ブログパーツ

2017年06月20日

アマゾンプライムビデオにない映画 その1 孤高の遠吠

アマゾンプライムビデオもすべての映画を網羅しているわけではなく、紹介したいけどどーしよーかな、と何か月も考えていた映画がありまして・・・

知られた名作でもないし、新人監督だし、広い意味でヤンキーモノだし・・・
と思っていたらDVD発売が決まり、予約が始まったということで、書いてみることにしました。

kokou.jpg

・孤高の遠吠 2015

話としては、静岡の富士宮で、4人の男子高校生くらいの年の子らが、クラブで会った先輩が原付売ってくれるらしいと聞き、興味深々で先輩のガレージに行くが・・・という感じのものです。





予告編はこれです。

監督は、




現在はイキった画像になってますが、




元々はこんな感じの普通の人です。

登場人物はこれにだいたい載ってるかな。




最初の画像の顔の並びで言うと、左から6、9、8、7、10番となっています。
全員怖い先輩だな・・・


2番の神尾くん、撮影中に富士宮にいられなくなるようなことをやって失踪したので、脚本書き換えたそうです。
ホワイトシチューに血をこぼす人、でわかるかな・・・
先輩が原付売ってくれるらしい、という話を持ってきたやつでもあります。元凶なのかな。



9番は監督の実弟、10番は助監督とキャスティングもやってるようです。失踪した2番を探して連れ戻し、ラストが撮れたとのことです。

6,7,8の暴走族ワルツ+あっちゃん、9,10の窃盗団金蛇のアジトは別々にあるんですが、窃盗団金蛇が13番のウメモトジンギのバイクを盗んだせいで、13+14が富士市から富士宮市へケンカを売りに来ます。

が、間違えて盗んでない6,7,8の暴走族ワルツ+あっちゃんと先に揉めます。

暴走族ワルツ+あっちゃんと揉める前に、風呂場でグラサンかけた監督が出てきて、息子が割と見えるシーンもあったな・・・





個人的にはこの映画見てて、何かやられたら殴り返さないのが割とストレスだったような。

私は子供の頃に広島県から引っ越して、オッサンになってから戻ってきたので、子供の頃からの序列が同じだったり、怖い先輩が何代も連なってるということは全然ないので、そのへんがわからないのですが、ずっと固定された地方の人間関係だとこういう風になっちゃうんですかね。

あと、普通の映画にはないような、素人っぽい演出もありますが、まあそれも初期作品ということで許容範囲内なのでは。




一作目がSuper Tandem、二作目がNight Safari、これが三作目ではありますが・・・

四作目の逆徒はすでに完成しており、現在はその次のメジャーがついた、全員死刑に取り掛かってるようです。
http://shikei-family.jp/

大牟田四人殺し事件の映画化のようです。





ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016で、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門では小林勇貴監督の「孤高の遠吠」がグランプリを獲得したときのやつかな。


割と身近にありそうなイヤなことが起こり続ける一本なので、うぜーなーと思いながらも、最後まで見てしまうのではないでしょうか。

すっごい小規模な地方のアウトレイジというか、そんな感じかな。

私は、確か、
DMMポイントの使いみち:ネットDVDレンタル
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/67/0


で書いたように、DMMでレンタル始まってすぐの頃に借りて見た覚えがあります。

http://www.dmm.com/search/=/searchstr=%E5%AD%A4%E9%AB%98%E3%81%AE%E9%81%A0%E5%90%A0/analyze=V1EBDlYAUwI_/limit=30/n1=FgRCTw9VBA4GF1RWR1cK/n2=Aw1fVhQKX0JIF25cRVI_/sort=rankprofile/



孤高の遠吠 [DVD] (早期購入特典あり)

新品価格
¥4,536から
(2017/6/20 03:53時点)




今回はセルDVDの予約が始まったようで、




結構売れてるようですね。

誰誰がどこにいたとかすぐ回ってくるような地方在住者なら割と共感するところがあるかも。

そういえば私も、部活の怖い先輩がヤクザになって、クレスタかなんかの改造車から声かけてきてしばらく連れまわされたという話を同級生から聞いたな・・・

とにかく普通の商業映画にはない生々しさがあると思います。
セルでもレンタルでも、どちらでもいいので見てみてください。







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 04:04 | Comment(0) | 映画

2017年06月15日

アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群その14:ブルース・ブラザース、俺たちに明日はない、サンセット大通り


アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、なんとなく聞いたことがある名作映画を実際に見ることも多いのですが、名作だけにいくらでも感想が見つかり、あまり今更感想長々と書いてもしょうがないかと思い、迷作珍作群よりは簡潔に複数まとめてやることにしました。


アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群その13:パーフェクト・ワールド、アサルト13 要塞警察、二百三高地
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/252/0

前回はこれです。

簡単に紹介してはいますが、2時間損した、と感じる人があんまりいないんじゃないか、という作品ばかりです。

アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。




s-_20170505_003400.jpg


・ブルース・ブラザーズ(原題:The Blues Brothers) 1980

s-_20170505_003245.jpg




原題ままです。

ブルース・ブラザースのブルースって、ジャンルとしてのブルースだろうとなんとなく思ってたのですが、苗字でした・・・

刑務所から出てきた男が、孤児院が固定資産税払えなくて潰されそうになってるのを知り、バンドで金を稼ごうとする感じの話です。

もうこれ名作だ名作だと言われてるのをウザいくらい聞かされてから見たので、その分差し引いたほうがいいのかもしれませんが・・・


個人的にはこの皆が躍り出す、みたいなノリがあんまり好きじゃなくて・・・

若い頃に見る映画なのかもしれません。


あと、個人的にすげーなと思ったのは、

・ジョン・リー・フッカーが路上で歌ってるシーン

・アレサ・フランクリンがレストラン内で歌い出すシーン

くらいだったんですよね。

昔ドラム叩いてたので、リズム優先なところがあります。

あと、踊りは全てないものとして考えるところがあります。



もうひとつ、常にオーバーキル気味な攻撃を仕掛けてくる女がいるんですが。

https://www.google.co.jp/search?q=10%E3%83%88%E3%83%B3&safe=off&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwitmqbjtb_UAhUKfbwKHR6sALIQ_AUICigB&biw=1750&bih=891#safe=off&tbm=isch&q=10%E3%83%88%E3%83%B3+%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

シティハンター的な何かを感じて、80年代・90年代臭キツいなと思いました。

シティーハンター XYZ edition 1 (ゼノンコミックスDX)

新品価格
¥1,728から
(2017/6/15 17:33時点)




正直このノリ今ではツラいですよね・・・


ベタなアホネオナチ集団と敵対するのも、正義ですよ感がなんか鬱陶しく感じる面もありました。


映画が素直に見られる時期はもう過ぎてしまったんですかね・・・
10代の頃に見たら面白かったのかも。


















s-_IMG_20170514_022412_HDR.jpg

・俺たちに明日はない(原題:Bonnie and Clyde) 1967

s-_IMG_20170514_022345_HHT.jpg





原題と全然違うけど、いい感じの邦題がついてた頃のものですね。

刑務所から出てきた男が、車を盗もうと品定めしてたら退屈してる女給にそそのかされ、エスカレートしていく感じの話です。

今だと職業差別とか言われそうな気もしますが・・・

なんか当時の女子の3K仕事みたいな扱いでしたよね、ウェイトレスって。

実話ベースなので、まあ大丈夫なのかな。

個人的には、髭の曲でボニー&クライドってのがありまして、

ボニー&クライド

新品価格
¥250から
(2017/6/15 17:53時点)




