ブログパーツ

2016年05月21日

BT付き無線LANカードに51pinマスクってよく聞くけど実際どうなの

※20161115
Intel Wireless-N 7260でも同様の処理で、Bluetooth使えるようになりました。
持ってる人ほとんどいないかもしれませんが・・・

あと本文に書き忘れましたが、ごく普通のセロテープを使っています。
適当に手で切っても常にまっすぐな、セロテープの両サイドを利用すれば、横のピンにはみ出さず貼れると思います。




fujitsu.JPG
関係ないですけど、富士通のマークって、これが古くからのやつですよね。
最近の、無限大みたいなマークより、こっちのほうが古めかしくて好きです。



さて本題ですが、今までBluetoothって、知ってはいたけど使ったことがなくて・・・

今ヤフオクで十分使える中古IvyBridgeノートPCが2万以下で手に入る時代なの知ってました??? その7
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/128/0

で買った富士通ノートPCには3つしかUSBポートがなく、マウスにもなるべくUSBポートを使いたくない感じがあるんですよね。
で、放置してる状態から、使い始めるのに、わざわざマウスのUSBをいちいち差し込むのもめんどくさい感じがありまして。
Bluetoothマウスなら、特に接続要らなくてラクそう、と思ったんですよね。

Bluetoothマウスとか買ってくる前に、まずBluetoothのレシーバーをどうにかするべきだな、との考えに至りました。

無線LANカードも、なんとなくBT付きのIntel7260にしてたので、ちょうどいいのもありました。

Intel7260と大雑把に言っておりますが、
Intel WirelessLanカードまとめ
http://thinkpadlover.blog112.fc2.com/blog-entry-54.html

参考にさせてもらってます、ここ(微妙に間違ってるとこはこっちで勝手に修正)を見ると3種類ありまして。

私はこのうちの2種類持ってまして・・・

・Intel Dual Band Wireless-AC 7260 ac/a/b/g/n 867 Mbps Bluetooth4.0 2.4/5G

・Intel Wireless-N 7260            b/g/n 300 Mbps Bluetooth4.0 2.4G


下のほうは、誰かが間違って買ったのを800円くらいで安く売りに出してて、面白そうだから買ったんだったかな・・・

今回扱うのは上のAC7260のほうです。

Intel Dual Band Wireless-AC 7260 802.11ac対応 最大リング867Mbps 2.4/5GHZ+ Bluetooth 4.0内蔵無線Lanカード

価格:2,450円
(2016/11/21 01:48時点)
感想(22件)




AC7260は現在、ライフブックS762/Eで使ってまして、867Mbpsでつながりますが、BTに関してはまったく気にして無くて、改めてデバイスマネージャ見ると、一切BT関連の項目がない、つまり認識されてないという状況でした。

無線LANとBTでドライバが別らしいと聞きつけ、 PROSetWindowsレジスタードマーク 10 用 Bluetoothレジスタードマークテクノロジー対応インテルレジスタードマーク /Wireless ソフトウェア

https://downloadcenter.intel.com/ja/download/25840/PROSetWindows-10-Bluetooth-Wireless-?product=59485

もインストールしてみましたが、特に何も変化なしでした。

で、例の言葉が頭に浮かんだんです。

BT付き無線LANカードに51pinマスク

です。

から揚げに勝手にレモンかけるなみたいなもんでしょうか。個人的にはレモンかかっててもかかってなくても好きです。

今までよく聞いてたけど、BT使わないからなんだかよくわからなかったのですが、ついにBT使いたくなる状況になってきました。
BT付いてるはずの無線LANカード使ってるのに、BT全く認識されてない現在、これやるしかないんじゃないかという気になってきました。

でも、51番てなに・・・
右から51番目?左から51番目?ピン一本ってすごい細いんじゃなかったっけ?
といろいろ疑問はあります。

あれ?案外行けそうじゃない?と思ったのは・・・
PC改造楽しいですね
http://dumistral.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

>じゃあ51番ピンってどこよという話になる訳ですが、端子を下に持った時で表面(ケーブルを接続できる側)の一番右端のピンです。セロテープ辺りで絶縁すると良いです。


これ読んでからかな・・・

ここで扱ってるのは、AC7260の一世代前の、Intel Centrino Advanced-N 6235なんですよね。
IntelはCentrinoって名称、流行らないと諦めたのかな。

なので、総ピン数が変わってたりしたらマズいな・・・というのは多少ありましたが、はじっこ以外だったら絶対マスクできないというのもありました。


以下の作業をする場合は、自己責任でお願いします。




_s-20160518_025517.jpg

なにしろこれですから・・・これでも相当拡大してます。
既にこれ、テープ貼ってあるんですが、見ても判別つかないという・・・

個人的には、米粒に字を書くみたいなウザさの作業でした。
あとで剥がしやすいように、とかの加工もしなかったので、うまく行かなかったり、認識すらしなくなったりしたら、新しいの買う覚悟で行きました。3千円くらいだし。

_s-20160518_024954.jpg

バッテリーユニットをはずし、ライフブックS762/Eの、無線LANカードスロットのある部分を開けるとこんな感じです。
デュアル無線LANいけそうなスロットあるな・・・

はじのピンだけにテープがかかるように貼り(簡単に言ってますけど割とウザこまかい作業です)、元通りセットします。

_s-20160518_025752.jpg

あとこの機種、イヤガラセみたいな構造になってまして。
白で囲った空間、あそこに無線LANカードを固定するネジを落としやすい構造になってるんですよね。

私も一本落として、出て来ないんです・・・
振ってもカラカラ言わないので、ケーブルに引っかかってる感じなのかな・・・
ショートしないといいですけど。

で、ここを閉めて、PCを起動しますと・・・
bt.jpg

デバイスマネージャにBluetoothの項目が出現し・・・(先にドライバ入れといてよかった)

dm.jpg

設定→デバイス、の画面にも、Bluetoothの項目が出てきました。

テストで、スマホのLGV31とペアリングしてみましたが、つながりました。
スマホとつながっても何すんだということで、すぐ解除してしまいましたが・・・

というわけで、掲示板などでよく見かける、


BT付き無線LANカードに51pinマスク


って本当だった!

という結果になりました。


WindowsMEはダメOS→特にそう思わない

ビートルズは最高→ブライアン・ウィルソンやアメリカ人を惑わせ、ブライアン・ウィルソン初期の溢れ出す童貞感を奪ったゴミクズ

からあげにレモンかけんな→どっちでもいい

Windows10に強引にアップデートされて迷惑→家のPC全部Win10にアップデートした



と、世間での評判と私の見解は割と逆なことが多いのですが、BT付き無線LANカードに51pinマスク、には激しく同意します。



WiFiに関する他の記事は、WiFi←こちらから読めます


ノートPCに関する他の記事は、ノートPC←こちらから読めます






にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村




posted by hotrod at 09:58 | Comment(0) | PC
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
QRコード