ブログパーツ

2017年12月14日

Crucial MX300 525GB その4 ツール類のアップデートとかベンチとか

Crucial MX300 525GB その3 クローン後の処理
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/305/0

前回はこれです。



前回は、クローンで勝手にできた回復パーティションをDosで削除し、ブートパーティションなので縮小はできるが拡大はできない、とディスクの管理に言われ、やむなくEaseus Partition Masterで、ブートパーティションをいっぱいまで広げる処理をしました。


あれ、なんでここで切ったんだろう・・・


まあいいとして、Easeus Partition Masterの処理が終わって、再起動してきますと・・・

kansei.jpg

無事MX300まるごと、Cドライブになりました。

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

新品価格
¥14,600から
(2017/12/14 13:45時点)




kansei2.jpg

525GBといいながら489GBしかないのは・・・知っててもなんかアレですね。

kansei3.jpg

ここの円グラフでも、余裕かませるようになりました。

hika99999.jpg

いやーこれが525GBパワーですよ(489だけど)

よく見るとデータが9GBくらい減ってるけどスワップファイルかなんかかな・・・

で、ひととおり終わったので、Acronis TrueImageと、Easeus Partition Masterをアップデートしてみました。

Acronis TrueImageのほうは、前のBX200に入ってたシリアルで、2015版をインストールしてありました。

Crucial /Micron製 SSD BX200 240GB その1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/105/0

で書きましたが、もう2年近く経つのか・・・

で、今回買ったMX300に入ってたシリアルの紙に書いてあるURLから、Acronis TrueImageをダウンロードして、インストールしますと・・・

atifcupd.jpg

2018版にアップデートされたようです。

atifcupdreboot.jpg

MX300についてきたシリアルも入力の必要なかったな・・・


Easeus Partition Masterのほうは、

epmfupd.jpg

ここで出たURLからフリー版をダウンロードし、インストールしますと、一か所だけ
epmfwana.jpg

これはチェックはずしといたほうがいいかな。


あとはCrystalDiskmarkやるくらいですかね。

今までSSD買ったら、何も書かないまっさらな状態でベンチ取ってたんですが、今回すっかり忘れてました。

なので、もうクローン後のMX300まるごとCドライブになった状態でのものです。

まあ普段使いに近い状態、ということになりますかね。


mx300_3_0_3.jpg

これがMX300の、CrystalDiskmark3.0.3での数値です。

mx300_5_1_0.jpg

これがMX300の、CrystalDiskmark5.1.0での数値です。


違いが出るのかよくわかりませんが、

cse.jpg

こんな感じの画面の、CrucialStorageExecutiveという管理ツールをダウンロードしてインストールしますと、オーバープロビジョニングというなんだかよさげな項目がありまして、MX300のみが使う領域があるといいね、みたいな感じのものです。
推奨値でオーバープロビジョニング領域を確保してみますと・・・

げえっ、10%の50GBくらい持っていかれてしまいました・・・

その後のCrystalDiskmarkの数値なのですが。

mx300_3_0_3op.jpg

がっつり50GBくらいもっていかれたのがよくわかる画像です。CrystalDiskmark3.0.3での数値です。

mx300_5_1_0op.jpg

これもそうです。CrystalDiskmark5.1.0での数値です。

ここで、前のSamsungのSSD、850EVOも、買ってすぐのCrystalDiskmarkの数値しかなかったことに気付き・・・
イヤイヤMX300を、850EVOにつなぎかえ、旧式の状態に戻し、ベンチやりました。

850evok3.jpg

これが使い込んだ850EVOのCrystalDiskmark3.0.3での数値です。

850evok5_1_0.jpg

これが使い込んだ850EVOのCrystalDiskmark5.1.0での数値です。

並べてみます。
左がMX300 525GB、右が850EVO 250GBです。

mx300850evo3.jpg

CrystalDiskmark3.0.3での数値です。
512kでの書きがMX300は速いですね。

mx300850evo5.jpg

CrystalDiskmark5.1.0での数値です。
こっちだと、850EVOの数値がちょっとずついい感じに見えます。

Samsung SSD 500GB 850 EVO 簡易パッケージ V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E500B/ECO

新品価格
¥14,980から
(2017/12/14 13:47時点)



値段下げてあからさまにMX300に対抗してきてますね。


初期のSSDだと、容量が多いほど読み書きが速くなる傾向が顕著にありましたが、もうそれはなくなったのかな。

倍の容量のSSDが、似たような値段で買えるようになったのはありがたいですが、あとは最初期のSSD(具体的にはうちではCrucialのC300がもう認識もしないし読めない物体と化しました)がどんどん読めなくなってるような症状が、起こらないようになるといいのですが。

Crucial RealSSD C300 シリーズ 128GB(SATA-3規格準拠 6Gbps対応 RoHS指令対応 34nmプロセスNANDフラッシュ搭載 2.5インチSSD) CTFDDAC128MAG-1G1




あとはSATAの新規格ですかね。

SSDにして再起動が速くなったと思ったら、PCつけっぱなしであんまり再起動しなくなったのもなんとかしないとな・・・



今回は以上です。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








posted by hotrod at 13:27 | Comment(0) | PC

2017年12月13日

Crucial MX300 525GB その3 クローン後の処理

Crucial MX300 525GB その2 ディスクのクローン
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/304/0

前回はこれです。



今までのメインSSDをコピーし、それをはずして、新しいSSDのMX300につなぎかえ、起動一発目です。


なんとなく、BIOS出て一回再起動した感じもありましたが、普通に起動してきました。

s-IMG_20171211_061337_.JPG

コンピュータの管理→ディスクの管理で見ると・・・

s-IMG_20171211_061413.jpg

コピーしたそのままのサイズのパーティションと、余ったとこには勝手に回復パーティションが作られています。
倍の容量のSSD買ったはずなのに、Cドライブはサイズはそのままで・・・

何か設定してやればこんな風にはならないのかもしれませんが、まあまだ手段はあります。

あと、スカイリムのディスクはもうケースに戻していいよな・・・

PS3用の中古はこんな値段なんだ・・・




まず、右側の回復パーティションを削除します。
ディスクの管理で、右クリックして削除できたかもしれませんが、そういや試さなかったな・・・

昔ながらのDosでやりました。

コマンドプロンプトを起動し・・・
dos.jpg
diskpart と入力します。
あ、このへんから、写真撮るんじゃなく、画面キャプチャしたほうがいいと気づきました。

listdisk.jpg
lisi disk と入力すると、現在存在するディスクが表示されます。0と1があります。

listpart.jpg

select disk 0 と入力し、500GBくらいのMX300を選択します。
さらに、list part と入力し、MX300内にあるパーティションを表示させます。

deletepartoverride.jpg

select part 2 と入力し、消したい回復パーティションの2を選択します。

その後、delete part override と入力すると、回復パーティションの2が消えます。

その後、一応手動で再起動します。

kanrisonogo.jpg

起動してきて、再びコンピュータの管理→ディスクの管理で見ると・・・
とりあえず回復パーティションはなくなり、未割当の黒い両駅になりました。

kakuchouok.jpg

Cドライブを右クリックしてみると・・・ウホッ!ボリュームの拡張、ってのがあるじゃん・・・
喜び勇んでクリックしてみますと・・・

kakuchouwiz.jpg

拡張ウィザードが出現しますが、数値は増やせず・・・
赤丸の中をよく見ると、ブートボリュームは縮小はできるが拡張はできない、と書いてありまして・・・


これは、パーティションいじる、パーティションマジックみたいなのを使うしかないな、という考えに至りました。

管理・HDDパーティション 2 PRO

新品価格
¥2,872から
(2017/12/13 11:45時点)