それ聞いてから、いつか見ないとな・・・と思っていたんです。
髭自体は、アイゴン入ってからなんかおかしくなったような・・・


実際に見てみると・・・

自分の母親の車を物色している知らない男に惹かれますかね・・・

いきなり理解できない行動だらけで、正直ポカーンとするしかないです。

んで強盗を繰り返すのですが、途中で車の整備士が仲間になって多少安定するかと思ったらそんなこともなく・・・

俺がいくら若くてもこうはしねえわ、だらけの行動で、あんまり感情移入できないままラスト近くまで来てしまいました。


で、ラストがあまりにひどいので、多少かわいそうかなという状態で終了となりました。


ジジイが「無軌道な若者が・・・」とかサンデーモーニングとかで言ってるのはこのへんを指してるのかもしれませんが、オッサンの俺が若い頃でもやんねーわ、今の若い人ならもっとやんねーだろ、という感想しかありません。


当時としては新しいところのある映画だったのかもしれませんが、今となっては・・・という感じでしょうか。

ボニーもあんまり好きになれなかったな。
好きな女性像も、時代で変わってしまったんでしょうかね。











s-_IMG_20170615_183207.jpg

・サンセット大通り(原題:Sunset Boulevard) 1950

s-_IMG_20170615_183140.jpg




原題ままです。

売れない脚本家が借金取りに追われ、車で廃墟に逃げ込んだらそこは往年の大女優の家で、そこに隠れて脚本を共同執筆するようになるが・・・という感じの話です。

今までの上の2本、あまり期待したほどではなかったのですが、一番古い映画のこれに、一番やられてしまいました。

悲しいでしょう?っていう雰囲気を出す音楽とか一切ないんですが、ひたすら悲しいんですよね。

もう既に世間的に忘れられているのがわからない、物凄く愛されているのが分からない、若い男をつなぎとめておけないのがわからない、というほぼ狂人みたいな大女優なのですが、本人は至ってやる気まんまんなんですよね・・・

自分を逮捕しに来た警官を、劇場と勘違いし、脚本通りに演技する様は本当にヤバい人なんですけど、もう悲しいという感情しかありませんでした。

現状を認識できれば、かなり幸せな人だと思うんですけど・・・


私も言われたことはほとんど都合いい方に取りますので、行き過ぎるとこうなるな、と自戒しました。

こういう過去の栄光を忘れられない感情って普遍的なものなんですかね。
古い映画ですが、今見ても十分楽しめると思います。

アズ・アイ・ヒア・イット

新品価格
¥1,620から
(2017/6/15 19:23時点)



売れない脚本家役のウィリアム・ホールデン関連のサントラ集のようですが、本人が歌ってそうな曲が一曲だけあるな・・・
事故おこしてないといいですけど。




それなりに知られてる・聞いたことがあるタイトルには、それなりの理由があるんだなという感じです。
古い映画は、既に淘汰されて、ある程度良いものしか残っていないというのもあるんでしょうが・・・
どうしてもハズレ映画を掴みたくない、良いもの見ないと死ぬ、というときには、こういう名作リストから選ぶのもいいですね。







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 19:25 | Comment(0) | 映画

2017年06月13日

アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群その13:パーフェクト・ワールド、アサルト13 要塞警察、二百三高地


アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、なんとなく聞いたことがある名作映画を実際に見ることも多いのですが、名作だけにいくらでも感想が見つかり、あまり今更感想長々と書いてもしょうがないかと思い、迷作珍作群よりは簡潔に複数まとめてやることにしました。


アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群その12:ビッグ・リボウスキ
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/230/0

前回はこれです。

簡単に紹介してはいますが、2時間損した、と感じる人があんまりいないんじゃないか、という作品ばかりです。

アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。



s-_20170613_013010.jpg

・パーフェクト・ワールド(原題:A Perfect World) 1993

s-_20170613_012937.jpg




原題ままです。

劇中で、パーフェクト・ワールドに触れる会話があったと思ったのですが、この世がパーフェクト・ワールドなら俺等も犯罪者追っかけてないな、みたいな話だったかな?


脱獄した二人組が、途中で車を盗みに寄った民家で男の子を人質として連れ去るが・・・という感じの話です。


脱獄したうちの一人、ブッチ役をケヴィン・コスナーがやっています。

現在ほぼ忘れかけてましたがこの人、一時期セックス・シンボルみたいな扱いされてましたよね。
ブラピとかディカプリオとかよりかなり前の話ですが・・・

ダンス・ウィズ・ウルブズ(1990)で主演・監督でガーッと賞獲って、ボディガード主演が1992、このパーフェクト・ワールド主演が1993、そのあとのワイアット・アープ(1994)で一気にダメ監督の烙印を押されてしまったようです。

ダンス・ウィズ・ウルブズ [DVD]

新品価格
¥9,550から
(2017/6/13 03:19時点)




スバルのCMかなんかに出てたのを最後に、私の中では完全に過去の人になってました・・・

なんか邦題でモメてた、ドリーム 私たちのアポロ計画(Hidden Figures)に出てるようなので、見ることがあったら探してみるといいかも。
今どんなルックスなんだろ・・・


そのブッチの人生を間接的に変えてしまったんじゃないかと責任を感じてる警察署長役を、クリント・イーストウッドがやっています。
映画の監督もか。
設定が60年代になってるので、モラハラセクハラなんでもありな昔のオッサンという感じです。

責任を感じているので、署長なのに陣頭指揮です。

60年代設定なので、犯罪心理学者はいるものの、割と小馬鹿にされてる感じです。



犯罪者のブッチと逃げてるうちに、親父がうちにほとんどいない境遇の男の子が仲良くなってしまうというのは、割とあざとめなシナリオですよね。

今だとあんまりやる人いないんじゃないかな、という勢いです。

ですが・・・ラスト近くの展開に、冷静に見ていられるかと言いますと・・・

完全に負けてしまいました。

これ汚いよ・・・反則気味なのでは。


今ではもう誰もやらない、やったら批評家に袋叩きにされそうなクサい脚本ですが、この時代ならアリだったのかな、という印象です。

今の若い人には、逆に新鮮かもしれません。







s-_IMG_20170609_172248.jpg

・アサルト13 要塞警察(原題:Assault on Precinct 13) 2005

s-_IMG_20170609_172220.jpg



これも原題ままです。

閉鎖が近い13分署で、夜勤が3人しかいないところに、雪で視界が悪く、護送車が一時避難してくるが、大物が乗っていて・・・という感じの話です。


夜勤で一番偉いけど、昔仲間を死なせててメンヘラ気味な警官役を、イーサン・ホークがやっています。

ガタカとかトレーニング・デイで見たかなという感じかな。

トレーニング デイ 特別版 [DVD]

新品価格
¥1,095から
(2017/6/13 03:56時点)




そういやトレーニング・デイでも黒人と組んでたような。


悪人の大物役を、ローレンス・フィッシュバーンがやっています。
今回はよく見る感じのローレンス・フィッシュバーンで、以前書いた
アマゾンプライムビデオで見た映画群 その11 エネミー・ライン、ハイヤー・ラーニング
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/250/0

ハイヤー・ラーニングのときは、ヒゲとヅラでかなり変装気味だったのがよくわかりました。


あとは変な囚人役でジャ・ルールがいたくらいかな。
なんか最近見る映画見る映画、ラッパーが出てることが多いのですが、今回はジャ・ルールです。

が、曲を一曲も知らなくて・・・

この映画での役割としても、ほぼいなくてもいい感じです。

知らなかったんですけど、結局この人、税金未納で収監されたようです。



この映画の特徴としては、かなり容赦なく人が死ぬ、というところでしょうか。

最近なら絶対死なない人が、かんたんに死ぬんですよね。

なので、あれ?なんか違うぞみたいな印象を受けるのではないでしょうか。

新鮮だけど、なんかやだなという気もする、微妙なところです。


過去に自分のミスで同僚を二人死なせた警官が、同僚じゃないけどもっと多くの人を死なせながら立ち直るお話、と書くとサイコパスっぽいですが・・・実際そういう話です。

タルい箇所はありながらも、全体としては面白い話だと思います。






s-_IMG_20170608_020128.jpg

・二百三高地 1980

s-_IMG_20170608_020102.jpg




あまりレビューしたことがない邦画ですが・・・

あまりやりたくない理由を再認識させられる感覚がありました・・・


以前、韓国で、取引のあった韓国メーカーの人に焼肉の接待を受けたことがありまして・・・

そのときに持っていたMP3プレーヤーで、



まさにこの10分くらいある、BACK TO 92, ORIGINAL PON-CHAK STYLE remixed by Yoshinori Sunahara / E Pak-sa VS Denki Grooveを音出してかけて、パクサ最高ですねとか言ってたら、泣きそうな顔をした韓国人担当者が、恥ずかしいから止めてくれ、韓国の恥だと凄い勢いで言ってきて、強引に音を止められたということがあったのですが・・・

