ファン
検索
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
オークラさんの画像
オークラ
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年03月19日

忙しい人のための【ダーウィンの進化論は間違っていた】

DSC_0292.JPG



★イギリス人神学者ウイリアム・ペイリーは1802年の著書「自然科学」のなかで以下のように述べている。

「野原を歩いているとき、懐中時計が落ちているのをみつけたら、その時計が自然の作用によってつかさどられる過程ではなく、人間の手によってつくりだされたと即座に考えるはずだ。それと同じく、自然界には超自然的創造主の存在の証拠が数多くあるのだ。」




★ダーウィンは次のような言葉を残している。

「複数の細微な変化が継続的に起きた結果として形成されたとは思えない複雑な器官が存在すると証明されれば、私の理論は崩壊してしまう。」

継続的な変化による形成が非常に困難な器官が存在するのは事実です。これを「還元不能の複雑性」と呼びます。



★知性は、それ独自の特徴を何らかのかたちで残す。必然ではなく、偶発的に起きた出来事は独自の特徴が残らない。(特化複雑性)




★ダーウィンが進化論の根拠としてあげたふたつの例は、小鳥と4枚羽のミバエだ。しかし、構造そのものが根本から変わるような変化や全く新しい種類の鳥があらわれることはなかったし、今までで観測されていない。




★カンブリア爆発は進化論、ネオダーウィニズムが抱える最大の難関だ。進化論陣営でもカンブリア爆発はネオダーウィニズムに反し多くの生物が一気に出現した事実を認めざる得ない空気が流れ始めているようだ。




★ダーウィン自身はこのような文章を残している。

「同じ属の無数の種がいっせいに進化を始めたら、自然選択を経てゆっくりと変化した形質が子孫に残されるという理論は成り立たなくなる」

「無数の細微な変化が連続して起きた結果、複雑な器官が形成されたことが証明できなければ、進化論は崩れさってしまう」




★目の働きが脳に正確に伝えられるためには10の6000乗回の情報伝達が必要となるが、そもそもわれわれの脳はこの種の情報を処理するためにつくられたものではない。これらが自然選択と突然変異でできたとでも言うのか。




★化石による漸移説は認められない。




★1950年代には複雑な構造をした無機質と単細胞のあいだに位置する物体が発見されると考えられた時期もあり、ウイルスやバクテリアがこうしたはたらきをするのではないかと期待されたがDNAの発見によって見事に打ち砕かれてしまった。




★酸素が存在しなければ、RNAとDNAの基盤部となるリボースを生む化学反応が起きない。原始スープにおける化学反応でRNAおよびDNAの自己再生を妨げる働きをする糖質が生成された。



★ピリミジン系ヌクレオチド分解酵素は生命体がいなければ形成されることはなく、炭素質からなる隕石から検出されるのはプリン(アデニンおよびグアニン)系ヌクレオチドだけです。




★ピリミジン系ヌクレオチド分解酵素の生成過程が発見され、確定したとしても、古代地球の環境下でのヌクレオチド分解酵素とリン酸塩の組み合わせは、ヌクレオチドだけでなく、DNAの重合と複製を妨げる物質も生み出す。




★プリンとプリミジン系ヌクレオチド(リン酸塩系物質とヌクレオチド分解酵素の組み合わせ)は、古代地球の環境下では生成されない。




★酵素はRNAとリボソーム(細胞質に含まれる、タンパク質とリボ核酸からなる微小な粒子)なしでは合成されない。




★ヌクレオチドとアミノ酸は、酸素がある状態では生成されない。酸素は地球上に40億年前から存在していたことが明らかになっているが、この事実に対して、生命体があらわれたのは35億年前である。




★一般的な生命自然発生説によれば、生命体は海水の熱水噴出から生まれたということになっているが、最新の研究によれば、細胞の重合は塩水のなかではおきない。





★35〜38億年前の地球で、破壊的なインパクトの隕石衝突が少なくとも30回以上起きていたことになる。隕石の衝突エネルギーによって地球上の海水がすべて蒸発し、生命体をすべて消滅させてしまったことは十分に考えられる。




★光合成をおこなうバクテリアが出現したのは37億年前だが、その直前の段階である、前生物段階からの進化の痕跡がまったくない。



★リボ核酸が自然に形成されるのは不可能。ピラノシルRNAといった物質が遺伝子伝達の役割を果たす分子となった可能性が模索されているが、ピラノシルRNAの二重らせん構造は、DNAやリボ核酸のそれとは異なる。