パーティションマジック、もう売ってませんでした・・・


何かそういうのを昔インストールしたような・・・と記憶をたどりますと、

Sandisk Ultra2 SSD 240G #2
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/21/0


でインストールした、Easeus Partition Masterというのがありました。

スタートメニューから、Eのとこを探し、起動してみますと・・・
epmfupd.jpg

いきなりアップデートしろとの画面です。
SandiskのSSDの記事書いたのは2014年末で、たぶん起動はそれ以来なんで、まあバージョン上がってて当然といえば当然ではあります。

でも、うpデートで時間とられるのは避けたいので、現状のままやります。

epmf.jpg

このどこをクリックしたらいいのかよくわからない画面で、確かプログラムの開始あたりをクリックしたんじゃないかな・・・

epmfgamen.jpg

ディスクの管理みたいな画面になります。
epmfgamen2.jpg

赤線のとこの、パーティションのサイズを(拡張する)、をクリックします。肝心なところが見えてないのな・・・

epmfsize.jpg

こういう画面になります。
赤丸内の丸を、ガーッと右に引っ張りますと・・・

epmfsizekakudai.jpg

こうなります。
まあ最大に広げた状態にしました。

epmfsizekakudaigo.jpg

OKをクリックすると、この画面になります。

この状態だと、私はこうしたい、という希望を伝えた、というだけの状態で、まだ実行はされていません。

実行するには、

epmfsizekakudaigo2.jpg

このチェックマークみたいなボタンをクリックしないといけません。

epmfsizekakudaigoreboot.jpg

クリックすると、実行しますか、という確認があります。

はいをクリックし、実行させます。




Crucial MX300 525GB その4 ツール類のアップデートとかベンチとかに続きます。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








posted by hotrod at 11:32 | Comment(0) | PC

2017年12月12日

Crucial MX300 525GB その2 ディスクのクローン

Crucial MX300 525GB その1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/303/0

前回はこれです。


MX300買うまでの葛藤と、MX300到着、SSDぶっかけ写真がリークされる、といった感じの内容でした。

今回はPCにつないで、今までのメインSSDをそのままクローンして、パンパンになったCドライブの拡張をしたいと思います。

PCの電源を落とし、電源のコードを抜くか、電源のオンオフスイッチをオフにします。

そして、PC本体のオンオフスイッチを押しまくり、マザーボードのコンデンサなどに残ってる電気もなるべく抜いてから・・・

MX300に電源コネクタとSATAケーブルをつなぎます。


うちのマザーボードはIvyBridge世代のZ77マザーなので、未だにSATA3対応ポートが2個しかありません。

Gigabyte Intel z77?lga1155?AMD ATI ) W / HDMI、DVIデュアルUEFI BIOS ATXマザーボードga-z77-d3h

新品価格
¥159,243から
(2017/12/12 09:50時点)



恐ろしい値段になってますが、たぶんこれです。
この値段なら俺でも売るな・・・


メインで使ってるSSDをクローンしようとすると、もう一個SATA3ポートが必要になり、2個全部使うことになります。

ということは・・・普段からSATA3ポートを一個空けておかないといけないということになります。

s-IMG_20171211_050942.jpg

あとSSDは凄く軽いので、浮いた状態とか、ものすごく適当な設置ができるのもいいですね。

今までの環境に、箱から出してすぐのMX300をつなぎ、電源を入れます。

s-_IMG_20171211_051336.jpg

立ち上がってきて、コンピュータの管理→ディスクの管理で見ると・・・
250GBくらいのドライブが一個、何テラバイトかのでかいドライブが一個、あとスカイリムのディスクが入ったDVD-ROMドライブが一個、と出ます。
そうです最近、買ってずっと積んでたスカイリム始めたんです。

【送料無料】The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition PC ザ エルダースクロールズ V スカイリム レジェンダリ エディション 欧州 輸入版

価格:2,698円
(2017/12/12 10:18時点)
感想(1件)



うっ安い・・・俺が買ったのは一番最初の、DLC何も入ってない奴だな・・・



話を戻すと、まあ要するに、MX300は認識されてないようです。

s-IMG_20171211_051427.jpg

一応、サムスンSSDの管理アプリ、Magicianを開いてみますと・・・

s-IMG_20171211_051454.jpg

WDとサムスンのドライブしかないようです。

まあつないですぐ認識されないのはよくあることなので、とりあえず再起動してみます。

んで起動したら再びコンピュータの管理→ディスクの管理、もしくはスタートボタン押して、下から2番目の歯車みたいなのをクリックすると出てくる、

ken.jpg

ここに、ディスクの管理と入力してみてください。

s-IMG_20171211_052447.jpg

すると、フォーマットしてないMX300が認識されたようで、フォーマットしろとの画面が出ます。

MBRとGPTは、あんまりディスクを区切らないメインドライブの扱いなら昔ながらのMBR、一個のドライブを区切りまくって使うなら、Win10でしか読めないけどなんぼでも区切りまくれるGPT、という感じで決めればいいかな。

昔はディスクのクローンソフトなんてなかったので、500MBのHDDを使ってて、800MBのHDDを買ったら、それに500MBと同じようにパーティション切って、XドライブZドライブとドライブ名をつけ、ファイルをコピーして、500MBのHDDをはずし、XドライブZドライブをCドライブDドライブに変え、さらに空き領域の300MB分のEドライブを作る、みたいな感じで移行してきたんで、データ置き場の3TBのWDのHDDは、ドライブレターやたら多い状態になっています。
そういうのにGPTは向いてまして・・・
新しいフォーマットなのに、レガシーなデータドライブに向いてるという、妙な規格ですね。

s-IMG_20171211_052737.jpg

今回はMBRでフォーマットし、489GBのディスクが出現しました。

525GBといっておいて489GBしかないの、バイトの計算法知ってても割とガッカリするので、知らない人は本気で怒る人、そのうち出てくるんじゃないのかな・・・

まあMX300の存在が認識されたので、ディスクのクローンに移ります。

Acronis TrueImageを起動しますと・・・

s-IMG_20171211_053039.jpg

余りに久しぶりの起動だったのか、現在インストールされてる2015版に対し、既に2018版が出てるからうpデートしろ、的な画面が出ます。

新しいのインストールして時間がかかるのは避けたいので、ほっといて2015でこのままやります。

s-IMG_20171211_053524.jpg

ツールからディスクのクローンを選択します。

s-IMG_20171211_054001_.JPG

ウィザードが始まるので、なんとなく自動はやめて手動にしてみました。

s-IMG_20171211_054455.jpg

ソースディスクをSamsungにし・・・

s-IMG_20171211_054537.jpg

ターゲットディスクをCrucialにします。

s-IMG_20171211_054741.jpg

ここでは確か手動にして・・・

s-IMG_20171211_055122.jpg

ここで特に何もいじらない、というよくわからない選択をしたような・・・

で、実行を押すと・・・

s-IMG_20171211_055438.jpg

クローニングが始まります。

s-IMG_20171211_055632.jpg

よく見ると、下の方に、処理が終わったらシャットダウンする、という項目にチェックが入ってますね。

クローンソフトの分かりにくい点のひとつに、クローン後、どの時点でクローン元のディスクをはずして、そこにクローン先のディスクをつなぐのか、という問題がありました。

クローン元も、クローン先も、つないだまま起動してしまうと、クローン元(Samsung)にのみ、ブート情報が書きこまれてしまうんですよね。

なので、その後、SamsungのSSDをはずして、CrucialのSSDを、SamsungのSSDがあったところにつないでも、ブート情報がないので起動しない、ということが割と起こってたんです。

