ブログパーツ

2017年12月14日

Crucial MX300 525GB その4 ツール類のアップデートとかベンチとか

Crucial MX300 525GB その3 クローン後の処理
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/305/0

前回はこれです。



前回は、クローンで勝手にできた回復パーティションをDosで削除し、ブートパーティションなので縮小はできるが拡大はできない、とディスクの管理に言われ、やむなくEaseus Partition Masterで、ブートパーティションをいっぱいまで広げる処理をしました。


あれ、なんでここで切ったんだろう・・・


まあいいとして、Easeus Partition Masterの処理が終わって、再起動してきますと・・・

kansei.jpg

無事MX300まるごと、Cドライブになりました。

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

新品価格
¥14,600から
(2017/12/14 13:45時点)




kansei2.jpg

525GBといいながら489GBしかないのは・・・知っててもなんかアレですね。

kansei3.jpg

ここの円グラフでも、余裕かませるようになりました。

hika99999.jpg

いやーこれが525GBパワーですよ(489だけど)

よく見るとデータが9GBくらい減ってるけどスワップファイルかなんかかな・・・

で、ひととおり終わったので、Acronis TrueImageと、Easeus Partition Masterをアップデートしてみました。

Acronis TrueImageのほうは、前のBX200に入ってたシリアルで、2015版をインストールしてありました。
で、今回買ったMX300に入ってたシリアルの紙に書いてあるURLから、Acronis TrueImageをダウンロードして、インストールしますと・・・

atifcupd.jpg

2018版にアップデートされたようです。

atifcupdreboot.jpg

MX300についてきたシリアルも入力の必要なかったな・・・


Easeus Partition Masterのほうは、

epmfupd.jpg

ここで出たURLからフリー版をダウンロードし、インストールしますと、一か所だけ
epmfwana.jpg

これはチェックはずしといたほうがいいかな。


あとはCrystalDiskmarkやるくらいですかね。

今までSSD買ったら、何も書かないまっさらな状態でベンチ取ってたんですが、今回すっかり忘れてました。

なので、もうクローン後のMX300まるごとCドライブになった状態でのものです。

まあ普段使いに近い状態、ということになりますかね。


mx300_3_0_3.jpg

これがMX300の、CrystalDiskmark3.0.3での数値です。

mx300_5_1_0.jpg

これがMX300の、CrystalDiskmark5.1.0での数値です。


違いが出るのかよくわかりませんが、

cse.jpg

こんな感じの画面の、CrucialStorageExecutiveという管理ツールをダウンロードしてインストールしますと、オーバープロビジョニングというなんだかよさげな項目がありまして、MX300のみが使う領域があるといいね、みたいな感じのものです。
推奨値でオーバープロビジョニング領域を確保してみますと・・・

げえっ、10%の50GBくらい持っていかれてしまいました・・・

その後のCrystalDiskmarkの数値なのですが。

mx300_3_0_3op.jpg

がっつり50GBくらいもっていかれたのがよくわかる画像です。CrystalDiskmark3.0.3での数値です。

mx300_5_1_0op.jpg

これもそうです。CrystalDiskmark5.1.0での数値です。

ここで、前のSamsungのSSD、850EVOも、買ってすぐのCrystalDiskmarkの数値しかなかったことに気付き・・・
イヤイヤMX300を、850EVOにつなぎかえ、旧式の状態に戻し、ベンチやりました。

850evok3.jpg

これが使い込んだ850EVOのCrystalDiskmark3.0.3での数値です。

850evok5_1_0.jpg

これが使い込んだ850EVOのCrystalDiskmark5.1.0での数値です。

並べてみます。
左がMX300 525GB、右が850EVO 250GBです。

mx300850evo3.jpg

CrystalDiskmark3.0.3での数値です。
512kでの書きがMX300は速いですね。

mx300850evo5.jpg

CrystalDiskmark5.1.0での数値です。
こっちだと、850EVOの数値がちょっとずついい感じに見えます。

Samsung SSD 500GB 850 EVO 簡易パッケージ V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E500B/ECO

新品価格
¥14,980から
(2017/12/14 13:47時点)