李博士 VS 電気グルーヴの「ひらけ!ポンチャック」

新品価格
¥2,900から
(2017/6/13 04:43時点)




日本人の私には、ゲラゲラ笑って聴けるイ・パクサが、韓国人には恥ずかしいんだな、と思った出来事だったんです。


そして、同じことがこの映画でも・・・


この映画、二部構成になっていて、昔の映画にあった、休憩の時間みたいなのがあるんですが・・・
その間、さだまさしの曲が流れるのですが・・・

s-IMG_20170608_002539.jpg

歌詞がデカデカと、画面に出てくるんです。

ファー恥ずかしい、止めて止めて!!!!!!!!!と思ってしまいましたが、あああのときの韓国人担当者もこの気持ちだったのか、と得心しました。


要するに、他国の人がアホなことやってても笑って済ませられるが、自国の人がやってると目も当てられない、恥ずかしい、となってしまうんですね。


これアカデミー賞獲ってるのか・・・

三船さんも出てますが、なんと明治天皇役です。

話としては、普通に面白いほうです。


でも、それを吹き飛ばす演出が・・・







それなりに知られてる・聞いたことがあるタイトルには、それなりの理由があるんだなという感じです。
古い映画は、既に淘汰されて、ある程度良いものしか残っていないというのもあるんでしょうが・・・
どうしてもハズレ映画を掴みたくない、良いもの見ないと死ぬ、というときには、こういう名作リストから選ぶのもいいですね。







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 02:28 | Comment(0) | 映画

2017年06月07日

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その11 エネミー・ライン、ハイヤー・ラーニング

アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、特に名作映画でもなく、無料で見れる期間が終了するわけでもない映画群があるんですけど、そういうくくりが今までなかったので、アマゾンプライムビデオで見た映画群 ということでまとめてみます。

個人的な当たり外れがありますので、書くことが多かったり少なかったり、幅があると思います。

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その10 アイデンティティー、Cobain モンタージュ・オブ・ヘック
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/249/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見た映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。





s-_20170523_025928.jpg

・エネミー・ライン(原題:Behind Enemy Lines) 2001

s-_20170523_025900.jpg



ほぼ原題ままです。

ユーゴの民族紛争が和平に向け一段落したボスニアの地で、偵察撮影任務を命じられたアメリカ軍パイロットが、何かを見たと思った瞬間、対空ミサイルで狙われ、回避しきれず、パラシュートで脱出したら割と敵の支配ラインの奥まで流され、そこから脱出を図るというものです。

上の画像に、トップガンを超えるノンストップ戦争スカイアクション超大作とありますが、正直、飛行機に乗ってる時間は15分もないような気がします。

墜落してからがメインの話なんですよね・・・

主人公のパイロットというか武器発射担当(兵器管制士官というらしいです)を、オーウェン・ウィルソンがやっています。

軍人カットになると、別人のようになりますね・・・
アマゾンプライムビデオで見た映画群 その6 クーデター、K-19、ネイビーシールズ:チーム6
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/232/0

ここで書いたクーデターの主人公役もやってました。

彼女と別れて自殺未遂するような人のようです。


あとは見たことあるのは、海軍少将のジーン・ハックマンと追っかけてくる敵のウラジミール・マシコフくらいじゃないかな。


コンビ組んでたパイロットが射殺されるのを遠くから見て絶叫とかほんとにあるんですかね・・・
あれがなければ、もうちょっと脱出がラクだったんじゃないかと思うのですが。

敵の制服着て脱出ってのもまあよく見る話ではありますが、そんなにサイズ合うもんなんですかね。


正直、けっこう聞いてたタイトルだったし、かなり期待して見たのですが、期待外れな感じが強くて・・・
地味な映画になってしまってませんかね・・・

個人的にはけっこうなガッカリ映画でした。





おすすめ度(10点中):6















s-_20170604_031225.jpg

・ハイヤー・ラーニング(原題:Higher Learning) 1995

s-_20170604_031148.jpg




これも原題ままです。

3人の大学生(黒人の陸上選手の奨学生、白人女子、変わり者の白人男子)が、大学生活の中でそれぞれ極端な方向に先鋭化していくが・・・という感じの話です。

上の4人の顔が並んだ画像の、アイス・キューブがいるところには、本来オマー・エップスがいるべきなんですが・・・

当時のネームバリューの差なんですかね。

アイス・キューブは全然卒業しない古株大学生役で、ワキなんですけど。


黒人の陸上選手の奨学生役を、オマー・エップスがやっています。

Drハウスでおなじみだと思いますが、ビートたけしのBrotherで、ヘンなイントネーションでアニーキーアニーキー言ってるのが忘れられません。

BROTHER [DVD]

中古価格
¥2,094から
(2017/6/7 03:09時点)



なんとなく、弱みの見せ方が上手い人、という印象です。

黒人グループで固まって、アイス・キューブとかバスタ・ライムスに影響されながら、黒人は差別されている、と不満を募らせていきます。

基本的にアメリカの大学生活とか全く興味がないのですが、バスタ・ライムスが出てるというのがこの映画を見る大きな要因となりました。


OhMyGodってバスタ・ライムスが言ってるだけのサンプルで、こんなにおもろい感じになってしまうくらい、声にキャラクターがあるんですよね。



アマゾンプライムビデオで見つけたヘンな映画その7:アイアン・フィスト(原題:The Man with the Iron Fists)
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/234/0

ここで書いたアイアン・フィストのRZAと同じくらいのルックスですが、ワキなんでOKという感じに見えます。


白人女子役は、クリスティ・スワンソンです。
バフィ・ザ・バンパイア・キラー(1992)で主役やってから、これに出て、それ以降ずっと下降気味な気がします。

入学当初に、酒飲まされて無理矢理やられて、男性不信どころかレズビアンまで行ってしまいます。


変わり者の白人男子役は、マイケル・ラパポートがやっています。

Wiki見るとコップランドに出てたっけな・・・ヘンな人役はスタローンで十分だと思うんですけど・・・

プリズンブレイクのドン・セルフ役もこの人でした。

コミニュケーションのおかしい白人男子ということで、友達ができず、やっぱりネオナチ化していきます。


で、その3人が取ってるゼミの教授役を、ローレンス・フィッシュバーンがやっています。

一言で言うと、CSIの顔の長い黒人です。

CSI: 科学捜査班 シーズン 11 コンプリートDVD-BOX 2

中古価格
¥1,853から
(2017/6/7 03:47時点)



この教授、なんか人間が出来過ぎてる気もしないでもないですが・・・


ネオナチと黒人が揉めそうなのはわかりますが、レズがなんで・・・と思いましたが、見ればまあ納得できるんじゃないでしょうか。

正直、バスタ・ライムス出てるなら見てみるか、しょぼ映画でも話のネタくらいにはなるだろ、ほら見ろどう見てもアイス・キューブがおっさんすぎて大学生に見えない、などと思いながら見始めたものですが・・・

マグノリアあたりを思い出す群像劇で(大学なのであれほどバラバラな人選ではないですが)、割と楽しめたような気がします。

マグノリア [DVD]