まあそれも、FixbootとかFixMBRとかでなんとかできなくはないのですが、面倒で。


で、この、処理が終わったらシャットダウンする、という項目は、クローン元、クローン先をつないだまま再起動して事故が起こるのを防ぐためだな、と思いました。

そして、シャットダウンするということは、そこでクローン元をはずし、クローン先につなぎ変えるタイミングであるというメッセージだと受け取りました。

s-IMG_20171211_060837.jpg

処理が終わり、シャットダウン待ちです。

電源が落ち、電源スイットをオフにし、PC本体のオンオフスイッチを押しまくり、マザーボードのコンデンサなどに残ってる電気もなるべく抜いてから・・・Samsung850EVOをはずし、そこにMX300をつなぎます。

そして起動ですが・・・




Crucial MX300 525GB その3 クローン後の処理に続きます。







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








posted by hotrod at 09:45 | Comment(0) | PC

2017年12月11日

Crucial MX300 525GB その1

BT付き無線LANカードに51pinマスクってよく聞くけど実際どうなの
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/131/0

前回はこれです。

PC関連の記事って18か月ぶりくらいなのか・・・

前記事は当時から未だに右の人気ページランキング2位ということで、かなりの方々がIntel7260に51pinマスクされたものと思います。

GSX-S125発売の前は、ずっと1位だったな・・・



それよりも前に、Crucial /Micron製 SSD BX200 240GBを2台買ったり、
Crucial /Micron製 SSD BX200 240GB 2台目を購入してわかったAcronis TrueImageのクセみたいなもの
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/119/0

Crucial /Micron製 SSD BX200 240GB その2 終
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/106/0

Crucial /Micron製 SSD BX200 240GB その1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/105/0



Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキットを買ったり、

Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット その1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/90/0

Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット その2
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/91/0


とSSDは割と買う方だったんです。

CPUとマザーは、IvyBridgeあたりで壊れないのでまったく更新しなくなりましたが、SSDはまだまだ進化の余地があると思っています。


そしてこの時期・・・何か買いたくなるようなセールが目白押しなんですよね。


昔ほどではないがTポイントばら撒いてるYahoo!ショッピング

これは誰でも見られるワイモバユーザー向けのURLなのですが・・・
https://ymobile.yahoo.co.jp/shp/event/#calendarnote
ポイントアップの日程がわかりやすくていいです。

サイバーマンデーなアマゾン、



楽天カード

最近は楽天グループは死ぬほど使うんだけど楽天市場ではあんまり買ってない楽天、などを見回すよりも・・・

このブログ右下あたり(QRコードの下)に設置した、アマゾンのHDD/SSDランキング見た方が欲しいものにたどり着きやすい、ということが割とあるんですよね。

ほうほうBX200の時代は終わり、現在はMX300が売れ筋で16800円くらいであると・・・
s-_20171211_045229.jpg


そしてMX300 525GBのページを見ていると、Samsung SSD 500GB 850 EVOの簡易パッケージ版が、MX300と同じくらいの値段に下げて、対抗してきてるのもわかりました。

Samsung必死やな・・・


まあ現在メインPCで使っているのはSamsung SSD 250GB 850 EVOなんですが、最近ちょっとゲームをインスコするのに、Cドライブの残り容量が気になるようになってきてたんですよね・・・

バイオショックのリマスターとか、つまんなかったBulletStormをインスコしたり消したりで・・・

何か新しいのをインストールするなら、何かを消さないといけないようになってたんです。
genjou.jpg
こういう状態でした。


ダラダラとひたすらゲームをインストールし続けたい、なるべくアンインストールしたくないのが本音です。

Cドライブに使ってるSSDの容量が倍になるというのは、かなり幸せになれるんじゃないか、買うのは今じゃないのか、確かTポイントが2800円分くらいあるな、それを使えば実質1万3千くらいで買ったことになるな、256GB買った値段と同じくらいで倍の容量のSSDが買えるようになったんだ、こんなに嬉しいことはない、とアムロのような気持ちで、購入ボタンを押している自分がいました・・・

[12/8-14限定特価]Crucial CT525MX300SSD1/JP [525GB/SSD] SATA (6Gb/s) / 7mm厚2.5インチ /3D NAND フラッシュ採用


買ったのはこれです。
発送はかなり早く、夜中に注文して、その日の晩には発送されてたかな。

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

新品価格
¥15,480から
(2017/12/11 21:06時点)



アマゾンのほうが千円くらい安いですが、Tポイント使いたかったので・・・

[12/8-14限定特価]Crucial CT525MX300SSD1/JP [525GB/SSD] SATA (6Gb/s) / 7mm厚2.5インチ /3D NAND フラッシュ採用

価格:16,474円
(2017/12/11 21:10時点)
感想(0件)




楽天はYahoo!ショッピングと同価格のようです。


iiya.jpg

これが注文履歴詳細です。
もらえるポイント含めたら、1万円くらいで買えた気がする、買えた気になれるので万々歳ということでいいのではないでしょうか(錯乱)

ついでにクーポンで5%引きになってますね。年末最高。

12月9日の朝方に買い、10日の夕方には届いていたようです。日本の配送マンセーですね。


箱の表の写真はもう上で使ってしまったので、箱の裏でも。
s-20171211_045429.jpg

本体、シリアル、厚み調整ワクという内容のようです。

s-_IMG_20171211_045752.jpg

箱を開けるとこんな感じです。

s-_IMG_20171211_050158.jpg

本体以外は、TrueImageのシリアル書いた紙、厚み調整ワク、簡単なインスコマニュアルって感じですかね。

s-_IMG_20171211_045841.jpg

本体裏側のラベルです。

s-_IMG_20171211_050038mo.jpg


表のラベルには思いっきり指紋が・・・
あのへん触るのには気を使った方がいいみたいです。
そんなバッチリ指紋残らなくても・・・というくらい目立っています。
危険を感じたので、指紋にモザイクかけましたが、SSDにぶっかける特殊性癖の人、みたいな感じになってしまいました・・・




次回はPCにつないで、TrueImageでメインのSSDをクローンしていきたいと思います。




Crucial MX300 525GB その2 ディスクのクローン に続きます。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








posted by hotrod at 21:15 | Comment(0) | PC

2016年05月21日

BT付き無線LANカードに51pinマスクってよく聞くけど実際どうなの

※20161115
Intel Wireless-N 7260でも同様の処理で、Bluetooth使えるようになりました。
持ってる人ほとんどいないかもしれませんが・・・