値段下げてあからさまにMX300に対抗してきてますね。


初期のSSDだと、容量が多いほど読み書きが速くなる傾向が顕著にありましたが、もうそれはなくなったのかな。

倍の容量のSSDが、似たような値段で買えるようになったのはありがたいですが、あとは最初期のSSD(具体的にはうちではCrucialのC300がもう認識もしないし読めない物体と化しました)がどんどん読めなくなってるような症状が、起こらないようになるといいのですが。

Crucial RealSSD C300 シリーズ 128GB(SATA-3規格準拠 6Gbps対応 RoHS指令対応 34nmプロセスNANDフラッシュ搭載 2.5インチSSD) CTFDDAC128MAG-1G1




あとはSATAの新規格ですかね。

SSDにして再起動が速くなったと思ったら、PCつけっぱなしであんまり再起動しなくなったのもなんとかしないとな・・・



今回は以上です。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








posted by hotrod at 13:27 | Comment(0) | PC

2017年12月13日

Crucial MX300 525GB その3 クローン後の処理

Crucial MX300 525GB その2 ディスクのクローン
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/304/0

前回はこれです。



今までのメインSSDをコピーし、それをはずして、新しいSSDのMX300につなぎかえ、起動一発目です。


なんとなく、BIOS出て一回再起動した感じもありましたが、普通に起動してきました。

s-IMG_20171211_061337_.JPG

コンピュータの管理→ディスクの管理で見ると・・・

s-IMG_20171211_061413.jpg

コピーしたそのままのサイズのパーティションと、余ったとこには勝手に回復パーティションが作られています。
倍の容量のSSD買ったはずなのに、Cドライブはサイズはそのままで・・・

何か設定してやればこんな風にはならないのかもしれませんが、まあまだ手段はあります。

あと、スカイリムのディスクはもうケースに戻していいよな・・・

PS3用の中古はこんな値段なんだ・・・




まず、右側の回復パーティションを削除します。
ディスクの管理で、右クリックして削除できたかもしれませんが、そういや試さなかったな・・・

昔ながらのDosでやりました。

コマンドプロンプトを起動し・・・
dos.jpg
diskpart と入力します。
あ、このへんから、写真撮るんじゃなく、画面キャプチャしたほうがいいと気づきました。

listdisk.jpg
lisi disk と入力すると、現在存在するディスクが表示されます。0と1があります。

listpart.jpg

select disk 0 と入力し、500GBくらいのMX300を選択します。
さらに、list part と入力し、MX300内にあるパーティションを表示させます。

deletepartoverride.jpg

select part 2 と入力し、消したい回復パーティションの2を選択します。

その後、delete part override と入力すると、回復パーティションの2が消えます。

その後、一応手動で再起動します。

kanrisonogo.jpg

起動してきて、再びコンピュータの管理→ディスクの管理で見ると・・・
とりあえず回復パーティションはなくなり、未割当の黒い両駅になりました。

kakuchouok.jpg

Cドライブを右クリックしてみると・・・ウホッ!ボリュームの拡張、ってのがあるじゃん・・・
喜び勇んでクリックしてみますと・・・

kakuchouwiz.jpg

拡張ウィザードが出現しますが、数値は増やせず・・・
赤丸の中をよく見ると、ブートボリュームは縮小はできるが拡張はできない、と書いてありまして・・・


これは、パーティションいじる、パーティションマジックみたいなのを使うしかないな、という考えに至りました。

管理・HDDパーティション 2 PRO

新品価格
¥2,872から
(2017/12/13 11:45時点)



パーティションマジック、もう売ってませんでした・・・


何かそういうのを昔インストールしたような・・・と記憶をたどりますと、

Sandisk Ultra2 SSD 240G #2
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/21/0


でインストールした、Easeus Partition Masterというのがありました。

スタートメニューから、Eのとこを探し、起動してみますと・・・
epmfupd.jpg

いきなりアップデートしろとの画面です。
SandiskのSSDの記事書いたのは2014年末で、たぶん起動はそれ以来なんで、まあバージョン上がってて当然といえば当然ではあります。