中古価格
¥1,550から
(2017/6/8 00:47時点)




アイス・キューブとかバスタ・ライムスが持ち歌歌い出したりしなくても、十分間が持つというか、内容のあるものになっていると思います。

バスタ・ライムスとか基本アホっていう役柄なんですけど、よく引き受けたな・・・

アジア人の視点がないのが残念ではありますが、アメリカの人種事情もわかって面白い一本だと思います。

オマー・エップスにがっつり感情移入しながら見るのがいいんじゃないかな。
でも、序盤のオマー・エップス、私の知ってる顔じゃないような・・・
左右でガタガタになってる感じで、そこだけは違和感あったかな。






おすすめ度(10点中):8






今回は以上です。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 02:02 | Comment(0) | 映画

2017年06月05日

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その10 アイデンティティー、Cobain モンタージュ・オブ・ヘック

アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、特に名作映画でもなく、無料で見れる期間が終了するわけでもない映画群があるんですけど、そういうくくりが今までなかったので、アマゾンプライムビデオで見た映画群 ということでまとめてみます。

個人的な当たり外れがありますので、書くことが多かったり少なかったり、幅があると思います。

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その9 キリング・ゾーイ、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/248/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見た映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。



s-_20170605_024607.jpg

・アイデンティティー(原題:Identity) 2003

s-_20170605_024539.jpg





原題ままです。



大雨で道路が寸断された状態で、誤って婦人を轢いてしまった女優の付き人が、近くのモーテルに一時避難するが、そこにさらにカップルや囚人護送中の警官もやってきて、殺人が起こるという感じの話です。


物凄く乱暴な言い方をしますと・・・主人公がブサイクになったシャッターアイランドみたいな話なのでは。
なおかつシャッターアイランドより面白いような気がします。


女優の付き人役を、ジョン・キューザックがやっています。
割とこの人、日本人にもいそうな顔つきで、ちょっと気弱な感じに見えます。
名優寄りのひとでもあります。


囚人護送中の警官を、レイ・リオッタがやっています。

この人、加齢で見た目が割と変わる人なんですが、この映画では、伊良部期といいますか、スコットランド系なのにどっから見ても伊良部に見えるという妙な時期ですね。

伊良部秀輝ラストインタビュー (SPA!BOOKS)




彼の代表作のグッドフェローズ(1990)では、伊良部感はそれほどなかった気がするんですが・・・

グッドフェローズ [DVD]

新品価格
¥1,980から
(2017/6/5 03:37時点)




13年経って太ってブルドッグ顔になったせいかな・・・

たまに挿入される、移送されてる死刑囚の再審がどうこうって話、レイ・リオッタが連れてきた囚人のことだと、完全に思い込んでました。


モーテルにいる娼婦の、もう30だし田舎に帰ってオレンジ畑を耕すんだって話聞いて、ええ話やん?(紳助AA略)とか思ってたら、完全に騙されました・・・

割と時間軸が前後して真相がわかる話なので、あんまり話せることはないような気もします。

クソカップルにムカついたのは覚えてるな・・・

シャッターアイランドも併せて見るといいかもしれません。
あっちのほうがお金かかってて、ディカプリオも出てて、監督はスコセッシで・・・と超豪華なのに、たぶんこっちのほうが面白いんじゃないかな。
アマゾンプライムビデオで見た映画群 その2 ワールド・オブ・ライズ、シャッター アイランド、最終絶叫計画
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/220/0

ここで書きました。

私はがっつり騙されましたが、あんまり身構えて見ないほうがいいかも。
ただのホラーだと思ってるくらいがいいんじゃないでしょうか。




おすすめ度(10点中):9











s-_IMG_20170424_011601.jpg

・Cobain モンタージュ・オブ・ヘック(原題:Kurt Cobain: Montage of Heck) 2015

s-_IMG_20170424_011533.jpg




これも原題ままですね。

文字通り、ニルヴァーナのカート・コバーンの死ぬまでのドキュメンタリーです。

娘さんがエグゼクティブ・プロデューサーの片割れなんで、悪いようには言わないでしょう。
とはいっても、初体験は知恵遅れの子とだった、みたいなエピソードはあります。


私自身は、TVK(テレビ神奈川)かなんかの番組で、伊藤セーソクが、今アメリカでヤバいのはこれだみたいな感じで、SmellsLikeTeenSpiritのPVの日本初放送をやってるのを見たんじゃなかったかな・・・

というくらいなので、リアルタイムで聴いてた世代なんですが、当時はけっこう好きな方だったのかな。
なんか回収になって値が上がったらしいHormoaningの日本盤CDも、予約して買ってたんで探せばあると思います。

ホルモウニング

新品価格
¥19,218から
(2017/6/5 04:27時点)



新品はお高くなってますけど、中古はそうでもないな・・・


ニルヴァーナって、映画のレスラーで、ニルヴァーナのせいであの時代は暗くなっちまったみたいな感じで名指しされてるのを見かけたような気がします。
割と悪く言われてるのを見かけるんですよね。

たぶんそのくらい売れてたってことなんでしょうけど・・・

私自身、この映画を見るまで、ニルヴァーナの歌詞を口ずさむことって、実はそんなになかったような気もします。
歌詞カード見て歌う派なので、歌詞は出てくるはずなんですけど・・・

やっぱりこの時代の気分だったんですかね。


映画を見ていると、繊細過ぎて遅かれ早かれ死ぬのは避けられない人だな、と思いました。

Rape Meとか、オッサンになってからは聴くのにためらいがあるというか、なんか心構えができてない気がして、どうも聴けないんですよね。

初期ブライアン・ウィルソンの書く曲の、夏だ海だサーフィンだ、みたいな世界とは真逆すぎて、アメリカってどうなってるんだろうと思わされるところがあります。


歌い出しからいきなり、(どの男も女の子を二人連れてる)ですからね・・・

Rape Meとは隔世の感があります。
まあ実際に40年くらいの世代差はありますが・・・

まあ暗いっちゃ暗いですね。

ニルヴァーナ聞いたことない人には、ゴミのような映画かもしれません。

あんまり衝撃の新事実とかもなかったかな。
あとこれ、見放題終了してるかも。




おすすめ度(10点中):6











今回は以上です。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 05:00 | Comment(0) | 映画

2017年06月04日

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その9 キリング・ゾーイ、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬

アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、特に名作映画でもなく、無料で見れる期間が終了するわけでもない映画群があるんですけど、そういうくくりが今までなかったので、アマゾンプライムビデオで見た映画群 ということでまとめてみます。

個人的な当たり外れがありますので、書くことが多かったり少なかったり、幅があると思います。

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その8 16ブロック、コップ・アウト
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/247/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見た映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。





s-__IMG_20170501_002300.jpg

・キリング・ゾーイ(原題:Killing Zoe) 1994

s-_IMG_20170501_002228_HHT.jpg





原題ままです。

金庫破りのゼッドが、旧友に銀行強盗の話を持ち掛けられ、フランスまで来てみたが・・・という感じの話です。


ゼッド役は、現在監督方面に行ってしまった感のある、エリック・ストルツです。
長髪のイケメンなイメージがあるかな・・・最近どうなってるのかわかんないですけど。
この映画出演時って20年前くらいですしね・・・オッサン化してそうです。


パルプ・フィクションで、マフィアのボスの女のユマ・サーマンが、オーバードーズで死にかけて、ドラッグディーラーの家に連れていかれるんですけど、そのドラッグディーラー役やってましたね。
寝巻みたいなの着た金髪の長髪だったような・・・

パルプ・フィクション [DVD]

新品価格
¥32,925から
(2017/6/4 03:35時点)




あと個人的に知ってそうな役者はいなかったような・・・

以前、
アマゾンプライムビデオで見つけたヘンな映画その7:アイアン・フィスト(原題:The Man with the Iron Fists)
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/234/0