★トレニオン(タンパク質の加水分解で得られる必須アミノ酸の一種)基質ヌクレオチド酸=TNAがRNAやDNAを生み出すのではないかという仮説が発表された。しかし、原始有機体がTNAをRNAに変化するメカニズムを証明できない。




★ウェスレイアン大学の生物学者アン・バーグとノースカロライナ大学の古生物学者のアラン・フェドゥーシアの共同研究によれば、鳥類の翼・脚を形成する部分の骨と、獣脚類恐竜の上腕から肩にかけての部分を構成する骨は、違う指から発しているものであることがわかった。




★植物およびバクテリア類の研究によって、形態的相違が遺伝子レベルでの必ずしも一致しないという実例が報告されている。




★ルミネッセンス年代測定法と電子スピン共鳴法で算出された年代は、あくまで概算でしかない。




★進化論派は有性生殖について大きな問題を抱えている。無性生殖のほうがはるかに安全で種の保存の確率が高いのに、わざわざ有性生殖が生まれたのか。




★有性生殖が遺伝子の可変性を生むということは、実験で証明された事実ではない。




★オウムガイの殻の断面図はフィボナッチ数列に基づいた並びをしている。




2019年03月11日

【原発・放射線怖くない!論拠45個】

DSC_0253.JPG



これを言うと嫌われますけど、脱原発をすれば火力発電に依存せざる得なくなります。その結果、化石燃料の輸入により20兆円の損失がでました。今、揉めている尖閣や沖縄あたりのシーレーンを封鎖されて原油が入らなくなれば火力発電すら困難になります。脱原発を支持する人は一週間ローソク生活をしてみて何によって自分たちが守られていたのかをかんがえるべきです。



【1】あの福島第一原発の汚染水ならぬ“汚染処理水”はいろいろな放射性物質を取り除いて、残っているのは自然界にあるトリチウムだけです。




【2】あまり知られていないですが、原爆による放射能汚染された広島は日本有数の健康優良県になっています。

政令都市では女性の寿命が1位。出生率の高さで全国2位、死産率の低さで1位です。




【4】ロシア政府はチェルノブイリ事故について「総括と展望1986〜2011」によれば健康面での放射能の影響は、他の負の面に比べれば遥かに小さかったと結論づけました。




【5】国連科学委員会では福島の放射能はチェルノブイリの50分の1と発表した。




【6】使用済み核燃料をリサイクルする際にプルトニウムとウランを混合して酸化物燃料にしている核爆発を起こすことはできない。




【7】1000年に一度と言われた津波に耐えた女川原発、福島第二・東海第二原発については政府やマスコミは国民に伝えない。




【8】福島の汚染水ならぬ汚染処理水の基準は東京等の普通の水道水よりも厳しい。(1ベクレル)





【9】福島第一原発事故の真相はベントの失敗であって、原発自体は関係はない。




【10】フランスでは原発の実験炉でナトリウムが20回以上漏れたが問題なかった。日本は1回でマスコミが大騒ぎで前に進まない。




【11】悪性脳腫瘍の治療に関しては、手術以外であれば、放射線治療が一番効果的であることは、様々な報告を見ても、まず間違いはありません。




【12】アメリカのミズーリ大学の生命科学者であるトーマス・D・ラッキー博士は宇宙線による地上で浴びる数百倍の放射線を浴びる宇宙飛行士の健康面にどう及ぼすかという研究をNASAの依頼でしました。

10年以上研究した結果、低レベル放射線はむしろ体に有益であると驚くべき結果でした。




【13】フランスのデゥポート博士らは、ラドンをラットに吸引させた結果、自然放射線の300倍であれば肺癌の発生が減るが15000倍であれば増加するというデータが出ました。




【14】国連科学委員長であったジャヲロウスキー博士はチェルノブイリで人々の救出にあたり一番放射線を浴びている救急隊員の固形癌の死亡率は、事故発生から4年から14年の平均で、ロシア平均に比べてむしろ15%〜30%も減少しています。

一番放射線を浴びたブリヤンスクという地区の住民の死亡率も調べられました。その結果5%も減少しているのです。




【15】ドイツのバッドブラバンバッハにある放射線の出るラドン温泉においてリューマチによる関節の傷みによるラドン温泉の治療が有効であることは、医学的にもしょうめいされました。