でも、うpデートで時間とられるのは避けたいので、現状のままやります。

epmf.jpg

このどこをクリックしたらいいのかよくわからない画面で、確かプログラムの開始あたりをクリックしたんじゃないかな・・・

epmfgamen.jpg

ディスクの管理みたいな画面になります。
epmfgamen2.jpg

赤線のとこの、パーティションのサイズを(拡張する)、をクリックします。肝心なところが見えてないのな・・・

epmfsize.jpg

こういう画面になります。
赤丸内の丸を、ガーッと右に引っ張りますと・・・

epmfsizekakudai.jpg

こうなります。
まあ最大に広げた状態にしました。

epmfsizekakudaigo.jpg

OKをクリックすると、この画面になります。

この状態だと、私はこうしたい、という希望を伝えた、というだけの状態で、まだ実行はされていません。

実行するには、

epmfsizekakudaigo2.jpg

このチェックマークみたいなボタンをクリックしないといけません。

epmfsizekakudaigoreboot.jpg

クリックすると、実行しますか、という確認があります。

はいをクリックし、実行させます。




Crucial MX300 525GB その4 ツール類のアップデートとかベンチとかに続きます。








にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








posted by hotrod at 11:32 | Comment(0) | PC

2017年12月12日

Crucial MX300 525GB その2 ディスクのクローン

Crucial MX300 525GB その1
http://fanblogs.jp/hotrodhigh/archive/303/0

前回はこれです。


MX300買うまでの葛藤と、MX300到着、SSDぶっかけ写真がリークされる、といった感じの内容でした。

今回はPCにつないで、今までのメインSSDをそのままクローンして、パンパンになったCドライブの拡張をしたいと思います。

PCの電源を落とし、電源のコードを抜くか、電源のオンオフスイッチをオフにします。

そして、PC本体のオンオフスイッチを押しまくり、マザーボードのコンデンサなどに残ってる電気もなるべく抜いてから・・・

MX300に電源コネクタとSATAケーブルをつなぎます。


うちのマザーボードはIvyBridge世代のZ77マザーなので、未だにSATA3対応ポートが2個しかありません。

Gigabyte Intel z77?lga1155?AMD ATI ) W / HDMI、DVIデュアルUEFI BIOS ATXマザーボードga-z77-d3h

新品価格
¥159,243から
(2017/12/12 09:50時点)



恐ろしい値段になってますが、たぶんこれです。
この値段なら俺でも売るな・・・


メインで使ってるSSDをクローンしようとすると、もう一個SATA3ポートが必要になり、2個全部使うことになります。

ということは・・・普段からSATA3ポートを一個空けておかないといけないということになります。

s-IMG_20171211_050942.jpg

あとSSDは凄く軽いので、浮いた状態とか、ものすごく適当な設置ができるのもいいですね。

今までの環境に、箱から出してすぐのMX300をつなぎ、電源を入れます。

s-_IMG_20171211_051336.jpg

立ち上がってきて、コンピュータの管理→ディスクの管理で見ると・・・
250GBくらいのドライブが一個、何テラバイトかのでかいドライブが一個、あとスカイリムのディスクが入ったDVD-ROMドライブが一個、と出ます。
そうです最近、買ってずっと積んでたスカイリム始めたんです。

【送料無料】The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition PC ザ エルダースクロールズ V スカイリム レジェンダリ エディション 欧州 輸入版

価格:2,698円
(2017/12/12 10:18時点)
感想(1件)



うっ安い・・・俺が買ったのは一番最初の、DLC何も入ってない奴だな・・・



話を戻すと、まあ要するに、MX300は認識されてないようです。

s-IMG_20171211_051427.jpg

一応、サムスンSSDの管理アプリ、Magicianを開いてみますと・・・

s-IMG_20171211_051454.jpg

WDとサムスンのドライブしかないようです。

まあつないですぐ認識されないのはよくあることなので、とりあえず再起動してみます。

んで起動したら再びコンピュータの管理→ディスクの管理、もしくはスタートボタン押して、下から2番目の歯車みたいなのをクリックすると出てくる、

ken.jpg

ここに、ディスクの管理と入力してみてください。

s-IMG_20171211_052447.jpg

すると、フォーマットしてないMX300が認識されたようで、フォーマットしろとの画面が出ます。

MBRとGPTは、あんまりディスクを区切らないメインドライブの扱いなら昔ながらのMBR、一個のドライブを区切りまくって使うなら、Win10でしか読めないけどなんぼでも区切りまくれるGPT、という感じで決めればいいかな。