で書きましたが、どこかで見たタランティーノの作品リストにあって、見なきゃな〜と思いつつ何十年か経ってた、というのがこの映画なんですが、ちょっと調べたら、名前貸しただけで何も関わってないとかなんとか・・・

見たときはそのことを知らなかったので、かなり期待して見始めたのを覚えています。

ですが、良いところも悪いところも割と目につきまして・・・

・旧友の銀行強盗の計画がザルすぎ

俺に任せとけみたいなことを言いまくるので、きっちり綿密にやってんのかと思ったら全然


・銀行強盗=ドラッグやってないとできないの?っていうくらいドラッグやりまくり

本当のパリを見せてやるとか言いながら結局ドラッグやってるだけの前半


・実際に銀行強盗やるまでタラタラしすぎ

なんか微妙にテンポ悪いような・・・ドラッグのシーンそんなに要りますかね?
リアルなドラッグのシーンがかっこいい、みたいな変な価値観を感じます。


・銀行強盗時のマスクがヘン

この当時はこれがかっこいいと思われてたんでしょうかね・・・
画像一枚目が、そのマスクした旧友です。


良い点は・・・

・タイトルにもなってるゾーイさん、昼は銀行員で夜は娼婦ってギャップでエロい

まあちょっとかわいいフランス娘という感じのルックスですが、なんか得した気になれます。


・後半はザルな計画だけあって割といろんなことが起こっておもしろい

うまくいかなくなってくるので、当然内輪もめが始まります。


・旧友はゼッドのことを本気で好きそう

腐女子大喜びな要素が結構ある気がします。
ラストでゾーイさんがゼッドに、旧友がゼッドに言ってたことと全く同じことを言って、背筋がぞっとしましたが、たぶんそういうことなんですよね。


なんか散漫なところもありつつ、良いとこもある、なんか不思議な一本だと思います。
撮った監督は初監督のようで、あんまり整理されてない感じはそのせいかも。
見て損はしないんじゃないかな。




おすすめ度(10点中):8










s-_IMG_20170510_035553.jpg

・メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬(原題:The Three Burials of Melquiades Estrada) 2005

s-_IMG_20170510_035520.jpg



これも原題ままですね。

密入国メキシコ人のメルキアデス・エストラーダが射殺体で見つかり、友人だったアメリカ人が真相を探るが・・・という感じの話です。

時間軸が割と動くシナリオなので、どこまで書いていいのかむつかしいところがあります。


メルキアデス・エストラーダの友人だったアメリカ人を、トミー・リー・ジョーンズがやっています。

今では日本ではコーヒーのCMの人となってしまいましたが・・・

サントリー BOSSボス 贅沢微糖 185ml×30本(1ケース)【ご注文は4ケースまで同梱可能です】

価格:1,698円
(2017/6/4 04:49時点)
感想(21件)



あとこの映画の監督もやっています。


嫁と微妙にうまくいってない国境警備隊員を、バリー・ペッパーがやっています。
白人のウザめの人の役が多いかな・・・

アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群その9:ワイルドなスピード! AHO MISSION、25時
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/215/0


で書いた25時の、主人公の友人のヒネた感じの証券マン役やってましたね。


メルキアデス・エストラーダが死ぬ前に、死んだらヒメネスという村に埋めてくれ、みたいなことを言っていたので、友人のトミー・リー・ジョーンズはそれを叶えようとするのですが、メチャクチャ大変そうなので、私は絶対に、死んだら〜してくれとは言わないようにしようと思いました。

ヒメネスはメキシコにあり、アメリカ人には土地勘がなく、普通に国境を越えられない事情もあり、アメリカ人がメキシコに密入国、を強いられます。

メキシコに着いたら着いたで、誰もヒメネスを知らないし・・・


国境超える前の、誰も来ないような場所に一人で住んでる盲目のじーさんが、妙に記憶に残りました。






おすすめ度(10点中):7





今回は以上です。
チャンピオンズリーグ決勝見ながら書いてました・・・







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 04:17 | Comment(0) | 映画

2017年06月01日

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その8 16ブロック、コップ・アウト

アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、特に名作映画でもなく、無料で見れる期間が終了するわけでもない映画群があるんですけど、そういうくくりが今までなかったので、アマゾンプライムビデオで見た映画群 ということでまとめてみます。

個人的な当たり外れがありますので、書くことが多かったり少なかったり、幅があると思います。

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その7 セルラー
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/233/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見た映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。




s-_IMG_20170512_180646_HDR.jpg

・16ブロック(原題:16 Blocks) 2006

s-_IMG_20170512_180622.jpg




原題ままです。

16ブロック先の(アメリカのこの何ブロックというのがいまいちよくわからないんですが、16ブロックだとそこそこ近所、という感じのようです)裁判所まで、証人を送り届ける役を、勤務終了間際に新任の偉いさんに言いつけられ、イヤイヤ引き受けると大事件に発展し・・・という感じの話です。


割と晩年の足の悪い刑事役を、ブルース・ウィリスが珍しくヒゲありでやっています。

晩年の刑事、髭生やしがちなんでしょうかね。
前回のセルラーの引退間近の刑事役のウィリアム・H・メイシーもヒゲ生やしてましたし。

移送される証人役を、ラッパーのモス・デフがやっています。
Krushとやった、Light (Can you see it) ft. Dj Krush が真っ先に思い浮かんだかな・・・



ブラック・スター時代はそんなに知らないかも・・・

MiLight〜未来

新品価格
¥14,990から
(2017/6/1 21:12時点)





ラッパーが映画に出ると、決まって犯罪者だけどポジティブないい人、みたいな役回りはなんなんですかね。
そういうのが多すぎてちょっと鼻に付く気もしてきました。


ウィリスの昔の相棒だった、汚職刑事を、ブルドッグ顔のデヴィッド・モースがやっています。

信用できる人の役が多い気がしますが、今回は昔は信用できたんだけど・・・という感じです。


最初は証人のモス・デフのことはかなりどうでもいい扱いだったウィリスが、途中で何かに気付いて、追いつめられて、最後は警官なのにバスジャック犯みたいな扱いになってまでも、証人を守ろうとするのにはさすがにワケがありまして、まあそれがわかると、結構グッとくるものがあるのではないでしょうか。

逃げる途中で別れた前妻のところに寄るのですが、
見放題が終了するらしいので見てみた映画群 20170331 遊星からの物体X、ミッドナイト・ラン
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/219/0

で書いたミッドナイト・ランでも同じことをしていて、警官って家にあまりいられなさそうだし離婚されがちなのかな・・・とか思ってしまいます。

NCISのギブスも、クリミナル・マインドのホッチナーも、離婚か死別してたような。

クリミナル・マインド シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]

中古価格
¥1,075から
(2017/6/1 21:39時点)



ホッチナーさんはプロデューサーかなんかの偉いさんにキレて足で蹴ったとかでクビになったと、風の噂で聞きましたが・・・


16ブロックの話に戻りますと、割とお金もかかってて、オーメンとかグーニーズとかリーサル・ウエポン撮った監督がやってて、役者もいいのが出てて、なかなかいい話、という誰も損しない感じになっています。

ちょっといい話過ぎる気もしないでもないですが・・・



おすすめ度(10点中):8














s-_IMG_20170513_031315.jpg

・コップ・アウト(原題:Cop Out) 2010

s-_IMG_20170513_031252_HHT.jpg




これも原題ままですね。

16ブロック見た後に、おすすめに出続けるので、しょうがなく見た一本です。

16ブロックとは違い、警察ものだけどあぶない刑事的な軽いノリのやつでした。

別れた妻との間に娘がいる刑事が、娘の結婚式費用にレアものベースボールカードを泣く泣く売って資金作ろうとしたら強奪され・・・という感じの話です。

16ブロックと同じく、離婚した刑事役はブルース・ウィリスです。
今回は警官のキャリア終わりかけでもないのでヒゲなしです。

別れた妻が再婚した男が金持ちで、娘の結婚式費用余裕で出せるぜって態度で、ウィリス側に肩入れしろという何かをビンビンに感じます。
割とわかりやすいエンタメ側の映画ですよね・・・