あと本文に書き忘れましたが、ごく普通のセロテープを使っています。
適当に手で切っても常にまっすぐな、セロテープの両サイドを利用すれば、横のピンにはみ出さず貼れると思います。




fujitsu.JPG
関係ないですけど、富士通のマークって、これが古くからのやつですよね。
最近の、無限大みたいなマークより、こっちのほうが古めかしくて好きです。



さて本題ですが、今までBluetoothって、知ってはいたけど使ったことがなくて・・・

今ヤフオクで十分使える中古IvyBridgeノートPCが2万以下で手に入る時代なの知ってました??? その7
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/128/0

で買った富士通ノートPCには3つしかUSBポートがなく、マウスにもなるべくUSBポートを使いたくない感じがあるんですよね。
で、放置してる状態から、使い始めるのに、わざわざマウスのUSBをいちいち差し込むのもめんどくさい感じがありまして。
Bluetoothマウスなら、特に接続要らなくてラクそう、と思ったんですよね。

Bluetoothマウスとか買ってくる前に、まずBluetoothのレシーバーをどうにかするべきだな、との考えに至りました。

無線LANカードも、なんとなくBT付きのIntel7260にしてたので、ちょうどいいのもありました。

Intel7260と大雑把に言っておりますが、
Intel WirelessLanカードまとめ
http://thinkpadlover.blog112.fc2.com/blog-entry-54.html

参考にさせてもらってます、ここ(微妙に間違ってるとこはこっちで勝手に修正)を見ると3種類ありまして。

私はこのうちの2種類持ってまして・・・

・Intel Dual Band Wireless-AC 7260 ac/a/b/g/n 867 Mbps Bluetooth4.0 2.4/5G

・Intel Wireless-N 7260            b/g/n 300 Mbps Bluetooth4.0 2.4G


下のほうは、誰かが間違って買ったのを800円くらいで安く売りに出してて、面白そうだから買ったんだったかな・・・

今回扱うのは上のAC7260のほうです。

Intel Dual Band Wireless-AC 7260 802.11ac対応 最大リング867Mbps 2.4/5GHZ+ Bluetooth 4.0内蔵無線Lanカード

価格:2,450円
(2016/11/21 01:48時点)
感想(22件)




AC7260は現在、ライフブックS762/Eで使ってまして、867Mbpsでつながりますが、BTに関してはまったく気にして無くて、改めてデバイスマネージャ見ると、一切BT関連の項目がない、つまり認識されてないという状況でした。

無線LANとBTでドライバが別らしいと聞きつけ、 PROSetWindowsレジスタードマーク 10 用 Bluetoothレジスタードマークテクノロジー対応インテルレジスタードマーク /Wireless ソフトウェア

https://downloadcenter.intel.com/ja/download/25840/PROSetWindows-10-Bluetooth-Wireless-?product=59485

もインストールしてみましたが、特に何も変化なしでした。

で、例の言葉が頭に浮かんだんです。

BT付き無線LANカードに51pinマスク

です。

から揚げに勝手にレモンかけるなみたいなもんでしょうか。個人的にはレモンかかっててもかかってなくても好きです。

今までよく聞いてたけど、BT使わないからなんだかよくわからなかったのですが、ついにBT使いたくなる状況になってきました。
BT付いてるはずの無線LANカード使ってるのに、BT全く認識されてない現在、これやるしかないんじゃないかという気になってきました。

でも、51番てなに・・・
右から51番目?左から51番目?ピン一本ってすごい細いんじゃなかったっけ?
といろいろ疑問はあります。

あれ?案外行けそうじゃない?と思ったのは・・・
PC改造楽しいですね
http://dumistral.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

>じゃあ51番ピンってどこよという話になる訳ですが、端子を下に持った時で表面(ケーブルを接続できる側)の一番右端のピンです。セロテープ辺りで絶縁すると良いです。


これ読んでからかな・・・

ここで扱ってるのは、AC7260の一世代前の、Intel Centrino Advanced-N 6235なんですよね。
IntelはCentrinoって名称、流行らないと諦めたのかな。

なので、総ピン数が変わってたりしたらマズいな・・・というのは多少ありましたが、はじっこ以外だったら絶対マスクできないというのもありました。


以下の作業をする場合は、自己責任でお願いします。




_s-20160518_025517.jpg

なにしろこれですから・・・これでも相当拡大してます。
既にこれ、テープ貼ってあるんですが、見ても判別つかないという・・・

個人的には、米粒に字を書くみたいなウザさの作業でした。
あとで剥がしやすいように、とかの加工もしなかったので、うまく行かなかったり、認識すらしなくなったりしたら、新しいの買う覚悟で行きました。3千円くらいだし。

_s-20160518_024954.jpg

バッテリーユニットをはずし、ライフブックS762/Eの、無線LANカードスロットのある部分を開けるとこんな感じです。
デュアル無線LANいけそうなスロットあるな・・・

はじのピンだけにテープがかかるように貼り(簡単に言ってますけど割とウザこまかい作業です)、元通りセットします。

_s-20160518_025752.jpg

あとこの機種、イヤガラセみたいな構造になってまして。
白で囲った空間、あそこに無線LANカードを固定するネジを落としやすい構造になってるんですよね。

私も一本落として、出て来ないんです・・・
振ってもカラカラ言わないので、ケーブルに引っかかってる感じなのかな・・・
ショートしないといいですけど。

で、ここを閉めて、PCを起動しますと・・・
bt.jpg

デバイスマネージャにBluetoothの項目が出現し・・・(先にドライバ入れといてよかった)

dm.jpg

設定→デバイス、の画面にも、Bluetoothの項目が出てきました。

テストで、スマホのLGV31とペアリングしてみましたが、つながりました。
スマホとつながっても何すんだということで、すぐ解除してしまいましたが・・・

Intel Dual Band Wireless-AC 7260 867 Mbps+ Bluetooth 4.0 7260HMW

新品価格
¥1,620から
(2017/5/8 01:26時点)



↑今話題のアマゾン詐欺のセラーがいるので、あんまり安すぎるのは買わず、アマゾンから配送されるプライム配送のやつを買えば安全です。


というわけで、掲示板などでよく見かける、


BT付き無線LANカードに51pinマスク


って本当だった!

という結果になりました。


WindowsMEはダメOS→特にそう思わない

ビートルズは最高→ブライアン・ウィルソンやアメリカ人を惑わせ、ブライアン・ウィルソン初期の溢れ出す童貞感を奪ったゴミクズ

からあげにレモンかけんな→どっちでもいい

Windows10に強引にアップデートされて迷惑→家のPC全部Win10にアップデートした



と、世間での評判と私の見解は割と逆なことが多いのですが、BT付き無線LANカードに51pinマスク、には激しく同意します。



WiFiに関する他の記事は、WiFi←こちらから読めます


ノートPCに関する他の記事は、ノートPC←こちらから読めます






にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村




posted by hotrod at 09:58 | Comment(0) | PC

2016年05月02日

Crucial /Micron製 SSD BX200 240GB 2台目を購入してわかったAcronis TrueImageのクセみたいなもの

ある日、うちの親が、PCが立ち上がらなくなったので見てくれ、というので、親のノートPCを見てみることにしました。

元々、再起動には妙に時間かかる症状が出てるのは知っていたのですが、メーカーに修理に出すとその間使えないのが困る、とのことで、そのまま使ってたものではあります。

確かにずっと待ってても、Windowsが立ち上がってこないので、電源切って、F2キー(F10だったかも)の上に重いものを置いて、いつか起動したらBIOS画面に入れるようにして、電源を入れ、その日は寝ました。