岡山大学の山岡教授のグループも三朝温泉で、同様の研究を行い、骨関節炎の痛みの改善されたことが確認されました。




【16】現代医療では歯がたたない難病にも放射線の出る玉川温泉では多くの方が症状が改善しました。




【17】東北大の放射線科で、1970〜1980年代に、食道癌に対して低量放射線による治療効果があることが認められました。




【18】韓国での超音波検診では、2011年には10万人あたり113.8人と福島の超音波検診の数倍の頻度で甲状腺ガンが見つかっている。

(※注)
なお、精密な超音波検診の統計を普通の検診の統計と比較して放射線の危険を捏造するマスコミは積極的に国民を洗脳しようと画策している証拠ではないでしょうか。
19




【19】ちなみに、甲状腺ガンは天寿ガンと呼ばれて死ぬまで持ったままのガンです。亡くなった方を解剖すると10人に1人以上という頻度で見つかります。決して福島に甲状腺ガンが多いわけではありません。





【20】地球上に住んでいる全ての生命体は放射線なしに生きていくことはできない。




【21】トーマス・ラッキー博士は、許容範囲を年間一万ミリシーベルト、健康に良いのが年間100ミリシーベルトとしている。

オックスフォード大学名誉教授のアリソン博士は安全基準を月100ミリシーベルトとしている。




【22】広島・長崎の原爆被害の40年に及ぶ約8万人の大規模調査があるのですが有効に使われていません。




【23】放射線治療の動物実験では糖尿病も改善しています。




【24】早期のガンであれば低線量全身照射だけでも消失する。




【25】放射線は生命、人間にとって不可欠な物質であることは2000を超える科学論文によって裏づけられているばかりでなく、我々はむしろ放射線不足にある。




【26】台北における放射線コバルトで汚染された鋼材を使っているマンションの住民の20年間一万人の調査結果は、興味深い事例として示されている。50ミリシーベルト/年の被爆を受けたこのマンションの人々のガンの死亡率はなんと、一般の33分の1の10万人年当り3.5という比率だった。一般平均の116に比べれば格段に低い。




【27】中国が延べ46回の核爆発を行った結果、放射線が付加した黄砂が偏西風に乗って日本にも流されている。これによるストロンチウム90が日本人の骨格にかなり蓄積されている。高田純博士の推定では福島第一原発の1000倍である2ー5ミリシーベルトに達しているという。




【28】イランのラムサールでは、日本の30倍近い自然放射線があるにもかかわらず、住民は健康である。




【29】宇宙飛行士は半年で180ミリシーベルト浴びて大丈夫だった。




【30】放射線を発するラドン温泉の三朝温泉区域内の住民のガン死亡率は、全国平均の半分以下だった。

DSC_0251.JPG




【31】そもそも200ミリシーベルト以下でのガン発生増加を示すデータはない




【32】長崎のプルトニウム爆弾の生存者のうち、31〜61ミリシーベルトの被爆者2527名で白血病で死亡した人が1人もいなかった。




【33】低量放射線が遺伝的に正常な人間に対し、或いは実験動物に対して有害であるという統計上意味のある科学的レポートは見当たらない。




【34】広島はかきの産地で、当時も食べていたが害はなかった。




【35】広島の原子力爆弾は福島の放射線量の1800万倍。1800倍ではなく、“1800”万倍。




【36】事故後のチェルノブイリ30q圏内は、一日で100ミリシーベルトの高線量だったの対し、福島30q圏内は一日1ミリシーベルト以内の低線量だった。




【37】甲状腺線量は福島は最大33ミリシーベルトに対して、チェルノブイリの最大線量は50シーベルトで1000倍もあった。




【38】放射線が最も身近な場所は原子力発電所ではなく、病院です。




【39】1945年の広島・長崎でセシウムで死んだ日本人は1人もいなかった。全員、熱風で亡くなっている。



【40】チェルノブイリの辺りでは海藻を食べる習慣がないので、甲状腺ガンは一種の風土病ともいえるものであり、放射線との関係を特定するのは難しい。




【41】福島第一原発では核分裂連鎖反応が、地震が来る前に余震波をキャッチして自動停止したため、原子炉の暴走はなく、急性放射線障害となった職員はおらず、その原因で亡くなった人はいない。




【42】世田谷区のある家の近くで放射線が発見されたというので、学童の通学の道路が変更された。ところが、その放射線の原因はある民家の床下に埋められていたラジウムであることがわかった。その家の人は何も知らずに50年もそこに住んでいるが、その人は92歳でお元気だそうである。




【43】福島第一原発は、圧力容器も格納容器も残っていて、メルトダウンを起こしていない。原子炉のメルトダウンが起こったのは、チェルノブイリ原発事故しかない。




【44】広島の爆心地から半径500メートル以内で、78人の奇跡的な生存者がいました。78人の平均年齢は74歳でした。昭和25年の日本人の平均年齢が59歳と比べて、顕著な寿命短縮はなかったと言えます。