で、その相棒の刑事が、トレイシー・モーガンなんですが・・・

なんかイモトさんを思い出してしまうマユの太さで、なんかイマイチ話に入っていけない感じが・・・

映画オタクキャラで、すぐ何かの映画のワンシーンをやりだしてしまうのも、やりすぎ感あって、うーんどうなのかなこれ・・・と思ってしまいました。


ベースボールカード強盗は下っ端で、その元締めのポー・ボーイをギレルモ・ディアスがやっています。

この人、ションダ・ライムスのドラマのスキャンダルで、オリヴィア・ポープの下で働く殺し屋・ハッカーのハック役をやってましたね。

スキャンダル シーズン1 [DVD]

新品価格
¥3,733から
(2017/6/1 22:46時点)




コップ・アウトでは、ブレイキング・バッドのブチ切れギャングのトゥコの縮小版みたいなギャングをやっています。

トゥコを見た後ではあんまり衝撃はないかな・・・という感じで。

ブレイキング・バッド以降のギャング役はかなりハードル上げられて、難しくなるんじゃないでしょうか、と、ポー・ボーイ見てて思ってしまいました。

コンプリートパック ブレイキング・バッド 全巻セット(SEASON 1-6) [Blu-ray]

新品価格
¥27,800から
(2017/6/1 23:16時点)





あと、ライバル刑事コンビの片割れが、ケヴィン・ポラックでした。
アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群その11:ユージュアル・サスペクツ、スパイダー パニック!
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/227/0

で書いたユージュアル・サスペクツの容疑者の一人でしたね。
クセのある禿げなのでイヤでも目につきます。


なんというか、全体から流れる軽いノリが、最後までイマイチ受け付けられなかったかな、というのが感想ですかね。
あんまり真剣すぎなくてもいいですけど、パッと見てぱっと忘れるタイプの映画なのかな・・・

あぶない刑事もあんまり好きじゃなかったな、そういえば。



おすすめ度(10点中):6










今回は以上です。






にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 23:02 | Comment(0) | 映画

2017年05月16日

アマゾンプライムビデオで見つけたヘンな映画その7:アイアン・フィスト(原題:The Man with the Iron Fists)

アマゾンプライムビデオで見つけたヘンな映画その6:ザ・ビーチ(原題:The Beach)
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/187/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見つけたヘンな映画

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。





プライム会員に入ってれば、無料で見られる映画群がありまして。

まあだいたいの人は、クエンティン・タランティーノの映画はお好きなんじゃないでしょうか。
私も好きで、ちょっとでも関わった製作リストを見てしらみつぶしに見てきたものですが・・・
その中でもあんまりレンタル屋でも見かけず、見られなかったキリング・ゾーイが先月位にプライムビデオに入って、忘れかけてたけどやっと見れた、ということがありました。
今月になって、ジャッキー・ブラウン(クドい熟年ラブストーリーという印象です)もプライム入りしてましたね。これはDVD持ってましたが。

なんとなくタランティーノが関わった映画を集め出した気がするプライムビデオですが、その中に、昔見たタランティーノ製作リストに載ってなかった(2010年より前に見たと思うのでまだなかった)やつで、紹介文にタランティーノの名前があるものを見かけて、なんだこれ?と思って見るとホステルとかキャビン・フィーバーのイーライ・ロスの名前まで・・・

キャビン・フィーバー [DVD]

新品価格
¥4,000から
(2017/5/15 19:54時点)




んでちょっと忘れかけてたウータン・クランのRZAが金出して監督脚本までやってる・・・

というのでもう見ないといけない気になってきました。

s-_IMG_20170422_133410.jpg

・アイアン・フィスト(原題:The Man with the Iron Fists) 2012


s-_IMG_20170422_133343.jpg



でも1枚目の画像見ても、、イヤな予感しかしなくて・・・

話としては、娼館の女を身受けして、この町から出ようとしてた鍛冶屋(RZA)が、猛獅会の派閥争いに巻き込まれて腕を切られるが、自分で義手を鍛造して仇を討つというものです。


ウータン・クランのRZAが金出して監督脚本までやってるということで、ほぼRZAの趣味全開な映画なんですが、RZAがどんな人なのか知らないとなんだかよくわからない、少林寺映画の出来損ないに見えてしまうかも。

燃えよウータン

新品価格
¥7,884から
(2017/5/15 20:28時点)




ウータン=漢字に直すと武当ということでまあ武闘派ですよみたいな感じかな。
1993年発売のこのデビューアルバム、原題がEnterTheWu-Tang 36Chambersなんですが、たぶん少林寺三十六房 (The 36th Chamber of Shaolin)と燃えよドラゴン (Enter the Dragon)を足したみたいなタイトルになっており、リリックも俺の拳が〜って感じのもので、基本的に、俺スゲエ俺最高みたいなギャングスタ・ラップはまったく受け付けなかった私も何故か抵抗なく受け入れられる感じの有るもので、当時かなり聴いたものです。
黒人カンフー映画オタクがそのネタでラップしてるのはなんだか許せる感じがありまして・・・

10人くらいいるウータンクランで、トラック作ってたのがRZAなんです。

今となっては、トラック作りつつターンテーブル回しつつラップも同時にやるジョンウェイン君みたいなのもいますが・・・

Rap Album One

新品価格
¥1,500から
(2017/5/15 20:47時点)



ジョンウェイン君、デブの白人なのもおもろいです。

RAP ALBUM TWO (ラップ・アルバム・ツー) (直輸入盤帯付国内仕様)

新品価格
¥2,160から
(2017/5/15 20:48時点)



ライブ映像見ると、物凄く忙しそうです。
Krevaが、ライブでターンテーブルとかサンプラーとかやりつつラップもやるコーナーがありましたが、あれを最初から最後までって感じで。



話を戻しまして、まあだいたいラップグループの頭脳はトラックメイカーで、そいつがいなくなると終わり、みたいな感じです。
NWAも、アイスキューブが抜けても大丈夫だったけどトラックメイカーのドレーが抜けて終わりましたよね。
ストレイトアウタコンプトン見て、途中で、ああこの人たちこの当時興味なかった人らだ・・・と愕然としました。
どうも苦手だったんですよね・・・

要するにウータンクランはRZAがメインのグループでした。
音楽的な才能も有り、トラック作ってるのもRZAなのでたぶん他よりギャラも多めで、アルバムもメチャクチャ売れて、ため込んだ金を、映画に注ぎ込んで自分のやりたいものを映像化したのはよくわかるんですが・・・

どうも受け付けない点がいくつもありまして・・・

1.カンフーモノを見てきたはずのRZAの割に中国人と韓国人の見分けがついていないっぽい

私の見てるカンフーモノが偏ってる可能性もありますが、ゴールデンハーベストとかが扱ってるものでは中国人から見た韓国人像が如実に出てて、ちょっと前まで李氏朝鮮に朝貢されてた関係もあり、割とゲテモノ・蛮族として描かれてることが多い気がします。

具体的には片腕ドラゴンで、悪の道場が海外から助っ人連れてくるんですけど、テコンドーのキムさんです、と紹介された瞬間、奇声上げながらビール瓶の細いとこを歯で折るとかそういう扱いです。

片腕ドラゴン デジタル・リマスター版 [DVD]

新品価格
¥927から
(2017/5/16 00:46時点)



ついでに死にざまは、レストランの2階で主人公に屋外に放り投げられて死ぬというものでした。

そういうのを踏まえると、ゼン・イー役はもうちょっと中国人に見える俳優でやってほしかった、というのはあります。

インファーナル・アフェア顔なら納得なんですが・・・

インファナル・アフェア [DVD]

新品価格
¥6,480から
(2017/5/16 01:16時点)



まあ私も黒人見て出身国当てられるとは思えないのでしょうがないところはあるのかもしれません。



2.娼館の女主人がルーシー・リューってベタすぎません?