朝起きてチェックすると、BIOS画面が出てて、
s-20160423_001331.jpg

HPのノートにはBIOSから行けるチェックツールがあるので、HDDのチェックをするとテストを通りません。
このメッセージ、ディスクが一杯と勘違いしそうですが、ディスクのフルテストが通らなかった、と言うメッセージです。
言葉も切る場所が悪いと違う意味になりますね・・・

s-20160421_120520.jpg

メモリは大丈夫だけど、HDDに問題ありそうな雰囲気です。

s-20160423_005329.jpg

いろいろテストして、3日は過ぎていることが分かるログです。
実行テスト、起動テストは時間かかりそうなんで飛ばしたのもわかります。

たぶんHDDが読めない部分ができてて、取り換えるしかないと親に伝え、300GBのハードディスクだけど240GBのSSDでもなんとかなるだろうと、BX200 240GBを再注文しました。

Crucial [Micron製Crucialブランド] 内蔵 SSD 2.5インチ BX200シリーズ ( 240GB / 国内正規品 / SATA / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) 自社製TLCメモリー搭載 CT240BX200SSD1

新品価格
¥7,220から
(2016/5/2 16:16時点)




Crucial /Micron製 SSD BX200 240GB その1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/105/0

のときと同様に、楽天のあきばおーから買ったのですが、品切れなのか、商品ページがなくなってましたので、アマゾンのほうを貼ってます。

で、替えのSSDが届くまでに、私のPCに、不良HDDをつないで、軽くチェックしますと・・・
s-_s-20160423_142658.jpg

代替処理保留中のセクタの値が9になってました。
風邪のひきはじめみたいなもんで、1個できるとあとは時間の問題でブワッと増えるもの・・・と聞いていますが、全部読めなくなったことはないな・・・

まあ起動しないのは確かだし、待ったなしな状況ではあります。


そうこうしているうちにSSDが届き、既に私のPCにインストールされている、Acronis TrueImageで、ディスクのコピーをしようと、不良HDDとBX200を私のPCにつなぐのですが・・・

何か新しいSSD買ったとき用に、私のPCには何もつながってない、SATAケーブル、電源ケーブルが一組あるのですが、さすがに二組分はないので、新しいBX200はそのSATAケーブルでつなぎ、不良HDDは、

【日本正規代理店】 ORICO 2.5インチ HDD/SSD 外付け ドライブ ケース SATA対応 USB3.0対応 リムーバブルケース 工具不要 簡単 着脱 人肌のような手触り 2599US3 ブラック

新品価格
¥1,299から
(2016/5/2 16:36時点)




このUSB3.0外付けケースに入れて、PCとUSB経由でつなぐことにしました。

Acronisのホームページで、どこかでUSB経由のバックアップ対応と書いてあった気がしたんですが、今見つからないな・・・

clone.jpg

ツールの、ディスクのクローンから、


s-tisource.jpg
ソースディスクを不良HDD、

titarget.jpg

ターゲットをBX200にして、クローンを始めます。


何分かして、途中の、読めなくなった部分で止まっているようです。。。

何回か試して、HDDとSSDを入れ替えたりして試しましたが、必ず途中で止まります。


しょうがないので、4テラバイトのHDDがあったのもありますが、USBを使わず、SATAで不良HDDをつなぎ、ドライブのイメージを4テラバイトのHDDにいったん作って、不良HDDはずしてBX200をつなぎ、クローンイメージからBX200に書きこむという手段をとることにしました。

backup.jpg

前回のようにツールではなく、バックアップタブから行きます。

amusi.jpg

ちょっと、どこからこの設定画面に入ったのか忘れましたが、異常が起きたHDDのクローンイメージを作るには、このエラー無視オプションをオンにしておきます。

で、バックアップを開始しますと・・・

img.jpg

不良WDドライブのイメージファイルができました。
調子に乗って、その後東芝のSSDとか、今メインで使ってるサムスンSSDのイメージも作ったのがわかります。

エラー出るとこも、無視してくれたようです。

んで一旦電源を落とし、不良HDDをBX200につなぎかえます。

バックアップタブから不良HDDのイメージを書きこみますと・・・

無事終了し、BX200を親のHPノートに接続し、無事起動しました。
不良HDDが、320GB、BX200が240GBと、容量が小さくなっていますが、各パーティションを適度に縮めて、自動でクローンしてくれました。

副作用として、HPのノートに存在する、リカバリ部分と、HPツール部分のパーティションが小さくなり、空きスペースが少ない、という警告が頻繁に出るようになりました。

なので、リカバリ領域とツール領域はパーティションごと削除し、警告が出ないようにしました。
なんかあったときは、クローンイメージがあるのでなんとでもなるだろうとの判断です。



ということで、

・現時点でAcronis TrueImageはUSB接続では不良セクタがあるとクローン動作が怪しい

・デスクトップPCに不良HDDをSATAケーブルでつなぎ、一旦イメージを作ってから、クローンするのが望ましい

と言うことが考えられます。
ノート一台以外持ってない人は詰む可能性があるかもしれません。

あと、無理してでももう一段容量のでかい、480GBのBX200を買わせるべきだったな、とも思いました。


Crucial [Micron製Crucialブランド] 内蔵 SSD 2.5インチ BX200シリーズ ( 240GB / 国内正規品 / SATA / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) 自社製TLCメモリー搭載 CT240BX200SSD1

新品価格
¥7,220から
(2016/5/2 16:16時点)



このアマゾンのレビュー見てると、USB経由でハマってクローンできない感じの人が多いので、急ぎで書いてみましたが・・・

SSDの問題ではなく、どっちかというと、Acronis TrueImage側の問題だと思いますが、BX200に怒ってる感じのレビュー見ると、残念な気持ちになりますね。

あとBX200についてくるAcronis TrueImageですが、
img.jpg

の東芝SSDのイメージを、Intel330にクローンできたので、自分とこのSSDやHDDにしかクローンできない制限かけてる他社より、ずっと太っ腹だと思います。

サムスンのマイグレーションツールも、自社SSDをターゲットドライブにしないといけなかったな・・・

というわけで、私の中ではBX200の評価が爆上がり中です。
私もまた、BX200への評価とAcronis TrueImageへの評価をごちゃまぜにしていることに気付きました・・・







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村




posted by hotrod at 17:44 | Comment(0) | PC

2016年04月21日

AtomノートにWin10インストールがかなりのいばらの道だった件 その3 終

http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/124/0
20160512現在、Win10のインストールは、何かOSが起動した状態から、USB内のSetup.exeをクリックすれば、下記のようなめんどいことは起こらなそうだということがわかりました 





AtomノートにWin10インストールがかなりのいばらの道だった件 その2
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/114/0

からの続きです。


Win10が何故かクリーンインストールできないので、Win7の32ビット版をインストールしてから、Win10にアップグレードすることにしました。

でも、うちには64ビット版のインストールディスクしかないので・・・
またもやインストール用USBキー(32ビット版)を作らないといけなくなりました。

先に作ったやつは、Win10へのアップグレードに使うので、また別のUSBメモリが必要になります。

USB3.0メモリ Transcend / Jetflash 760 32gb
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/47/0