【45】福島第一原発周辺よりもブラジルやアフリカの方が放射線量が多い。

2019年03月03日

2019年02月12日

日銀券がオワコンになったときの対処法【幸福実現革命のヒント】

Screenshot_20190212-031252.png

Screenshot_20190212-031515.png

↑日銀の貸借対照表↑

今の日本政府の経済・金融政策のことを考えると心臓が痛いですし、夜もぐっすり眠れません。それほど日本は危険な状態なのです。


何が危険なのかと言いますと日銀が政府の赤字を補うために国債を買っています。これを「財政ファイナンス」と言います。マネタイゼーションとも言っていいと思います。これが実にヤバイんです。


どういうことかと言いますと日銀券は不換紙幣で政府の負債を担保にして紙幣を発行しているわけです。簡単に言えば将来、国民が働いて返しますよという信用があるからお金としての価値があるわけです。しかし、国債を日銀が買い続ければその信用がなくなりますよね?そうなれば、国債は売られ、国債が紙くずになります。日銀券の信用も無くなると思います。


主は「地球を救う正義とは何か」という経典のp34では「これは、どう考えても危険水準に達しています。もし、この国の未来が明るいものにならず、日銀の引き受けた国債が紙くずになったら、日銀自体が完璧に崩壊するのです」と説かれました。


DSC_0153.JPG


というわけで日銀券の信用がなくなったときの対処法をひとつ考えました。


それは日本はドル圏に入ってしまうのはどうでしようか?言ってみれば日本人はドルで暮らすわけです。


金融政策という国家の主権が奪われるのでおすすめできませんが。。

2019年02月09日

赤面は交感神経や前頭葉のはたらきか?精神や心、魂のはたらきか?【考察】

人は恥ずかしいと感じると交感神経が優位になると、心拍数が増し、脳や内臓系に血液が周り、体表の血流は少なくなる。とあります。しかし、血流が少なくなるのに赤面するのは矛盾があります。

また、京都大学の高橋英彦博士の実験によると、恥ずかしい状況を思い浮かべた時、人間の脳は内側前頭皮質や上側頭溝の部分が活動するそうです。

では、交感神経を優位にして内側前頭皮質と上側頭溝を刺激すれば、人は恥ずかしいと感じ赤面するかと言えばそうはならないと思います。

恥ずかしいという感情は物質に還元できないということがわかります。

物質に還元できないものが観測されたなら、霊魂という存在がいるという仮説がたつわけです。

2019年02月08日

国防に関する痛快アイデア

中国や朝鮮のニュークリアブラックメールによる核の恫喝を受けた場合の奥の手として、外務省を丸ごと買収するという手があります。


これは松下政経塾の卒塾生が語っていたそうですが、パナソニックの創業者である松下幸之助会長は私費の200億円で私利私欲で動く国会議員を買収して国民のために動いてもらおうとしたそうですが、ある大物議員Gに止められたそうです。そういう例もあるので、できないこともないと思います。


国民議員を丸ごと買収するのは費用がかかりすぎますので、国防という一点を考えてどこが急所かと考えたときに私は外務省を買収するのが一番だと考えました。


そして、恫喝してきた国に対する有効な声明を2つ考えました。


1「インドやパキスタン、ロシアにお金を払って核の報復をしてもらうぞ。」(パキスタンの場合は日本に対する累積債務があるので債権を放棄するだけでもよい)


2「日本にある核3000発分のプルトニウムを爆撃機でばらまき全国民を全滅させるぞ。」


と外務省に声明を出してもらえば怯むと思います。


クラウゼヴィッツは戦争論で「戦争は外交の延長上にある」と書いていました。ぜひ、外務省には戦争起こるのを阻止していただきたいです。

2019年02月01日

民間ロケットを流用して核ミサイルを持とう!!