なんだかあまりにも使い古された感じと言いますか・・・
誰でも思いつく感じがなんだか微妙じゃないですかね。
あのカンフー映画に出てた女優さんの娘さんとかそういう線はなかったんですかね・・・

個人的にはTeengenerateのShe'sSoFineに当ててある映像のお姉さんとかどうかな・・・

何人かわからないところはありますが。

GET ACTION!! 《スペシャル・エディション》【初回限定生産】 [DVD]

新品価格
¥4,010から
(2017/5/16 01:46時点)




ルーシー・リューが、キルビルでゴーゴー夕張とかを連れて日本料理屋に入っていくときのシーンと同じ表情をするシーンがあって、ある程度ベタなのは意図的なんだろうなとは思いました。



3.普通のバスケ黒人的なルックスはあまり見たくない

これが一番の問題だと思うんですが、RZAは音楽の才能がある人で、映画に出て映えるようなルックスではないと思うのですが、なんでそこで勝負しようと思ったんだろう?と思ってしまいます。

以前からRZAのルックスは知っていたのですが、積極的に出すようなルックスではないと思うんですよね。
山下達郎とかみたいに、あまりルックス出さない方向にした方がカリスマ性出ると思うんですけど・・・

ATCQのQ-Tipみたいなルックスならまだしも・・・

ブシェミとかロバート・ネッパーみたいになんかすごくクセのある顔、ってわけでもないし、自分が金出してるとはいえ、主役をやるにはヌボーっとし過ぎてる気が・・・

作る音楽は好きなので、なんでルックスで勝負の世界で、凡庸なルックスで勝負かけたのか、本当に謎です。

インディアナ・ペイサーズのパワーフォワード、と言われたらそのまま信じそうなルックスで・・・



イーライ・ロスが割と苦労したんじゃないかな・・・と思ってしまいます。
RZAはカンフー映画マニアと思ってたのに、なんか違う感じもあり・・・

RZAさんお願いだから音楽だけ作っててください、という気持ちでいっぱいです。

WWFで見たバティスタさんだけはいい配役だと思いました。
レスリングさせたらしょっぱかったので、こっちで頑張ってね。







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 01:00 | Comment(0) | 映画

2017年05月05日

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その7 セルラー

アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、特に名作映画でもなく、無料で見れる期間が終了するわけでもない映画群があるんですけど、そういうくくりが今までなかったので、アマゾンプライムビデオで見た映画群 ということでまとめてみます。

個人的な当たり外れがありますので、書くことが多かったり少なかったり、幅があると思います。

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その6 クーデター、K-19、ネイビーシールズ:チーム6
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/232/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見た映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。



s-_IMG_20170505_035009.jpg


・セルラー(原題:Cellular) 2004

s-_IMG_20170505_034931.jpg



原題ままです。
セルラーって久々に聞く感じがありましたが、今のAUの前身がツーカーセルラーでしたっけ?んでその前がIDOじゃなかったかな。
要するに移動電話システムとかそういう意味なんですが、携帯端末を、セルラーフォンとかセルフォンっていうのを短くセルラーと言ってるのかも。
要するにガラケー全盛時代の映画です。


誘拐された女の生物教師が、ぶっ壊された電話機のパーツを組み合わせて電話をかけ、つながった相手に助けを求めるという感じの話です。


この映画、割と隠れた名作扱いされてるのを見かけるのですが・・・
わかりやすく損してる面もあるんですよね。

・スクリームとかのホラーでぶっ殺される側のアホ大学生が正義の味方かつ生命線(いい方に出ている面もありますが)

・よく見ると錚々たるメンツが出ているにも関わらず、なんか生かし切れていない、キャラが立ってない(具体的にはステイサムさんとジェシカ・ビールさん)

・ジョークが割とアメリカン(携帯で運転しながら話してるおばちゃんに携帯切れ危ないと注意したあともしもし?とか息子の名前とか)

・なんか光の当て方とか、撮り方が古臭い感じがある

・携帯電話あるあるみたいなのが結構詰め込んであってB級臭

あたりでしょうか。


最初に誘拐される生物教師役が割と大女優なキム・ベイシンガーなんですが、顔面崩壊起こしてる気がするんですけど・・・
なんか画面見てると怖い感じがありまして。
大女優の衰えも、B級感をブーストさせてるんじゃないかな・・・
一枚目の画像もかなりフォトショップでお直ししてある気がします。

そして誘拐した一味のリーダーがジェイソン・ステイサムなんですが、主役で出てる映画と比べてびっくりするくらい全然オーラを感じないんですよね。
初登場時、これステイサムかな?ただのそっくりの禿げかな?と思ったくらい大物感がなくて。

トランスポーターで主役やったのが2002で、売れてない頃ってわけでもないのに・・・

トランスポーター [Blu-ray]

新品価格
¥803から
(2017/5/5 05:40時点)




本当にただの悪党の一人で、他の悪党との差別化もそれほどなくて。
最後にちょっと見せ場があるくらいで、使い切れてない感がかなりあります。


助けを求められるアホ大学生役をクリス・エヴァンスがやってます。
今でこそキャプテン・アメリカやるくらいになってきましたが、この映画は2本目で、よく見たらイケメンという感じです。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥1,671から
(2017/5/5 05:42時点)



ふられた彼女に未練ありまくりのようで、彼女に舐めた態度取られてるのを隠し撮りした動画を見て、ゴージャスだとか言ってます。アホです。


そのふった彼女役がジェシカ・ビールなんですが、凄い美人なのになんかイマイチに見えてしまって。
いい素材なのに、美人ですよ、美人でしょう?って撮り方をしてない気がして。
アマゾンプライムビデオで見た映画群 その1 山猫は眠らない3、Solus、勇者たちの戦場、特捜部Q
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/218/0

で書いた、勇者たちの戦場にも出てました。


この二人にそれぞれ友人がいるのですが、全員アホで・・・

まあその分、普通のサスペンスでは起こらないような展開もあるんですが・・・そこもB級感をやっぱりブーストさせてる気がします。


アホ大学生と共に話のキーになる、引退が近い刑事役を、ウィリアム・H・メイシーがやってます。
この人、ヒゲありだとじーさんに見えて、ヒゲなしだと比較的若く見えるんですよね。
ヒゲなしだと、ファーゴの主役のジェリー、ドラマのERのモーゲンスターン部長が思い浮かぶかな。

ER 緊急救命室 III 〈サード・シーズン〉 セット1 [DVD]

新品価格
¥1,663から
(2017/5/5 05:51時点)



今回は引退前の刑事だからかヒゲありです。
アマゾンプライムビデオで見た映画群 その5 リンカーン弁護士、エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE、戦場からの脱出
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/223/0

で書いたリンカーン弁護士の友人の探偵役も、ヒゲありで出てたな・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%BC_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
>原案は『フォーン・ブース』の脚本を手掛けたスリラー映画の巨匠ラリー・コーエン。

Wikiを見ていると、こういうことのようです。でも脚本は違う人の名前が載っているので、良いはずの原案を脚本の人がうまく広げられなかったんですかね。

ラリー・コーエンのフォーン・ブースはかなり面白かったです。

フォーン・ブース [DVD]

新品価格
¥1,322から
(2017/5/5 06:04時点)




監督のデイヴィッド・R・エリスってどっかで聞いたなと思ったら・・・
ファイナル・デスティネーション関連全五作通して見た
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/144/0

