ブログパーツ アクセスランキング

2018年12月12日

海外サイトから割とハイスペックなXiaomi Pocophone F1買ってみた その5 Antutuベンチ結果比較

海外スマホと相性のいいワイモバイル回線

流行りのペイペイ等を使って、ドコモのWITHシリーズ回線をどこまで安く契約できるか @エディオンのスマホ売り場で
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/482/0

前回はこれです。

直接の前回はこっちです。

海外サイトから割とハイスペックなXiaomi Pocophone F1買ってみた その4 MIUI10にOTAアップデート
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/480/0



RedmiNote4Xの記事は、以下のタグから読めます。
RedmiNote4X

RedmiNote4の記事は、以下のタグから読めます。
RedmiNote4











前回はペイペイ+エディオン+スマホ売り場で、まあまあお安く毎月1500円引きのドコモ回線を手に入れました。

今回は、その前に買ったシャオミのインド向けスマホ、ポコフォンのベンチでもやっていこうと思います。



まずは、今まで使っていた、最近はちょっとポケモンGOでも動きに引っかかりがあるけどまだなんとかなるくらいのミドルクラススマホ、Snapdragon625搭載の、RedmiNote4Xからです。

Xiaomi Redmi Note 4X SIMフリー スマートフォン - Android 6.0 , 4G LTE , 5.5Inch スクリーン , 4100mAhバッテリー , 指紋認証 , Snapdragon CPU , 3GB RAM , 32GB ROM (Gold) [並行輸入品]

新品価格
¥21,000から
(2018/12/12 18:53時点)




今回からAntutuベンチのVerが、7.1.1になっていますので、昔のスコアとは比べにくくなりました。

Screenshot_2018-12-09-23-38-19-829_com.antutu.ABenchMark.png

Antutu7.1.1をインストールし、実行してみたものの、あんたのスコアは下から15%あたり、100人いたら下から15番目あたり、というものでした。

Screenshot_2018-12-09-23-38-56-459_com.antutu.ABenchMark.png

細かいスコアを開いてみます。

Screenshot_2018-12-09-23-42-41-055_com.antutu.ABenchMark.png

デバイスに使われてるパーツ一覧が見れる機能があったので一応。

Screenshot_2018-12-09-23-42-57-450_com.antutu.ABenchMark.png

2年でここまで時代遅れにされるのか・・・

Screenshot_2018-12-09-23-43-15-711_com.antutu.ABenchMark.png

一応これ、公式の仕様表と比べて、パーツ入れ替えられてないか、偽物掴まされてないか、のチェック機能になっているようです。

偽造品対策ですかね。恐ろしい。

Screenshot_2018-12-09-23-44-16-237_com.antutu.ABenchMark.png

磁場センサーと磁気計にヤマハのパーツが使われてるの、ちょっとおもしろいですね。

ヤマハそんなこともやってたんだ・・・

ヤマハ(YAMAHA) バイクヘルメット ジェット YJ-20 ZENITH メタルブラック XL (頭囲 61cm~62cm) 90791-2344X

新品価格
¥13,700から
(2018/12/12 18:55時点)




ヤマハはヘルメットも売ってますが、作ってるのは韓国のHJCなんですよね。



さてポコフォンですが。

Screenshot_2018-12-09-23-20-07-575_com.antutu.ABenchMark.png

RedmiNote4Xの4倍くらいのスコアでした。

Xiaomi Xiaomi Pocophone F1 (grobal version) (64GB, ブラック)

新品価格
¥49,999から
(2018/12/12 18:59時点)





次からは、基本的に左がポコフォン、右がRedmiNote4Xです。

ressss.png

MEMの項目、メモリは6GBと3GBなんですが、倍の差はないな・・・

opennnnnn.png

GPUのとこの値が10倍くらいになってるので、pokemonGOのひっかかりはなくなりそうです。

Screenshot_2018-12-09-23-18-21-428_com.antutu.ABenchMark.png

再びデバイスチェックです。

Screenshot_2018-12-09-23-18-35-942_com.antutu.ABenchMark.png

RAM6GBなんですけど、4GBは既に使われているという・・・

Screenshot_2018-12-09-23-18-49-355_com.antutu.ABenchMark.png

6インチの440dpiですが、RedmiNote4Xは5.5インチの480dpiでしたね。

Screenshot_2018-12-09-23-19-07-104_com.antutu.ABenchMark.png

ミドルクラスのRedmiNote4Xにも、ハイミドルにも4000mahの電池入れてくるのは、電池持ちに妥協がないXiaomiっぽいです。

日本メーカーは未だに2800mahとかの電池積んでて・・・

電池については日本メーカーのほうにアドバンテージあるはずなのにな・・・


Screenshot_2018-12-09-23-19-27-119_com.antutu.ABenchMark.png

NFCはそのうち付けてほしいけど、正直マックのクーポンくらいしか使ってないんですよね・・・

Screenshot_2018-12-09-23-19-39-939_com.antutu.ABenchMark.png

磁場センサーと磁気計はヤマハ製ではありませんでした。


あと、ポコフォンのウリとして、水冷というのがあるのですが。

Screenshot_2018-12-09-23-15-50-902_com.antutu.ABenchMark.png

まあベンチ直後でも、それほど電池の温度も上がってないようです。

Screenshot_2018-12-09-23-16-05-744_com.antutu.ABenchMark.png

CPUも、冒頭の3D描画ベンチの部分ではちょっと温度が上がってますが、そのうち冷えましたね。

s-Screenshot_20181209-233548.jpg

このベンチをやったスマホのランクがありまして・・・現在一位は、日本からも締め出されそうになってきたHuaweiの、Mate20Proのようです。

最強の未公開企業 ファーウェイ: 冬は必ずやってくる

新品価格
¥1,944から
(2018/12/12 19:02時点)




Huawei、デバイスの質は凄くいいんですが・・・ちょっと手が出せなくなりましたね。使えなくなりそうで。

s-Screenshot_20181209-233605.jpg

私のポコフォンは、2ページ目の11位にありました。

世に出てるスマホはだいたいこのベンチをやるので、現存するスマホで11位の性能を持つポコフォン、ということでいいのではないでしょうか。



楽天UN-LIMITに楽天回線対応モデルを買わずに申し込んでみる その1 に続きます。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ












posted by hotrod at 19:04 | Comment(0) | モバイル
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
QRコード