし、一切状況説明のない二瓶勉の漫画みたいなのもそれでいいし、低予算B級映画も大好物だし・・・と私好みの要素も、笑いのセンスの違いで全部無駄になってしまっています。

新装版 BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)



アメリカでジョークの面白くない映画はウケない、と言っていたのは町山さんだったかな?


テンポとか間で生まれる笑いがあるというのを、クドカンさんなんかはわかってる気がするんですよね。
阿部サダヲが食い気味につっこんでるのよく見るし。

紳竜の研究 [DVD]

新品価格
¥4,369から
(2017/7/5 04:56時点)



そこまでお笑いモノ見てない私でもうわっと思うくらいなので、お笑いマニアみたいな人が見たらもっと厳しいんじゃないでしょうか。

監督っていろんなセンス持ってないといけなくて、大変そうだなとは思います。
ビートさんとか松本さんとか、が映画監督の引きがあったのは、まず笑いのセンスが間違いないから、というのは大きいポイントだったと思います。
松本さんでその流れが止まってしまった感は無きにしも非ずですが・・・






おすすめ度(10点中):4










s-_IMG_20170704_181405.jpg

・スペース・カウボーイ(原題:Space Cowboys) 2000

s-_IMG_20170704_181339.jpg






これも原題ままです。

前回のトゥルー・クライムの次に、クリント・イーストウッドが監督主演した作品です。


ソ連時代の衛星が、軌道を外れて地球に落ちてきそうになってるので、とっくに引退してるその頃の宇宙飛行士が呼び戻され、宇宙空間での修理に当たるが・・・という感じの話です。


トゥルー・クライムで赤字だったので、今回はふんだんにアメリカ人(それも老人層)にウケそうな要素が盛り込まれています。


・まずソ連が盗んでも欲しい技術が、アメリカのものであったこと


クリント・イーストウッドが開発し、彼にしか直せないという一品です。

・老人宇宙飛行士に惚れる若い女医の存在

老人男性のファンタジーを具現化しています。
20代~30代の女性にもてているのが、
アマゾンプライムビデオで見た映画群 その9 キリング・ゾーイ、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/248/0

で書いたメルキアデス・エストラーダの三度の埋葬で監督主演してたトミー・リー・ジョーンズです。
日本ではBOSSおじさんで通じるのかな。

アマゾンプライムビデオで見つけたヘンな映画その4:A Lonely Cow Weeps At Dawn(Edited Version)
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/176/0

日本のピンク映画では、後家が舅に惚れてるというファンタジー設定でした。
ピンク映画並みのサービス設定ですよね・・・


50代くらいの女性にもてているのが、ドナルド・サザーランドです。
髭を伸ばしまくると、典型的なユダヤ老人になるのですが、今回はヒゲ剃って形状記憶グラサンも作ってもらって、アメリカンなじじいとなっています。
24のジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の親父でもあります。

24 -TWENTY FOUR- レガシー ブルーレイBOX [Blu-ray]

新品価格
¥9,417から
(2017/7/5 06:09時点)



ジャック・バウアーの出て来ない24の新作は1シーズンのみで打ち切りとか。




・ジェイ・レノのザ・トゥナイト・ショー?かなんかに出てマスコミの寵児に

アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群その14:ブルース・ブラザース、俺たちに明日はない、サンセット大通り
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/253/0

で書いた俺たちに明日はないでも思ったのですが、あまりTV番組を見なくなった今の人には、マスコミの寵児とかあんまり価値を感じないんじゃないかな・・・ということで、古さを感じてしまう要素なんですが、2000年頃のアメリカの老人層の価値観にははまっているのではないでしょうか。


・若手宇宙飛行士にやり返すシーン

老人層は拍手喝采してそうです。


キネ旬が年間ベストの賞を与えてるようですが、老人層にはウケたんですかね。

内容は面白くなくはないのですが、なんだかウケを狙う層がはっきりしすぎてる気がして、イマイチ乗り切れないところがありました。

ラストも、ロマンチックすぎる気がして。

あと、老人宇宙飛行士で、タンクさんだけイマイチキャラが立ってないのはなんなんだろう・・・

全体的にはいい話だとは思います。








おすすめ度(10点中):7






今回は以上です。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








posted by hotrod at 06:25 | Comment(0) | 映画
ファン
検索
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
QRコード