のデッドコースター、ファイナル・デッドサーキット 3Dの監督でもう死んでる人でした。


いろいろ気になった点がありまして・・・
アホ大学生が子供をさらわれて、車で追いかけて反対車線に入ってしまうんですが・・・
何秒かに一回、ホーって言うんですよね・・・
対向車をよけて、安心したってことなのかもしれませんが。
物凄くアホが香るというか、なんだこれって感じのシーンです。

さらにこの大学生、子供のときと旦那のときと、ほぼ同じ感じのミスで両方さらわれるのを防げないんですよね。
本気でアホかと思いました。


電話で助けを求めてる生物教師も、焦りもあるんでしょうが指示がイマイチ的確じゃなくて、実行する方もアホでと、いつもグダグダな感じになっています。

生物教師って設定も、生きるのは一回だけじゃなかったかな。



いろいろ文句を言ってきましたが、愛され側のアホ映画なんじゃないでしょうか。
もっと良くできたんだろうけど、これはこれでヘンな味が出てて、かなり面白いと思います。
エンドロールもイイ感じです。



おすすめ度(10点中):9





今回は以上です。






にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 06:19 | Comment(0) | 映画

2017年05月04日

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その6 クーデター、K-19、ネイビーシールズ:チーム6

アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、特に名作映画でもなく、無料で見れる期間が終了するわけでもない映画群があるんですけど、そういうくくりが今までなかったので、アマゾンプライムビデオで見た映画群 ということでまとめてみます。

個人的な当たり外れがありますので、書くことが多かったり少なかったり、幅があると思います。

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その5 リンカーン弁護士、エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE、戦場からの脱出
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/223/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見た映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。



s-_IMG_20170504_010424.jpg


・クーデター(原題:No Escape) 2015

s-_IMG_20170504_010359.jpg




原題は、逃げ場なし、的な感じですね。

アジアのどっかで(川を下ってベトナムに入るってカンボジアしかなさそう)軍主導のクーデターが起こり、ちょうど赴任してきたアメリカ人家族が、外国人全員殺すとか叫ばれてる中で逃げ道を探す話です。

またもや頼りない感じの旦那と、美人の嫁さんという組み合わせです。
頼りになりすぎる旦那だと、ダイハードとかコマンドーとかセガールモノみたいになっちゃうのでまあしょうがないのかも。

この一家をなんだか都合よい感じで守ってくれる謎のイギリス人を、一時のジェームス・ボンド役やってたピアース・ブロスナンがやっています。

ボンドやってた頃に比べると、ジジイ化してるかな・・・
あとこの人、貸金業のニッシンのイメージキャラクターやってた時期がありまして、なんかそのせいで金に困ってるイメージがあります。

貸金業のニッシン自体も、Wiki見たら2012年くらいに経営破たんしてますね・・・

この人の存在がちょっと都合よすぎて、一家の危機には何の関係もないのに現れたりして、冷める部分があります。

一応理由づけみたいな会話はあるにはあるのですが・・・


で、主人公がふらっと新聞を買いに出た通りで、いきなり警官隊と暴徒が殺し合いを始めるのですが、割と狭い道で、ここで揉めるの?的な感じもありました。
もっと大通りでおっぱじまるもんじゃないのかと・・・


自分の子供を放り投げるシーンがあるのですが、なんかものすごく頭が悪い感じに見えて、なんかこの家族どうでもいいや感がちょっと感じられてしまうこともありました。

お子様が投げられるのイヤだと泣き叫んで時間食ってたら、ジャンプ待ちしてた部外者のおっちゃんは結局射殺されてましたし・・・

なんかこう、この家族を応援しきれない感じがあるんですよね。

で、さんざんじらされた、娘の出産時の話も、割とどうでもいい話で・・・

全体的には、まあ普通かな、という感じの映画です。
でも興行収入見るとかなり儲かってるんですよね。低予算だったのもありますが。

クーデター ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]

新品価格
¥2,602から
(2017/5/4 06:35時点)





おすすめ度(10点中):6











s-_IMG_20170503_155635.jpg


・K-19(原題:K-19: The Widowmaker) 2002

s-_IMG_20170503_155608.jpg




原題は未亡人製造機、ですかね。



ソ連の原子力潜水艦の原子炉が冷却水漏れで温度が上がり爆発しそう、近くにアメリカの艦艇もいて確実に爆発の巻き添えになり、それを口実に世界戦争が始まる、それを防ぐには確実に被ばくする原子炉近くで作業しないといけない、という感じの話です。

この映画の残念なところは、ハリソン・フォードとリーアム・ニーソンという、ロシア人に見えなくもないルックスの俳優を使っているのに、会話は英語なところですかね・・・
それなら黒人でもいいじゃん、と思ってしまいます。

この映画、ちょっと盛り上げ方が下手なんじゃないか、と思うところがありまして・・・
なんかこう、やったぜワッショイみたいな感じにならないんですよね。
喜びのスケールが小さいのか何なのか・・・
みなさんすごく犠牲を払って決死の作業をやるんですが、なんだかこう盛り上がらない感じがあるんですよね。

第一陣がやった分ではまだ足りず、卒業したてのヴァディム君がバリバリやってなんとかなるのも、第一陣無駄死に感が強くて。

DUBCATCHER

新品価格
¥9,980から
(2017/5/4 05:37時点)



アブストラクト・ヒップホップ系のDJで、DJ Vadimってのがいるんですが、ああそういやロシア人だったな。


故障が多いなら原潜使うなよ、と思うのですが、まあ当時は冷戦時代だし、しょうがないんですかね・・・

K-19 [DVD]

新品価格
¥12,148から
(2017/5/4 06:36時点)







おすすめ度(10点中):6








s-_IMG_20170428_192237.jpg

・ネイビーシールズ:チーム6(原題:SEAL TEAM SIX: THE RAID ON OSAMA BIN LADEN) 2012

s-_IMG_20170428_192207.jpg





原題はビンラディン襲撃、みたいな感じです。

内容もビンラディン襲撃で、殺したぞ!USA!USA!という・・・

一般人と女子供には一切危害を加えず、男だけ殺したぜみたいな、プロパガンダの臭いも・・・


まあそのへんはほっといて、プリズンブレイクで見た人たちが出てる、程度で楽しむ方がいいのではないでしょうか。

ティーバッグ(ロバート・ネッパー)が現場の指揮官、マホーン捜査官(ウィリアム・フィクナー)がスーツ組の偉い人です。

プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

新品価格
¥2,119から
(2017/4/6 22:55時点)




二人で話をする場面もあって、なんか不思議な感じです。

ウィリアム・フィクナーはドラマのクロッシング・ライン〜ヨーロッパ特別捜査チームでもヤク中の捜査官やってて、完全に中毒者のイメージですし・・・

クロッシング・ライン シーズン1 [DVD]

新品価格
¥10,024から
(2017/5/4 06:02時点)




ロバート・ネッパーのほうは、新しいブシェミみたいな使われ方をしてる気がします。

二人とも今回は、まともな人の役です。


あとプラネット・テラーで主役やってたフレディ・ロドリゲスがなんとなく丸っこくなってて、プラネット・テラー時のかっこよさはすっかりなくなってました。

プラネット・テラー プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥1,943から
(2017/5/4 06:33時点)




なんというか一言で言うと、出来の悪い13時間みたいな感じ、が近いかな・・・
アマゾンプライムビデオで見つけた名作映画群その7:13時間 ベンガジの秘密の兵士
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/213/0

ここで書きましたが、このシナリオでFPSないの?をあんまり感じなかったんですよね。
このままFPSにしても面白いんじゃないの、と思えない戦争映画って、失敗なんじゃないかと最近思うようになりまして・・・


あと現地の協力者二人組、地味な作業をこなしてかなり貢献してるのに、脱出時に捕まって殺されてて、USAばっか叫んでないでちゃんと保護しろよ感が強いです。




おすすめ度(10点中):5


今回は以上です。






にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






posted by hotrod at 06:33 | Comment(0) | 映画
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
QRコード