政府が国を守らないなら民間防衛という考えもあります。例えば、スペースXのCEOのイーロン・マスクはファルコン・ヘビーは打ち上げに成功し、米空軍にロケットを売ったそうです。


つまり、どういうことかと言いますと真上に打ち上げればロケットになりますが、斜めに打ち上げればミサイルになるんですよ(笑)これを売れば利益をあげることができますから、株式会社を設立して国内外から投資家と技術者を募集して国家に売れば利益になりますから、可能性はあると思います。


今、ホリエモンが立ち上げたインターテクロノジズ(IST)社がロケットを開発していますがすでにビジネスモデルがあります。日本が国家として買い取ってミサイルにする手もあります。

2019年01月31日

こわれたぼくの星【超短編小説】

無数に煌めく大宇宙の星々。ああ。この宇宙船から眺める景色を見るのはもう何年目になるんだろう。ぼくは宇宙船の窓をみて銀河にある星の数を数えながら孤独に毎日、毎日耐えていた。

ぼくたちの故郷である星は他の星の科学技術よりも遅れているため、ワープするのが安定しないので他の星に行くためには何年もかかってしまう。

「チキュウ」という星に今、この大宇宙を創った神さまがいるらしい。この噂を聞いてぼくは大宇宙を創って神さまに会いにこの「チキュウ」という星に向かって一人で旅をしているんだ。

ぼくはどうしても、お聞きしたいことがあるんだ。どうして、ぼくたちの星が滅ぼされなければいけなかったのかということを。

ぼくたちの星はとても美しくて、平和を愛する人たちであれていたんだ。だけど、やつらがやってきたんだ。獰猛で戦闘的な宇宙人があっという間にぼくたちの故郷を奪っていったんだ!

やつらなまず、ぼくらの星に偽情報を流してぼくたちの星の価値観を揺らがせ、混乱に落としていれたんだ。そうした混乱のなかであっという間に一夜にしてUFOの大群が上空に押し寄せてきたんだ。

そう言ってる間にも太陽系のチキュウに着きました。そうして、「チキュウ」で大宇宙を創った神さまに会いに行きました。

「大宇宙の神さま、大宇宙の神さま。どうしてぼくたちの星は滅ぼされなければならなかったのでしょうか?」

大宇宙の神さまはこうこたえました。

「この宇宙は学びのための仮の宇宙である。寿命を真っ当すれば元の宇宙に還るのだ。どのような苦難や困難も魂の学びのための材料でしかないのだ。そして、自分の星を護る気概や勇気、責任を忘れた者が大多数になればその星は滅びるのだ。」と
posted by オークラ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

2019年01月30日

幸福実現革命プランA

que-13144250198.jpeg

あまり知られていませんが、日本のマスコミの株主は非公開になっています。マスコミの株主もわからないし、誰が書いているのかもよくわかない。そんな得体の知れないマスコミの記事一つで大臣のクビが飛ばしたりしているわけです。マスコミの中枢にいる人の数は数十人だろうと思いますが、これは一種の専制政治になっていると思います。

主は「自分の国は自分で守れ」の経典のP32でこう言われました。「本当の意味での国の空気を作っている人はいるだろうと思いますが、これが表面化しない状態が続いています。」

この本当の意味での国の空気を作っている人はマスコミの株主ではないかというのが私の主張です。

ところで、金融商品取引法の第27条の23、金融商品取引法施行令の第14条の4等という法律には株券を全体の5%以上保有している場合は申告しなければならないというものがあります。いわゆる5%ルールです。この法律を盾に国の空気を作る責任者をあぶり出すという手があります。あぶり出せれば、味方につけるもよいですし、素性を暴くこともできます。

↓大量保有申告制度↓
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E4%BF%9D%E6%9C%89%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8

最期にマスコミについての豆知識を書きます。歴史研究家の若狭和朋先生が本に書いていたんですが、朝日新聞の広岡知男社長は自分は中国系だと漏らしたことがあるそうです。

2019年01月28日

保守右派とリベラル左派が仲直りできる道

これは元共産党員だった谷沢永一先生が本に書いていたんですが、憲法九条の武力放棄に日本共産党は反対していたそうです。志賀義雄共産党議員はこれは絶対に呑めないと大演説をふるったそうです。

1964049.jpg
志賀義雄議員

また、社会党の古屋義雄議員は昭和27年12月9日に衆議院本会議で東京裁判をこう批判しました。

「敗戦国にのみ戦争犯罪の責任を追及するということは、正義の立場から考えましても、基本人権尊重の立場から考えましても、公平な観点から考えましても、私は断じて承服できない」

さらに昭和30年7月17日に、衆議院本会議において、党派を超えて「戦犯問題の全面解決法」を求める決議がなされたようです。こうしたこともあり、戦犯が釈放されたわけです。

かつては党派を超えて自主防衛と日本の誇りを護ることは一致していたわけです。ようするに、闘争のための闘争にいつのまにかなっていたわけです。本当は左派と右派の見解の違いはカネの話であるわけで、それよりも先に自主防衛をキチッとして、日本の誇りを取り戻し、そこからのカネの話をしませんか?ということを言いたいわけですよ。
posted by オークラ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。