ブログパーツ アクセスランキング

2018年03月04日

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その24 バレッツ



アマゾンプライムビデオで、プライム会員は無料で見られる映画群で、特に名作映画でもなく、無料で見れる期間が終了するわけでもない映画群があるんですけど、そういうくくりが今までなかったので、アマゾンプライムビデオで見た映画群 ということでまとめてみます。

個人的な当たり外れがありますので、書くことが多かったり少なかったり、幅があると思います。

アマゾンプライムビデオで見た映画群 その23 ペイチェック
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/333/0

前回はこれです。

アマゾンプライムビデオで見た映画群

このタグで、このシリーズが一覧できるようになっています。



s-_IMG_201003_20749_HHT.jpg


・バレッツ(原題:L'immortel) 2010

s-_IMG_201003_20727_HHT.jpg






原題のL'immortelは英訳するとthe immortal、不死の〜みたいな意味なんですが、英題は22Bullets、邦題はバレッツとなっています。



引退したマフィアのボスが、急に襲われて22発の弾丸を食らい、なんとか一命を取りとめたが右腕の感覚がまったくなくなり、誰がやったか調べると親友で、まあ自分は生きてるし引退してるし親友だし水に流すか、と思って放置してたら更に手下が殺され始めて切れる・・・という感じの話です。


最初の22発の弾丸を食らうシーンで、主人公はなんの抵抗もしないし、武器も持ってないところを5,6人でメチャクチャに撃つんですが、何故か誰も至近距離で頭を撃ってとどめを刺さないんですよね・・・

まあそこで主人公が死んじゃうと話が終わるんで、しょうがないとはいえ、疑問が残るシーンでした。

車の中で吠える犬は、撃って殺すのに・・・

最初に言っといた方がいいと思いますが、この映画、けっこう残酷シーンが多いです。

人に熱湯かけたり、自分の手にフォーク刺したり、単純だけどうわっと思う場面が結構あります。

22発撃たれる場面がます、そうですけど・・・




そのメチャクチャに撃たれる主役の引退したマフィアのボスを、ジャン・レノがやっています。

レオンの頃からはかなり時間が経って、なんだかピスタチオみたいな頭部になっています。

ピスタチオは、劇中でも触れる部分があったな・・・

一応まだある程度の雰囲気はキープしてるんですが、なんか風船が膨らんだ感があります。

あと役名がシャルリっていうんですけど、どうしてもシャルリ・エブドの件を思い出してしまいますね。

シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文春新書))

新品価格
¥994から
(2018/3/4 00:13時点)




charlie(チャーリー)をフランス的に読むとシャルリなんで、よくある名前ではあるのですが。

主人公のシャルリを裏切る親友は、カド・メラッドというアルジェリア出身の役者なんですが、まあこの映画は2010で、シャルリー・エブド襲撃事件は2015なんで偶然ですね。


他の出演者は、あんまり知ってる感じの人がいないな・・・



正直、ステイサムとかニコラス・ケイジ辺りがやりそうなストーリーなんですが、フランス製作なのでジャン・レノがやってる感じですね。

アクションは流石に衰えが見えますが、まあなんとかなってるのかな・・・

割とバイクに乗りがちなシーンが多いんですが、裏を返せばヘルメットかぶってるから本人がやってなさそうといいますか・・・

s-IMG_20180303_223307_HHT.jpg

後半に息子を助けに行くシーンで・・・

s-IMG_20180303_223408_HHT.jpg


スズキのスカイウェイブに乗ってて・・・

s-IMG_20180303_223630_HHT.jpg

微妙にスズキのエンブレムが見えにくい瞬間ですが、スズ菌パワーを感じました。

教習所でもちょろっと乗ったな・・・なんとなく飛行機とかのほうに近いエンジン音が懐かしかったです。バタバタバタ・・・っていう感じの。


中盤でもなにかオフ車に乗ってましたが、そっちはわかんなかったな。



なんというかこう・・・不必要に残酷な映画、という印象です。

あと、フランスはジャン・レノ以降の俳優が育ってないんじゃないのかという気になりました。

ジャン・レノももう今更感が強いですし・・・





今日のマユツバ知識


ピスタチオにはオスメスがあり、オスは絶倫でメス10に芽を付けられるとかなんとか


調べる気にもならないどうでもいい知識ですが・・・マユツバですね。

バレッツ [DVD]

新品価格
¥2,900から
(2018/3/4 00:09時点)






主人公の息子が拉致されるときに、お願い!やめて!って意味なのか、シルブプレ!シルブプレ!って言ってて、なんかフランス語だとあんまり危機感ねえな、と思ってしまいました。

あと弁護士への対処を見ると、裏切った親友のほうも撃つ気は無かったのかな、という気もします。



おすすめ度(10点中):7

残酷シーンが好きならいっぱいあるので、もっと上かも。




今回は以上です。


アマゾンプライムビデオで見た映画群 その25 スプライス に続きます。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ












posted by hotrod at 00:02 | Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ファン
検索
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
QRコード