ここで書いたTranscendのやつを使いました。
USB2.0ポートしかないですが・・・

あと、Win10とは違って、Win7はISOやUSBキーを作るために、プロダクトキーが必要になります。

Win7のインストールなどはもう書きつくされていると思うので省略しますが、Win7インストール終了まで4時間くらいはかかったような気がします。

ここからWindowsUpdateが始まるわけですが、時間を吸いまくられる事態に・・・

200個あまりのアップデートがあり、めんどいので全部選択して寝る

朝起きたらまだダウンロード0%

再起動して半分の100個くらい選択して出かける

帰ってきてもやっぱりダウンロード0%

再起動して10個くらい選択、でやると40分くらいで終了し再起動できるのがわかった

10個くらい選択して終わるの待ってたら寝落ち

起きて、2日前の夜から200個のうち20個分しか終わってないことに絶望

有線LANでつないでてもこんな感じなので、モチベーションが落ち、空き時間に少しずつタラタラやっておりました。

一週間くらいが過ぎ、あと残りアップデートが30個くらいになった頃・・・
Win7がインストールできたんだから、Win10がクリーンインストールできる環境になってるんじゃね?ということに気が付きました。

ヘタしたら、今まで少しずつやってきたWindowsUpdateが最初からやり直しになる可能性もありそうですが・・・

もうこのちょこちょこアップデートして再起動して、って繰り返しに吐き気がしてきていたので、即Win10のインストール用USBキーを挿していました。

再起動して、USBメモリから起動し、例の画面まで行きました。
s-20160419_093605.jpg

ここです。
このときには、画像の通り、先頭に100MBくらいのシステム予約パーティションがあったので、なんとなく前とは違う展開が期待できるんじゃないか、と言う気になってきました。

90GBと30GBにパーティションを切っているので、既にWin7が入ってて、170個くらいはWindowsUpdate済ませた、90GBのほうにしかWin10は入らない可能性が高くて・・・

90GBのほうのパーティションを選択し、次へを押しますと・・・
・・・
・・

今回はすんなりと先に進めました・・・

なんとかWin10のインストールが始まり、しばらくはほっとけばいい時間ができました。
タイミングが悪く、日曜の午前中でしたが・・・

インストール終了まで、4,5時間かかったような気がします。

設定しないと位置情報送られたりする恐ろしい設定を変え、あの窓から光線出てるみたいなデスクトップ画面に到達できました。

ここまで来るのに何時間かかったんだろう・・・
10日くらいかな・・・

dt.jpg

デスクトップはこんな感じになりました。

特に見つからないドライバもないようです。
Webカムとかは使ってないからわかんないですけど・・・

ひとつ問題がありまして。
SSDにした割に何か遅いんです。
intel330@atomwin10.jpg

こんなHDDみたいな数値しか出なくて・・・
BIOSにも、AHCI設定するとこもなく・・・

何かないかとググっていると、2chのSotecスレ

オンキヨー NetBookPC Part10
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/notepc/1262961728/l50


があり、

569 : [Fn]+[名無しさん]2013/12/07(土) 12:14:01.05 ID:/qMLwIFJ
C102B4でBIOSをごにょごにょしたらAHCIを有効にできてしまった。
これでSSD&メモリ2GBに換装してWindows7でまだ戦える。
ちなみにWindows7でも内蔵カメラ使えるよ。
http://download827.mediafire.com/slxnwr8b06og/csey87y4la6bu58/Unlock+Hidden+menu+in+Phoenix+BIOS+Setup+Menu+Tutorial.pdf

との書き込みを見つけ、このPDFを読んでPhoenixBIOSEditor探して、C102B4のBIOSファイルをダウンロードしてきて(さっきのデスクトップ画像の右端にその二つのフォルダがあります)、PhoenixBIOSEditorでX10AJP.108を開いて・・・
BIOSはここからダウンロードできます。
http://pc-support.jp.onkyo.com/pds/driver_list.aspx?pc=0300710000011


Tutorial.pdf通りにやっていると・・・

24 03

26 03

TOKEN ID 02c7

26 06

28 06


までやって気づきましたよ・・・

これIntel(R) Virtualization Technologyの例やないか!
適宜AHCIに読み替えてやらないといけないのね・・・



AHCIで読み替えて、

78e5

0760

まで行って、Pick fieldとLengthの値が例にないやつなのでこれは違うな・・・

Enhanced AHCI:
WinXP-SP1+IAA driver
supports AHCI mode.
AHCI Configuration

とか、文字列見ても複数回AHCIが登場するのでお手上げです。
ということで挫折しました。

スレの最後まで読んでいると・・・
609 : [Fn]+[名無しさん]2014/05/31(土) 21:22:29.51 ID:g+maxfHK
C10xシリーズ用AHCI対応BIOS
http://firestorage.jp/download/971987f3520a3c4b6125e5b4bb1f77899082305f


modBIOSがうpされていました。
なんだよ最高じゃんと喜び勇んでクリックすると・・・
既に削除されていました・・・

日付みたら2年前だしその頃気づけばよかった・・・


Chromeのアイコンをダブルクリックして、前回のタブなしで起動するのにだいたい3,4秒かかる感じで、死ぬほど遅いというわけでもなく、我慢できないほどではないので、まだまだたまの出先で使うノートとして使うつもりです。

良いノートがないかヤフオクも見ておこうかな。

とにかくひたすら体力を奪われた10日とちょっとでした。







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村




posted by hotrod at 01:50 | Comment(0) | PC

2016年04月20日

AtomノートにWin10インストールがかなりのいばらの道だった件 その2

http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/124/0
20160512現在、Win10のインストールは、何かOSが起動した状態から、USB内のSetup.exeをクリックすれば、下記のようなめんどいことは起こらなそうだということがわかりました 




AtomノートにWin10インストールがかなりのいばらの道だった件 その1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/113/0

からの続きです。


前回で、Win10インストール用USBキーを作りました。
Atomプロセッサは32ビットにしか対応してませんが、とりあえず64bit/32bit両方で作ったWin10インストール用USBキーを差し込み、C102の電源を入れます。

BIOSでUSBメモリ(USBHDDという扱いになってました)から起動するよう設定し、再起動します。

すると・・・
s-20160419_093031.jpg

32ビットと64ビット、どっちインストールすんの的な画面になります。
32ビットしか対応してないので、↓キーで32ビットを選び、Enter押します。

s-20160419_093108.jpg

そしたらこうなって・・・

s-20160419_093123.jpg

Win10マークが現れ・・・

s-20160419_093159.jpg

アップグレードがしたいならUSBメモリ抜いてYes、クリーンインストールがしたいならNo押せと出ます。

今インストールしようとしているSSDのIntel330には、サブPCで使ってた、Win10の64ビット環境がそのまま残っていました。
もしAtomが64ビットOSに対応していれば、今回の迷走もなかったと思いますが・・・
この時点では気づきませんでした・・・