昔はディスクのクローンソフトなんてなかったので、500MBのHDDを使ってて、800MBのHDDを買ったら、それに500MBと同じようにパーティション切って、XドライブZドライブとドライブ名をつけ、ファイルをコピーして、500MBのHDDをはずし、XドライブZドライブをCドライブDドライブに変え、さらに空き領域の300MB分のEドライブを作る、みたいな感じで移行してきたんで、データ置き場の3TBのWDのHDDは、ドライブレターやたら多い状態になっています。
そういうのにGPTは向いてまして・・・
新しいフォーマットなのに、レガシーなデータドライブに向いてるという、妙な規格ですね。

s-IMG_20171211_052737.jpg

今回はMBRでフォーマットし、489GBのディスクが出現しました。

525GBといっておいて489GBしかないの、バイトの計算法知ってても割とガッカリするので、知らない人は本気で怒る人、そのうち出てくるんじゃないのかな・・・

まあMX300の存在が認識されたので、ディスクのクローンに移ります。

Acronis TrueImageを起動しますと・・・

s-IMG_20171211_053039.jpg

余りに久しぶりの起動だったのか、現在インストールされてる2015版に対し、既に2018版が出てるからうpデートしろ、的な画面が出ます。

新しいのインストールして時間がかかるのは避けたいので、ほっといて2015でこのままやります。

s-IMG_20171211_053524.jpg

ツールからディスクのクローンを選択します。

s-IMG_20171211_054001_.JPG

ウィザードが始まるので、なんとなく自動はやめて手動にしてみました。

s-IMG_20171211_054455.jpg

ソースディスクをSamsungにし・・・

s-IMG_20171211_054537.jpg

ターゲットディスクをCrucialにします。

s-IMG_20171211_054741.jpg

ここでは確か手動にして・・・

s-IMG_20171211_055122.jpg

ここで特に何もいじらない、というよくわからない選択をしたような・・・

で、実行を押すと・・・

s-IMG_20171211_055438.jpg

クローニングが始まります。

s-IMG_20171211_055632.jpg

よく見ると、下の方に、処理が終わったらシャットダウンする、という項目にチェックが入ってますね。

クローンソフトの分かりにくい点のひとつに、クローン後、どの時点でクローン元のディスクをはずして、そこにクローン先のディスクをつなぐのか、という問題がありました。

クローン元も、クローン先も、つないだまま起動してしまうと、クローン元(Samsung)にのみ、ブート情報が書きこまれてしまうんですよね。

なので、その後、SamsungのSSDをはずして、CrucialのSSDを、SamsungのSSDがあったところにつないでも、ブート情報がないので起動しない、ということが割と起こってたんです。

まあそれも、FixbootとかFixMBRとかでなんとかできなくはないのですが、面倒で。


で、この、処理が終わったらシャットダウンする、という項目は、クローン元、クローン先をつないだまま再起動して事故が起こるのを防ぐためだな、と思いました。

そして、シャットダウンするということは、そこでクローン元をはずし、クローン先につなぎ変えるタイミングであるというメッセージだと受け取りました。

s-IMG_20171211_060837.jpg

処理が終わり、シャットダウン待ちです。

電源が落ち、電源スイットをオフにし、PC本体のオンオフスイッチを押しまくり、マザーボードのコンデンサなどに残ってる電気もなるべく抜いてから・・・Samsung850EVOをはずし、そこにMX300をつなぎます。

そして起動ですが・・・




Crucial MX300 525GB その3 クローン後の処理に続きます。







にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








posted by hotrod at 09:45 | Comment(0) | PC
ファン
検索
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
QRコード