ブログパーツ アクセスランキング

2018年06月06日

Xiaomi Mijia 4k@4K30fps chest mount with GSX-S125 #2


Xiaomi Mijia 4k@4K30fps chest mount with GSX-S125 #1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/404/0


前回はこれです。





今回は先にやりますが、インデックス用に、一度発送元に送り返されたらしく、2か月くらいかかってやっと届いた、替えのバッテリーです。

insatumaee.jpg


中国国内向けの印刷のやつですね。

insatubakk.jpg

製造は結構前だな・・・

DSTE アクセサリーキット RLDC01FM 互換カメラ バッテリー 2個 対応機種 XIAOMI YDXJ01FM

新品価格
¥1,250から
(2018/6/6 07:32時点)




画像のアンダーラインのとこの形式番号っぽいのを見ると、RLDC01FMのようです。

それでググると日本のアマゾンでも社外品の替えバッテリー売ってました。






Amazonベーシック GoPro用チェストマウントハーネス

新品価格
¥698から
(2018/6/2 07:45時点)




このチェストマウントハーネスを買い、4K画質でも、揺れの軽減された映像が撮れるのではないかと思い、ノリノリで出かけましたが、設定が1080p60fpsのままで、速谷神社からやり直し、5分でファイルが切れて次、となったのが前回でした。







これが4K30fps chest mount 、EIS(手ブレ補正)オフ、歪み補正オンの映像2本目です。

jimakukukuk.jpg

私のうpする映像には、たいてい字幕がついてますので、この画像の矢印の先をクリックすると、字幕が表示されるようになります。

私も、自分で字幕を付けるまでこのボタン知らなかったもので・・・


どうですかね、EIS(手ブレ補正)オフになる4K撮影のメリットは感じられましたかね・・・

個人的には、揺れた瞬間の4k映像って、1080p60fpsのEIS(手ブレ補正)効いた映像以下の画質になるので、あんまりメリットを感じなかったかな。

カメラが下向いてて、風景が見えにくいせいもあるとは思いますが。

グローブのステッチの見え方とか解像度とかも、4kと1080p60fpsの間にそこまでの差はない気がします。


このXiaomi mijia 4kは、1080p100fpsとか、2.4kの60fpsとか、他にも撮影可能なモードがあるんですけど、EIS(手ブレ補正)の項目が出てくるのは、1080p60fpsが最高画質なんですよね。

なので、わざわざやらなくても、4k以下の画質で、なおかつ揺れるということで、結果は見えてるかな。


というわけで、よっぽど気合入れて撮るときはチェストマウントで1080p60fps、EIS(手ブレ補正)オン、通常時はハンドルマウントで1080p60fps、EIS(手ブレ補正)オン、になりそうです。



上位機種の、


YI 4K アクションカメラ スポーツカメラ ウェアラブルカメラ 155°広角レンズ JP版 オリジナル正規品 黒 90049

新品価格
¥18,999から
(2018/6/6 07:43時点)




YI 4K アクションカメラは、4k映像にもEIS(手ブレ補正)が効きそうですが、3軸ジャイロなんですよね。

Xiaomi mijia 4kは、1080p60fpsまでしかEIS(手ブレ補正)が効かないけど、6軸ジャイロなんです。


【テクニカルコラム・用語解説とロボット技術から見たドローンの未来】
〜第1回ジャイロセンサー〜 前編
http://dronesmedia.jp/?p=820


【テクニカルコラム・用語解説とロボット技術から見たドローンの未来】 〜第2回ジャイロセンサー〜 後編

http://dronesmedia.jp/?p=1064



>よくドローンで「6軸センサー搭載!」といったような宣伝フレーズがあると思いますが、それは3軸のジャイロセンサーと、3軸の加速度センサーが搭載されたセンサーのことです。ここでの3軸とは、ヨー軸、ピッチ軸、ロール軸の3つです。



>9軸センサーとは一般的に、「3軸ジャイロセンサー」と「3軸加速度センサー」に「3軸地磁気センサー(電子コンパス)」が加わったものを言います。




ここを読むと、YI 4K アクションカメラは、3軸ジャイロセンサー搭載、Xiaomi mijia 4kは、3軸ジャイロセンサーと3軸加速度センサー搭載、ということになりそうです。

あと、正しくは、YI 4K アクションカメラは、3軸ジャイロではなく(3軸ジャイロでも合ってる気はしますが)3軸センサー搭載、Xiaomi mijia 4kは、6軸ジャイロではなく6軸センサー搭載、ということっぽいですね。


アクションカメラに電子コンパスは要らなさそうなので、9軸センサーにはならなそうですね。

私たちは3次元にいるので、x軸センサーは常に3の倍数ということで。




YI 4K アクションカメラは、カメラがどれだけ傾いてるかのセンサーが載ってて。

Xiaomi mijia 4kは、カメラがどれだけ傾いてるかと、物凄い勢いで傾いてるか、ゆっくり傾いてるかのセンサーも載ってるという解釈で良さそうです。


6軸センサー搭載の、4kでもEIS(手ブレ補正)が効くアクションカメラがXiaomiから出ないかな・・・








経小屋山からの眺め Xiaomi Mijia 4k@1080p60fps with GSX-S125 - short touring to kyo-goya mountain view #1 に続きます。










にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ












posted by hotrod at 07:50 | Comment(0) | バイク動画
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ファン
検索
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
QRコード