Intel330をフォーマットして、120GBのSSDなので、90GB・30GBくらいにパーティション切りなおして、フォーマットしてからクリーンインストールする気だった私は、Noを選びます。

s-20160419_093234.jpg

次の画面は、特にいじるところもなく次へ。

s-20160419_093247.jpg

今すぐインスコをクリック。
コンピューターを修復って項目もあるから、起動しなくなったときとかにもこのUSBメモリで修復ツール使えそうですね。

s-20160419_093358.jpg

プロダクトキー入れろと言われますが、アップグレードならインストール後、勝手に前のOSで使ってたぶん入力して勝手に認証されるので二度手間になるし、クリーンインストールならセットアップ時にもう一回聞かれるんだったかな?そのときでいいので、プロダクトキーありませんを選んどけばいいと思います。

s-20160419_093430.jpg

んでProかHomeのエディションを選び・・・

s-20160419_093532.jpg

設定引き継ぎアップグレードか、クリーンインストールか、の選択になります。

私は下を選びました。

s-20160419_093605.jpg

で、これは当時の写真撮り忘れて、もうインストール後の環境で再現したものですが。
今考えると、この画像にある、100MBくらいのシステムで予約済みのパーティション、存在しなかった気がするな・・・


パーティション全部消して、90GB30GBくらいにパーティション切って、どっちもフォーマットしたんですが、インストールパーティションに指定しようとすると、どちらでも、

s-20160419_093616.jpg

パーティションが見つからないか存在しない(正確には、新しいパーティションを作成できなかったか、既にあるパーティションが見つかりませんでした)ってエラーが出て、まったく先に進めないんです。

ここで3,4時間止まりました。
今考えれば、パーティションテーブルが書きこまれてる辺りが64ビット仕様で書きこまれてて、Atomには読めなかったんではないかと思うのですが・・・その時は気づきませんでした。

いろいろググりまくって、さっきの画面からShift+F10でDiskpartに入れて、select diskとかで初期化したいパーティションを選んでcleanコマンド、でいいんじゃないのというのをどこかで見てそのままやってみましたが無駄で。

これは想像ですが、コンピューターを修復って項目があった画面で修復に入って、FixbootとかFixMBRやれば結果は違ったかも・・・と思います。

何回パーティション切りなおしてもダメ、何回フォーマットしてもダメ、どうやってもダメ、Win10インストールが始まらないので、時間かかりそうだけどまずWin7のセットアップして、Win10にアップグレードする方向で考え始めました。






AtomノートにWin10インストールがかなりのいばらの道だった件 その3 に続きます。






にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村




posted by hotrod at 07:33 | Comment(0) | PC

2016年04月19日

AtomノートにWin10インストールがかなりのいばらの道だった件 その1

ちょっと前までは、出先で少し仕事するときとかに必須だったノートPCですが。
最近はスマホとかタブで大部分は代用できるようになり、以前よりは需要が減ってきたのかなと思います。

私はあまり出かけるほうでもなく、ノートPCがあるにはあるけど、かなり前に、中古で買ったネットブック(かなり死語に近いような・・・)をごくたまに使う程度で済んでいました。
s-_20160419_092133.jpg
今は亡きSotecの、C102B4というものです。

http://www.jp.onkyo.com/sotec/c102/
Sotecって今はOnkyoになってるんですね・・・

これ、ソフマップの中古かなんかで買ったんですけど。
19800くらいのと、18800で底部のネジ一本欠品してるやつがあって、しばらく画面見て悩んでたんですよね。

で、メシ食った後に意を決して、ネジ一本くらいいいかということで、18800のほうをカートに入れようとしたら・・・
売れてしまっていました。

しょうがないので、19800のほうを注文し、家に届いたので開封すると・・・
底のネジが一本ありません。

どうも、18800円のほうが、うちに来たようです・・・

確かに同じ日の近い時間に注文したし、取り違えはあり得ると思い、ソフマップに詳細なメールしますと・・・
平謝りな感じのメールが返ってきました。
もう一方に聞いたらネジがあるとか。

しょうがないので、18800にしてくれたらこのままでいいとメールし、クレジットカードへの請求を修正してもらいました。


まあそういう経緯もありまして、思い出深いかも。
当時は普通のノートPCは中古でも5万とかしていたので、安く買えたかな、と思っていました。


s-20160419_092431.jpg

寄って見ると、ラメ入りで模様入っててキラキラしてます。

s-20160419_092559.jpg

開くとこんな感じ。

s-_20160419_092622.jpg

スペックはこんな感じです。

これは、IntelがAtomはメモリ1GBまで、っていうケチくさい制限をかけてくる前で、2GBまで増設できるやつなので、2GBにしてあります。

このノート、ネジ一本外せばHDD、メモリ、Wifiカードにアクセスできる、メンテしやすい機種なので、HDDはSSDに、WifiカードはAtherosのn/b/gのやつから、Intel5300 a/n/b/gに差し替えてあります。
Intel5300に替えて、爆熱になったのはちょっと後悔しています。

Intel Wireless WiFi Link 5300 802.11a/b/g/n MINI PCI-E 最大450Mbpsリンク MIMO(3X3) 無線LANカード (533ANMMW)

中古価格
¥1,600から
(2016/4/19 16:33時点)




WinXPを入れて、出先でそこそこ快適に使ってましたが・・・
しばらく使ってなくて、ちょっと前の法事で出たときに、そろそろOSを更新しないとマズいかなと思い始めました。

まあ余ってるWin7のライセンスはあるし、しばらく使ってWin10はあんまりスペック要求しまくる方向ではないと感じたし、Win10のインストールでWin7のライセンスキーそのまま通るらしいとの話も聞いていたので、Win10のインストールUSBキー作って、いきなりWin10をインストールしてみることにしました。

うまく行かなかった場合にすぐ戻せるよう、XPがインストールされてるSSDは外して放置、ちょっと前までサブPCでWin10インストールして使ってた、Intel330 120GBを再使用することにします。

s-_20160419_141816.jpg

WinXPが入ったSSDは、最近、初期ロットだけ速いのを出して、レビューで高評価ついたら低速なやつに切り替えるという悪行がバレたKingstonの40GBでした。
これは確かIntelのOEMだったので、ちゃんとしてた頃だと思います。

s-_20160419_171325.jpg
アマゾンで買った時の領収書が出てきました。
2009年頃はSSD40GBが12800円したんだな・・・
3年保証なので、とっくに保証期限は過ぎています。


KingstonのSSDをはずしIntel330をセットし、別のPCで、Win10インストール用USBキー作成に入ります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
に行き、ツールを今すぐダウンロード、をクリックします。

MediaCreationTool.exeがダウンロードされるので、クリックして起動します。
key.jpg

規約に同意とかあって、この画面になります。
他のPC用に〜を選択し、Win10の、32bit/64bit/両方 のインストールUSBキーが作れますが、できるだけ両方を選択すれば、あとで面倒も少ないかと思います。

USB3.0メモリ Buffalo / RUF3-WB16G-BK 16GB
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/60/0

で書いた、バッファローのUSBメモリ使いました。
USB2.0ポートしかないですけど。

でもそんなに読み込み遅いとも思わなかったので、まあよかったのではないでしょうか。


ああ、このへんまではわりと順調だったんだな・・・





AtomノートにWin10インストールがかなりのいばらの道だった件 その2 に続きます。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村




posted by hotrod at 16:38 | Comment(0) | PC

2016年03月23日

Crucial /Micron製 SSD BX200 240GB その2 終

収納・収納家具



Crucial /Micron製 SSD BX200 240GB その1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/105/0

からの続きです。

クローン後のBX200から、勝手に出来た回復パーティション、空のパーティションを削除しにかかります。

空のパーティションは、単純にディスクの管理から削除できました。
右クリックして削除を選ぶだけです。

Win10のパーティション、回復パーティションと並んだ後ろに、空間ができます。

でも、Win10のパーティションを拡張することはできず・・・

回復パーティションも消し去るしかないようです。

ちょっとググって、

Windows 8.1 回復パーティションを削除してCドライブの空き領域を増やす
http://pcmanabu.com/windows-8-1-c-drive/


にある通りにやりました。
パーティション2つのうちの一個を消すだけなので、そんなに迷わなかったかな。
Win10になっても、Dosのコマンドプロンプトからは逃げられないんだな・・・とか思いながら。

でも、コマンドプロンプト使ってて思いましたが、ほんと直球のコマンドばかりで笑ってしまいますよね。
list deviceとか、select drive 0とか。
アメリカ人ぽいというか・・・

今のWin10だと、パーティションいじりたいけど、
cp.jpg

大雑把に言うとこの中のどれにあてはまるだろう?という、一回やりたいことをぼやかす作業が入るんですよね。

こっちに慣れてきてしまったので、コマンドラインの剛速球さに笑ってしまいました。

一応Dos時代からの住人ではあるのですが・・・

XPとか98の頃から、
DISKPART> delete partition

はよく使ってたのですが、

DISKPART> delete partition override

このoverrideオプションは知りませんでした。

一応、ディスクの管理で、グラフィカルなパーティションを表示しておきながらコマンドプロンプトでやれば、ミスもないのでは。

この操作で、回復パーティションが消えるので、残るのはWin10があるパーティションのみとなります。

ディスクの管理から、パーティションの右端をドラッグし、右いっぱいまで延長したら、SSDまるごとCドライブ化が完了です。



さて次は、AHCIでなくIDEドライバで動いてる感じなので再インストールとかめんどくさいことせずにAHCIにしたい、の件です。

XPとかだとけっこう大変だったような覚えがありますが、今はもうAHCIドライバは標準でOSで持ってたりするようなので、そこまで難しくはありませんでした。

ちょっとググって、
Windows 10でAHCIへ変更(SSD等に入替えた時)
http://capacitor.blog.fc2.com/blog-entry-253.html


ここにある通りにやりました。

Win10になってもまだRegeditなんだと思いながら・・・

BIOSの設定必須なんで自作やってた人じゃないと厳しいかも。
私の場合はBIOSの設定は一か所変えただけでした。

で、サブPCはAMD環境なので、メインのIntel環境のほうにつないでベンチをとっています。
AMD環境のほうが少し遅く出るのと、今まではメインのSSDを替えていたので、メイン側でベンチ取ってたからなるべく環境を一緒にしたい、と言う理由です。

なので、SSDが空の状態のベンチです。
SandiskのSSDは、OS入れたら遅くなったことがあったので。一応断っておきます。

cdm3.jpg
↑がCDM3の100MB設定の結果です。

cdm.jpg
↑がCDM5.1.0の100MB設定の結果です。

cdm3k.jpg
↑がCDM3の1GB設定の結果です。

cdmk.jpg
↑がCDM5.1.0の1GB設定の結果です。

何かと並べないとわかりにくいので・・・
左SandiskUltra2 240GB、中Samsung 850EVO 256GB、右Crucial BX200 240GB のCDM3の100MB設定の結果です。
cdm3_100mbhikaku.jpg

SandiskのはOS入れた後に数値がダダ下がりしましたが、今回のBX200もOSコピーする前の状態で取ったベンチなので、空の状態のものを使いました。

SamsungのだけOSコピー後のものですが、全部TLCの3台で全体的に良い感じなのはV-NANDパワーなんですかね。

単純に高い、ってのもありそうですが。


次からはSandiskのはないので、左のSamsung 850EVOと、右のCrucial BX200の比較となります。

cdm3_1000mbhikaku.jpg

↑CDM3の1GB設定の比較です。
512kのリードライト、4kQD32のリードライトが1.5倍から2倍弱くらい差があります。

cdm5_100mbhikaku.jpg

↑CDM5.1.0の100MB設定の比較です。
シーケンシャルリードライトの値が入れ替わって真逆な感じなのが目につきますが、それ以外はそんなに変わらないかな。

cdm5_1Gbhikaku.jpg
↑CDM5.1.0の1GB設定の比較です。
シーケンシャルリードライトの値が100MBのときと違い、ほぼ同じなのでさっきのがヘンなのかな・・・
謎です。

シーケンシャルリードライトだけCrucialが勝ち、他はだいたいSamsungの勝ちと言った感じに見えます。
大きな差はないかも。


お役御免となったIntel330を箱に戻してたら・・・
s-_20160323_012543.jpg
静電袋に乾燥剤まで入ってる周到さでした。
この頃はまだ高級品だったもんな・・・

s-20160323_012629.jpg

スピードディーモンステッカーだけは黒歴史だと思いますけど。

Intel SSD 330 Series Maple Crest 120GB MLC 2.5inch 9.5mm Reseller Box SSDSC2CT120A3K5

新品価格
¥19,000から
(2016/3/23 01:50時点)



スピードディーモンステッカー目当てに買うにしても、高くなりすぎてますね・・・







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村




posted by hotrod at 01:55 | Comment(0) | PC
ファン
検索
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
(05/21)20180520 明治安田生命J1リーグ 第15節 サンフレッチェ広島対セレッソ大阪
(05/20)GSX-S125で下道でVファーレン長崎対サンフレッチェ広島の試合を見に行く往復動画(関門トンネル含む)Day3-12 トンネル事故を過ぎたとこの回
(05/19)GSX-S125で下道でVファーレン長崎対サンフレッチェ広島の試合を見に行く往復動画(関門トンネル含む)Day3-10 ゆめモール下関の回
(05/18)GSX-S125で下道でVファーレン長崎対サンフレッチェ広島の試合を見に行く往復動画Day3-9 帰りの関門トンネルの回
(05/17)GSX-S125で下道でVファーレン長崎対サンフレッチェ広島の試合を見に行く往復動画(関門トンネル含む)Day3-8 福岡県飯塚の平塚SSで給油の回
(05/16)GSX-S125で下道でVファーレン長崎対サンフレッチェ広島の試合を見に行く往復動画(関門トンネル含む)Day3-5 佐賀の風景+黒い電車ソニック?かもめ?の回
(05/15)SUZUKI GSX-S125 ABS 改善対策と二回目のオイル交換(2500km) その2
(05/14)GSX-S125で下道でVファーレン長崎対サンフレッチェ広島の試合を見に行く往復動画(関門トンネル含む)Day3-3 長崎県ー佐賀県縦断 多良岳レインボーロードの回
(05/13)SUZUKI GSX-S125 ABS 改善対策と二回目のオイル交換(2500km) その1
(05/12)GSX-S125で下道でVファーレン長崎対サンフレッチェ広島の試合を見に行く往復動画(関門トンネル含む)Day3-1 朝の長崎県 橋ファミマ事故の回
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
QRコード